Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C4129] >「ああ、そんなものはいい。いらない」

ここでオシム監督を注目してしまうのは、普通じゃない(!?)とこだからだと思います。

自分が高校生のときに受けた数学の先生は、高一の初めての数学の授業のときに、普通なら先生の自己紹介をして、では教科書の何ページを開いてくださいという流れがある中、その先生は入るやいなやいきなり間髪入れずに授業をし始めて、意表をつかれました。
高二になったときも数学の先生は彼で、新年度のはじめの授業もあいかわらず一言も言わず淡々と授業をされました。
でも、この先生のことはすごく好きで、今は校長になってがんばっておられるようです(かなり余談)。

オシム監督の個人的に引かれるところは、加害者的人間であるところだなということです。
しかし、すべてが対等ですと考えているようなところです。

普通のじいさんのように見えるオシム監督は、運を味方につけている人なのかと思いました。

[C3760] 「ああ、そんなものはいい。いらない」

日本での第一声がそれとは・・
でも儀礼的に適当に喋って収まる会話よりも
そのあと裏返した拳でひとりひとりの食卓をコンコンのほうがよほど度肝を抜かれて、監督とのこれからを実感したのではないかって思いました。
オシムって監督の経験が長いってたしか朝のニュースで見たような気がしますが、誰も知らなかったんだって
なんだか驚いてしまいます。
 >私は今回引用した部分で、かなりやられました(笑)。本を閉じて、そのまま24時間浮遊したくらいです(笑)。
もりけんさんのここには前の驚きの比じゃない驚きがあります。


  • 2006/09/05-04:34:13
  • 投稿者 : Ciel
  • URL
  • 編集

[C3628]

何も言わないでコツコツと鳴らしながら一人一人に選手の顔を見て黙って一緒に食事をはじめる情景が浮かんできます。
じっくりとこれから付き合おうが無言のうちに伝わってきます。
  • 2006/08/30-21:05:11
  • 投稿者 : 小町
  • URL
  • 編集

[C3617] 黙って「コンコン」する・・、私には出来るだろうか・・。

ジャジャジャ~~~ン♪♪。。。わたし的には設定が瞬間時空モードになって。。。できそうなきがしまっすうう~~♪♪
  • 2006/08/30-12:15:27
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C3612] あ、失礼しました

ykさんでした。名前を間違えてしまいました。ごめんなさい。
  • 2006/08/29-23:41:43
  • 投稿者 : ナイル
  • URL
  • 編集

[C3611] > 違うと思います。文化圏が違います。説明したか歌ったんなら別ですが。

なるほど...。kyさんはずいぶんお詳しいようですね。参考になりました。
  • 2006/08/29-23:33:33
  • 投稿者 : ナイル
  • URL
  • 編集

[C3610] >コンコンと叩きます

コンコンすることによって、チーム内の何か感じ取ろうとしたのかもしれませんね。

私は、サッカーにはあまり興味がなかったため
オシム監督のことは全く存じませんでした。

それほどユニークな存在とも。
早速、明日その語録集を購入しようと思います。

ところで、オシム監督って、選手たちから親しまれているのでしょうか?

それとも、恐れられているのでしょうか?





  • 2006/08/29-23:18:45
  • 投稿者 : ばなな
  • URL
  • 編集

[C3609] >ノック オン ウッド

違うと思います。文化圏が違います。説明したか歌ったんなら別ですが。
  • 2006/08/29-22:27:56
  • 投稿者 : yk
  • URL
  • 編集

[C3607] >これにより監督と選手の「間隔」はかなり無くなったのではないかと思います。

決してハイアラキーな態度を取っているわけではないのが、低迷していたチームを再生し
た理由の一つなのだなと思いました。
やはりこのシリーズが終わってから本を購入することにします(笑)。
なぜなら、アマゾンで見たのですが、母国の内戦について触れているところもあるそうで、
私は「コンコン」の場面をすっ飛ばして、そういった地上の出来事に目を奪われてしまう
からです(汗)。
面相占術ではどう判断するがわかりませんが、あまり余計なことをペラペラしゃべる人で
はなさそうです。
同じヨーロッパでも彼の母国はイギリスやフランスみたいにしゃべったもん勝ちの世界で
はないのかなと思いました(あっ、これも地上の興味だ・爆)。
24時間浮遊していられるもりけんさんの感性を共有できるようになるには、まだまだ下
位の問い問いが甘いのだと思いました。
  • 2006/08/29-21:45:26
  • 投稿者 : イーキン
  • URL
  • 編集

[C3606] 選手に向けての挨拶・・

ここにも暗黙のルールが存在しているんだと思いました。
選手と監督とを区別するためのもののような・・。
>「ああ、そんなものはいい。いらない」
一緒に頑張っていこう・・といわれるよりも、
より同じ目線を感じられるような気がします。
コンコン・・
「始めまして」や「お邪魔します」かなと思いました。
幸運を呼ぶ動作だとしても、日本的にも選手一人一人と、
トントン・・「こんにちは」をしているようで面白いなと思いました。
一人一人にして回るというのが、どちらにしても
選手一人対監督の結びつきが強くなるように思いました。
礼儀的なものはなく、本当に喋りたい時しか喋らない・・
監督、しかも日本代表の監督という立場でのその行為・・
スゴイと思います。・・カッコイイです。
  • 2006/08/29-21:34:56
  • 投稿者 : まる
  • URL
  • 編集

[C3604] >私には出来るだろうか・・。

え~っ・・・と驚きました。
もりけんさんはサイン会であんなにたくさん初対面の方に握手されたではありませんか・・!!!

オシム監督って何だかとても面白そうな方だと思います。
もりけんさんの言われる加害者意識のお手本にしたいと思います。
  • 2006/08/29-19:19:58
  • 投稿者 : ゆくえ
  • URL
  • 編集

[C3603] >「ああ、そんなものはいい。いらない」

オシムはとても弁の立つ人というイメージがあるので、意外です。
普通は、スピーチを求められれば、スピーチしなければいけないものだ・・と考えて、何も言うことがなくても何か適当に喋るものだと思うのですが・・
それを断ることができるというのが、まず凄いです。
場に呑み込まれるのではなく、場をコントロールできるというのが、根っからの「監督」の資質を持っているのかもしれません。
 
「コンコン」には、選手は面食らったと思いますが、でも、高いところから発言するのではなく、オシム自ら選手のところまできて、テーブルをコンコンとノックして回って・・というのは、何か対等感があると思いました。
形式や儀礼にはこだわらずに、選手との関係性を一番に考えての行動のような気がします。
  • 2006/08/29-15:10:28
  • 投稿者 : くるみ
  • URL
  • 編集

[C3602] 幸運を呼ぶ動作

もしかしたらKNOCK ON WOOD ということなのかもしれませんね。悪霊をはらい幸運をよぶとされています。
  • 2006/08/29-14:28:04
  • 投稿者 : ナイル
  • URL
  • 編集

[C3601] >「ああ、そんなものはいい。いらない」

人が自分に差し出してくる場に、全然飲まれてない言葉だと思いました。「身構える選手を前にひょいと右手を軽く振った」のは、軽い挨拶の仕草なのかな。記者に対しての言葉の時もそうでしたが、自分の態度を相手や場に合わせて変えない鋭さを感じます。

コンコンが幸福を呼ぶ動作ならば、選手に「一緒に・お互いに、幸せになろうな!」とでも言っているのでしょうか・・?「一緒に・共に」を感じさせる動作です。偉そうなありがたいお言葉よりも、ずっと嬉しい、と相手に感じさせる気がします。
  • 2006/08/29-13:14:09
  • 投稿者 : ぱらむ
  • URL
  • 編集

[C3600] >幸福を呼ぶ動作だそうですよ。

挨拶をしないということも、幸福を呼ぶ行為なのでしょうか?
  • 2006/08/29-13:00:02
  • 投稿者 : もりけん
  • URL
  • 編集

[C3599] 母国の慣習

オシムのコンコンは、
彼の母国セルビア・モンテネグロの慣習で、
幸福を呼ぶ動作だそうですよ。
  • 2006/08/29-12:52:45
  • 投稿者 : じょび
  • URL
  • 編集

[C3596] 抜くとか入れない

フシトモ13.1で若山さんの治療の話がありました。
治療を始める時、気を「入れる」のではなく「抜いていく」方法を取ったとあります。

オシムはこの「抜く」というか「入れない」方法を行ったように思いました。

普通、所信表明などを行うと監督の思い入れなどが前面に出ると思います。だから監督→選手というハイアラキーが生じやすい。

その上、所信表明を聞いて身を律した日には、肩に力が入りますし、無意識で抵抗してしまうことも多いような気がします。

所信表明という形で監督の気を注入しているような感じです。

だからオシムのやり方は(意図的かどうかは置いても)「入れない」ものだったと思います(「入れる」という行為もどこか供給的方法ぽいです)。

コンコンと机を叩いて回った時、もしかしたらちょっと微笑んでいたかもしれません。
一人ずつというのもうれしいです。

[C3594] >コンコンと叩きます(笑)。

コンコンされた選手たちは、オシム監督の顔を見上げてしっかりアイコンタクトしたんだろうと思います。長いスピーチよりもずっと心に残りそうです。

[C3593] 「コンコン」がすごくいいです( ̄  ̄°)

チームに来たことを伝えるノックなのか、彼流の挨拶なのか、何なのかはわかりませんが、
全員に向かって堅苦しかったり熱かったりする挨拶をするより、一人一人の所に来て軽く
「コンコン」されるほうが選手は嬉しいし、初対面の監督と接する緊張感も和らぐだろう
と思いました(その瞬間は異例の初対面に面食らって固まってしまったかもしれませんが、
すぐにジワッ…と沁みてきたんじゃないかと思います^^)。
 
>「ああ、そんなものはいい。いらない」
 
これを言ったオシムは、自分の横にいるチームのお偉いさんのことは既に眼中に無くて、
これから一緒にプレーする目の前の選手達に気持ちが向いていたんだなと思いました。
  • 2006/08/29-10:25:16
  • 投稿者 : ぷく
  • URL
  • 編集

[C3592]

>自分が本当に喋りたい時しか喋っていないということだと思います。


 もりけんさんは「自分が本当に喋りたい事しか喋っていない」ような気がしました。(これは置いといて・・・)

・・・コンコン・・・それはナニって思いました(笑)
 何か別の何かがあるのだろうか。。。たんに挨拶のコンコンか???


オシムという人は、教壇の上から見下ろすのじゃなく隣の席にいる級友なんだと思いました。

[C3591] >「ああ、そんなものはいらない」

 何を言ったかより、オシムは自分がセンサーとなってジェフ市原というチームを感じたかったのかもしれないと思いました。食堂の選手の雰囲気などから、まずそのチームの状態を感じ取りテーブルをたたくことで緊張感と親密感を高めたかったのかもしれません。 
 まず選手のなかに入っていき無言のうちに、まず何かを感じ取るそして、それから一緒に考えようと思ったのかもしれません。 
 実は今日にオシム本を買いに本屋へ行こうと思っていました。なんか、今回はレスを外しても「オシムから斬られる」シリーズが終わってから読んだほうがオモシロイなって何故か思いました。
  • 2006/08/29-09:15:46
  • 投稿者 : yk
  • URL
  • 編集

[C3590] >「ああ、そんなものはいい。いらない」

きっと選手たちも、この監督は何を言うんだろう・・と、ドキドキだったと思います。
何も言わず、机をコンコン・・それも一人一人・・
どんな綺麗な言葉よりも、心にぐっと来たのではないかと思いました。

コンコンとたたいて回ってる時間、間を想像しました。
選手たちはだんだんリラックスしたのではないかと思います。
そして、食事が終わってから、オシム監督の思いを色々想像したのではないかと思います。
相手が言葉を発してしまうと、その言葉にとらわれてしまうけど、コンコンだと、自由に自分の思いをめぐらせることができそうに思いました。

[C3588] >コンコンと叩きます(笑)。

「これから、オレがお前を見とるからなあ~」という宣告かな‥
  • 2006/08/29-08:03:06
  • 投稿者 : 龍(ロン)
  • URL
  • 編集

[C3587] >コンコンと叩きます(笑)。

おもろい人や‥実際どういうつもりなんか‥一人一人顔を見てまわったんか、でも顔確認したとは書いてないから、コンコンは「来たよ」って意味かな‥。あいさつだとみんないっぺんにだけど、これだと一人一人にやったから、なにもしゃべんなくても丁寧かも。
  • 2006/08/29-07:58:47
  • 投稿者 : 龍(ロン)
  • URL
  • 編集

[C3586] 前にイチロー語録集というのを

読んだことがあります。そのときにかなり衝撃を受けました。しかし、それでもイチローは何かしゃべっていました。オシムはしゃべってもいない(汗)。

サッカーを子供のころにならったときに、オシム自身、年長者からまず言葉よりもボールを投げられたはずです。その前に年長の少年たちがボールをけっているのを見て、その「言語圏」にまず巻き込まれるという行為があったはずです。オシムは選手との間でサッカーの「言語」で会話したいのであってそれ以外のフィールドでは「好きにしろ」ということだと思います。

また、左脳でサッカーをする(たとえです)日本のサッカーに対して「おれはそんなやり方はしない。サッカーをやりたいだけで他のことはしない。」と言っているのかもしれません。サッカーをやっているつもりでマスゲームをやっている、戦争をやっているつもりで「いくさ」をやっている。「そんなのはやめよう。「サッカー」をやろう」といっているような気がします。

サッカーをするにはまずオシムが持っているサッカーの言語と、選手が身体で覚えているサッカーの言語をリンクさせなければなりません。仔オオカミのむれの中に新しい親オオカミがやってきたようなものです(そんなことありえないけど)。まず、ボスは誰か、狩(試合)はどうするか、どうやって遊ぶか、群れの中での自分の役割と順位はどうか...そういうことからやっていくのかもしれません。
  • 2006/08/29-07:49:12
  • 投稿者 : ナイル
  • URL
  • 編集

[C3584] ああ、そんなものはいい。いらない

自分に必要なものしかいらない、
削ぎ落とす・・って中々出来ない気がします。
本当に洗練されていると思いました。
スピーチをどうぞ、と言われ、間髪いれずに「ああ、そんなものはいい・・」
と言えるか・・?と思います。
オシムは一体、なんでコンコンってテーブルを叩いたのでしょうか・・
しーんとした中で、面食らったであろう選手ひとりひとりに・・コンコン
する・・
私は何か体の中に何かリズムのようなものを刻みこんだのかな・・
と思いました。
リズムではないか・・その動作の意味を考えさせられるような
行為だと思います。
オシム監督に聞いてみないとわかりませんが・・。
でもいきなりコンコンってされたら、何だろう?って思います。
この人は一体?と問いを持たされるような気がしました。
このすごさは、
もりけんさんが拾わなければ、たぶん私は気づかなかったと
思います。


[C3583] >「ああ、そんなものはいい。いらない」



>「プレイするのはお前達だけじゃないんだよ」ということも伝えているような気がします。「俺とお前らは同じ運命なんだからな」とも・・。
 
>「コンコン」(汗)が終わると自席につき、食事を始めます。まさに自然です(笑)。


流れの中にいるような感じがしました・・
自然な川の流れのような・・

監督と選手が一体化したような・・

指導者ではあるけれども、
一線を画しているのではなく、
一緒に運命のレールを走っているような・・

 
  • 2006/08/29-02:07:56
  • 投稿者 : あかり
  • URL
  • 編集

[C3582]

>自分が本当に喋りたい時しか喋っていないということだと思います。
 
そういう風には思わなかったです。そうなのか…、そうですね。改めて読むと…「コンコン」にはやられました。言葉じゃないんだっていうメッセージがどっから聞こえてくるようにも思いました。(なんかここのシーンはオシムの顔とか間合いばっかり想像してました)
 
>これにより監督と選手の「間隔」はかなり無くなったのではないかと思います。
 
もりけんさんが中国語でスピーチした事を思い出しました。  
オシムはぐっとなかに入ったと思います。もうプレイしてる。オシムは走ってる。所信表明じゃ選手にたどりつかないと思いました。一対他で表明されても、そのスタイルが、お前らの上だって伝えてしまうと思います。こんな時のスピーチで盛り上がる事なんて…ないよなーと思いました。朝礼みたいなもんで。聞いてる方はどんなヤツがきたのかばっかり気になる。そんな時言葉どおりに聞いてる人ってあんまりいないと思う。カッコいい事言うにきまってるもん。
  
「俺とお前らは同じ運命なんだからな」ってほんとに言ってる気がする。監督の駒だけど駒だよって言ってる気がしました。
わー…感じいりました。
(≧Σ≦)夜更けに大興奮してます。

[C3581] >「ああ、そんなものはいい。いらない」

「コンコン。」ってドアをノックしてるみたいだと思いました。
皆にてをふり、1人1人にコンコンと心の扉にノックしていったのかもしれないと思いました。
全体というより、1人1人を大事にされているんじゃないかと思いました。

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://fushigikenkyujo.blog62.fc2.com/tb.php/109-829c6418
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

「ああ、そんなものはいい。いらない」

 
まずは「オシムの言葉(集英社インターナショナル)」の本に出ていた文章をそのまま載せます。
 
*****************
 
 食器の触れ合う音に、時折、談笑が重なる。ジェフ千葉の食堂が突然開いた。
 
「新監督が到着されたので紹介する」
 
 このとき選手たちはオシムという人物を誰も知らなかった。
 
 新しい監督と選手との初顔合わせ。通例通り、監督から選手に向けての挨拶を、という流れになった。
 
 この監督は所信表明に何を話すのだろう・・。
 共に戦おう、あるいは君たちは覚悟してほしい、か。
 いずれにしても自分を理解させるために、あるいは舐められない威嚇りために、新しい指揮官の第一声は少し長い演説になるのが常である。
 
 ところがオシムは今まで接してきたどの監督とも異なる行動を取った。
 スピーチを求められると、身構える選手を前にひょいと右手を軽く振ったのだった。
 
「ああ、そんなものはいい。いらない」
 
 スタッフを尻目に、選手のテーブルに近づくと、裏返した拳でひとりひとりの食卓をコンコンと、2回ずつノックして回り始めた。一周すると自席について食事を始めた。
 
*********************
 
「オシムの言葉」という本が出るくらい、彼の語録は有名になりました。しかし日本での第一声は「ああ、そんなものはいい。いらない」でした(笑)。
 
 つまりノーコメントが、最初の語録なのです。
 というこことはですよ、オシムは、本当に必要な時しか喋っていないということなのです。
 いや、それも違う、自分が本当に喋りたい時しか喋っていないということだと思います。彼には儀礼的なものなど、あり得ないのかも知れません。
 
「スピーチをどうぞ」と言われれば、ほとんどの人は適当に喋って丸めると思います(笑)。しかしオシムはそれをしなかったのです。
 
 その代わりに、選手のテーブルを回り、コンコンと叩きます(笑)。
 
 これにより監督と選手の「間隔」はかなり無くなったのではないかと思います。そして「プレイするのはお前達だけじゃないんだよ」ということも伝えているような気がします。「俺とお前らは同じ運命なんだからな」とも・・。
 
「コンコン」(汗)が終わると自席につき、食事を始めます。まさに自然です(笑)。なんか武士道の世界をかいま見たようです(笑)。
 
 私は今回引用した部分で、かなりやられました(笑)。本を閉じて、そのまま24時間浮遊したくらいです(笑)。
 
 しかしオシムのことを知っている選手が誰もいなかったというのも、驚きです(笑)。誰もが初対面の中で、黙って「コンコン」する・・、私には出来るだろうか・・。
 
スポンサーサイト

29件のコメント

[C4129] >「ああ、そんなものはいい。いらない」

ここでオシム監督を注目してしまうのは、普通じゃない(!?)とこだからだと思います。

自分が高校生のときに受けた数学の先生は、高一の初めての数学の授業のときに、普通なら先生の自己紹介をして、では教科書の何ページを開いてくださいという流れがある中、その先生は入るやいなやいきなり間髪入れずに授業をし始めて、意表をつかれました。
高二になったときも数学の先生は彼で、新年度のはじめの授業もあいかわらず一言も言わず淡々と授業をされました。
でも、この先生のことはすごく好きで、今は校長になってがんばっておられるようです(かなり余談)。

オシム監督の個人的に引かれるところは、加害者的人間であるところだなということです。
しかし、すべてが対等ですと考えているようなところです。

普通のじいさんのように見えるオシム監督は、運を味方につけている人なのかと思いました。

[C3760] 「ああ、そんなものはいい。いらない」

日本での第一声がそれとは・・
でも儀礼的に適当に喋って収まる会話よりも
そのあと裏返した拳でひとりひとりの食卓をコンコンのほうがよほど度肝を抜かれて、監督とのこれからを実感したのではないかって思いました。
オシムって監督の経験が長いってたしか朝のニュースで見たような気がしますが、誰も知らなかったんだって
なんだか驚いてしまいます。
 >私は今回引用した部分で、かなりやられました(笑)。本を閉じて、そのまま24時間浮遊したくらいです(笑)。
もりけんさんのここには前の驚きの比じゃない驚きがあります。


  • 2006/09/05-04:34:13
  • 投稿者 : Ciel
  • URL
  • 編集

[C3628]

何も言わないでコツコツと鳴らしながら一人一人に選手の顔を見て黙って一緒に食事をはじめる情景が浮かんできます。
じっくりとこれから付き合おうが無言のうちに伝わってきます。
  • 2006/08/30-21:05:11
  • 投稿者 : 小町
  • URL
  • 編集

[C3617] 黙って「コンコン」する・・、私には出来るだろうか・・。

ジャジャジャ~~~ン♪♪。。。わたし的には設定が瞬間時空モードになって。。。できそうなきがしまっすうう~~♪♪
  • 2006/08/30-12:15:27
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C3612] あ、失礼しました

ykさんでした。名前を間違えてしまいました。ごめんなさい。
  • 2006/08/29-23:41:43
  • 投稿者 : ナイル
  • URL
  • 編集

[C3611] > 違うと思います。文化圏が違います。説明したか歌ったんなら別ですが。

なるほど...。kyさんはずいぶんお詳しいようですね。参考になりました。
  • 2006/08/29-23:33:33
  • 投稿者 : ナイル
  • URL
  • 編集

[C3610] >コンコンと叩きます

コンコンすることによって、チーム内の何か感じ取ろうとしたのかもしれませんね。

私は、サッカーにはあまり興味がなかったため
オシム監督のことは全く存じませんでした。

それほどユニークな存在とも。
早速、明日その語録集を購入しようと思います。

ところで、オシム監督って、選手たちから親しまれているのでしょうか?

それとも、恐れられているのでしょうか?





  • 2006/08/29-23:18:45
  • 投稿者 : ばなな
  • URL
  • 編集

[C3609] >ノック オン ウッド

違うと思います。文化圏が違います。説明したか歌ったんなら別ですが。
  • 2006/08/29-22:27:56
  • 投稿者 : yk
  • URL
  • 編集

[C3607] >これにより監督と選手の「間隔」はかなり無くなったのではないかと思います。

決してハイアラキーな態度を取っているわけではないのが、低迷していたチームを再生し
た理由の一つなのだなと思いました。
やはりこのシリーズが終わってから本を購入することにします(笑)。
なぜなら、アマゾンで見たのですが、母国の内戦について触れているところもあるそうで、
私は「コンコン」の場面をすっ飛ばして、そういった地上の出来事に目を奪われてしまう
からです(汗)。
面相占術ではどう判断するがわかりませんが、あまり余計なことをペラペラしゃべる人で
はなさそうです。
同じヨーロッパでも彼の母国はイギリスやフランスみたいにしゃべったもん勝ちの世界で
はないのかなと思いました(あっ、これも地上の興味だ・爆)。
24時間浮遊していられるもりけんさんの感性を共有できるようになるには、まだまだ下
位の問い問いが甘いのだと思いました。
  • 2006/08/29-21:45:26
  • 投稿者 : イーキン
  • URL
  • 編集

[C3606] 選手に向けての挨拶・・

ここにも暗黙のルールが存在しているんだと思いました。
選手と監督とを区別するためのもののような・・。
>「ああ、そんなものはいい。いらない」
一緒に頑張っていこう・・といわれるよりも、
より同じ目線を感じられるような気がします。
コンコン・・
「始めまして」や「お邪魔します」かなと思いました。
幸運を呼ぶ動作だとしても、日本的にも選手一人一人と、
トントン・・「こんにちは」をしているようで面白いなと思いました。
一人一人にして回るというのが、どちらにしても
選手一人対監督の結びつきが強くなるように思いました。
礼儀的なものはなく、本当に喋りたい時しか喋らない・・
監督、しかも日本代表の監督という立場でのその行為・・
スゴイと思います。・・カッコイイです。
  • 2006/08/29-21:34:56
  • 投稿者 : まる
  • URL
  • 編集

[C3604] >私には出来るだろうか・・。

え~っ・・・と驚きました。
もりけんさんはサイン会であんなにたくさん初対面の方に握手されたではありませんか・・!!!

オシム監督って何だかとても面白そうな方だと思います。
もりけんさんの言われる加害者意識のお手本にしたいと思います。
  • 2006/08/29-19:19:58
  • 投稿者 : ゆくえ
  • URL
  • 編集

[C3603] >「ああ、そんなものはいい。いらない」

オシムはとても弁の立つ人というイメージがあるので、意外です。
普通は、スピーチを求められれば、スピーチしなければいけないものだ・・と考えて、何も言うことがなくても何か適当に喋るものだと思うのですが・・
それを断ることができるというのが、まず凄いです。
場に呑み込まれるのではなく、場をコントロールできるというのが、根っからの「監督」の資質を持っているのかもしれません。
 
「コンコン」には、選手は面食らったと思いますが、でも、高いところから発言するのではなく、オシム自ら選手のところまできて、テーブルをコンコンとノックして回って・・というのは、何か対等感があると思いました。
形式や儀礼にはこだわらずに、選手との関係性を一番に考えての行動のような気がします。
  • 2006/08/29-15:10:28
  • 投稿者 : くるみ
  • URL
  • 編集

[C3602] 幸運を呼ぶ動作

もしかしたらKNOCK ON WOOD ということなのかもしれませんね。悪霊をはらい幸運をよぶとされています。
  • 2006/08/29-14:28:04
  • 投稿者 : ナイル
  • URL
  • 編集

[C3601] >「ああ、そんなものはいい。いらない」

人が自分に差し出してくる場に、全然飲まれてない言葉だと思いました。「身構える選手を前にひょいと右手を軽く振った」のは、軽い挨拶の仕草なのかな。記者に対しての言葉の時もそうでしたが、自分の態度を相手や場に合わせて変えない鋭さを感じます。

コンコンが幸福を呼ぶ動作ならば、選手に「一緒に・お互いに、幸せになろうな!」とでも言っているのでしょうか・・?「一緒に・共に」を感じさせる動作です。偉そうなありがたいお言葉よりも、ずっと嬉しい、と相手に感じさせる気がします。
  • 2006/08/29-13:14:09
  • 投稿者 : ぱらむ
  • URL
  • 編集

[C3600] >幸福を呼ぶ動作だそうですよ。

挨拶をしないということも、幸福を呼ぶ行為なのでしょうか?
  • 2006/08/29-13:00:02
  • 投稿者 : もりけん
  • URL
  • 編集

[C3599] 母国の慣習

オシムのコンコンは、
彼の母国セルビア・モンテネグロの慣習で、
幸福を呼ぶ動作だそうですよ。
  • 2006/08/29-12:52:45
  • 投稿者 : じょび
  • URL
  • 編集

[C3596] 抜くとか入れない

フシトモ13.1で若山さんの治療の話がありました。
治療を始める時、気を「入れる」のではなく「抜いていく」方法を取ったとあります。

オシムはこの「抜く」というか「入れない」方法を行ったように思いました。

普通、所信表明などを行うと監督の思い入れなどが前面に出ると思います。だから監督→選手というハイアラキーが生じやすい。

その上、所信表明を聞いて身を律した日には、肩に力が入りますし、無意識で抵抗してしまうことも多いような気がします。

所信表明という形で監督の気を注入しているような感じです。

だからオシムのやり方は(意図的かどうかは置いても)「入れない」ものだったと思います(「入れる」という行為もどこか供給的方法ぽいです)。

コンコンと机を叩いて回った時、もしかしたらちょっと微笑んでいたかもしれません。
一人ずつというのもうれしいです。

[C3594] >コンコンと叩きます(笑)。

コンコンされた選手たちは、オシム監督の顔を見上げてしっかりアイコンタクトしたんだろうと思います。長いスピーチよりもずっと心に残りそうです。

[C3593] 「コンコン」がすごくいいです( ̄  ̄°)

チームに来たことを伝えるノックなのか、彼流の挨拶なのか、何なのかはわかりませんが、
全員に向かって堅苦しかったり熱かったりする挨拶をするより、一人一人の所に来て軽く
「コンコン」されるほうが選手は嬉しいし、初対面の監督と接する緊張感も和らぐだろう
と思いました(その瞬間は異例の初対面に面食らって固まってしまったかもしれませんが、
すぐにジワッ…と沁みてきたんじゃないかと思います^^)。
 
>「ああ、そんなものはいい。いらない」
 
これを言ったオシムは、自分の横にいるチームのお偉いさんのことは既に眼中に無くて、
これから一緒にプレーする目の前の選手達に気持ちが向いていたんだなと思いました。
  • 2006/08/29-10:25:16
  • 投稿者 : ぷく
  • URL
  • 編集

[C3592]

>自分が本当に喋りたい時しか喋っていないということだと思います。


 もりけんさんは「自分が本当に喋りたい事しか喋っていない」ような気がしました。(これは置いといて・・・)

・・・コンコン・・・それはナニって思いました(笑)
 何か別の何かがあるのだろうか。。。たんに挨拶のコンコンか???


オシムという人は、教壇の上から見下ろすのじゃなく隣の席にいる級友なんだと思いました。

[C3591] >「ああ、そんなものはいらない」

 何を言ったかより、オシムは自分がセンサーとなってジェフ市原というチームを感じたかったのかもしれないと思いました。食堂の選手の雰囲気などから、まずそのチームの状態を感じ取りテーブルをたたくことで緊張感と親密感を高めたかったのかもしれません。 
 まず選手のなかに入っていき無言のうちに、まず何かを感じ取るそして、それから一緒に考えようと思ったのかもしれません。 
 実は今日にオシム本を買いに本屋へ行こうと思っていました。なんか、今回はレスを外しても「オシムから斬られる」シリーズが終わってから読んだほうがオモシロイなって何故か思いました。
  • 2006/08/29-09:15:46
  • 投稿者 : yk
  • URL
  • 編集

[C3590] >「ああ、そんなものはいい。いらない」

きっと選手たちも、この監督は何を言うんだろう・・と、ドキドキだったと思います。
何も言わず、机をコンコン・・それも一人一人・・
どんな綺麗な言葉よりも、心にぐっと来たのではないかと思いました。

コンコンとたたいて回ってる時間、間を想像しました。
選手たちはだんだんリラックスしたのではないかと思います。
そして、食事が終わってから、オシム監督の思いを色々想像したのではないかと思います。
相手が言葉を発してしまうと、その言葉にとらわれてしまうけど、コンコンだと、自由に自分の思いをめぐらせることができそうに思いました。

[C3588] >コンコンと叩きます(笑)。

「これから、オレがお前を見とるからなあ~」という宣告かな‥
  • 2006/08/29-08:03:06
  • 投稿者 : 龍(ロン)
  • URL
  • 編集

[C3587] >コンコンと叩きます(笑)。

おもろい人や‥実際どういうつもりなんか‥一人一人顔を見てまわったんか、でも顔確認したとは書いてないから、コンコンは「来たよ」って意味かな‥。あいさつだとみんないっぺんにだけど、これだと一人一人にやったから、なにもしゃべんなくても丁寧かも。
  • 2006/08/29-07:58:47
  • 投稿者 : 龍(ロン)
  • URL
  • 編集

[C3586] 前にイチロー語録集というのを

読んだことがあります。そのときにかなり衝撃を受けました。しかし、それでもイチローは何かしゃべっていました。オシムはしゃべってもいない(汗)。

サッカーを子供のころにならったときに、オシム自身、年長者からまず言葉よりもボールを投げられたはずです。その前に年長の少年たちがボールをけっているのを見て、その「言語圏」にまず巻き込まれるという行為があったはずです。オシムは選手との間でサッカーの「言語」で会話したいのであってそれ以外のフィールドでは「好きにしろ」ということだと思います。

また、左脳でサッカーをする(たとえです)日本のサッカーに対して「おれはそんなやり方はしない。サッカーをやりたいだけで他のことはしない。」と言っているのかもしれません。サッカーをやっているつもりでマスゲームをやっている、戦争をやっているつもりで「いくさ」をやっている。「そんなのはやめよう。「サッカー」をやろう」といっているような気がします。

サッカーをするにはまずオシムが持っているサッカーの言語と、選手が身体で覚えているサッカーの言語をリンクさせなければなりません。仔オオカミのむれの中に新しい親オオカミがやってきたようなものです(そんなことありえないけど)。まず、ボスは誰か、狩(試合)はどうするか、どうやって遊ぶか、群れの中での自分の役割と順位はどうか...そういうことからやっていくのかもしれません。
  • 2006/08/29-07:49:12
  • 投稿者 : ナイル
  • URL
  • 編集

[C3584] ああ、そんなものはいい。いらない

自分に必要なものしかいらない、
削ぎ落とす・・って中々出来ない気がします。
本当に洗練されていると思いました。
スピーチをどうぞ、と言われ、間髪いれずに「ああ、そんなものはいい・・」
と言えるか・・?と思います。
オシムは一体、なんでコンコンってテーブルを叩いたのでしょうか・・
しーんとした中で、面食らったであろう選手ひとりひとりに・・コンコン
する・・
私は何か体の中に何かリズムのようなものを刻みこんだのかな・・
と思いました。
リズムではないか・・その動作の意味を考えさせられるような
行為だと思います。
オシム監督に聞いてみないとわかりませんが・・。
でもいきなりコンコンってされたら、何だろう?って思います。
この人は一体?と問いを持たされるような気がしました。
このすごさは、
もりけんさんが拾わなければ、たぶん私は気づかなかったと
思います。


[C3583] >「ああ、そんなものはいい。いらない」



>「プレイするのはお前達だけじゃないんだよ」ということも伝えているような気がします。「俺とお前らは同じ運命なんだからな」とも・・。
 
>「コンコン」(汗)が終わると自席につき、食事を始めます。まさに自然です(笑)。


流れの中にいるような感じがしました・・
自然な川の流れのような・・

監督と選手が一体化したような・・

指導者ではあるけれども、
一線を画しているのではなく、
一緒に運命のレールを走っているような・・

 
  • 2006/08/29-02:07:56
  • 投稿者 : あかり
  • URL
  • 編集

[C3582]

>自分が本当に喋りたい時しか喋っていないということだと思います。
 
そういう風には思わなかったです。そうなのか…、そうですね。改めて読むと…「コンコン」にはやられました。言葉じゃないんだっていうメッセージがどっから聞こえてくるようにも思いました。(なんかここのシーンはオシムの顔とか間合いばっかり想像してました)
 
>これにより監督と選手の「間隔」はかなり無くなったのではないかと思います。
 
もりけんさんが中国語でスピーチした事を思い出しました。  
オシムはぐっとなかに入ったと思います。もうプレイしてる。オシムは走ってる。所信表明じゃ選手にたどりつかないと思いました。一対他で表明されても、そのスタイルが、お前らの上だって伝えてしまうと思います。こんな時のスピーチで盛り上がる事なんて…ないよなーと思いました。朝礼みたいなもんで。聞いてる方はどんなヤツがきたのかばっかり気になる。そんな時言葉どおりに聞いてる人ってあんまりいないと思う。カッコいい事言うにきまってるもん。
  
「俺とお前らは同じ運命なんだからな」ってほんとに言ってる気がする。監督の駒だけど駒だよって言ってる気がしました。
わー…感じいりました。
(≧Σ≦)夜更けに大興奮してます。

[C3581] >「ああ、そんなものはいい。いらない」

「コンコン。」ってドアをノックしてるみたいだと思いました。
皆にてをふり、1人1人にコンコンと心の扉にノックしていったのかもしれないと思いました。
全体というより、1人1人を大事にされているんじゃないかと思いました。

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://fushigikenkyujo.blog62.fc2.com/tb.php/109-829c6418
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

くろこ

プロフィール

森田健(もりけん)

Author:森田健(もりけん)
もりけんブログへようこそ。
楽しんでいって下さい。

■無料会報誌「不思議の友」について
森田健が実際に足で歩いて遭遇した出来事を皆さんに報告する場として「不思議の友」という無料会報誌を出版しています。
この本は、読んでいただけるだけで嬉しいです。
でも、何か意見を返してくれるともっと嬉しいです。
不思議なことに興味がある方、不思議なことを解明したい方、または新しい生き方を見つけたい方のためのものです。
最新号は常に無料でお送りしています。
新しくお申し込みの方はこちらからどうぞ


最新号「不思議の友15」が届いていない方。
以前不思議の友が何度かお手元に届いた方で、この号が届いてないという方
は、


●03-3378-9845
●平日10:00~12:00、13:00~18:00

にお電話下さい。
その際「ブログを見た」と言っていただけると嬉しいです。

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

たまちゃんカップ時計

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。