Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C450] >こだわることは良くないか?

サイン会に参加しましたが、丸善の方は何から何まで徹底していたと思いました。
そのこだわりはサイン会に参加した私たちに見えない部分でも徹底していたのだ
ろうと思っていましたが、最後に花束贈呈があったなんてビックリしました!
すごいこだわりだと思います。
 
もりけんさんのこだわりにも驚きました。
サインに一人一人の名前を入れてくれるというだけで充分ビックリしたのに、
押されたハンコを見て二度ビックリして思わず「うおっ!」って声が出そうに
なりました。 
 
もしこだわりがなかったら、あんな楽しいビックリはなかったと思います。
 
こだわるのが良くないと言う人は、こだわらないフリをすることにとても
こだわっているんじゃないかと思います。
 
でも同じこだわるなら、フリをするのにエネルギーを使うより、フリを取っ
払ってみて「やりたい」と思った事を徹底してやるほうがいいと思いました。

[C319] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2006/04/22-22:30:40
  • 投稿者 :
  • 編集

[C309] 自分を中心に置くか、相手にリリースするか

「こだわる」のがいいのか、「こだわらない」がいいのか、を考えていると頭が混乱してきました。が、朝起きた瞬間ふとつながりました。

自分中心に物事を考える、また、自分中心の損得で物事を考えると
そこには「こだわらなくていい」がでてきます。

相手にリリースしているとき、そこには容赦のない「こだわり」が生じてきそうです。7;:::::::::::::::::@@6;←いまネコga←キーボード押しました。相手の気持ちに自分を重ね合わせたとき、相手がうれしいと思った瞬間、おどろきよろこんだ瞬間の時間に瞬間リリースしています。そのときどうでしょう。
森田さんの六次元図のプレゼント、ハンコ屋さん、丸善さんの配慮(←おお、この字も思慮を相手に配っている すごい)、どれらも相手にリリースしてそうです。

p.s.芸術家のこだわりだって、どこかにリリースしているのかもしれません。作っている瞬間、またはそれを見た時、聴いた時の、「気持ちいいか、気持ちよくないか」という瞬間の気持ちにリリースしているのかもしれません。

[C253] ハンドルネーム

サイン会行ってきました。上野からだったので当日参加にもかかわらず第1部30人目位でお会いできました。名前のほかにハンドルネームも書いていただきました。^^v満足です。もう5回DVD観ました。
  • 2006/04/19-08:52:35
  • 投稿者 : きんば
  • URL
  • 編集

[C238] サイン会

思い切っていってきてよかったです。もりけんさんのイベントはhpで見てるだけだと私はいつもストレスたまります。(爆)
後の方に行ったので、もりけんさんがでてきて挨拶したのは見ることができなかったのですが、待ってる間、会場の雰囲気とか十分に楽しみました。
係の人があちこちにいて、誘導してくださり、ありがたかったです。
 
帰ってきて主人に言われました。丸善でサイン会するのって有名人しかしないって。。。へ~、そうなの~知らなかった~でした。(笑)
 
楽しい日帰り旅行でした。
サイン会、ありがとうございました。

[C237] ヨシヨシと

「こだわらないことが大事です」
と まず目に入って、アレ?と思いました。
たった今書き込んできたことが、自分じゃ思ってもみなかったのですが、かなり前のことにこだわってたのネ だったので。

こだわらないとは 一見、さわやか&軽やかな もりけんさんが言われることのように思えるふしもありますが、そうではないですよね、ホッ。

こだわりは どうも自然発生するようなので、こだわらないというのは、自分の気持ちを あえて無視してやりすごすという暴挙です。

こだわらないのが良いと言うエラい方は、子供がだだをこねて泣いたとき、「そんなにこだわるもんじゃない」と諭すのでしょうか?
「うん、そうだね」と即ニコッとする子はいるでしょうか?
気の済むまで泣いたらケロッとするんでしょけどね。

いい大人である私たち、エライ人にそう教わったからと、気になってしょうがないことを追いやってほっぽって進んだその先には、何が待ち受けているのでしょう?

そこのあなた、無理してませんか~?
感じることはヨシヨシとかわいがってやるのが どうも良さそうですよぉ。

サイン会会場は静かでしたが明るくさわやかでもありました。
書店のスタッフの方々は、男性女性ともに黒いスーツで きびきびと、とてもカッコ良かったデス。

[C236] >でもそれは事前に知らせることはしませんでした。

>でもその「代償」が「予定されていたもの」だけでは、つまらないと思います。
 
こだわる…ナニにこだわるかって言えば、どの人も最終自分にこだわるのだと思うのですが…。
思いました。私は宇宙のこだわりの一品なのだと。だってそうでなきゃこんなに可能性が限定された存在ではないはずだ。宇宙があらゆる可能性からこだわりにこだわって(ほんとかよ)選び抜いた結果が…これなのではないかと…だからその私がなににこだわっても…いいような気がしました。運命が秘密なのも六次元のハンコをついてあげようとしてるんじゃないかと思いました。妄想気味ですが…
あーそれにしてもサイン会にイキたかった~。ぼやいてます

[C235]

サイン会自体が初めてだったので、こういうものと思ってしまいましたが、そうではなかったのですね
もりけんさんも私たちも丸善の方々のシナリオどおりに動いたというかんじです

整理券の裏に名前をかくのもまだ部屋に入る前、通路に並んでる時から何度もいってくれました
ボールペンも貸してくれました
横書きで、とも言われました
これはきっともりけんさんがぱっとみてすぐ書けるようにという配慮ではないかと思います

細部にこだわってきちんとしてもらったおかげで余計な心配をせずにもりけんさんのサインをもらうことに集中できたんだと思いました
もりけんさんへのお花の贈呈も、すごい演出だと思います

はんこは線がとても細く模様には奥行きがあり繊細できれいでした
私にしたら、はんこもだし、名前をかいてもらったのも想定外のことで、とてもうれしかったです
とことんこだわった…というと講演会を思い出します
こだわることでうまくいかないときって個にこだわったときではないかと思います
サイン会も講演会もみな個にこだわったわけではないと思いました
もりけんさんは想定外のサービス、丸善の方々は全体の流れとか場の演出にこだわったのではとおもいました
  • 2006/04/17-12:57:41
  • 投稿者 : iみっく
  • URL
  • 編集

[C234] こだわる

やりたいことをやる、だけだと「想定内」で終わると思います。
“こだわる”はもっとそこから突き抜けると思います。
六爻占術も「やりたいこと」で終わっていたら、運命変更のハウツウだけトラさんから取っていくだけになってしまい、生まれないはずの子供がなぜ生まれたのかとか、陰陽五行の解明に一歩でも近づこうすることはしなかっただろうと思います。
 
誘導するスタッフの人達は通常新入社員や入社2,3年目の若い男の子がやるもんだと思っていたのですが、丸善のスタッフの人達は入社○年のみなさんベテラン社員という感じでした。
緊張感が漂っていました。
歌手のコンサート会場かと思いました(笑)。

[C233] >丸善のスタッフは10人近くいたようです

はい。10人ぐらいいたようです。受けつけは4人くらいで対応していましたし、階段にもプラカードをもって立っていましたし
会場にはまるでSPのように5人くらいいました(笑)


迷う(?)わたしに親切に手際良く対応していただいてとても感激しました。


>6次元の図のハンコ

帰宅してから良く見てみました。精密な線を彫るのはたいへんだろうなと思いました。
とても美しかったです。。。。。


サイン会にいけて本当にハッピーでした♪


コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://fushigikenkyujo.blog62.fc2.com/tb.php/12-0b874bc8
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

こだわることは良くないか?


 サイン会が終わりました。
 まさに、「こだわり」のサイン会だったと思います。
 
 まずは、丸善の人がこだわっていました。
 
 丸善と交渉するのは出版社の編集者ですが、編集者が一ヶ月も前から言っていました。
 
「丸善が結構細かい事を言ってきてねえ・・」
 
 しかしサイン会当日、丸善はもっとこだわっていました。私が
 
「どうせみんな並んで、やることないんだから(笑)15分前に始めましょうよ」
 と言うと
「いや、整理券をもらって時間調整している人がいるから、ダメです」
 
 それでも私の「ねぇ、早く~ぅ♪」というせがみに負けて(笑)、5分前に始めることになりました。
 
 担当が携帯で会場と連絡を取り、控え室から出て、会場に向かいます。
 会場の直前でまた携帯で連絡します。
 
「これから先生を入れます。アナウンスをお願いします」
 
 すると会場からアナウンスが聞こえます。
 
「森田先生が右の扉から登場されます。拍手でお迎え下さい」
 
 私は照れながら入っていきました(笑)。
 
 丸善のスタッフは10人近くいたようです。彼らはお客さんの整理と、情報の流通に気を使っていました。
 私にとってサイン会は三度目ですが、こんなことは初めてでした。いままで書店の担当者が3人つけば良いほうでした。
 
 サインが700人全員分終わったとき、丸善のチーフらしき人が真ん中に出て、その周囲に他のスタッフが並びました。そして
「ただいまサイン会が終了いたしました。書店のほうから花束を贈らせていただきます」
 と言うと、制服をバッチリ着た書店の女性による花束贈呈がありました。
 
 これを「こだわり」と言わないで、何と言うのでしょうか?
 
 実は私だってこだわりました(笑)。
 
 参加者に事前に言っていないことがありました。
 サインの下に、6次元の図のハンコを押すことです。あの図は、ものすごく繊細です。ハンコを作るだけで大変でした。ハンコ屋は何度もサジを投げそうになったそうです。
 
 それを「客引き」に使えば、もっと良かったかも知れません。
 でもそれは事前に知らせることはしませんでした。
 
 来てくれた人たちは1時間以上並んだはずでした。
 でもその「代償」が「予定されていたもの」だけでは、つまらないと思います。
 
 前日、テレサテンの「つぐない」という曲を聴きました。中国語では「代償」と書きます(笑)。
 
 別に、何かをつぐなったわけではありません(笑)。
 少しは「想定外」があったほうが良いと思う、私の「こだわり」です(笑)。
 
 精神世界の人たちは良く言います。
 
「こだわらないことが大事です」
 
 そんなことを言っているから「想定内」のサービスしか提供できないのではないでしょうか・・・。
 
 しかし徹底的にこだわったのが、昨日のサイン会でした。

 
丸善スタッフの徹底した準備風景
20060417103902.jpg

スポンサーサイト

10件のコメント

[C450] >こだわることは良くないか?

サイン会に参加しましたが、丸善の方は何から何まで徹底していたと思いました。
そのこだわりはサイン会に参加した私たちに見えない部分でも徹底していたのだ
ろうと思っていましたが、最後に花束贈呈があったなんてビックリしました!
すごいこだわりだと思います。
 
もりけんさんのこだわりにも驚きました。
サインに一人一人の名前を入れてくれるというだけで充分ビックリしたのに、
押されたハンコを見て二度ビックリして思わず「うおっ!」って声が出そうに
なりました。 
 
もしこだわりがなかったら、あんな楽しいビックリはなかったと思います。
 
こだわるのが良くないと言う人は、こだわらないフリをすることにとても
こだわっているんじゃないかと思います。
 
でも同じこだわるなら、フリをするのにエネルギーを使うより、フリを取っ
払ってみて「やりたい」と思った事を徹底してやるほうがいいと思いました。

[C319] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2006/04/22-22:30:40
  • 投稿者 :
  • 編集

[C309] 自分を中心に置くか、相手にリリースするか

「こだわる」のがいいのか、「こだわらない」がいいのか、を考えていると頭が混乱してきました。が、朝起きた瞬間ふとつながりました。

自分中心に物事を考える、また、自分中心の損得で物事を考えると
そこには「こだわらなくていい」がでてきます。

相手にリリースしているとき、そこには容赦のない「こだわり」が生じてきそうです。7;:::::::::::::::::@@6;←いまネコga←キーボード押しました。相手の気持ちに自分を重ね合わせたとき、相手がうれしいと思った瞬間、おどろきよろこんだ瞬間の時間に瞬間リリースしています。そのときどうでしょう。
森田さんの六次元図のプレゼント、ハンコ屋さん、丸善さんの配慮(←おお、この字も思慮を相手に配っている すごい)、どれらも相手にリリースしてそうです。

p.s.芸術家のこだわりだって、どこかにリリースしているのかもしれません。作っている瞬間、またはそれを見た時、聴いた時の、「気持ちいいか、気持ちよくないか」という瞬間の気持ちにリリースしているのかもしれません。

[C253] ハンドルネーム

サイン会行ってきました。上野からだったので当日参加にもかかわらず第1部30人目位でお会いできました。名前のほかにハンドルネームも書いていただきました。^^v満足です。もう5回DVD観ました。
  • 2006/04/19-08:52:35
  • 投稿者 : きんば
  • URL
  • 編集

[C238] サイン会

思い切っていってきてよかったです。もりけんさんのイベントはhpで見てるだけだと私はいつもストレスたまります。(爆)
後の方に行ったので、もりけんさんがでてきて挨拶したのは見ることができなかったのですが、待ってる間、会場の雰囲気とか十分に楽しみました。
係の人があちこちにいて、誘導してくださり、ありがたかったです。
 
帰ってきて主人に言われました。丸善でサイン会するのって有名人しかしないって。。。へ~、そうなの~知らなかった~でした。(笑)
 
楽しい日帰り旅行でした。
サイン会、ありがとうございました。

[C237] ヨシヨシと

「こだわらないことが大事です」
と まず目に入って、アレ?と思いました。
たった今書き込んできたことが、自分じゃ思ってもみなかったのですが、かなり前のことにこだわってたのネ だったので。

こだわらないとは 一見、さわやか&軽やかな もりけんさんが言われることのように思えるふしもありますが、そうではないですよね、ホッ。

こだわりは どうも自然発生するようなので、こだわらないというのは、自分の気持ちを あえて無視してやりすごすという暴挙です。

こだわらないのが良いと言うエラい方は、子供がだだをこねて泣いたとき、「そんなにこだわるもんじゃない」と諭すのでしょうか?
「うん、そうだね」と即ニコッとする子はいるでしょうか?
気の済むまで泣いたらケロッとするんでしょけどね。

いい大人である私たち、エライ人にそう教わったからと、気になってしょうがないことを追いやってほっぽって進んだその先には、何が待ち受けているのでしょう?

そこのあなた、無理してませんか~?
感じることはヨシヨシとかわいがってやるのが どうも良さそうですよぉ。

サイン会会場は静かでしたが明るくさわやかでもありました。
書店のスタッフの方々は、男性女性ともに黒いスーツで きびきびと、とてもカッコ良かったデス。

[C236] >でもそれは事前に知らせることはしませんでした。

>でもその「代償」が「予定されていたもの」だけでは、つまらないと思います。
 
こだわる…ナニにこだわるかって言えば、どの人も最終自分にこだわるのだと思うのですが…。
思いました。私は宇宙のこだわりの一品なのだと。だってそうでなきゃこんなに可能性が限定された存在ではないはずだ。宇宙があらゆる可能性からこだわりにこだわって(ほんとかよ)選び抜いた結果が…これなのではないかと…だからその私がなににこだわっても…いいような気がしました。運命が秘密なのも六次元のハンコをついてあげようとしてるんじゃないかと思いました。妄想気味ですが…
あーそれにしてもサイン会にイキたかった~。ぼやいてます

[C235]

サイン会自体が初めてだったので、こういうものと思ってしまいましたが、そうではなかったのですね
もりけんさんも私たちも丸善の方々のシナリオどおりに動いたというかんじです

整理券の裏に名前をかくのもまだ部屋に入る前、通路に並んでる時から何度もいってくれました
ボールペンも貸してくれました
横書きで、とも言われました
これはきっともりけんさんがぱっとみてすぐ書けるようにという配慮ではないかと思います

細部にこだわってきちんとしてもらったおかげで余計な心配をせずにもりけんさんのサインをもらうことに集中できたんだと思いました
もりけんさんへのお花の贈呈も、すごい演出だと思います

はんこは線がとても細く模様には奥行きがあり繊細できれいでした
私にしたら、はんこもだし、名前をかいてもらったのも想定外のことで、とてもうれしかったです
とことんこだわった…というと講演会を思い出します
こだわることでうまくいかないときって個にこだわったときではないかと思います
サイン会も講演会もみな個にこだわったわけではないと思いました
もりけんさんは想定外のサービス、丸善の方々は全体の流れとか場の演出にこだわったのではとおもいました
  • 2006/04/17-12:57:41
  • 投稿者 : iみっく
  • URL
  • 編集

[C234] こだわる

やりたいことをやる、だけだと「想定内」で終わると思います。
“こだわる”はもっとそこから突き抜けると思います。
六爻占術も「やりたいこと」で終わっていたら、運命変更のハウツウだけトラさんから取っていくだけになってしまい、生まれないはずの子供がなぜ生まれたのかとか、陰陽五行の解明に一歩でも近づこうすることはしなかっただろうと思います。
 
誘導するスタッフの人達は通常新入社員や入社2,3年目の若い男の子がやるもんだと思っていたのですが、丸善のスタッフの人達は入社○年のみなさんベテラン社員という感じでした。
緊張感が漂っていました。
歌手のコンサート会場かと思いました(笑)。

[C233] >丸善のスタッフは10人近くいたようです

はい。10人ぐらいいたようです。受けつけは4人くらいで対応していましたし、階段にもプラカードをもって立っていましたし
会場にはまるでSPのように5人くらいいました(笑)


迷う(?)わたしに親切に手際良く対応していただいてとても感激しました。


>6次元の図のハンコ

帰宅してから良く見てみました。精密な線を彫るのはたいへんだろうなと思いました。
とても美しかったです。。。。。


サイン会にいけて本当にハッピーでした♪


コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://fushigikenkyujo.blog62.fc2.com/tb.php/12-0b874bc8
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

くろこ

プロフィール

森田健(もりけん)

Author:森田健(もりけん)
もりけんブログへようこそ。
楽しんでいって下さい。

■無料会報誌「不思議の友」について
森田健が実際に足で歩いて遭遇した出来事を皆さんに報告する場として「不思議の友」という無料会報誌を出版しています。
この本は、読んでいただけるだけで嬉しいです。
でも、何か意見を返してくれるともっと嬉しいです。
不思議なことに興味がある方、不思議なことを解明したい方、または新しい生き方を見つけたい方のためのものです。
最新号は常に無料でお送りしています。
新しくお申し込みの方はこちらからどうぞ


最新号「不思議の友15」が届いていない方。
以前不思議の友が何度かお手元に届いた方で、この号が届いてないという方
は、


●03-3378-9845
●平日10:00~12:00、13:00~18:00

にお電話下さい。
その際「ブログを見た」と言っていただけると嬉しいです。

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

たまちゃんカップ時計

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。