Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C458] >100匹目の猿現象を斬る3

私は脅しに弱いです。
怖い事を言われたらたちまちパニックになって自分の思考なんて止まってしまいます。
 
だから「人間が今のような状態では未来はありません」とか「もう時間がありません」などと書かれた本を読んだ時は本当に怖かったです。そして私よりいろんな物が見えていろんな事を知っているらしいその本の著者に、少しでも教えて欲しいと思いました。
 
これって脅しじゃないかと思ったのはずっと後です。
丁寧な言葉使いで、優しく励ますような表現をしているけれども、書いている事は「そのままじゃ酷いことになるよ」ということだと思いました。
 
脅すってことは従えってことだと思います。
そこには優劣と上下関係があると思いました。

[C338] >縦の価値観

自分が親になり、子供に対して縦の態度を取っていると思います。自分の親に対しは、縦を感じます。会社に行けば、上司に対しても縦の態度を取ります。
穏便に済ませようとか言っても仕方ないとか、思考が縦の関係の視点になっていました。
気がつけば、自分が縦の価値観に入り込んでいると思いました。上下関係が当然と思っていたようです。
立場的な上下の内側には、思考の上下関係も包括されていたようです。
「レベル」とか「波動」が高い・・・ヒト・モノの話を聞くと、すぐさまそこに縦軸を展開する自分がいます。

>「100匹目の猿現象」は一見、横のつながりを言っているように聞こえますが、本音は縦の価値観から出来上がっています。

縦思考なら横に繋がられると、見渡すことが容易ではないように思います。自分の支配下に入れたいから・・・縦の方が管理がラクなのだと思いました。

[C334] >100匹目の猿現象を斬る3


自分が精神世界にはまっていて、はじめのサルの一人になるんだと思っていた頃(汗)、
やはり、わたしも縦の価値観にあったと思いました。
 
しかし、今だって、下位の問いに関心がない人たちを
下に見ているかもしれないとも思います。
 
縦の価値観は根強いです。。

[C302] >100匹目の猿現象をきる3

以前、イヤシロチグッズにはまっていた頃(笑)、ケガレチに集まるというカラスやゴキブリやその他の不快虫は ケガレタ生き物なのかと疑問に思ったことがあります。
これって人間が不快に思うものはケガレタものだという ものすごく傲慢な考えだと思います。
精神世界の人たちには「霊性が高い」とか「波動が高い」などと 人や物に対して優劣をつけるクセがあると思います。
それでいて あるがままを認めようとか、良い世の中にしようなどと 言っていることの矛盾に気付いていないようです。
霊性が高い人が広めようとしている現象は マトモな手段を使わなくても下々の者は従うだろうという考えが「100匹目の猿」かと思うとますますがっかりします。
 
ある現象がある頻度で起こるようになると その風潮に載せられて 同じ行動を起こす人が増えるというのは コワイことです。
101匹目の猿にはなりたくないです。
時代の潮流に流される・・運命に操られるがままという感じがします。
  • 2006/04/21-15:53:31
  • 投稿者 : ニオイザクラ
  • URL
  • 編集

[C298] ノアの箱舟?

100匹の猿現象って「あなたは劣った人間かもしれませんよ」という裏メッセージが巧みな気がします。
周りから劣ることに恐怖を覚える部分があると簡単に引っかかります。

その恐怖を利用してノアの箱舟に乗せようとしているようにも見えます。でもどこへ行きたいのか?

自分が何者か分かってもいないのに、優劣など分からないし。

[C284]

どうやっても、100匹目の猿…
しっかりとした自分を持ちたいものですね^^
  • 2006/04/21-05:33:23
  • 投稿者 : もっ
  • URL
  • 編集

[C283] わ~い♪

DVD、買いました~~~
もりけんさん、とってもステキでした~~~
ふしともの最新号も届きました~~~
こんなに早く最新号が出るなんて、とってもとっても嬉しいです~~~
嬉しくて、ふしともに頬を何度も何度もすりすりしました♪
「光の超能力者」のエピソードが特に興味深かったです♪♪♪

そして、このブログでも、もりけんさんの濃~い文章が読めて、ほんとうに嬉しいです~~~~~
明日も楽しみにしています~~~

うれしいなあ~~~♪
  • 2006/04/20-23:55:37
  • 投稿者 : はぴ子
  • URL
  • 編集

[C282]

私はこの記事でいう「精神世界」の住人ですね。
「波動」も「霊性」って言葉も普通に使いますね。
私は「波動」、「エネルギー」、「気」って言葉を場合と状況に応じて使い分けています。大体同じ意味で使います。なぜ科学的に決着がついていないこのような言葉を使うかというと、私たちにとって
世の中を説明がしやすいからです。難しく考えるとわからなくなりますが、良い「波動」とは、さわやかな風や、太陽の光、森のみずみずしい空気など、私たちが一般的に「心地よい」と感じるものです。自然界に波動の上下はありません。人によって定義は違うと思いますが。私たちの方が「波動」が上だという風に考える人はどこか勘違いしているのでしょう。
  • 2006/04/20-18:48:24
  • 投稿者 : テル
  • URL
  • 編集

[C281] > 100匹目の猿現象を斬る3

実に面白いです。
もりけんさんは精神世界肯定派と否定派の中間にいるような気がします。いままでにない視点で、とても興味深く意見を拝見させていただいてます。

精神世界・願望実現系の本は勝手にこちらの「人生の目的」を決めてくるので、困ってしまいます。成長すべきという思想がまじってくると、そこにはかならず優劣の概念が入り込んできます。「優劣をつけるな」という教えがあったとすると、「あなたはどれほど優劣をつけない人間だろうか?」という尺度が生まれます。
  • 2006/04/20-18:17:58
  • 投稿者 : 宮本
  • URL
  • 編集

[C280] >100匹目の猿現象を斬る3

良い波動、悪い波動、霊性が高い低い。。。
そういうのって、ずっと、変わりなくある訳ではないんじゃないかと思います。
1人の人間を例にしても、どんな時もあるのではないかと思ったりします。ずっと、変わらず同じ状態などありえないのではないかと思ったりします。
では、その波動や霊性というのもはどのようにして出来るのか(根本的二どういうものかわかってはいないのですが)良いと言われる状態に。。そういうものがわかってくれば良いのかと思ったりします。
例えば、孫さんセミナーで磁気反応を出した人でも、その一瞬を捉えなければ、刻印できないとも聞いていますし、1回出したからといって、次も出せるというようなものでもないようです。
私は参加したこともないですし、よくはわかりませんが、そんなことも思い出したりしました。

[C279] >一見、横のつながりを言っているように聞こえますが、本音は縦の価値観から出来上がっています。

100匹の猿現象って横のつながりだと思ってました。
でも横でつながるってひとりひとりとつながることなんじゃないかと思いました。100匹の猿現象はつながってないですね・・・。100匹の猿は101匹目以降のアホなお猿となんかつながりたくないのかもとか思いました。
  • 2006/04/20-13:52:18
  • 投稿者 : める
  • URL
  • 編集

[C278] はじめまして。

今日ここに偶然巡りあいました。
”100匹目のさる現象”
若いときはじめてその話を聞いたとき、
鳥肌がたちました。
またここで、出逢うとは思いませんでした。
じっくり読ませていただきます。
  • 2006/04/20-13:38:08
  • 投稿者 : アカネ
  • URL
  • 編集

[C277] >しかし彼らは、根本原理がまったくわからないのに、その単語を使用して、まるでわかっているかのように振る舞います。

サルの話題以降…この数日ナニをどうしてるのかさっぱりわからなくなってます。今まで自分が拠り所にしてたものが無くなってしまった感じです。今日の朝気づいた事は「わかった」ら終りだと言う事です。「わかった」と思った途端に区別して慢心して人に偉ぶってしまうのだと思いました。(私のコトです)「なーんにもわからない」ほうがフツーなんだと思いました。このグラグラした状態の方が…もしかしたら現実なのかと思います。今まで私はなんて偉そうにしてきたのだろうかと思います。こう書いたとたんにもうダメになる気がします。「語る」と「終わる」。。。今まで「みなしご感覚」ってカケラも感じてませんでした。でも今はマジで根無し草なんだと思います。お高くとまってきたなぁと恥ずかしいです。また気づきを忘れるとは思いますが(トリ頭なので…)どうぞこれからもよろしくお願いします。(今までもすいませんでした 冷汗)斬られてなんぼなんであきらめます。ところで……ブログもカゲキですね。

[C276] 縦社会と水平ネットワークの違いだった

だなと理解しました。(“私は空洞”と“100匹サル”の違い)
 
それにしても「道教」ってすごいです。
なにがスゴイっていっても私はもりけんさんの書き込みと本からちょろっと知っている程度ですが(汗)。
 
本で紹介されている道教の修行は一見ラクそうで楽しそうすが、多分私は半日ともたないで根をあげるでしょう(爆)。
 
う~ん、でもどうしてもどこかの宗教に入信しなくてはいけなくなったら(誇大妄想)、やっぱ道教だな。
面相占術師も信仰していたから(笑)。

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://fushigikenkyujo.blog62.fc2.com/tb.php/15-9acc9d67
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

100匹目の猿現象を斬る3

 新製品を開発する企業の人は、「100匹目の猿現象」などに注目せず、製品を気に入ってもらって広める手法を取ります。しかし精神世界系の人が、「100匹目の猿現象」で広める手法を取ることは、昨日書きました。
 
 精神世界系の人は、なぜマトモな方法で広めようとしないのでしょうか・・。
 その理由のひとつが、縦思考だからだと思います。
 
 彼らは「霊性」だの「波動」だのという言葉が好きです。
 
 私のホームページでは今、「五行」が波動なのか情報なのかという大議論をやっています。
 波動という言葉ひとつとっても、何もわかっていません。
 もちろん「霊性」という言葉だって、何を意味しているのか、さっぱりわかりません。
 
 しかし彼らは、根本原理がまったくわからないのに、その単語を使用して、まるでわかっているかのように振る舞います。
「ここは波動が高いからイヤシロチだ」とか「あの先生は霊性が高い」とか、平気で使います。
 
 そしてその理論の延長上に、良い波動は悪い波動よりもエライという価値観があります。
 
 同様に、人間性に対しても優劣をつけます。
 
 彼らがやるセミナーに出ると、会場に来た人たちは波動が高く、外の人は低いというモノサシを持っているようです。
 
 だから「100匹目の猿現象」を公言することが可能なのです。
 
「100匹目の猿現象」において、101匹目以降の猿は、人間扱いされていません。
 だって理屈抜きに洗脳されてオワリだからです。
 
「100匹目の猿現象」は一見、横のつながりを言っているように聞こえますが、本音は縦の価値観から出来上がっています。
 
 そういう論理がまかり通っているのが「100匹目の猿現象」なのです。
 
 まだまだ言いたいことはあります。明日も書きます。
スポンサーサイト

14件のコメント

[C458] >100匹目の猿現象を斬る3

私は脅しに弱いです。
怖い事を言われたらたちまちパニックになって自分の思考なんて止まってしまいます。
 
だから「人間が今のような状態では未来はありません」とか「もう時間がありません」などと書かれた本を読んだ時は本当に怖かったです。そして私よりいろんな物が見えていろんな事を知っているらしいその本の著者に、少しでも教えて欲しいと思いました。
 
これって脅しじゃないかと思ったのはずっと後です。
丁寧な言葉使いで、優しく励ますような表現をしているけれども、書いている事は「そのままじゃ酷いことになるよ」ということだと思いました。
 
脅すってことは従えってことだと思います。
そこには優劣と上下関係があると思いました。

[C338] >縦の価値観

自分が親になり、子供に対して縦の態度を取っていると思います。自分の親に対しは、縦を感じます。会社に行けば、上司に対しても縦の態度を取ります。
穏便に済ませようとか言っても仕方ないとか、思考が縦の関係の視点になっていました。
気がつけば、自分が縦の価値観に入り込んでいると思いました。上下関係が当然と思っていたようです。
立場的な上下の内側には、思考の上下関係も包括されていたようです。
「レベル」とか「波動」が高い・・・ヒト・モノの話を聞くと、すぐさまそこに縦軸を展開する自分がいます。

>「100匹目の猿現象」は一見、横のつながりを言っているように聞こえますが、本音は縦の価値観から出来上がっています。

縦思考なら横に繋がられると、見渡すことが容易ではないように思います。自分の支配下に入れたいから・・・縦の方が管理がラクなのだと思いました。

[C334] >100匹目の猿現象を斬る3


自分が精神世界にはまっていて、はじめのサルの一人になるんだと思っていた頃(汗)、
やはり、わたしも縦の価値観にあったと思いました。
 
しかし、今だって、下位の問いに関心がない人たちを
下に見ているかもしれないとも思います。
 
縦の価値観は根強いです。。

[C302] >100匹目の猿現象をきる3

以前、イヤシロチグッズにはまっていた頃(笑)、ケガレチに集まるというカラスやゴキブリやその他の不快虫は ケガレタ生き物なのかと疑問に思ったことがあります。
これって人間が不快に思うものはケガレタものだという ものすごく傲慢な考えだと思います。
精神世界の人たちには「霊性が高い」とか「波動が高い」などと 人や物に対して優劣をつけるクセがあると思います。
それでいて あるがままを認めようとか、良い世の中にしようなどと 言っていることの矛盾に気付いていないようです。
霊性が高い人が広めようとしている現象は マトモな手段を使わなくても下々の者は従うだろうという考えが「100匹目の猿」かと思うとますますがっかりします。
 
ある現象がある頻度で起こるようになると その風潮に載せられて 同じ行動を起こす人が増えるというのは コワイことです。
101匹目の猿にはなりたくないです。
時代の潮流に流される・・運命に操られるがままという感じがします。
  • 2006/04/21-15:53:31
  • 投稿者 : ニオイザクラ
  • URL
  • 編集

[C298] ノアの箱舟?

100匹の猿現象って「あなたは劣った人間かもしれませんよ」という裏メッセージが巧みな気がします。
周りから劣ることに恐怖を覚える部分があると簡単に引っかかります。

その恐怖を利用してノアの箱舟に乗せようとしているようにも見えます。でもどこへ行きたいのか?

自分が何者か分かってもいないのに、優劣など分からないし。

[C284]

どうやっても、100匹目の猿…
しっかりとした自分を持ちたいものですね^^
  • 2006/04/21-05:33:23
  • 投稿者 : もっ
  • URL
  • 編集

[C283] わ~い♪

DVD、買いました~~~
もりけんさん、とってもステキでした~~~
ふしともの最新号も届きました~~~
こんなに早く最新号が出るなんて、とってもとっても嬉しいです~~~
嬉しくて、ふしともに頬を何度も何度もすりすりしました♪
「光の超能力者」のエピソードが特に興味深かったです♪♪♪

そして、このブログでも、もりけんさんの濃~い文章が読めて、ほんとうに嬉しいです~~~~~
明日も楽しみにしています~~~

うれしいなあ~~~♪
  • 2006/04/20-23:55:37
  • 投稿者 : はぴ子
  • URL
  • 編集

[C282]

私はこの記事でいう「精神世界」の住人ですね。
「波動」も「霊性」って言葉も普通に使いますね。
私は「波動」、「エネルギー」、「気」って言葉を場合と状況に応じて使い分けています。大体同じ意味で使います。なぜ科学的に決着がついていないこのような言葉を使うかというと、私たちにとって
世の中を説明がしやすいからです。難しく考えるとわからなくなりますが、良い「波動」とは、さわやかな風や、太陽の光、森のみずみずしい空気など、私たちが一般的に「心地よい」と感じるものです。自然界に波動の上下はありません。人によって定義は違うと思いますが。私たちの方が「波動」が上だという風に考える人はどこか勘違いしているのでしょう。
  • 2006/04/20-18:48:24
  • 投稿者 : テル
  • URL
  • 編集

[C281] > 100匹目の猿現象を斬る3

実に面白いです。
もりけんさんは精神世界肯定派と否定派の中間にいるような気がします。いままでにない視点で、とても興味深く意見を拝見させていただいてます。

精神世界・願望実現系の本は勝手にこちらの「人生の目的」を決めてくるので、困ってしまいます。成長すべきという思想がまじってくると、そこにはかならず優劣の概念が入り込んできます。「優劣をつけるな」という教えがあったとすると、「あなたはどれほど優劣をつけない人間だろうか?」という尺度が生まれます。
  • 2006/04/20-18:17:58
  • 投稿者 : 宮本
  • URL
  • 編集

[C280] >100匹目の猿現象を斬る3

良い波動、悪い波動、霊性が高い低い。。。
そういうのって、ずっと、変わりなくある訳ではないんじゃないかと思います。
1人の人間を例にしても、どんな時もあるのではないかと思ったりします。ずっと、変わらず同じ状態などありえないのではないかと思ったりします。
では、その波動や霊性というのもはどのようにして出来るのか(根本的二どういうものかわかってはいないのですが)良いと言われる状態に。。そういうものがわかってくれば良いのかと思ったりします。
例えば、孫さんセミナーで磁気反応を出した人でも、その一瞬を捉えなければ、刻印できないとも聞いていますし、1回出したからといって、次も出せるというようなものでもないようです。
私は参加したこともないですし、よくはわかりませんが、そんなことも思い出したりしました。

[C279] >一見、横のつながりを言っているように聞こえますが、本音は縦の価値観から出来上がっています。

100匹の猿現象って横のつながりだと思ってました。
でも横でつながるってひとりひとりとつながることなんじゃないかと思いました。100匹の猿現象はつながってないですね・・・。100匹の猿は101匹目以降のアホなお猿となんかつながりたくないのかもとか思いました。
  • 2006/04/20-13:52:18
  • 投稿者 : める
  • URL
  • 編集

[C278] はじめまして。

今日ここに偶然巡りあいました。
”100匹目のさる現象”
若いときはじめてその話を聞いたとき、
鳥肌がたちました。
またここで、出逢うとは思いませんでした。
じっくり読ませていただきます。
  • 2006/04/20-13:38:08
  • 投稿者 : アカネ
  • URL
  • 編集

[C277] >しかし彼らは、根本原理がまったくわからないのに、その単語を使用して、まるでわかっているかのように振る舞います。

サルの話題以降…この数日ナニをどうしてるのかさっぱりわからなくなってます。今まで自分が拠り所にしてたものが無くなってしまった感じです。今日の朝気づいた事は「わかった」ら終りだと言う事です。「わかった」と思った途端に区別して慢心して人に偉ぶってしまうのだと思いました。(私のコトです)「なーんにもわからない」ほうがフツーなんだと思いました。このグラグラした状態の方が…もしかしたら現実なのかと思います。今まで私はなんて偉そうにしてきたのだろうかと思います。こう書いたとたんにもうダメになる気がします。「語る」と「終わる」。。。今まで「みなしご感覚」ってカケラも感じてませんでした。でも今はマジで根無し草なんだと思います。お高くとまってきたなぁと恥ずかしいです。また気づきを忘れるとは思いますが(トリ頭なので…)どうぞこれからもよろしくお願いします。(今までもすいませんでした 冷汗)斬られてなんぼなんであきらめます。ところで……ブログもカゲキですね。

[C276] 縦社会と水平ネットワークの違いだった

だなと理解しました。(“私は空洞”と“100匹サル”の違い)
 
それにしても「道教」ってすごいです。
なにがスゴイっていっても私はもりけんさんの書き込みと本からちょろっと知っている程度ですが(汗)。
 
本で紹介されている道教の修行は一見ラクそうで楽しそうすが、多分私は半日ともたないで根をあげるでしょう(爆)。
 
う~ん、でもどうしてもどこかの宗教に入信しなくてはいけなくなったら(誇大妄想)、やっぱ道教だな。
面相占術師も信仰していたから(笑)。

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://fushigikenkyujo.blog62.fc2.com/tb.php/15-9acc9d67
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

くろこ

プロフィール

森田健(もりけん)

Author:森田健(もりけん)
もりけんブログへようこそ。
楽しんでいって下さい。

■無料会報誌「不思議の友」について
森田健が実際に足で歩いて遭遇した出来事を皆さんに報告する場として「不思議の友」という無料会報誌を出版しています。
この本は、読んでいただけるだけで嬉しいです。
でも、何か意見を返してくれるともっと嬉しいです。
不思議なことに興味がある方、不思議なことを解明したい方、または新しい生き方を見つけたい方のためのものです。
最新号は常に無料でお送りしています。
新しくお申し込みの方はこちらからどうぞ


最新号「不思議の友15」が届いていない方。
以前不思議の友が何度かお手元に届いた方で、この号が届いてないという方
は、


●03-3378-9845
●平日10:00~12:00、13:00~18:00

にお電話下さい。
その際「ブログを見た」と言っていただけると嬉しいです。

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

たまちゃんカップ時計

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。