Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C523] >100匹目の猿現象を斬る5

考えれば考えるほど、説明なんて吹っ飛ばして自動的に現象が拡がればいいというやり方は乱暴だと思えてきます。
 
101匹目からは、逆に言えば考えるチャンスも奪われるということなんだと思いました。
 
選挙のように全員が話しを聞くことが出来て自由に投票出来れば、たとえ自分の投票したものが落選しても自分が良いと思った考え方は残ります。それはもしかしたら次の選挙に繋がるかもしれません。選挙で選ばれた案を実行してみたらおかしい点があった、だから次の選挙ではおかしい点をカバーするような案に投票してみよう…ということになるかもしれません。
 
でも101匹の猿現象は、拡がってしまったら誰もおかしな点に気が付くことはないように思います。
 
一度拡がってしまったら。。。終わってしまう気がします。

[C421] >100匹目の猿現象を斬る5

「100匹目の猿現象」を推奨している人たちが言っていることをいくつか拾ってみると・・
「エゴからエヴァへ」「ギブアンドギブ」「未来にはお金はなくなる」「資本主義が崩壊する」・・などです。
世の中のどこが悪いと思っているかというと 「自分のためにお金儲けをすること」のような気がします。
資本主義が崩壊する・・なんて 社会主義国家にしようとしているのでしょうか。。
社会主義というと、情報操作をして、トップだけが裕福な暮らしをしている ある国が思い浮かびます。
 
そういえば 万景峰号 という船の始まりは 日本人を朝鮮に連れて行くために朝鮮は「夢のような国」と宣伝し、それを真に受けて渡った人たちは とんでもない苦労を背負ったという話を聞きました。
「100匹目・・」を推奨している人たちは「夢のような国」と同じことをしているような気がします。
  • 2006/04/24-19:19:01
  • 投稿者 : ニオイザクラ
  • URL
  • 編集

[C414] >100匹目の猿現象を斬る5

もりけんさんの斬ってる文章を読むまで、「100匹目の猿現象」というのが、どういうものか、まったく分かってませんでした(この運動?に魅力を感じた事は無かったのですが、最初は100匹に広めたら・・という原理を利用するのは、なるほど画期的と思いました)
これが、どういうものかちゃんと考えた事もありませんでした。世直しとかそういう言葉にいつもつい惑わされてるし、条件反射的に「良い事」だと思ってる自分も、選民意識や上下意識が染み付いてるんだと感じます。
もりけんさんが斬っている文章を読んで、ものすごく納得して、胸がすく感じがしました。
  • 2006/04/24-14:51:48
  • 投稿者 : mou
  • URL
  • 編集

[C406] レベルが低い、レベルを上げろ

人に恐怖感を与えて世を牛耳る・・
ついてこない人は「否定される」それだけではなく
「100匹のサル」に今同調し始めたひとの現状も否定される・・・


否定された部分の行き場所はどこなんだろうと思います。。。

[C395] >100匹目の猿現象を斬る5

民主国家とは、一人ひとりが平等に、権利を持っている国家のことです。

しかし、100匹目の猿現象と良い社会を結びつけることは、その権利を消失させることに等しいと思います。

そこには、レベルの差・・があるからです。

しかし、レベルとは何でしょうか・・




[C388]
>しかし「100匹目の猿現象」を推奨する人たちは、これらをすべて無視します。

>世の中をそんなに良くしたければ、政治家に立候補して、自説をぶち上げればいいでしょう。
 
自説すらなしに、なんだかわかんない「良い事」を盾にして、そしてそれに納得させられる自分というのは…一緒の考え方をしてるんだなと思います。システムは個人で出来ているのだから…一人一人が良くなって変わろうと思ってると思います。わたしに身近なところだったら…家族は集合体なんだから仲良くやろうよ…というところだと思いました。「どう仲良くやるか」が問題なんだと思いました。その静的「和」のために動的「個」をおさえる…そこで「正義」を持ち出してる気がします。いちどこのルールを取り入れてしまえば…いちいち言わなくても良いからです。それに…ほっとけば「個」のワガママで「和」は崩壊すると思ってるようです。ここが強固に壊れない。ココが一番同調してる部分かもしれないと思いました。
 
ところで夜になるとページがコウモリちゃんでブラックに変わって…このコメントスペースで書いてても気分が変わります。毒も…吐きやすい気がしてきました(吐いてないけど)考えも変わりそうです。

[C382] 自分自身でムーブメントを起こし自分たちが原因に・・・・

100匹目の猿現象を起こせば、世界がひっくり返ると考えるのは、「原因」がすべての大元・根源であり、人間自身・・・人間の意志が世界(世の中)の原因であるという考えが根底にあるからだと、思いました。


選挙でこの共生やアセンションを踏まえた101匹目以降の主義主張をうったえないのは、選挙が結果だと、考えられているからだと思いました。それも、最終結果に近いものだと。だから、後回しになっているのかもしれません。


100匹目の猿ムーブメントが目指すのは、よい生き方というものらしく、それは、言い換えれば、よい意識とかとい思想ということ(漠然としてますが、、、)で、そこがひっくり返れば、選挙からテクノロジーからなにから、みんな自動的にひっくりかえって、都合よく一色になるだろうという考えだと思います。


しかし、これでは、ファシズムとなんら変わりなく、長い期限を考えれば、成功には遠いような気がします。むしろ、本当に戦うのなら、最終結果の部分が現場なんだと思います。


結果で原因を変える・・・それは難しい考えですが、ぼくは、アウトプットが変われば、間のロジックをすっ飛ばしても、そこが変われば、既成「事実」が変わったことに他ならないということが、現場主義ということかもしれないと思いました。


運命変更の事例をここで、あえて、取り上げるなら、最終結果を変えることが、もっとも効果が高いのだと、やはり、思います。生まれない子どもを生むには、妊娠の原因ではなく、出産という最終結果が変更のための現場になったから、効果が発揮されました。


もし、世界を改革したいのなら、意識が世界を変えるのではなく、(法律もふくめた)世界が変わるから意識が変わるように、思いました。

[C376] これが

高校卒業式における もりけんさん18歳のスピーチ!

最初から終わりまで、太くたくましい緊迫感に満ちて、はんぱものを寄せ付けない威厳があふれる・・

私はそこから逃げてしまいました。
相手がどんなヤツでも、誰の声にも耳を傾ける方がそこで血を吐いていられるのに・・

出し切って出し切って、そしてついて行きたいです。

[C359] >100匹目の猿現象を斬る5(再)

失敗したので、もう一度投稿しなおしします。

製品のアピールも、選挙の演説も、しかるべきシステムがあって世間に認められることになると気がつきました。100匹目の猿現象は、その説は、一方的な手段でアピールしていることに気がつきました。
単なる洗脳にしか過ぎないとやっと・・・気がつきました。

>世の中のどこが悪くて、どう直せば良いのか・・。「人のレベル」などという単語を使わないで、ちゃんと説明して欲しいです。

それは具体的ではなく、ぼんやりとした説でしかないようにも思います。具体的ではないから、「良くしよう」となってしまうと思います。
確かに、何をどのようにどうやって良くするのか、良い状態はどんな状態なのだと思います。今が悪い状態と言うことになるのですが、どこが悪いのか良く分からないです。

結局、今も昔も人間は何も変わっていないのではないかと思いました。変わったのは洋服や生活に使う道具などの「環境」が変わっただけだと思いました。

[C358] >

製品のアピールも、選挙の演説も、しかるべきシステムがあって世間に認められることになると気がつきました。100匹目の猿現象は、その説は、一方的な手段でアピールしていることに気がつきました。単なる洗脳にしか過ぎないとやっと・・・気がつきました。>世の中のどこが悪くて、どう直せば良いのか・・。「人のレベル」などという単語を使わないで、ちゃんと説明して欲しいです。それは具体的ではなく、ぼんやりとした説でしかないのかもと思います。具体的ではないから、「良くしよう」となってしまうのかもしれないと思います。確かに、何をどのようにどうやって良くするのか、良い状態はどんな状態と思います。結局、今も昔も人間は何も変わっていないのではないかと思いました。変わったのは、洋服や生活に使う道具などの環境が変わっただけだと思いました。

[C354] また

観察者として読んでいたんだな・・・と思いました。
正直に書くと「今更」という部分があったと思います。
ということで、どこかで猿以下の自分がいたことを発見しました。
こう書いても自分の感じ方なので他人に伝わるかどうか分かりません。
しかし出すことでしか進めない気がします。

結局決着を勝手につけているのは自分なのだなと思います。自分が終わらなければ今でいられると思いました。

こう考えていくと100匹の猿現象はかなりたちが悪く、私は今でも毒されています。

[C353] >100匹目の猿現象を斬る5

いままで何の疑問ももたずに100匹目の猿現象を聞いていました。
たしかに、自分の正義を押し通す危険なやり方とも思います。
それにしても100匹目の猿現象はとても有名です。
それを何の疑問をもたずにきたというのが驚きです(汗)
当たり前だと思っていたことも気をつけなければならないと思いました。
もりけんさんは色々な視点でものをみています。
この視点の変化はビジネスにも人間関係にも全てに通用するものだと思いました。
それにしても高校生の時の視点を失わないもりけんさんはすごいとしか言いようがありません。
普通、高校時代は成長の過程と考えます。
だから何をやっても「あの頃は」で済まされます。
 
でも成長していないとしたら・・・
 
これも一つの視点の移動になると思いました。
 
自分は高校生の時、どんなことを考えていたのか思い出しています。
  • 2006/04/23-10:38:49
  • 投稿者 : H2O
  • URL
  • 編集

[C340] 元「船井幸雄と楽しく生きる会員」として、船井さんを思う

「100匹目の猿現象」のたとえは、私が「船井幸雄と楽しく生きる会」の会員の時に素晴らしい現象であり、素晴らしい21世紀の幕開けの「代表」と思っていました。
 
 今は違います、「船井幸雄氏」が著書の中で言っている、
 ・「長所進展法」
 ・「イヤシロとケガレチ」
と同じ様に「エゴ」の代表的な「自論」と理解しています、何故ならば「長所」とか「短所」、「イヤシロ」とか「ケガレチ」は自分にとってどうかが判断基準です、自分にとって都合のよいものが「長所」であり、「イヤシロ」です、それと同様と思っています。
 
 権力のある人は、権力を行使して「自分」の都合のよい環境を作り上げてゆく、そして「反対」するものは抹殺すると言った「エゴ」の人がとる「都合の良い理論に作り上げたもの」だと思っています。
 
 今の私は、一人一人に「長所も短所」もなく「差」なんかあり得ないと思っています。
 
 いま私は、不安を感じながらも「自分を磨かないこと、努力しないこと」を実践しています、そしたら信じられない様な「運」の良い出来事や、思いもよらない人から思いもよらない「応援」が得られるようになりました、「人と人との縁は大切です」、自分の都合で「利用」したり「優劣」つける事はさけるべきことと深く感じています。
 
 一人一人が「主人公」でありそこには「優劣」がありません、、そして一人一人が「かけがえのない私」であるべきと思っています。

[C337] >「100人に認められれば、全国民に広まる」

ここが100匹目の猿現象のおかしいところなんだ・・とおもいました。
たぶん、その広まる内容が、一般的に言われる「いいこと」だから、そういう風に広めましょうと言っても、それほど違和感がない・・
でももし、すごく悪い(と思われるような)考えをこの方法で広めるとなると、もちろん人はついてこないと思います。
でも、そういうことは実際に専制政治などで、過去おこなわれていた・・
101匹目以降の人は、思考することなく、その考えに染まるわけで・・これはすごくこわいことだと思いました。
でも、あえて意識しなくても、みんながやってるからと、やってしまうこと、それでいいとおもってることって、身の回りにあるように思います。
「なぜ?」を忘れたとき、思考することをやめたとき、100匹目の猿現象のような状態に自分も陥ってるのだと思います。きづかないうちに。。。

>世の中のどこが悪くて、どう直せば良いのか・・。「人のレベル」などという単語を使わないで、ちゃんと説明して欲しいです。
世の中の悪いところをいうとき、表面上に出てくる現象だけを取り上げて、それを一方向から見ている場合が多いと思います。
本当にそれは悪いことなのか・・全体を見ればそうでないかもしれない・・見方を変えればそうでないかもしれない・・そういう考えはないように思います。

こんな世の中になったのは人間のせいだ・・と自分たち人間を否定し、もっとこうしよう、ああしよう・・と。。。
そしてその考えがいいことだと・・
自分もその考え方に、ずっと、そうだそうだと思ってきたので、なんだかとても怖い気持ちになりました・・

[C336] >100匹目の猿現象を斬る5

 
専制政治と同じだと思います。
 
アセンション出来ない人は魂を消滅させられる(汗)
などと言って恐怖心をあおって・・
 
おそらく、「100匹目の猿現象」を推奨する人たちは
政治家のことも「レベルが低い」と思っているのではないかと思います。
だから、無視しているのでしょう・・
 
でも、もう、そういうのは時代じゃないと思いました。
 
歴史は逆行しないからです。
 
100匹目の猿現象は確かに時代を動かしてきたものかもしれないし
それによって、わたしたちはさらに運命に縛られてきたのかもしれませんが
 
でも、それを使って、つまり洗脳によって
国家や国民を動かすという時代ではないと思います。
 
一人一人が自分の運命をしっかり見据える時代が
もうきていると思います。
 

[C331] 上澄み達の情報操作

 100匹の自分達のなかでの論理を流布するためにレベルと言うわりにはレベルの単位も提示せずレベルなどの言葉で封建社会のヒエラルキーみたいな概念で選民思想を、人の意見は他社の視点によって相対化され対象化されてその中での関係性の中でコミニケーションが可能であると思います。今日の情報大衆化時代にあって双方向の情報スタイルを取って多数の目にさらされてその中で発信するということをできなければ、その意見は今の状況を反映できていないと思います。政治的なテーマや社会的なテーマを「良い事をしよう」なんていう情緒的で倫理的なものにてしまうテーマのすり替えも、なんだかなって感じです。
  • 2006/04/23-03:56:05
  • 投稿者 : yk
  • URL
  • 編集

[C330] 百匹目の猿が

洗脳と同じ・・そう言われまで気づいていませんでした。まんまと洗脳されていました(汗)

> 世の中のどこが悪くて、どう直せば良いのか・・。「人のレベル」などという単語を使わないで、ちゃんと説明して欲しいです。

百匹目の猿を推奨する人は、確かに自説とは思えない「正しい生き方」を繰り返し提唱し、一時は吸い込まれそうになった自分もいましがレベルという言葉に徐々に違和感を感じ、今では上からモノを言う印象に疑問が満ちています。。

それにしてももりけんさんは高校時代にすでに政治の視点からもこんなゆるぎない理論を持っていたとは・・その大きさは計り知れません・・

[C329] 世界は

100人の手に委ねられます
正確には、1人と99人です
 
よい未来が訪れました
この世界には「悪」は無く、「悪人」もいません
 
だから、なぜ、人間は「悪」をしてしまうのか・・ということが追究されることはありません
善人しかいないからです
 
新人類化=アセンション化された、この世界は
「エデン」と呼ばれます
 
遥か昔、「エデン」から追放された人類は
ようやく、ここに戻ってきました
 
そして、この「エデン」の中で、未来永劫の時を過ごすのです・・

[C328] 世の中を変える

世の中は、並大抵の事では変わらないと思います。でも、変えたいと叫ぶなら、
本当にそうしたいと思っているのなら、確かに
政治家になって叫ぶべきです。
皆がそうしたいと思うのなら、きっと法案も
通るでしょうし・・。健全な変え方だと思います。

「100匹目の猿現象」は、卑怯です。
たった、100人でいいなんて・・。

ヒットラーの話が出ましたが、この
「100匹目の猿現象」を思うとき、いつも
思い出します。
もちろん逆らえば痛い目にあわされたのでしょうがそれにしても、なぜ、あれほどもの人が賛同したのか・・・。

「100匹目の猿現象」・・ただの、洗脳です。
101人目の人は、わけわからずに・・です。
コワイです。

  • 2006/04/23-02:07:33
  • 投稿者 : まる
  • URL
  • 編集

[C327] 新人類化=アセンション

 新しい時代、新人類化、アセンションを目指しておられる方、神坂先生が理想とする新しい世の中を実現したいと密かにお考えになり日々努力されている方、神坂先生が大好きでなにかその為にできることがあれば、少しでも助けてあげたいとお考えの皆様、ぜひご一緒にこのプロジェクトにご参加いたしませんか?
 このプロジェクトに参加することで神坂先生やその仲間と同志としての強い絆を作り「新しい科学常識」、「新しい世の中」をご一緒に実現していきましょう。」

神坂先生の悲願である「弱肉強食のない世界」を実現する先駆けの「100匹の猿」として日本で最も早く新人類化=アセンションを目指すします。
  • 2006/04/23-02:03:28
  • 投稿者 : 応援します
  • URL
  • 編集

[C326] みんなで渡ればを

連想しました。みんながやれば正義のところがあると思いました。
良いことだと定義付けされてみんなが言い出すとなかなか反論ができないなあと思いました。
そういう仕組みを利用する情報操作は起こりえることだと思いました。
 
レベルなどと言って劣等感を利用していると思います。

[C325] >高校時代そのままの私の論理

レスが遅れてしまったので、こちらにレスを‥
高校時代にこんなふうに考えていたというのが驚きです。高校時代には、政治のことなんてほとんど考えたことがありませんでした。首相の名前を知っていた程度です。毎日、ほんとに身のまわりの学校の授業と、本屋と部活‥などのことしか考えてなく、唯一覚えている時事と言ったら、アイドルの岡田由紀子の自殺くらいです。


このとき、ファンの後追い自殺が相次いで、なにかアイドルの吸引力のすごさというか、ブラックホールみたいな無形の力を感じて、気味悪くなりました。
「100匹めのサル現象」も、世直しとは言っても、101匹めからは、このアイドルの後追いみたいにわけのわからない衝動で動かされてしまうと思うと気味わるいと思いました。
  • 2006/04/23-01:50:06
  • 投稿者 : リョウコ
  • URL
  • 編集

[C323] >「100人に認められれば、全国民に広まる」などと言います(滝汗)

政治をひきあいに出されると、わかりやすいです。
これもまた言われてみれば、ほんとにそうだと思いました。世なおしと言うには、なにか方法が変だと思いました。
  • 2006/04/23-00:52:49
  • 投稿者 : リョウコ
  • URL
  • 編集

[C322] 100匹目のサル現象って・・

何だか人間が都合のいいように解釈しているように思います。

「サルにもわかる○○シリーズ」というように、一方でサルを馬鹿にしているかと思うと、こちらではサルの行動現象を、人間に置き換えて説明しようとしています。多分この現象を真に科学的にとらえようとしている人たちは、これを人間の社会に当てはめて、世の中の仕組みを良くしようとは考えないと思います。

あるときは人間以下のように扱い、あるときは人間と同じように扱い、サルにとっても失礼な話しではないかと感じます(笑)。

100匹目のサルの現象を語る人は、いいことは必ず広まる、だから世の中のためになる事、善をしましょうと言うのでしょうが、そこには従う人=サル、善をしようと訴える人=ちょっと知名度の高い人、という図式が存在します。それは大衆対一部の人という図式です。

こういう縦の関係は価値観を固定化させるだけで、自由度は無いと思います。もっと自由に、いろいろな角度でお互いが向き合える関係を持ったら、少なくとも100匹目という言い方は出来ないと感じました。

[C321] 民主国家のルールを

万有引力のように捉えたらこうなると思いました。
つまり、社会を、被害者意識なしに見たらこのようになるのだと思いました。
裏ルートを見つけようとするのは、被害者意識の裏返しとして、自分だけの近道を探しているのと同じです。
もりけんさんは、引力の法則と社会法則を、同じところに据えていると思います。
それができるのは、特別意識がないからだと思います。
 
引力と社会法則を別の次元に据えていた段階で、私は「人間」にハマッていたと思います。
人間を他の存在の上に置いているということです。
あらゆる優越感と被害者意識の源に、これがあったのかもしれません。
日々、何重にも、優越感と劣等感にとらわれているから、こうなんだと思います。
だから、こうなんだと思います。

[C318] >世の中をそんなに良くしたければ、政治家に立候補して、自説をぶち上げればいいでしょう。

今になってそうだなと思いました。
本当に世のため人の人のためということを考えてる人ばかりが政治家になったら、どんなに素晴らしい世の中になるのだろうと思ったりしました。
そのほうが、実践的かもと思いました。100匹目の猿現象を利用するよりも。。です。

[C317] Title

全てを預ければ解決する。
その勇気がなければ問題は解決しない。
解決とは考えるのではなく任せることだ。
なせばなるが代名詞の哲学では解決はできない。
出来たとしても一時しのぎだ。
  • 2006/04/22-16:14:08
  • 投稿者 : あ
  • URL
  • 編集

[C316] >そしてその人の考えが良いかどうかは、有権者が判断することです。

>「100人に認められれば、全国民に広まる」などと言います(滝汗)
>これって、過去に行われた専制政治と何か違いがあるでしょうか?
何度も読みました。急にあれって思いました。情報を操作して情報に因る統制を強いてるんじゃないかと思いました。良いとかワルいとか考える事は恐ろしいと思いました。正しくてナニがワルいの、みんなが良くなって万々歳じゃないといわれるとぐうの音も出なかったし…素晴らしいみんなオッケーでその方がいい!ラブ アンド ピースと思ってました。そう考えてるから自分にも人にも強固に正義を勧められるんだと思いました。正義をもちさだされると相手も自分も麻痺するようです。絶対的だということは恐ろしいと思いました。そまりやすい頼りない自分だから正義に頼ってるつもりで…飲み込まれてました。じゃどうしたらいいのだろう…そう考える事が正義を求めている事につながってしまうのだと思いますが…とても不安定な状態です。なんにもないんだと思うしかナイのだろうか…困惑しています。

[C315] >100匹目の猿現象を斬る5

私の今までは、自分にとって興味のあることだけを深く掘り下げ
ようとするまさにサルでした(サル、ごめんね)
世の中のしくみ、成り立ち、宇宙の成り立ち、そしてそれを作り
だしたもの・・・どうして、今のいままでなんの疑問をもた
なかったのか・・・不思議、不思議とゆうよりバカだ・・・と思います。
例えば、運がよくなる方法・・・。どうしてそうなるのでしょう?
とりあえず、疑問を持たずにやってみる・・・「そもそも」がワカラナイ
のにどうしてできるんだろうか? なんで、そうなるの?・・・と。
物事の上部にだけとらわれて、答えを得ることにばかり考えて
生きてたんだな、と思います。
こんなの全然、生きてなかった。もっと自分の体を使って、あたまを使って
全身で捉えてみたい
ここに来て、答えではなく問いを持つようになりました。
過去の私も、今の私も変わってはいません。
ただ、もりけんさんの本を知って何かが変わりはじめています。
自分の目で見て、自分の体で確かめたい・・・
ワカラナイことだらけで、世界が急に深くて遠い気がしました。
実感としてわかったものなんて、なんかあるのだろうか?
ほんとに砂つぶぐらいに小さなこと・・・を大事にし過ぎ
てきたんじゃないのか?・・・。そう、思いました。

[C314] 100人に認められれば、全国民に広まる

「なんとなく」で、ある行動をしてしまったりします。しかし、「なんとなく」
の中身をいちいち分析したりしません。もりけんさんの書き込みを読んで、
そのなんとなくの中身というのは、かなり恐ろしいものが詰まっているような
気がしてきました。見えないところで野放図に肥大した空想科学小説に
出てくる爬虫類のようなエーリアンのイメージです。

もりけんさんは、どちらかというと、ビジネスにおいては隙間市場で勝負して
いるような気がします。そして、マス市場の間に隙間や割れ目を発見するとい
うのは、繊細さやセンシング機能が必要だと思います。
たくさん電波を照射
してみて、反射しなければそこに隙間があると仮定する、あるいは、脱獄しよう
としている、石の壁に囲まれた地下牢に閉じ込められた囚人が、壁を丹念にたたいて
みて、どこが壁が薄いか、むこうに空間があるのはどの方角かを探る行為
を連想させます。

そして、このような嗅覚の使い方は、もりけんさんの時空調査の方法
そのものでもあると思います。

そこで発見した結果が、世間で広く受け入れられて居る常識と相容れない
場合、あるいはショッキングなものであった場合、言論の自由がない社会にお
いては、世間に発表することができません。

さらに、発表する前の段階、すなわち「判断」や「決定」に至るまでの、個人の
思考の自由すらも奪ってしまおうという側面が、100匹目のサル論は内包
していると思います。

自分の頭を使うことから出てくる繊細さはみじんも感じられません。

「判断」や「決定」ということに対する鋭さやプロセスを放棄し、最初から
「なんとなく」や「みんなとおなじ」に逃げ込めば、もう、ビジネスに
おいても、真理の追究においても、「隙間」は発見できないと思いました。
  • 2006/04/22-11:25:18
  • 投稿者 : ナイル
  • URL
  • 編集

[C312] 愛の人

「愛の人」が”あいにいきなさい〟などと言うでしょうか。
"特別意識、ひとかど意識を捨てなさい〟とも言います。 
そして愛義 愛生(ぎせい) 命送(めいそう)だのと
造語したりしています。
それってトクベツイシキなのではないでしょうか。
中に居る人は「健気な信者」のようです。

「あれもアリ、これもアリだよね」
「それも完全・・」などと
エエかっこしい、の無関心派ではいたくないです。

[C311] 人間とは何か

人間は「人・ヒト」なのか、それとも単なる「モノ・ロボット以下」なのか。
 
今日、盲師派推命占術のテキストが届く予定です。
人間の運命はすべて決まっていて、そこに自分の意志がまったく入っている
余地が無いということが、あくまでも仮説にすぎないのか、
それとも事実であるならば、それは何によってすべてが決められてしまっているか、
について探求していくことが人間としての問いだと思います。
 
「100人に認められれば、全国民に広まる」という考え方は、
それが“良いこと”(一体何をより所にして“良いこと”としてきたのか
それについてよく考えもしないで)ならば、それは良いこと(汗)であり、
まったく疑問を持ったことがありませんでした。
 
「人間とは何か」という問いを抹殺されていることに気が付かずに、
101匹目以降のサルへ流されていってしまうのは、なぜだろうか、と思います。
「神」が手足を動かせないことと何か関係があるのだろうか、と思いました。

[C310] >100匹目の猿現象を斬る5

世の中の仕組みとかよくわかってなかったりします。
関心があるのは目の前の出来事とか、生活のこととかで小さい範囲でしか考えてないからだろうと思います。
そんな時、広い視点で物事考えてる人にこうこうこうだよと言われれば、そういうものかと思ったりしそうです。
その裏に欲望に気づかずに表のいいことに従ってしまいそうです。そうなってしまった時、恐いのかもしれません。
広い視点で世の中の仕組みに関心をもつことがそういうものから遠ざかることになるのかもと思います。
不思議研のhpのメインコーナーというのはそういう要素があるのかもとも思います。
難しくてなかなかついていけませんが。。。
広い視点と仕組みの理解。。していきたいものだと思います。

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://fushigikenkyujo.blog62.fc2.com/tb.php/17-7f3fd3a4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

100匹目の猿現象を斬る5

 日本は民主国家です。
 投票制度もあり、三権分立もあります。
 言論の自由も保障され、宗教も自由です。
 
 企業で新製品を開発した人は、言論の自由を行使して、自分の製品の良さを世間にアピールします。そして気に入ってもらった人に、商法にのっとって買ってもらいます。
 
 世の中に矛盾を感じた人は、政治家に立候補し、自分の考えを世間に問うことができます。
 そしてその人の考えが良いかどうかは、有権者が判断することです。
 
 有権者に受け入れられて当選すれば、その人は国会に出て、新しい法案を提出し、審議にかけることができます。
 
 しかし「100匹目の猿現象」を推奨する人たちは、これらをすべて無視します。
 
「100人に認められれば、全国民に広まる」などと言います(滝汗)
 
 これって、過去に行われた専制政治と何か違いがあるでしょうか?
 
 独裁国家は今でも情報操作を行っています。ひとにぎりのトップに有利な情報だけをテレビで流します。
 
 ヒットラーも同様でした。彼は夕方にしか、演説を行いませんでした。人々の頭が疲れているので、洗脳しやいすからです。
 
「100匹目の猿現象」は、これと同じではないでしょうか?
 
 世の中をそんなに良くしたければ、政治家に立候補して、自説をぶち上げればいいでしょう。
 それを聞いて、納得したら、あなたに投票しますよ・・。
 
 世の中のどこが悪くて、どう直せば良いのか・・。「人のレベル」などという単語を使わないで、ちゃんと説明して欲しいです。
 
「100匹目の猿現象」という論理を使って世直しすることは、歴史を逆行させる何ものでもないと思います。
 
スポンサーサイト

33件のコメント

[C523] >100匹目の猿現象を斬る5

考えれば考えるほど、説明なんて吹っ飛ばして自動的に現象が拡がればいいというやり方は乱暴だと思えてきます。
 
101匹目からは、逆に言えば考えるチャンスも奪われるということなんだと思いました。
 
選挙のように全員が話しを聞くことが出来て自由に投票出来れば、たとえ自分の投票したものが落選しても自分が良いと思った考え方は残ります。それはもしかしたら次の選挙に繋がるかもしれません。選挙で選ばれた案を実行してみたらおかしい点があった、だから次の選挙ではおかしい点をカバーするような案に投票してみよう…ということになるかもしれません。
 
でも101匹の猿現象は、拡がってしまったら誰もおかしな点に気が付くことはないように思います。
 
一度拡がってしまったら。。。終わってしまう気がします。

[C421] >100匹目の猿現象を斬る5

「100匹目の猿現象」を推奨している人たちが言っていることをいくつか拾ってみると・・
「エゴからエヴァへ」「ギブアンドギブ」「未来にはお金はなくなる」「資本主義が崩壊する」・・などです。
世の中のどこが悪いと思っているかというと 「自分のためにお金儲けをすること」のような気がします。
資本主義が崩壊する・・なんて 社会主義国家にしようとしているのでしょうか。。
社会主義というと、情報操作をして、トップだけが裕福な暮らしをしている ある国が思い浮かびます。
 
そういえば 万景峰号 という船の始まりは 日本人を朝鮮に連れて行くために朝鮮は「夢のような国」と宣伝し、それを真に受けて渡った人たちは とんでもない苦労を背負ったという話を聞きました。
「100匹目・・」を推奨している人たちは「夢のような国」と同じことをしているような気がします。
  • 2006/04/24-19:19:01
  • 投稿者 : ニオイザクラ
  • URL
  • 編集

[C414] >100匹目の猿現象を斬る5

もりけんさんの斬ってる文章を読むまで、「100匹目の猿現象」というのが、どういうものか、まったく分かってませんでした(この運動?に魅力を感じた事は無かったのですが、最初は100匹に広めたら・・という原理を利用するのは、なるほど画期的と思いました)
これが、どういうものかちゃんと考えた事もありませんでした。世直しとかそういう言葉にいつもつい惑わされてるし、条件反射的に「良い事」だと思ってる自分も、選民意識や上下意識が染み付いてるんだと感じます。
もりけんさんが斬っている文章を読んで、ものすごく納得して、胸がすく感じがしました。
  • 2006/04/24-14:51:48
  • 投稿者 : mou
  • URL
  • 編集

[C406] レベルが低い、レベルを上げろ

人に恐怖感を与えて世を牛耳る・・
ついてこない人は「否定される」それだけではなく
「100匹のサル」に今同調し始めたひとの現状も否定される・・・


否定された部分の行き場所はどこなんだろうと思います。。。

[C395] >100匹目の猿現象を斬る5

民主国家とは、一人ひとりが平等に、権利を持っている国家のことです。

しかし、100匹目の猿現象と良い社会を結びつけることは、その権利を消失させることに等しいと思います。

そこには、レベルの差・・があるからです。

しかし、レベルとは何でしょうか・・




[C388]
>しかし「100匹目の猿現象」を推奨する人たちは、これらをすべて無視します。

>世の中をそんなに良くしたければ、政治家に立候補して、自説をぶち上げればいいでしょう。
 
自説すらなしに、なんだかわかんない「良い事」を盾にして、そしてそれに納得させられる自分というのは…一緒の考え方をしてるんだなと思います。システムは個人で出来ているのだから…一人一人が良くなって変わろうと思ってると思います。わたしに身近なところだったら…家族は集合体なんだから仲良くやろうよ…というところだと思いました。「どう仲良くやるか」が問題なんだと思いました。その静的「和」のために動的「個」をおさえる…そこで「正義」を持ち出してる気がします。いちどこのルールを取り入れてしまえば…いちいち言わなくても良いからです。それに…ほっとけば「個」のワガママで「和」は崩壊すると思ってるようです。ここが強固に壊れない。ココが一番同調してる部分かもしれないと思いました。
 
ところで夜になるとページがコウモリちゃんでブラックに変わって…このコメントスペースで書いてても気分が変わります。毒も…吐きやすい気がしてきました(吐いてないけど)考えも変わりそうです。

[C382] 自分自身でムーブメントを起こし自分たちが原因に・・・・

100匹目の猿現象を起こせば、世界がひっくり返ると考えるのは、「原因」がすべての大元・根源であり、人間自身・・・人間の意志が世界(世の中)の原因であるという考えが根底にあるからだと、思いました。


選挙でこの共生やアセンションを踏まえた101匹目以降の主義主張をうったえないのは、選挙が結果だと、考えられているからだと思いました。それも、最終結果に近いものだと。だから、後回しになっているのかもしれません。


100匹目の猿ムーブメントが目指すのは、よい生き方というものらしく、それは、言い換えれば、よい意識とかとい思想ということ(漠然としてますが、、、)で、そこがひっくり返れば、選挙からテクノロジーからなにから、みんな自動的にひっくりかえって、都合よく一色になるだろうという考えだと思います。


しかし、これでは、ファシズムとなんら変わりなく、長い期限を考えれば、成功には遠いような気がします。むしろ、本当に戦うのなら、最終結果の部分が現場なんだと思います。


結果で原因を変える・・・それは難しい考えですが、ぼくは、アウトプットが変われば、間のロジックをすっ飛ばしても、そこが変われば、既成「事実」が変わったことに他ならないということが、現場主義ということかもしれないと思いました。


運命変更の事例をここで、あえて、取り上げるなら、最終結果を変えることが、もっとも効果が高いのだと、やはり、思います。生まれない子どもを生むには、妊娠の原因ではなく、出産という最終結果が変更のための現場になったから、効果が発揮されました。


もし、世界を改革したいのなら、意識が世界を変えるのではなく、(法律もふくめた)世界が変わるから意識が変わるように、思いました。

[C376] これが

高校卒業式における もりけんさん18歳のスピーチ!

最初から終わりまで、太くたくましい緊迫感に満ちて、はんぱものを寄せ付けない威厳があふれる・・

私はそこから逃げてしまいました。
相手がどんなヤツでも、誰の声にも耳を傾ける方がそこで血を吐いていられるのに・・

出し切って出し切って、そしてついて行きたいです。

[C359] >100匹目の猿現象を斬る5(再)

失敗したので、もう一度投稿しなおしします。

製品のアピールも、選挙の演説も、しかるべきシステムがあって世間に認められることになると気がつきました。100匹目の猿現象は、その説は、一方的な手段でアピールしていることに気がつきました。
単なる洗脳にしか過ぎないとやっと・・・気がつきました。

>世の中のどこが悪くて、どう直せば良いのか・・。「人のレベル」などという単語を使わないで、ちゃんと説明して欲しいです。

それは具体的ではなく、ぼんやりとした説でしかないようにも思います。具体的ではないから、「良くしよう」となってしまうと思います。
確かに、何をどのようにどうやって良くするのか、良い状態はどんな状態なのだと思います。今が悪い状態と言うことになるのですが、どこが悪いのか良く分からないです。

結局、今も昔も人間は何も変わっていないのではないかと思いました。変わったのは洋服や生活に使う道具などの「環境」が変わっただけだと思いました。

[C358] >

製品のアピールも、選挙の演説も、しかるべきシステムがあって世間に認められることになると気がつきました。100匹目の猿現象は、その説は、一方的な手段でアピールしていることに気がつきました。単なる洗脳にしか過ぎないとやっと・・・気がつきました。>世の中のどこが悪くて、どう直せば良いのか・・。「人のレベル」などという単語を使わないで、ちゃんと説明して欲しいです。それは具体的ではなく、ぼんやりとした説でしかないのかもと思います。具体的ではないから、「良くしよう」となってしまうのかもしれないと思います。確かに、何をどのようにどうやって良くするのか、良い状態はどんな状態と思います。結局、今も昔も人間は何も変わっていないのではないかと思いました。変わったのは、洋服や生活に使う道具などの環境が変わっただけだと思いました。

[C354] また

観察者として読んでいたんだな・・・と思いました。
正直に書くと「今更」という部分があったと思います。
ということで、どこかで猿以下の自分がいたことを発見しました。
こう書いても自分の感じ方なので他人に伝わるかどうか分かりません。
しかし出すことでしか進めない気がします。

結局決着を勝手につけているのは自分なのだなと思います。自分が終わらなければ今でいられると思いました。

こう考えていくと100匹の猿現象はかなりたちが悪く、私は今でも毒されています。

[C353] >100匹目の猿現象を斬る5

いままで何の疑問ももたずに100匹目の猿現象を聞いていました。
たしかに、自分の正義を押し通す危険なやり方とも思います。
それにしても100匹目の猿現象はとても有名です。
それを何の疑問をもたずにきたというのが驚きです(汗)
当たり前だと思っていたことも気をつけなければならないと思いました。
もりけんさんは色々な視点でものをみています。
この視点の変化はビジネスにも人間関係にも全てに通用するものだと思いました。
それにしても高校生の時の視点を失わないもりけんさんはすごいとしか言いようがありません。
普通、高校時代は成長の過程と考えます。
だから何をやっても「あの頃は」で済まされます。
 
でも成長していないとしたら・・・
 
これも一つの視点の移動になると思いました。
 
自分は高校生の時、どんなことを考えていたのか思い出しています。
  • 2006/04/23-10:38:49
  • 投稿者 : H2O
  • URL
  • 編集

[C340] 元「船井幸雄と楽しく生きる会員」として、船井さんを思う

「100匹目の猿現象」のたとえは、私が「船井幸雄と楽しく生きる会」の会員の時に素晴らしい現象であり、素晴らしい21世紀の幕開けの「代表」と思っていました。
 
 今は違います、「船井幸雄氏」が著書の中で言っている、
 ・「長所進展法」
 ・「イヤシロとケガレチ」
と同じ様に「エゴ」の代表的な「自論」と理解しています、何故ならば「長所」とか「短所」、「イヤシロ」とか「ケガレチ」は自分にとってどうかが判断基準です、自分にとって都合のよいものが「長所」であり、「イヤシロ」です、それと同様と思っています。
 
 権力のある人は、権力を行使して「自分」の都合のよい環境を作り上げてゆく、そして「反対」するものは抹殺すると言った「エゴ」の人がとる「都合の良い理論に作り上げたもの」だと思っています。
 
 今の私は、一人一人に「長所も短所」もなく「差」なんかあり得ないと思っています。
 
 いま私は、不安を感じながらも「自分を磨かないこと、努力しないこと」を実践しています、そしたら信じられない様な「運」の良い出来事や、思いもよらない人から思いもよらない「応援」が得られるようになりました、「人と人との縁は大切です」、自分の都合で「利用」したり「優劣」つける事はさけるべきことと深く感じています。
 
 一人一人が「主人公」でありそこには「優劣」がありません、、そして一人一人が「かけがえのない私」であるべきと思っています。

[C337] >「100人に認められれば、全国民に広まる」

ここが100匹目の猿現象のおかしいところなんだ・・とおもいました。
たぶん、その広まる内容が、一般的に言われる「いいこと」だから、そういう風に広めましょうと言っても、それほど違和感がない・・
でももし、すごく悪い(と思われるような)考えをこの方法で広めるとなると、もちろん人はついてこないと思います。
でも、そういうことは実際に専制政治などで、過去おこなわれていた・・
101匹目以降の人は、思考することなく、その考えに染まるわけで・・これはすごくこわいことだと思いました。
でも、あえて意識しなくても、みんながやってるからと、やってしまうこと、それでいいとおもってることって、身の回りにあるように思います。
「なぜ?」を忘れたとき、思考することをやめたとき、100匹目の猿現象のような状態に自分も陥ってるのだと思います。きづかないうちに。。。

>世の中のどこが悪くて、どう直せば良いのか・・。「人のレベル」などという単語を使わないで、ちゃんと説明して欲しいです。
世の中の悪いところをいうとき、表面上に出てくる現象だけを取り上げて、それを一方向から見ている場合が多いと思います。
本当にそれは悪いことなのか・・全体を見ればそうでないかもしれない・・見方を変えればそうでないかもしれない・・そういう考えはないように思います。

こんな世の中になったのは人間のせいだ・・と自分たち人間を否定し、もっとこうしよう、ああしよう・・と。。。
そしてその考えがいいことだと・・
自分もその考え方に、ずっと、そうだそうだと思ってきたので、なんだかとても怖い気持ちになりました・・

[C336] >100匹目の猿現象を斬る5

 
専制政治と同じだと思います。
 
アセンション出来ない人は魂を消滅させられる(汗)
などと言って恐怖心をあおって・・
 
おそらく、「100匹目の猿現象」を推奨する人たちは
政治家のことも「レベルが低い」と思っているのではないかと思います。
だから、無視しているのでしょう・・
 
でも、もう、そういうのは時代じゃないと思いました。
 
歴史は逆行しないからです。
 
100匹目の猿現象は確かに時代を動かしてきたものかもしれないし
それによって、わたしたちはさらに運命に縛られてきたのかもしれませんが
 
でも、それを使って、つまり洗脳によって
国家や国民を動かすという時代ではないと思います。
 
一人一人が自分の運命をしっかり見据える時代が
もうきていると思います。
 

[C331] 上澄み達の情報操作

 100匹の自分達のなかでの論理を流布するためにレベルと言うわりにはレベルの単位も提示せずレベルなどの言葉で封建社会のヒエラルキーみたいな概念で選民思想を、人の意見は他社の視点によって相対化され対象化されてその中での関係性の中でコミニケーションが可能であると思います。今日の情報大衆化時代にあって双方向の情報スタイルを取って多数の目にさらされてその中で発信するということをできなければ、その意見は今の状況を反映できていないと思います。政治的なテーマや社会的なテーマを「良い事をしよう」なんていう情緒的で倫理的なものにてしまうテーマのすり替えも、なんだかなって感じです。
  • 2006/04/23-03:56:05
  • 投稿者 : yk
  • URL
  • 編集

[C330] 百匹目の猿が

洗脳と同じ・・そう言われまで気づいていませんでした。まんまと洗脳されていました(汗)

> 世の中のどこが悪くて、どう直せば良いのか・・。「人のレベル」などという単語を使わないで、ちゃんと説明して欲しいです。

百匹目の猿を推奨する人は、確かに自説とは思えない「正しい生き方」を繰り返し提唱し、一時は吸い込まれそうになった自分もいましがレベルという言葉に徐々に違和感を感じ、今では上からモノを言う印象に疑問が満ちています。。

それにしてももりけんさんは高校時代にすでに政治の視点からもこんなゆるぎない理論を持っていたとは・・その大きさは計り知れません・・

[C329] 世界は

100人の手に委ねられます
正確には、1人と99人です
 
よい未来が訪れました
この世界には「悪」は無く、「悪人」もいません
 
だから、なぜ、人間は「悪」をしてしまうのか・・ということが追究されることはありません
善人しかいないからです
 
新人類化=アセンション化された、この世界は
「エデン」と呼ばれます
 
遥か昔、「エデン」から追放された人類は
ようやく、ここに戻ってきました
 
そして、この「エデン」の中で、未来永劫の時を過ごすのです・・

[C328] 世の中を変える

世の中は、並大抵の事では変わらないと思います。でも、変えたいと叫ぶなら、
本当にそうしたいと思っているのなら、確かに
政治家になって叫ぶべきです。
皆がそうしたいと思うのなら、きっと法案も
通るでしょうし・・。健全な変え方だと思います。

「100匹目の猿現象」は、卑怯です。
たった、100人でいいなんて・・。

ヒットラーの話が出ましたが、この
「100匹目の猿現象」を思うとき、いつも
思い出します。
もちろん逆らえば痛い目にあわされたのでしょうがそれにしても、なぜ、あれほどもの人が賛同したのか・・・。

「100匹目の猿現象」・・ただの、洗脳です。
101人目の人は、わけわからずに・・です。
コワイです。

  • 2006/04/23-02:07:33
  • 投稿者 : まる
  • URL
  • 編集

[C327] 新人類化=アセンション

 新しい時代、新人類化、アセンションを目指しておられる方、神坂先生が理想とする新しい世の中を実現したいと密かにお考えになり日々努力されている方、神坂先生が大好きでなにかその為にできることがあれば、少しでも助けてあげたいとお考えの皆様、ぜひご一緒にこのプロジェクトにご参加いたしませんか?
 このプロジェクトに参加することで神坂先生やその仲間と同志としての強い絆を作り「新しい科学常識」、「新しい世の中」をご一緒に実現していきましょう。」

神坂先生の悲願である「弱肉強食のない世界」を実現する先駆けの「100匹の猿」として日本で最も早く新人類化=アセンションを目指すします。
  • 2006/04/23-02:03:28
  • 投稿者 : 応援します
  • URL
  • 編集

[C326] みんなで渡ればを

連想しました。みんながやれば正義のところがあると思いました。
良いことだと定義付けされてみんなが言い出すとなかなか反論ができないなあと思いました。
そういう仕組みを利用する情報操作は起こりえることだと思いました。
 
レベルなどと言って劣等感を利用していると思います。

[C325] >高校時代そのままの私の論理

レスが遅れてしまったので、こちらにレスを‥
高校時代にこんなふうに考えていたというのが驚きです。高校時代には、政治のことなんてほとんど考えたことがありませんでした。首相の名前を知っていた程度です。毎日、ほんとに身のまわりの学校の授業と、本屋と部活‥などのことしか考えてなく、唯一覚えている時事と言ったら、アイドルの岡田由紀子の自殺くらいです。


このとき、ファンの後追い自殺が相次いで、なにかアイドルの吸引力のすごさというか、ブラックホールみたいな無形の力を感じて、気味悪くなりました。
「100匹めのサル現象」も、世直しとは言っても、101匹めからは、このアイドルの後追いみたいにわけのわからない衝動で動かされてしまうと思うと気味わるいと思いました。
  • 2006/04/23-01:50:06
  • 投稿者 : リョウコ
  • URL
  • 編集

[C323] >「100人に認められれば、全国民に広まる」などと言います(滝汗)

政治をひきあいに出されると、わかりやすいです。
これもまた言われてみれば、ほんとにそうだと思いました。世なおしと言うには、なにか方法が変だと思いました。
  • 2006/04/23-00:52:49
  • 投稿者 : リョウコ
  • URL
  • 編集

[C322] 100匹目のサル現象って・・

何だか人間が都合のいいように解釈しているように思います。

「サルにもわかる○○シリーズ」というように、一方でサルを馬鹿にしているかと思うと、こちらではサルの行動現象を、人間に置き換えて説明しようとしています。多分この現象を真に科学的にとらえようとしている人たちは、これを人間の社会に当てはめて、世の中の仕組みを良くしようとは考えないと思います。

あるときは人間以下のように扱い、あるときは人間と同じように扱い、サルにとっても失礼な話しではないかと感じます(笑)。

100匹目のサルの現象を語る人は、いいことは必ず広まる、だから世の中のためになる事、善をしましょうと言うのでしょうが、そこには従う人=サル、善をしようと訴える人=ちょっと知名度の高い人、という図式が存在します。それは大衆対一部の人という図式です。

こういう縦の関係は価値観を固定化させるだけで、自由度は無いと思います。もっと自由に、いろいろな角度でお互いが向き合える関係を持ったら、少なくとも100匹目という言い方は出来ないと感じました。

[C321] 民主国家のルールを

万有引力のように捉えたらこうなると思いました。
つまり、社会を、被害者意識なしに見たらこのようになるのだと思いました。
裏ルートを見つけようとするのは、被害者意識の裏返しとして、自分だけの近道を探しているのと同じです。
もりけんさんは、引力の法則と社会法則を、同じところに据えていると思います。
それができるのは、特別意識がないからだと思います。
 
引力と社会法則を別の次元に据えていた段階で、私は「人間」にハマッていたと思います。
人間を他の存在の上に置いているということです。
あらゆる優越感と被害者意識の源に、これがあったのかもしれません。
日々、何重にも、優越感と劣等感にとらわれているから、こうなんだと思います。
だから、こうなんだと思います。

[C318] >世の中をそんなに良くしたければ、政治家に立候補して、自説をぶち上げればいいでしょう。

今になってそうだなと思いました。
本当に世のため人の人のためということを考えてる人ばかりが政治家になったら、どんなに素晴らしい世の中になるのだろうと思ったりしました。
そのほうが、実践的かもと思いました。100匹目の猿現象を利用するよりも。。です。

[C317] Title

全てを預ければ解決する。
その勇気がなければ問題は解決しない。
解決とは考えるのではなく任せることだ。
なせばなるが代名詞の哲学では解決はできない。
出来たとしても一時しのぎだ。
  • 2006/04/22-16:14:08
  • 投稿者 : あ
  • URL
  • 編集

[C316] >そしてその人の考えが良いかどうかは、有権者が判断することです。

>「100人に認められれば、全国民に広まる」などと言います(滝汗)
>これって、過去に行われた専制政治と何か違いがあるでしょうか?
何度も読みました。急にあれって思いました。情報を操作して情報に因る統制を強いてるんじゃないかと思いました。良いとかワルいとか考える事は恐ろしいと思いました。正しくてナニがワルいの、みんなが良くなって万々歳じゃないといわれるとぐうの音も出なかったし…素晴らしいみんなオッケーでその方がいい!ラブ アンド ピースと思ってました。そう考えてるから自分にも人にも強固に正義を勧められるんだと思いました。正義をもちさだされると相手も自分も麻痺するようです。絶対的だということは恐ろしいと思いました。そまりやすい頼りない自分だから正義に頼ってるつもりで…飲み込まれてました。じゃどうしたらいいのだろう…そう考える事が正義を求めている事につながってしまうのだと思いますが…とても不安定な状態です。なんにもないんだと思うしかナイのだろうか…困惑しています。

[C315] >100匹目の猿現象を斬る5

私の今までは、自分にとって興味のあることだけを深く掘り下げ
ようとするまさにサルでした(サル、ごめんね)
世の中のしくみ、成り立ち、宇宙の成り立ち、そしてそれを作り
だしたもの・・・どうして、今のいままでなんの疑問をもた
なかったのか・・・不思議、不思議とゆうよりバカだ・・・と思います。
例えば、運がよくなる方法・・・。どうしてそうなるのでしょう?
とりあえず、疑問を持たずにやってみる・・・「そもそも」がワカラナイ
のにどうしてできるんだろうか? なんで、そうなるの?・・・と。
物事の上部にだけとらわれて、答えを得ることにばかり考えて
生きてたんだな、と思います。
こんなの全然、生きてなかった。もっと自分の体を使って、あたまを使って
全身で捉えてみたい
ここに来て、答えではなく問いを持つようになりました。
過去の私も、今の私も変わってはいません。
ただ、もりけんさんの本を知って何かが変わりはじめています。
自分の目で見て、自分の体で確かめたい・・・
ワカラナイことだらけで、世界が急に深くて遠い気がしました。
実感としてわかったものなんて、なんかあるのだろうか?
ほんとに砂つぶぐらいに小さなこと・・・を大事にし過ぎ
てきたんじゃないのか?・・・。そう、思いました。

[C314] 100人に認められれば、全国民に広まる

「なんとなく」で、ある行動をしてしまったりします。しかし、「なんとなく」
の中身をいちいち分析したりしません。もりけんさんの書き込みを読んで、
そのなんとなくの中身というのは、かなり恐ろしいものが詰まっているような
気がしてきました。見えないところで野放図に肥大した空想科学小説に
出てくる爬虫類のようなエーリアンのイメージです。

もりけんさんは、どちらかというと、ビジネスにおいては隙間市場で勝負して
いるような気がします。そして、マス市場の間に隙間や割れ目を発見するとい
うのは、繊細さやセンシング機能が必要だと思います。
たくさん電波を照射
してみて、反射しなければそこに隙間があると仮定する、あるいは、脱獄しよう
としている、石の壁に囲まれた地下牢に閉じ込められた囚人が、壁を丹念にたたいて
みて、どこが壁が薄いか、むこうに空間があるのはどの方角かを探る行為
を連想させます。

そして、このような嗅覚の使い方は、もりけんさんの時空調査の方法
そのものでもあると思います。

そこで発見した結果が、世間で広く受け入れられて居る常識と相容れない
場合、あるいはショッキングなものであった場合、言論の自由がない社会にお
いては、世間に発表することができません。

さらに、発表する前の段階、すなわち「判断」や「決定」に至るまでの、個人の
思考の自由すらも奪ってしまおうという側面が、100匹目のサル論は内包
していると思います。

自分の頭を使うことから出てくる繊細さはみじんも感じられません。

「判断」や「決定」ということに対する鋭さやプロセスを放棄し、最初から
「なんとなく」や「みんなとおなじ」に逃げ込めば、もう、ビジネスに
おいても、真理の追究においても、「隙間」は発見できないと思いました。
  • 2006/04/22-11:25:18
  • 投稿者 : ナイル
  • URL
  • 編集

[C312] 愛の人

「愛の人」が”あいにいきなさい〟などと言うでしょうか。
"特別意識、ひとかど意識を捨てなさい〟とも言います。 
そして愛義 愛生(ぎせい) 命送(めいそう)だのと
造語したりしています。
それってトクベツイシキなのではないでしょうか。
中に居る人は「健気な信者」のようです。

「あれもアリ、これもアリだよね」
「それも完全・・」などと
エエかっこしい、の無関心派ではいたくないです。

[C311] 人間とは何か

人間は「人・ヒト」なのか、それとも単なる「モノ・ロボット以下」なのか。
 
今日、盲師派推命占術のテキストが届く予定です。
人間の運命はすべて決まっていて、そこに自分の意志がまったく入っている
余地が無いということが、あくまでも仮説にすぎないのか、
それとも事実であるならば、それは何によってすべてが決められてしまっているか、
について探求していくことが人間としての問いだと思います。
 
「100人に認められれば、全国民に広まる」という考え方は、
それが“良いこと”(一体何をより所にして“良いこと”としてきたのか
それについてよく考えもしないで)ならば、それは良いこと(汗)であり、
まったく疑問を持ったことがありませんでした。
 
「人間とは何か」という問いを抹殺されていることに気が付かずに、
101匹目以降のサルへ流されていってしまうのは、なぜだろうか、と思います。
「神」が手足を動かせないことと何か関係があるのだろうか、と思いました。

[C310] >100匹目の猿現象を斬る5

世の中の仕組みとかよくわかってなかったりします。
関心があるのは目の前の出来事とか、生活のこととかで小さい範囲でしか考えてないからだろうと思います。
そんな時、広い視点で物事考えてる人にこうこうこうだよと言われれば、そういうものかと思ったりしそうです。
その裏に欲望に気づかずに表のいいことに従ってしまいそうです。そうなってしまった時、恐いのかもしれません。
広い視点で世の中の仕組みに関心をもつことがそういうものから遠ざかることになるのかもと思います。
不思議研のhpのメインコーナーというのはそういう要素があるのかもとも思います。
難しくてなかなかついていけませんが。。。
広い視点と仕組みの理解。。していきたいものだと思います。

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://fushigikenkyujo.blog62.fc2.com/tb.php/17-7f3fd3a4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

くろこ

プロフィール

森田健(もりけん)

Author:森田健(もりけん)
もりけんブログへようこそ。
楽しんでいって下さい。

■無料会報誌「不思議の友」について
森田健が実際に足で歩いて遭遇した出来事を皆さんに報告する場として「不思議の友」という無料会報誌を出版しています。
この本は、読んでいただけるだけで嬉しいです。
でも、何か意見を返してくれるともっと嬉しいです。
不思議なことに興味がある方、不思議なことを解明したい方、または新しい生き方を見つけたい方のためのものです。
最新号は常に無料でお送りしています。
新しくお申し込みの方はこちらからどうぞ


最新号「不思議の友15」が届いていない方。
以前不思議の友が何度かお手元に届いた方で、この号が届いてないという方
は、


●03-3378-9845
●平日10:00~12:00、13:00~18:00

にお電話下さい。
その際「ブログを見た」と言っていただけると嬉しいです。

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

たまちゃんカップ時計

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。