Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C3250] 謝意を表するより、響きあう...

ふと思いました。英語の手紙はThank you for your...で書き出せと習いました。これはAttention please.と同じことなのではないかと。相手にありがとうを言う場合、自分に相手の注意を向けさせたいから、謝意を表明する場合もあるのではないかと思います。

100回ありがとうをいうということは、自分を相手に押し付けているということと同じなのかもしれません。

同じように「相手を理解する」とかコミュニケーションの重要性などというときも、本当は自分の意図を相手が理解してほしいという願望が潜んでいるのかもしれません。

結局のところ、相手を理解しようとすることや相手にたいして感謝を表明することは、あまり重要なことではないのではないかと思います。

お互いに理解しあって満足するとか、感謝の言葉を述べて満足するというのは、違うのではないかと思います。

それよりもお互いに響きあうことのほうが大切だと思います。クオリティさえ高ければ(そして感謝と相互理解について言及してさえいなければ)コンテンツは何でもかまわないのではないかと思います。
  • 2006/08/05-01:28:51
  • 投稿者 : ナイル
  • URL
  • 編集

[C2128] >巌流島・・「感謝」

「ありがとう」・・何度もいったことがありました(汗)
運転中、家事中、トイレで、風呂で・・・(大汗)
でも、一日でやめました。

日常でも、とりあえずいわれてるな・・と感じることがあります。
逆に、自分もとりあえずその場をやり過ごすために言ってるな・・と思うこと・・あります(恥)

「お礼も言わない」と怒る人は、きっと、ふだんでも「ありがとうさえ言っとけば・・」というような感じなのかもしれません。

「ありがとう」に意図があった場合、自分は閉じられているのかもしれません。
開放されていないから、ありがとうということで、つながりたいと思ってしまうのかも。

開かれていれば、あえて言う必要はないのかもしれないし、前日の話でもあったように、言い出せばみなに言わなきゃいけない・・

「ありがとう」は直接的すぎるのかも。
武蔵の絵などは、感謝を間接的に表してるように思いました。
それも、本人には、感謝を込めて書いた意識がなくとも、結果として感謝を表していた・・


「ありがとう」といえば、導師の「ありがとう」を思い出します。
これがきっかけとなって、もりけんさんと導師が再会します・・。
意図のない、自然に出てきた「ありがとう」は、相手の心に染み入るのだと思います

私はもりけんさんの本の「最後まで読んでくれてありがとう」と、
中国紀行の最後の「レスをくれた皆さん、ありがとう」の「ありがとう」が大好きです。

[C2111] やりすぎコージー

やりすぎコージーって、なんだ?(まあいいか、笑)
「感謝」「ありがとう」・・・最近は自然に言うようになり
ましたが、以前は「運」を良くする為に言っていたことがあります(爆)
でもイヤになり、キレました(汗)
今では「感謝」とか言うヒトを可愛く思えるし、正直「ホっ」とします。
だからといって「私」がわざわざ「ありがとう」を言えなくなるのは
イヤなので(汗)今はなるべく言うようにしています。
ほとんどは、自然(?)に言います。そして「すいません・・・汗」と
恐縮することも増えました。
「私」「私」ってうるさいなあ・・・と(爆)(私のことです)
でも「性格」がしつこいのです(笑)だからしつこいヒトもダイスキ
なんです(笑)
1日過ぎたからこの「コメント」だって書かない方がいいかな・・・
と思いましたが、書きました(汗)
いつも「運命だから、ゆるしてください(汗)」とゆう言い訳のこころ
があります。
そして「ウザイ」と思われても(イヤだけど)仕方ないかもしれません。
話がまた、それました(汗)
今から「ありがとう」を100回いって閉じようかな・・・(汗)
今、私には自分が「閉じてる」のか「開いてる」のかワカリマセン。
大問題だと思います(笑)

[C2097] >巌流島・・「感謝」

>巌流島に行く直前、その絵は、今までの「策略」を何もかも忘れさせてくれたのだと思います。
 
>そのとき武蔵は、別の「流れ」に入っていた・・。あとは無意識に任せよう・・と。


「ありがとう」というのは、直接的だと思いました。

でも、絵を描くのは、
なんだか、間接的だと思いました。


それは、長い箸で、お互いに食べさせあっているような・・


[C2096] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2006/06/08-06:31:13
  • 投稿者 :
  • 編集

[C2095] 巌流島・・「感謝」

 ありがとうが、感謝の言葉としてではなく、過剰装飾や免罪符やアクセサリーのように氾濫していると思います。とりあえず言っとけ、みたいな作為的な意図を感じます。そういう人って自分に防御壁でも作ってしまって完全に周囲から切り離されているような気がします。本当に人に感謝するときはどうするのかと思ってしまいます。(笑)

[C2094] >世の中にはやたらと「ありがとう」を言う人がいます。

独身のとき、運のよくなる系の本を読んで、ちょっとやったことあります。夜寝るとき、布団の中で、言いたい人、ブツを思いだし、感謝する理由をいろいろつけて、「ありがとう」と言っているシーンを想像しているうちに、だんだん感きわまってきて(自分に酔ってくるとも言う)涙すら出てきました(汗) でも泣きたいときはいいけど、とくに泣きたくもないときは、なんかやっぱ暗い気がして、いつのまにかやらなくなりました。自己陶酔しているときの自分は、やっぱり「私」が閉じられていると思います。外を見れば、もっとカラッと明るい気分になれるのに、泣いてると、すごくじめじめと内にこもっている気がします。
  • 2006/06/07-23:52:15
  • 投稿者 : リョウコ
  • URL
  • 編集

[C2093] >巌流島・・「感謝」

「ありがとう」って難しいです・・・(汗)
瞬間的に出ることもあれば、とりあえず言っとかなきゃ(恥)って思って口にすることもあります。
「ありがとう」という言葉を運をよくする為に使ってはいないけれど、儀礼的に使ってるときって、閉じてるんだなと思いました。
言ってるときは気づかないけど、言われてるときは・・・
なんとなくわかります(滝汗)

[C2092] 本当の感謝とは何か

もりけんさんは、レスがつまらなかったらハッキリ言います(爆)。
「ありがとう」発言を推進する人は、たとえつまらなくても、そこに自分への
“おべっか”が含まれていれば「ありがとう」をしゃあしゃあと言うのだと
思います。
それが真理から遠ざかるのだと思います。
だいたいなぜ自分が存在しているのか何もわかっていないのに、
何に対して「ありがとう」と言わなければならないのでしょうか。
「ありがとう」も「バカヤロー」も価値に差は無いと思いました。
「ありがとう」も「バカヤロー」も流れのままに、ハンドルを手放した状態で
言うなら問題は無いと思いました。
意図を持って「ありがとう」を言っている時は、相手との間に壁を作っている
のだと思いました。
本当の感謝とは、言葉上の「ありがとう」を言わなくても伝える方法が他に
いくらでもあると思いました。
少しでも真理に近づく何かの考えを提供してもらう方が、私にはそれが
「ありがとう」と言われているのと同じだと思います。
  • 2006/06/07-21:51:54
  • 投稿者 : イーキン
  • URL
  • 編集

[C2091] いつ切られるのか・・・

【恐怖を消しなさい・・・】
【不安を消しなさい・・・】
などという「天使の歌声本」がよく出ているが

恐怖が無ければ
不安が無ければ
≪大冒険活劇≫は産まれない

生きていることの素晴らしさを
水面下で奪い去ってゆくのが【上位の問い】だ!

対岸にも
真実は別の姿で現れている・・・

[C2090] 感謝

先日、生まれて初めて占い師のところに行ってきました。盲師派を始める前に、一般的な四柱推命に触れておこうと思ったからです。そこで占い師が(結構美人)開口一番「あなたは感謝が足りない!」といいました。部屋に座ってすぐだったので「「この人は面相師なのか?!」とも思いましたがよくわかりません。

以前の私だったら「たしかに私はわがままだし、感謝が足りないなあ」とまじめに反省して即座に「ありがとう教」に入信したと思います。

でも「ありがとう教」は自分の運をよくすることが目的であることは、占い師の説明からも明らかでした。というか、そのために人々は占い師を頼るのでしょうから当たり前なのかもしれません。

本当に感謝しているとき、相手が両親だったりすると、「ありがとう」と言葉に出すことがなかなかできません。照れくさくて恥ずかしいのです。だからぶっきらぼうなそぶりをして「これセールだったから買ってきたから置いとくね」といって、一生懸命に選んだセーターを隅っこにおいてみたりして・・
  • 2006/06/07-21:17:22
  • 投稿者 : なみ
  • URL
  • 編集

[C2089] ありがとうの言葉

形式だけの言葉を聞いても嬉しくないです。
その手の本を読んでそんなに人間関係がよくなるのかと思いましたが
とってつけたような「ありがとう」は実行できませんでした。
 
心からの感謝の言葉はとても嬉しいです。
たとえ、言葉が無くても喜んでたり、嬉しかったら伝わってくるものがあります。
 
「ありがとう」がたくさん書かれてあっても何とも思いません。
結局、見返りがほしいを「ありがとう100回」に感じてできなかったと思います。
 
武蔵が絵を描いていたのは心で描いていたと思います。
貰った人は武蔵の心境を絵に見て感動したと思います。


[C2088]

ありがとうの波動が綺麗だと水の江本さんが、
言われました。
ありがとうおじさんも小林正観さんもいわれます。
マントラのように唱えれと。。。。
流れに乗ることが開かれるのですから。。。
流れに乗る手段の一つ何かもしれませんが。
流れの中にいるとしたら、どうなんですかね。
必要ないですね。
祈る事も。。。
  • 2006/06/07-21:06:45
  • 投稿者 : じんのり
  • URL
  • 編集

[C2087] ありがとう

正直、ありがとうの連発現象は、よくあるなあと思います。

とりあえず「ありがとう」を言っておかないといけないよなあと思ったり、言っておけばこの場がすんなりと行くからなあ・・・と思ったりします。

何もありがたくないのに、ありがとうは結構、飛び交っていると思います。

本当にありがたく思った時は、言葉で言わなくても別のカタチで気持ちを表現することもできるのではないかと思います。

普段あまりありがとうを言わない人が言ったりすると、ちょっとした感動を覚えます。

ありがとうをあまり言わない人は、行動の一つ一つに重みのようなものがあると感じます。

軽々しく、言ったり言われたりすると、オワリだ・・・と思いました。

[C2086] >くろこ

今日、「くろこ」を見ていました。そして思いました。「くろこって疲れないなあ」と。

まるでもりけんさんの文章のようです。

私ももりけんさんの文章のように常に淡々と麗しくありたいです。

投稿ボタンを押すと、今日一日の中で何かが終わります。たぶんそれは「小さな死(射精)」なのでしょう。

毎日続けていられるのは、たぶん疲れないからなのだと思います。
  • 2006/06/07-19:55:39
  • 投稿者 : ナイル
  • URL
  • 編集

[C2085] 衝動

ふと、思いました。結果的に感謝の念がお互いに交換出来る瞬間の、行為と言葉は、衝動的なものじゃないかな…って。「ありがとうの言葉」は、衝動とはまったく逆方向から来ている気がしました。感謝の念を持ちなさい、という縦の教えがマニュアル化した短い念仏みたいなものとして…
  • 2006/06/07-19:26:52
  • 投稿者 : マリ
  • URL
  • 編集

[C2084]

ここ最近です。
「ありがとうと言ったら良いですよ」って本とかに書いている人を知り、
実際に講演も聞きに行き、カウンターまで用意して「ありがとう」を言ってみました(汗)
でもしばらく続けた結果は、
なんだか自分で自分が気味が悪くなってやめちゃいましたね。
それは自分を閉じてしまったからかも。。。
  • 2006/06/07-19:21:35
  • 投稿者 : まっす~
  • URL
  • 編集

[C2083] >そのとき武蔵は、別の「流れ」に入っていた・・。あとは無意識に任せよう・・と。

この別の流れが何なのかとても気になります。

「ありがとう」に関しては、今日一日考えていたのですが、やはり「ありがとう」に貴賎はないような気がします...。お金と同じで色はついていないと思います。

しかし、「ありがとう」を言い合う関係というのは、所詮、この世の関係だと思います。武蔵は俗世と同時に、時間や空間の制約を超えた剣や道の世界に生きていました。今日の青空のような広い世界に...。

「ありがとう」の関係とは配慮しあう関係だと思います。時空が自分の皮膚のようになったら時空に対して「ありがとう」をいうことはもはやできなくなると思います。

しかし私はこの世の関係も大切にしたいので、ありがとうは今後も言うだろうと思います。
  • 2006/06/07-19:16:28
  • 投稿者 : ナイル
  • URL
  • 編集

[C2082] >巌流島・・「感謝」

自分は感謝が足りない人間かもしれない、と私は密かに恐れてました。
こんなことでは、いつか天罰が下るかも・・・それぐらい無粋で鈍感であったためか、
幸いにも、私は「ありがとう」を連発するタイプでなかったようです。
しかし、違う意味で問題がありました。 たとえば、「ありがとう」に似ていますが、
「愛してる」って言葉をなかなか言えませんでした、女性に・・・(滝汗)
気が廻らないというか、何というのか、今これを書きながら思いました。
「愛してる」と言わなさすぎる私も、実は閉じられていたのだと。

(話しがそれました)やたらと「ありがとう」を言う人は、自分のレベルを上げたいの
かもしれません。 感謝できる人は、腰が低くて立派な人に見えます。
ああ、しかしです。 これ以上書く気力がなくなってきました。
今日のテーマに関しては、「言葉で言っちゃーオシメーよぅ」(←なぜか江戸っ子)の
世界ではないでしょうか? しつこく「ありがとう」を連発するなんて・・・

(ということは、私は昔と変わらないのでしょうか? 未だに、だれかに、愛してると
 は言えないのか・・・?)

[C2081] >「感謝」

>すでに「私」が開かれている人は、「ありがとう100回」言った途端に、閉じるような気がします(笑)
このフレーズって逆「100匹の猿現象」なのかなと思いました(!?)

ありがとうと感謝するとき、一回だけ言えばそれでいいのかと思います。
それを言った時点でリセットされるからだと思います。すべてが相殺されるのだと思います。
それをくどくどしく、「ありがとう」の連発をすれば、「おれはこれだけありがとうを言っているのだから、もっと何かしてくれ!!」って意図(エゴ)になるのかと思います。
そもそも「感謝」を持って生きていくこと、きれいごとですが、これって内面的生き方のような気がします。
外側が見れないような気がします。
「感謝」の延長線が「誰かのため」「何かのため」だと思います。
こんな目的で生きているときって、何の可能性も得られないのかと思います。
私たちは時空のネットワークで決められた運命を生きています。
その運命の中で、間接的ですが、誰かや何かの力をもらったり、支えられているのだと思います。
しかもそれは誰か特別の人だけではなく、すべてのものがそうしています。
ということは、それは当たり前の世界なのだから、この仕組みを認識したときに、「感謝」を抱く瞬間ってはっきり言ってなくなるのではないかと思いました。
礼がしたいなら、「ありがとう」じゃなくてもっと他の形で礼をすればいいと思います。

[C2080] 巌流島・・「感謝」

 「ありがとう」をよく言う人います。そう言われてみれば、私はそんな人は少し苦手な所があります。
 だって、なにが「ありがとう」か分からない時があるし、私もいわなければならないのか?と思う事があるからです。
 そしてもう一つ思うのは「とりあえず、ありがとうって言っておこう。」と思っているんじゃないかと、勘ぐりたくなるからです。
 
 いままで、そんなに「ありがとう」をいわなかった人が「ありがとう」をやたら連発するようになったら、(この人、今、運悪いんだ!)と、これから思ってしまいそうです。

[C2079] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2006/06/07-18:01:23
  • 投稿者 :
  • 編集

[C2077] 巌流島・・「感謝」

 >すでに「私」が開かれている人は、「ありがとう100回」言った途端に、閉じるような気がします(笑)。
ありがとう100回ってそれを言うことによって
いいことを引き寄せる魂胆丸出しでとても上位だと思います。100回も言ってしまえば、本当の感謝じゃなくなってしまうと思います。単なる口先なだけでありがとうという言葉を言わないとってことに意識が向いていると思います。
感謝って先じゃなくあとから感じて思うものだと思いますし、言葉じゃなく行動で充分伝わると思います。
  • 2006/06/07-17:36:38
  • 投稿者 : Ciel
  • URL
  • 編集

[C2076] やりすぎコージー

さーさーきごじろうーーー笑うセールスマンタイプなのでしょうかああ接待ゴルフが、上手そうですーーーおーーほーーほーーほーー
  • 2006/06/07-17:30:29
  • 投稿者 : とんとん
  • URL
  • 編集

[C2075] ありがとう

確かに、小次郎は「ありがとう」は言わないと思います。今の境遇では、小次郎のような人には会いませんが、トンチンカンな自称小次郎タイプには出会います。もちろん、「ありがとう」は言いません。自分ができると思っているからです。閉じているヤツです。
つい、「あの人は、ありがとうとごめんなさいが言えないの?」と、間接的に問いを発してしまいます。(爆)
実際、小次郎程みんな強くありません。だから、「私」を一部開いて、一部閉じて、ある時は開いて、ある時は閉じて生きているのだと思います。
「ありがとう」と言う言葉自体にツキを呼んだり、水の結晶をきれいにしたりする力があるのでしょうか?
「ありがとう」や「ごめんなさい」を連呼されると、今度はこっちが何か下心(運良くしようとか)があるんじゃないかと閉じてしまいます。
「ありがとう」や「ごめんなさい」は、お互いが開いた時に自然に発せられる言葉なのだと思います。
すでに開かれている人は、言う必要がありません。360度周りと共生しているからです。

[C2074] なるほど。。。

>、「私」が閉じられているから、わざわざ言わないとイケナイのです。

確かにそうだと思います。間違いないですね。
ただ、大脳生理学的には、たとえ気持ちが入っていなくても「ありがとう」を発声し、連呼することによって、なぜか本当に感謝の気持ちが湧いてくる・・・というのは事実だと思います。

それは、もりけんさんを時空レベル4とした場合、その状態はレベル1の状態であることは否めないといえます。

しかし、この21世紀に入ってスピリチュアルな力を知り始めた人が増えた現在、彼らが精神レベルをひとつ上げるための「実践方法」としては、わたしは「ありがとう」の連呼は有効なメソッドだとも感じます。
あまりに、3次元の物質社会になれた人間が、やはり急に「開かれた自分」になれるわけはなく、ひとつひとつ「実践」していくことが大切だと思います。

それこそ、小次郎と武蔵の時代・・・、ビルはなく、携帯電話もなく、ストーブもなく、冷蔵庫もなく、レストランもなく、、、自然と一体化した生活を余儀なくされていた江戸初期には、口に出さずとも町民の根底には「ありがとう」があったのだろうと思われます。

なんだか、物質の繁栄と共に、人間の精神はこれからどんどん過去へ戻っていく気がします。
そして、物質社会で生きる人間が武蔵の境地に行き着く難しさも痛感しています。。。
  • 2006/06/07-16:48:57
  • 投稿者 : らーめん
  • URL
  • 編集

[C2073]

{ なぜなら、「私」が閉じられているから、わざわざ言わないとイケナイのです!}

そうですね!開かれていれば関係なしです!考えさせられました。
  • 2006/06/07-15:49:41
  • 投稿者 : じんのり
  • URL
  • 編集

[C2072] >すでに「私」が開かれている人は、「ありがとう100回」言った途端に、閉じるような気がします(笑)。

今日の記事はとっても難しく感じました。 
 
「ありがとう」が私を閉じさせてしまうのは、 
原因を特定してしまうからで、そもそも、 
口に出して言うこと自体が周囲になんらかの 
見返りを求める行為であるというのが、 
今回の記事の私の勝手な理解です。 
  
私は、幸せと感謝は不可分であると今まで考えていました。 
(もっとも、もりけんさんは幸せは前提であって目的ではないと言及されていますが、 
その「前提の幸せ」の前提が感謝と考えていたので笑) 
 
コメントされてる皆さんが今日の記事に関して 
全く抵抗なしに賛同されているのを目にし、 
皆さんと私の「レベル(笑)」の違いを実感させられました。 
今日は今までしがみついていたものをバサッと 
斬られた感覚で正直動揺を隠せません。 
なので、自分以外の全てに対しての「感謝」、なにげなく呟く「ありがとう」はこれに当らないのではないかと勝手に解釈したい気持ちです。  

そもそも「幸せ」自体、ここでは議論の対象じゃないんでしょうが、 
もし仮に「感謝」は「幸せ」の前提ではないということなら、 
きたるべき「幸せ本」の出版がいよいよ楽しみになってきました。 
 
なんか動揺していて纏まらなくなってしまいました。 
やっぱり今日の記事がよく理解できていないんでしょう。。。 
 
というわけで、なんか上位の話だけになってしまいました。(汗) 

  • 2006/06/07-15:32:54
  • 投稿者 : GRO
  • URL
  • 編集

[C2071] 「ありがとう」

う~ん。。よく考えると。。。心静かなときは。。。よく使ってますな~~。。汗汗。。360度の空間を。。ある意味封鎖的にしてしまうのが問題あり的な感じ。。あります。。心静かなとき~~。。たま~~に。。あります♪♪寝てるときもうるさいしね。。。汗汗。。。ガアア~~。。ん。。ゴオオ~~かな~~♪♪
  • 2006/06/07-15:32:23
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C2070] 「ありがとう」

意図して「ありがとう」と言うより、
金儲けのために「ありがとう」をマニュアルで決めて
義務にしている、ハンバーガーチェーンの方が
ミエミエの分、正直です(笑)。

[C2069] >巌流島・・「感謝」

最近は、封筒や宅配の箱にまで「ありがとうございます」と印刷されているものがあります。
そういうのを見ると、「ありがとう」の言葉がすごく安っぽく感じるし、この人たちは、自分が幸せになりたいから「ありがとう」と書いているだけだよなぁと思います。
「閉じている」という感じがすごくします。

[C2068] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2006/06/07-13:50:18
  • 投稿者 :
  • 編集

[C2067] >やりすぎコージー

はははは(笑)

[C2066] 用意しなくてもいいもの

ありがとうを100回言う人は、まず感謝の言葉ありきな気がします。
それを道具に懐に用意して、何かあればすぐさま取り出して相手に見せびらかせている気がします。

ありがとうはふと口を出た時が本物である気がします(本物という表現も変ですが)。用意しているなんて変です。

ありがとうを言うため・・・というのは直接的だと思います。それが目的になっているから。
感謝が伝わるのってなんか間接的だと思いました。

武蔵が描いた絵をもらって、その時気づかなくても思いに後々気づことはあると思います。

それって押し付けがましくなくて素敵だな。

[C2065] 「ありがとう」

連発する人は閉じられている・・。
言えてるかも知れません(身に覚えあり(汗))
「ありがとう」で、ちょっぴりつながれた気がしちゃってます(汗)
開いている人は、そのピンポイントでの
「ありがとう」なんて無意味なのかも知れません。
「ありがとう」の100連発・・
端からドアを閉めてるような気が・・。
・・でも「ありがとう」を待つ自分がいる~(汗)
開かれていない自分を痛感中・・・。
  • 2006/06/07-12:59:41
  • 投稿者 : まる
  • URL
  • 編集

[C2064] >「感謝」

 >武蔵に協力した人たちは、武蔵から「ありがとう」と 言われるためにしたのではないと思います。
 >例えば、ありがとうを言う代わりが、武蔵の絵でし  た。
 
 武蔵は相手の行為のお礼のつもりでやっているのではないけれど、相手にとってはお礼になる行為を自然ととっている。いいなぁとおもいました。
 でも、これって意図してやっているわけでないから、なかなかできることでないなぁとも思います。
 無為自然は、開かれた「私」(天人合一)と一体なのだなと思いますした。
 開かれた(私)であれば、無為自然であろうし無為自然をつきすすめれば、逆に天人合一につながるのかな。


 「ありがとう100回」は「閉じた私」の視点だったのだな。
 逆にそれは、「開かれた私」にはプラスの行為でないのだな。
 「私」とは何かという根源的な問題がありますが、視点によって随分変わるものだなともいます。
 上位の問いではなかなかこんなことには気づけ得ないと思います。
 自分の信じているもの、正しいと思っているものは何なんだろうと思います。

[C2063] >世の中にはやたらと「ありがとう」を言う人がいます。


嬉しかったり助かったりしたときには、口が勝手に「ありがとう」を言います(笑)
そこに意図はないです。感情が言葉に出ただけです。
 
でも「ありがとう」と言うことを意識してやっている人は、そうすることで自分も
自分の周りも良くしようという意図があるのだと思います。
これって「褒めて育てる」と似ていると思いました。
 
>なぜなら、「私」が閉じられているから、わざわざ言わないとイケナイのです。
 
あぁ…そんな感じがします。
意識して言う「ありがとう」は「私はあなたにお礼を言う」と言ってるみたいです。
私とあなたはキッチリと別れています。

[C2062]  そのとき武蔵は、別の「流れ」に入っていた・・。あとは無意識に任せよう・・と。

もりけんさんの言う未来からのメッセージを受信後に内側からそのメッセージの流れにそって。。流れの快にそうのは。。形的には同じでも~~。。無意識任せ感ありますうう~~。。
  • 2006/06/07-11:31:26
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C2061] すでに「私」が開かれている人は、「ありがとう100回」言った途端に、閉じるような気がします(笑)。

3次元で満足して終息してしまうんじゃないかとおもいます。。ある意味。。多次元にはひろがらないような気がします。。が。。
  • 2006/06/07-11:24:33
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C2060]

そうだと思います。
(・・・なんて。わかったような言い方ですが、本当にそう思う)

(短いなぁ・・・・これだけか(爆))



[C2059]

確かに…方法論の「ありがとう」「ごめん」を言われたくないと思います。私はモノじゃないから。出来ればその時「あ!」とか「え!」と思ったことの表現であって欲しい。底浅くあってほしい。
  
しかし…どうしても…ウソでもそういわれたい気持ちがあるのが不思議です。なんだかふと時間が空いたりして…一人だなと思った時…それを欲してしまう気がします。ウソでもいいから安心したい。安心とは…不安定な「個」にむかう瞬間なのかもしれないと思います。(よく向かってる…汗)
 
繋がるには…事象に…自分のすべてをゆだねないとなのかなと思います。誰のためでもなく…全く不安定な状態に…入り込むことなのかと思います。安定したものには本来繋げない気がします。付け入る隙がないというか。(汗…たとえが変かも)
そして…その姿を見て後ろに繋がる人がでてきても…振り返ってはいけないのだと思いました。誰も彼も自分のためにしか繋がれないのだと思います。私のためでは…ないのだろうと思います。だから私は振り返って「ありがとう」とは…いってはいけないのか…何かを人にもとめることになるから。人で寂しさは埋められないのだと思いました。こんなに沢山人がいるのに…誰しもホントは自分で精一杯なんだと思います。人間は全くすれ違いを生きてる気がします。(……というのはあくまで自分の気づきです。)
 
わかりません。そして「私」は前しか見られないのだと思います。ただ進むしかないのだろうかと思いました。

[C2058] さりげない

【ありがとうおじさん】のような存在は
私も興味が無い^^

また「ありがとう信仰」も同様だ^^

ただ「ありがとうというエネルギー」を送られたとき、送ったとき
私の心には花が咲く^^
これはまごうことなき事実だ

「形」はどうでもよいことだとは思うが
私は≪花のある形≫が好きだ^^
だから自分が花と思える形で≪感謝≫を渡す
自分自身が心地良いから^^

自分が≪花≫と思えたものを
同じように≪花≫と受け止めてもらえると^^嬉しい

嬉しいからまた次に繋がる
これ「人間らしさの明の一面」だと思う
「愚かなり」と思うことも^^これまた自由

ただ自分の喜びを否定して生きることは
なにを得んがために行っている行為か?私には理解できない

ただ≪恐れ無くして、喜びも無い≫と私は思っている

≪感謝の花≫も持たずに「ありがとう」の連発は
個人個人の自由だが^^私も苦手だ

≪森田健≫には≪花≫がある
枯れることのない≪花≫がある
悔しいほどに^^

      花蒔きじじい^^恋海月

[C2057] >「私」が閉じられているから、わざわざ言わないとイケナイのです

これはあくまで感ですが・・、開いている人は、直接でも間接でも、自然に自分と周りとの相互授受関係が成り立っているのではないでしょうか。あるいは、周りが自分そのものの表れなので、自分自身に感謝する必要がないのでないでしょうか。逆に閉じている人は、周りとの繋がりが無い、自分も周りにとっての環境になるけれど、周りから何も受け取ってない、また与えていない。あるいは、自分は全て自分の中にあり、周りは自分とは分離しているもの。だから、「貰う」とものすごく「貰った」感が強く感じられるのではないか、そのせいで、ありがとうの連発になってしまうのではないでしょうか・・。



閉じている人は「あげない・与えない」そして「貰えない」。いや、逆に「あげる・与える」「貰う」がハッキリした世界かもしれません。なぜなら、いつも自分の内側しか見ていないから。自分を積み上げる事しか考えていないから。そのために周りは利用するだけの存在で、全ては自分が成し遂げていくことだから。



開いている人は周りにこそ自分の問いの答えがあり、周りと自分が繋がっていて一体感があるから、「あげる」も「貰う」も無い、というか、お互い様の世界で、全てが互いに影響しあっているから、ありがとうは暗黙の大前提で改めて表出する世界ではない。(自然発生的に感謝の気持が湧き上がって、ありがとうが出る場合は除きます)。


>すでに「私」が開かれている人は、「ありがとう100回」言った途端に、閉じるような気がします
これは、自分の周りに対して「貰った・あるいはあげた」感が強くなると、自分が閉じているサインだ、ということじゃないでしょうか。

[C2056] >巌流島・・「感謝」

>ああいう人の「私」はどっちでしょうか?    私は小次郎的だと思います。  なぜなら、「私」が閉じられているから、わざわざ言わないとイケナイのです。 <そうかもしれないと思います。習慣で言う場合もあると思いますが、意識して言う場合にはそういう事があるかもと思います。
閉じられた関係同士では潤滑油になる事はあり、閉じられた関係がそれで開くという事はあるかもと思います。

[C2055] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2006/06/07-09:59:48
  • 投稿者 :
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://fushigikenkyujo.blog62.fc2.com/tb.php/63-a303e542
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

巌流島・・「感謝」

 世の中にはやたらと「ありがとう」を言う人がいます。
 ああいう人の「私」はどっちでしょうか?
 
 私は小次郎的だと思います。
 なぜなら、「私」が閉じられているから、わざわざ言わないとイケナイのです。
 
 武蔵に協力した人たちは、武蔵から「ありがとう」と言われるためにしたのではないと思います。
 例えば、ありがとうを言う代わりが、武蔵の絵でした。
 
 しかし武蔵も、絵を「人のため」に書いていたのではないような気がします。
 巌流島に行く直前、その絵は、今までの「策略」を何もかも忘れさせてくれたのだと思います。
 
 そのとき武蔵は、別の「流れ」に入っていた・・。あとは無意識に任せよう・・と。
 
 すでに「私」が開かれている人は、「ありがとう100回」言った途端に、閉じるような気がします(笑)。

スポンサーサイト

45件のコメント

[C3250] 謝意を表するより、響きあう...

ふと思いました。英語の手紙はThank you for your...で書き出せと習いました。これはAttention please.と同じことなのではないかと。相手にありがとうを言う場合、自分に相手の注意を向けさせたいから、謝意を表明する場合もあるのではないかと思います。

100回ありがとうをいうということは、自分を相手に押し付けているということと同じなのかもしれません。

同じように「相手を理解する」とかコミュニケーションの重要性などというときも、本当は自分の意図を相手が理解してほしいという願望が潜んでいるのかもしれません。

結局のところ、相手を理解しようとすることや相手にたいして感謝を表明することは、あまり重要なことではないのではないかと思います。

お互いに理解しあって満足するとか、感謝の言葉を述べて満足するというのは、違うのではないかと思います。

それよりもお互いに響きあうことのほうが大切だと思います。クオリティさえ高ければ(そして感謝と相互理解について言及してさえいなければ)コンテンツは何でもかまわないのではないかと思います。
  • 2006/08/05-01:28:51
  • 投稿者 : ナイル
  • URL
  • 編集

[C2128] >巌流島・・「感謝」

「ありがとう」・・何度もいったことがありました(汗)
運転中、家事中、トイレで、風呂で・・・(大汗)
でも、一日でやめました。

日常でも、とりあえずいわれてるな・・と感じることがあります。
逆に、自分もとりあえずその場をやり過ごすために言ってるな・・と思うこと・・あります(恥)

「お礼も言わない」と怒る人は、きっと、ふだんでも「ありがとうさえ言っとけば・・」というような感じなのかもしれません。

「ありがとう」に意図があった場合、自分は閉じられているのかもしれません。
開放されていないから、ありがとうということで、つながりたいと思ってしまうのかも。

開かれていれば、あえて言う必要はないのかもしれないし、前日の話でもあったように、言い出せばみなに言わなきゃいけない・・

「ありがとう」は直接的すぎるのかも。
武蔵の絵などは、感謝を間接的に表してるように思いました。
それも、本人には、感謝を込めて書いた意識がなくとも、結果として感謝を表していた・・


「ありがとう」といえば、導師の「ありがとう」を思い出します。
これがきっかけとなって、もりけんさんと導師が再会します・・。
意図のない、自然に出てきた「ありがとう」は、相手の心に染み入るのだと思います

私はもりけんさんの本の「最後まで読んでくれてありがとう」と、
中国紀行の最後の「レスをくれた皆さん、ありがとう」の「ありがとう」が大好きです。

[C2111] やりすぎコージー

やりすぎコージーって、なんだ?(まあいいか、笑)
「感謝」「ありがとう」・・・最近は自然に言うようになり
ましたが、以前は「運」を良くする為に言っていたことがあります(爆)
でもイヤになり、キレました(汗)
今では「感謝」とか言うヒトを可愛く思えるし、正直「ホっ」とします。
だからといって「私」がわざわざ「ありがとう」を言えなくなるのは
イヤなので(汗)今はなるべく言うようにしています。
ほとんどは、自然(?)に言います。そして「すいません・・・汗」と
恐縮することも増えました。
「私」「私」ってうるさいなあ・・・と(爆)(私のことです)
でも「性格」がしつこいのです(笑)だからしつこいヒトもダイスキ
なんです(笑)
1日過ぎたからこの「コメント」だって書かない方がいいかな・・・
と思いましたが、書きました(汗)
いつも「運命だから、ゆるしてください(汗)」とゆう言い訳のこころ
があります。
そして「ウザイ」と思われても(イヤだけど)仕方ないかもしれません。
話がまた、それました(汗)
今から「ありがとう」を100回いって閉じようかな・・・(汗)
今、私には自分が「閉じてる」のか「開いてる」のかワカリマセン。
大問題だと思います(笑)

[C2097] >巌流島・・「感謝」

>巌流島に行く直前、その絵は、今までの「策略」を何もかも忘れさせてくれたのだと思います。
 
>そのとき武蔵は、別の「流れ」に入っていた・・。あとは無意識に任せよう・・と。


「ありがとう」というのは、直接的だと思いました。

でも、絵を描くのは、
なんだか、間接的だと思いました。


それは、長い箸で、お互いに食べさせあっているような・・


[C2096] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2006/06/08-06:31:13
  • 投稿者 :
  • 編集

[C2095] 巌流島・・「感謝」

 ありがとうが、感謝の言葉としてではなく、過剰装飾や免罪符やアクセサリーのように氾濫していると思います。とりあえず言っとけ、みたいな作為的な意図を感じます。そういう人って自分に防御壁でも作ってしまって完全に周囲から切り離されているような気がします。本当に人に感謝するときはどうするのかと思ってしまいます。(笑)

[C2094] >世の中にはやたらと「ありがとう」を言う人がいます。

独身のとき、運のよくなる系の本を読んで、ちょっとやったことあります。夜寝るとき、布団の中で、言いたい人、ブツを思いだし、感謝する理由をいろいろつけて、「ありがとう」と言っているシーンを想像しているうちに、だんだん感きわまってきて(自分に酔ってくるとも言う)涙すら出てきました(汗) でも泣きたいときはいいけど、とくに泣きたくもないときは、なんかやっぱ暗い気がして、いつのまにかやらなくなりました。自己陶酔しているときの自分は、やっぱり「私」が閉じられていると思います。外を見れば、もっとカラッと明るい気分になれるのに、泣いてると、すごくじめじめと内にこもっている気がします。
  • 2006/06/07-23:52:15
  • 投稿者 : リョウコ
  • URL
  • 編集

[C2093] >巌流島・・「感謝」

「ありがとう」って難しいです・・・(汗)
瞬間的に出ることもあれば、とりあえず言っとかなきゃ(恥)って思って口にすることもあります。
「ありがとう」という言葉を運をよくする為に使ってはいないけれど、儀礼的に使ってるときって、閉じてるんだなと思いました。
言ってるときは気づかないけど、言われてるときは・・・
なんとなくわかります(滝汗)

[C2092] 本当の感謝とは何か

もりけんさんは、レスがつまらなかったらハッキリ言います(爆)。
「ありがとう」発言を推進する人は、たとえつまらなくても、そこに自分への
“おべっか”が含まれていれば「ありがとう」をしゃあしゃあと言うのだと
思います。
それが真理から遠ざかるのだと思います。
だいたいなぜ自分が存在しているのか何もわかっていないのに、
何に対して「ありがとう」と言わなければならないのでしょうか。
「ありがとう」も「バカヤロー」も価値に差は無いと思いました。
「ありがとう」も「バカヤロー」も流れのままに、ハンドルを手放した状態で
言うなら問題は無いと思いました。
意図を持って「ありがとう」を言っている時は、相手との間に壁を作っている
のだと思いました。
本当の感謝とは、言葉上の「ありがとう」を言わなくても伝える方法が他に
いくらでもあると思いました。
少しでも真理に近づく何かの考えを提供してもらう方が、私にはそれが
「ありがとう」と言われているのと同じだと思います。
  • 2006/06/07-21:51:54
  • 投稿者 : イーキン
  • URL
  • 編集

[C2091] いつ切られるのか・・・

【恐怖を消しなさい・・・】
【不安を消しなさい・・・】
などという「天使の歌声本」がよく出ているが

恐怖が無ければ
不安が無ければ
≪大冒険活劇≫は産まれない

生きていることの素晴らしさを
水面下で奪い去ってゆくのが【上位の問い】だ!

対岸にも
真実は別の姿で現れている・・・

[C2090] 感謝

先日、生まれて初めて占い師のところに行ってきました。盲師派を始める前に、一般的な四柱推命に触れておこうと思ったからです。そこで占い師が(結構美人)開口一番「あなたは感謝が足りない!」といいました。部屋に座ってすぐだったので「「この人は面相師なのか?!」とも思いましたがよくわかりません。

以前の私だったら「たしかに私はわがままだし、感謝が足りないなあ」とまじめに反省して即座に「ありがとう教」に入信したと思います。

でも「ありがとう教」は自分の運をよくすることが目的であることは、占い師の説明からも明らかでした。というか、そのために人々は占い師を頼るのでしょうから当たり前なのかもしれません。

本当に感謝しているとき、相手が両親だったりすると、「ありがとう」と言葉に出すことがなかなかできません。照れくさくて恥ずかしいのです。だからぶっきらぼうなそぶりをして「これセールだったから買ってきたから置いとくね」といって、一生懸命に選んだセーターを隅っこにおいてみたりして・・
  • 2006/06/07-21:17:22
  • 投稿者 : なみ
  • URL
  • 編集

[C2089] ありがとうの言葉

形式だけの言葉を聞いても嬉しくないです。
その手の本を読んでそんなに人間関係がよくなるのかと思いましたが
とってつけたような「ありがとう」は実行できませんでした。
 
心からの感謝の言葉はとても嬉しいです。
たとえ、言葉が無くても喜んでたり、嬉しかったら伝わってくるものがあります。
 
「ありがとう」がたくさん書かれてあっても何とも思いません。
結局、見返りがほしいを「ありがとう100回」に感じてできなかったと思います。
 
武蔵が絵を描いていたのは心で描いていたと思います。
貰った人は武蔵の心境を絵に見て感動したと思います。


[C2088]

ありがとうの波動が綺麗だと水の江本さんが、
言われました。
ありがとうおじさんも小林正観さんもいわれます。
マントラのように唱えれと。。。。
流れに乗ることが開かれるのですから。。。
流れに乗る手段の一つ何かもしれませんが。
流れの中にいるとしたら、どうなんですかね。
必要ないですね。
祈る事も。。。
  • 2006/06/07-21:06:45
  • 投稿者 : じんのり
  • URL
  • 編集

[C2087] ありがとう

正直、ありがとうの連発現象は、よくあるなあと思います。

とりあえず「ありがとう」を言っておかないといけないよなあと思ったり、言っておけばこの場がすんなりと行くからなあ・・・と思ったりします。

何もありがたくないのに、ありがとうは結構、飛び交っていると思います。

本当にありがたく思った時は、言葉で言わなくても別のカタチで気持ちを表現することもできるのではないかと思います。

普段あまりありがとうを言わない人が言ったりすると、ちょっとした感動を覚えます。

ありがとうをあまり言わない人は、行動の一つ一つに重みのようなものがあると感じます。

軽々しく、言ったり言われたりすると、オワリだ・・・と思いました。

[C2086] >くろこ

今日、「くろこ」を見ていました。そして思いました。「くろこって疲れないなあ」と。

まるでもりけんさんの文章のようです。

私ももりけんさんの文章のように常に淡々と麗しくありたいです。

投稿ボタンを押すと、今日一日の中で何かが終わります。たぶんそれは「小さな死(射精)」なのでしょう。

毎日続けていられるのは、たぶん疲れないからなのだと思います。
  • 2006/06/07-19:55:39
  • 投稿者 : ナイル
  • URL
  • 編集

[C2085] 衝動

ふと、思いました。結果的に感謝の念がお互いに交換出来る瞬間の、行為と言葉は、衝動的なものじゃないかな…って。「ありがとうの言葉」は、衝動とはまったく逆方向から来ている気がしました。感謝の念を持ちなさい、という縦の教えがマニュアル化した短い念仏みたいなものとして…
  • 2006/06/07-19:26:52
  • 投稿者 : マリ
  • URL
  • 編集

[C2084]

ここ最近です。
「ありがとうと言ったら良いですよ」って本とかに書いている人を知り、
実際に講演も聞きに行き、カウンターまで用意して「ありがとう」を言ってみました(汗)
でもしばらく続けた結果は、
なんだか自分で自分が気味が悪くなってやめちゃいましたね。
それは自分を閉じてしまったからかも。。。
  • 2006/06/07-19:21:35
  • 投稿者 : まっす~
  • URL
  • 編集

[C2083] >そのとき武蔵は、別の「流れ」に入っていた・・。あとは無意識に任せよう・・と。

この別の流れが何なのかとても気になります。

「ありがとう」に関しては、今日一日考えていたのですが、やはり「ありがとう」に貴賎はないような気がします...。お金と同じで色はついていないと思います。

しかし、「ありがとう」を言い合う関係というのは、所詮、この世の関係だと思います。武蔵は俗世と同時に、時間や空間の制約を超えた剣や道の世界に生きていました。今日の青空のような広い世界に...。

「ありがとう」の関係とは配慮しあう関係だと思います。時空が自分の皮膚のようになったら時空に対して「ありがとう」をいうことはもはやできなくなると思います。

しかし私はこの世の関係も大切にしたいので、ありがとうは今後も言うだろうと思います。
  • 2006/06/07-19:16:28
  • 投稿者 : ナイル
  • URL
  • 編集

[C2082] >巌流島・・「感謝」

自分は感謝が足りない人間かもしれない、と私は密かに恐れてました。
こんなことでは、いつか天罰が下るかも・・・それぐらい無粋で鈍感であったためか、
幸いにも、私は「ありがとう」を連発するタイプでなかったようです。
しかし、違う意味で問題がありました。 たとえば、「ありがとう」に似ていますが、
「愛してる」って言葉をなかなか言えませんでした、女性に・・・(滝汗)
気が廻らないというか、何というのか、今これを書きながら思いました。
「愛してる」と言わなさすぎる私も、実は閉じられていたのだと。

(話しがそれました)やたらと「ありがとう」を言う人は、自分のレベルを上げたいの
かもしれません。 感謝できる人は、腰が低くて立派な人に見えます。
ああ、しかしです。 これ以上書く気力がなくなってきました。
今日のテーマに関しては、「言葉で言っちゃーオシメーよぅ」(←なぜか江戸っ子)の
世界ではないでしょうか? しつこく「ありがとう」を連発するなんて・・・

(ということは、私は昔と変わらないのでしょうか? 未だに、だれかに、愛してると
 は言えないのか・・・?)

[C2081] >「感謝」

>すでに「私」が開かれている人は、「ありがとう100回」言った途端に、閉じるような気がします(笑)
このフレーズって逆「100匹の猿現象」なのかなと思いました(!?)

ありがとうと感謝するとき、一回だけ言えばそれでいいのかと思います。
それを言った時点でリセットされるからだと思います。すべてが相殺されるのだと思います。
それをくどくどしく、「ありがとう」の連発をすれば、「おれはこれだけありがとうを言っているのだから、もっと何かしてくれ!!」って意図(エゴ)になるのかと思います。
そもそも「感謝」を持って生きていくこと、きれいごとですが、これって内面的生き方のような気がします。
外側が見れないような気がします。
「感謝」の延長線が「誰かのため」「何かのため」だと思います。
こんな目的で生きているときって、何の可能性も得られないのかと思います。
私たちは時空のネットワークで決められた運命を生きています。
その運命の中で、間接的ですが、誰かや何かの力をもらったり、支えられているのだと思います。
しかもそれは誰か特別の人だけではなく、すべてのものがそうしています。
ということは、それは当たり前の世界なのだから、この仕組みを認識したときに、「感謝」を抱く瞬間ってはっきり言ってなくなるのではないかと思いました。
礼がしたいなら、「ありがとう」じゃなくてもっと他の形で礼をすればいいと思います。

[C2080] 巌流島・・「感謝」

 「ありがとう」をよく言う人います。そう言われてみれば、私はそんな人は少し苦手な所があります。
 だって、なにが「ありがとう」か分からない時があるし、私もいわなければならないのか?と思う事があるからです。
 そしてもう一つ思うのは「とりあえず、ありがとうって言っておこう。」と思っているんじゃないかと、勘ぐりたくなるからです。
 
 いままで、そんなに「ありがとう」をいわなかった人が「ありがとう」をやたら連発するようになったら、(この人、今、運悪いんだ!)と、これから思ってしまいそうです。

[C2079] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2006/06/07-18:01:23
  • 投稿者 :
  • 編集

[C2077] 巌流島・・「感謝」

 >すでに「私」が開かれている人は、「ありがとう100回」言った途端に、閉じるような気がします(笑)。
ありがとう100回ってそれを言うことによって
いいことを引き寄せる魂胆丸出しでとても上位だと思います。100回も言ってしまえば、本当の感謝じゃなくなってしまうと思います。単なる口先なだけでありがとうという言葉を言わないとってことに意識が向いていると思います。
感謝って先じゃなくあとから感じて思うものだと思いますし、言葉じゃなく行動で充分伝わると思います。
  • 2006/06/07-17:36:38
  • 投稿者 : Ciel
  • URL
  • 編集

[C2076] やりすぎコージー

さーさーきごじろうーーー笑うセールスマンタイプなのでしょうかああ接待ゴルフが、上手そうですーーーおーーほーーほーーほーー
  • 2006/06/07-17:30:29
  • 投稿者 : とんとん
  • URL
  • 編集

[C2075] ありがとう

確かに、小次郎は「ありがとう」は言わないと思います。今の境遇では、小次郎のような人には会いませんが、トンチンカンな自称小次郎タイプには出会います。もちろん、「ありがとう」は言いません。自分ができると思っているからです。閉じているヤツです。
つい、「あの人は、ありがとうとごめんなさいが言えないの?」と、間接的に問いを発してしまいます。(爆)
実際、小次郎程みんな強くありません。だから、「私」を一部開いて、一部閉じて、ある時は開いて、ある時は閉じて生きているのだと思います。
「ありがとう」と言う言葉自体にツキを呼んだり、水の結晶をきれいにしたりする力があるのでしょうか?
「ありがとう」や「ごめんなさい」を連呼されると、今度はこっちが何か下心(運良くしようとか)があるんじゃないかと閉じてしまいます。
「ありがとう」や「ごめんなさい」は、お互いが開いた時に自然に発せられる言葉なのだと思います。
すでに開かれている人は、言う必要がありません。360度周りと共生しているからです。

[C2074] なるほど。。。

>、「私」が閉じられているから、わざわざ言わないとイケナイのです。

確かにそうだと思います。間違いないですね。
ただ、大脳生理学的には、たとえ気持ちが入っていなくても「ありがとう」を発声し、連呼することによって、なぜか本当に感謝の気持ちが湧いてくる・・・というのは事実だと思います。

それは、もりけんさんを時空レベル4とした場合、その状態はレベル1の状態であることは否めないといえます。

しかし、この21世紀に入ってスピリチュアルな力を知り始めた人が増えた現在、彼らが精神レベルをひとつ上げるための「実践方法」としては、わたしは「ありがとう」の連呼は有効なメソッドだとも感じます。
あまりに、3次元の物質社会になれた人間が、やはり急に「開かれた自分」になれるわけはなく、ひとつひとつ「実践」していくことが大切だと思います。

それこそ、小次郎と武蔵の時代・・・、ビルはなく、携帯電話もなく、ストーブもなく、冷蔵庫もなく、レストランもなく、、、自然と一体化した生活を余儀なくされていた江戸初期には、口に出さずとも町民の根底には「ありがとう」があったのだろうと思われます。

なんだか、物質の繁栄と共に、人間の精神はこれからどんどん過去へ戻っていく気がします。
そして、物質社会で生きる人間が武蔵の境地に行き着く難しさも痛感しています。。。
  • 2006/06/07-16:48:57
  • 投稿者 : らーめん
  • URL
  • 編集

[C2073]

{ なぜなら、「私」が閉じられているから、わざわざ言わないとイケナイのです!}

そうですね!開かれていれば関係なしです!考えさせられました。
  • 2006/06/07-15:49:41
  • 投稿者 : じんのり
  • URL
  • 編集

[C2072] >すでに「私」が開かれている人は、「ありがとう100回」言った途端に、閉じるような気がします(笑)。

今日の記事はとっても難しく感じました。 
 
「ありがとう」が私を閉じさせてしまうのは、 
原因を特定してしまうからで、そもそも、 
口に出して言うこと自体が周囲になんらかの 
見返りを求める行為であるというのが、 
今回の記事の私の勝手な理解です。 
  
私は、幸せと感謝は不可分であると今まで考えていました。 
(もっとも、もりけんさんは幸せは前提であって目的ではないと言及されていますが、 
その「前提の幸せ」の前提が感謝と考えていたので笑) 
 
コメントされてる皆さんが今日の記事に関して 
全く抵抗なしに賛同されているのを目にし、 
皆さんと私の「レベル(笑)」の違いを実感させられました。 
今日は今までしがみついていたものをバサッと 
斬られた感覚で正直動揺を隠せません。 
なので、自分以外の全てに対しての「感謝」、なにげなく呟く「ありがとう」はこれに当らないのではないかと勝手に解釈したい気持ちです。  

そもそも「幸せ」自体、ここでは議論の対象じゃないんでしょうが、 
もし仮に「感謝」は「幸せ」の前提ではないということなら、 
きたるべき「幸せ本」の出版がいよいよ楽しみになってきました。 
 
なんか動揺していて纏まらなくなってしまいました。 
やっぱり今日の記事がよく理解できていないんでしょう。。。 
 
というわけで、なんか上位の話だけになってしまいました。(汗) 

  • 2006/06/07-15:32:54
  • 投稿者 : GRO
  • URL
  • 編集

[C2071] 「ありがとう」

う~ん。。よく考えると。。。心静かなときは。。。よく使ってますな~~。。汗汗。。360度の空間を。。ある意味封鎖的にしてしまうのが問題あり的な感じ。。あります。。心静かなとき~~。。たま~~に。。あります♪♪寝てるときもうるさいしね。。。汗汗。。。ガアア~~。。ん。。ゴオオ~~かな~~♪♪
  • 2006/06/07-15:32:23
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C2070] 「ありがとう」

意図して「ありがとう」と言うより、
金儲けのために「ありがとう」をマニュアルで決めて
義務にしている、ハンバーガーチェーンの方が
ミエミエの分、正直です(笑)。

[C2069] >巌流島・・「感謝」

最近は、封筒や宅配の箱にまで「ありがとうございます」と印刷されているものがあります。
そういうのを見ると、「ありがとう」の言葉がすごく安っぽく感じるし、この人たちは、自分が幸せになりたいから「ありがとう」と書いているだけだよなぁと思います。
「閉じている」という感じがすごくします。

[C2068] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2006/06/07-13:50:18
  • 投稿者 :
  • 編集

[C2067] >やりすぎコージー

はははは(笑)

[C2066] 用意しなくてもいいもの

ありがとうを100回言う人は、まず感謝の言葉ありきな気がします。
それを道具に懐に用意して、何かあればすぐさま取り出して相手に見せびらかせている気がします。

ありがとうはふと口を出た時が本物である気がします(本物という表現も変ですが)。用意しているなんて変です。

ありがとうを言うため・・・というのは直接的だと思います。それが目的になっているから。
感謝が伝わるのってなんか間接的だと思いました。

武蔵が描いた絵をもらって、その時気づかなくても思いに後々気づことはあると思います。

それって押し付けがましくなくて素敵だな。

[C2065] 「ありがとう」

連発する人は閉じられている・・。
言えてるかも知れません(身に覚えあり(汗))
「ありがとう」で、ちょっぴりつながれた気がしちゃってます(汗)
開いている人は、そのピンポイントでの
「ありがとう」なんて無意味なのかも知れません。
「ありがとう」の100連発・・
端からドアを閉めてるような気が・・。
・・でも「ありがとう」を待つ自分がいる~(汗)
開かれていない自分を痛感中・・・。
  • 2006/06/07-12:59:41
  • 投稿者 : まる
  • URL
  • 編集

[C2064] >「感謝」

 >武蔵に協力した人たちは、武蔵から「ありがとう」と 言われるためにしたのではないと思います。
 >例えば、ありがとうを言う代わりが、武蔵の絵でし  た。
 
 武蔵は相手の行為のお礼のつもりでやっているのではないけれど、相手にとってはお礼になる行為を自然ととっている。いいなぁとおもいました。
 でも、これって意図してやっているわけでないから、なかなかできることでないなぁとも思います。
 無為自然は、開かれた「私」(天人合一)と一体なのだなと思いますした。
 開かれた(私)であれば、無為自然であろうし無為自然をつきすすめれば、逆に天人合一につながるのかな。


 「ありがとう100回」は「閉じた私」の視点だったのだな。
 逆にそれは、「開かれた私」にはプラスの行為でないのだな。
 「私」とは何かという根源的な問題がありますが、視点によって随分変わるものだなともいます。
 上位の問いではなかなかこんなことには気づけ得ないと思います。
 自分の信じているもの、正しいと思っているものは何なんだろうと思います。

[C2063] >世の中にはやたらと「ありがとう」を言う人がいます。


嬉しかったり助かったりしたときには、口が勝手に「ありがとう」を言います(笑)
そこに意図はないです。感情が言葉に出ただけです。
 
でも「ありがとう」と言うことを意識してやっている人は、そうすることで自分も
自分の周りも良くしようという意図があるのだと思います。
これって「褒めて育てる」と似ていると思いました。
 
>なぜなら、「私」が閉じられているから、わざわざ言わないとイケナイのです。
 
あぁ…そんな感じがします。
意識して言う「ありがとう」は「私はあなたにお礼を言う」と言ってるみたいです。
私とあなたはキッチリと別れています。

[C2062]  そのとき武蔵は、別の「流れ」に入っていた・・。あとは無意識に任せよう・・と。

もりけんさんの言う未来からのメッセージを受信後に内側からそのメッセージの流れにそって。。流れの快にそうのは。。形的には同じでも~~。。無意識任せ感ありますうう~~。。
  • 2006/06/07-11:31:26
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C2061] すでに「私」が開かれている人は、「ありがとう100回」言った途端に、閉じるような気がします(笑)。

3次元で満足して終息してしまうんじゃないかとおもいます。。ある意味。。多次元にはひろがらないような気がします。。が。。
  • 2006/06/07-11:24:33
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C2060]

そうだと思います。
(・・・なんて。わかったような言い方ですが、本当にそう思う)

(短いなぁ・・・・これだけか(爆))



[C2059]

確かに…方法論の「ありがとう」「ごめん」を言われたくないと思います。私はモノじゃないから。出来ればその時「あ!」とか「え!」と思ったことの表現であって欲しい。底浅くあってほしい。
  
しかし…どうしても…ウソでもそういわれたい気持ちがあるのが不思議です。なんだかふと時間が空いたりして…一人だなと思った時…それを欲してしまう気がします。ウソでもいいから安心したい。安心とは…不安定な「個」にむかう瞬間なのかもしれないと思います。(よく向かってる…汗)
 
繋がるには…事象に…自分のすべてをゆだねないとなのかなと思います。誰のためでもなく…全く不安定な状態に…入り込むことなのかと思います。安定したものには本来繋げない気がします。付け入る隙がないというか。(汗…たとえが変かも)
そして…その姿を見て後ろに繋がる人がでてきても…振り返ってはいけないのだと思いました。誰も彼も自分のためにしか繋がれないのだと思います。私のためでは…ないのだろうと思います。だから私は振り返って「ありがとう」とは…いってはいけないのか…何かを人にもとめることになるから。人で寂しさは埋められないのだと思いました。こんなに沢山人がいるのに…誰しもホントは自分で精一杯なんだと思います。人間は全くすれ違いを生きてる気がします。(……というのはあくまで自分の気づきです。)
 
わかりません。そして「私」は前しか見られないのだと思います。ただ進むしかないのだろうかと思いました。

[C2058] さりげない

【ありがとうおじさん】のような存在は
私も興味が無い^^

また「ありがとう信仰」も同様だ^^

ただ「ありがとうというエネルギー」を送られたとき、送ったとき
私の心には花が咲く^^
これはまごうことなき事実だ

「形」はどうでもよいことだとは思うが
私は≪花のある形≫が好きだ^^
だから自分が花と思える形で≪感謝≫を渡す
自分自身が心地良いから^^

自分が≪花≫と思えたものを
同じように≪花≫と受け止めてもらえると^^嬉しい

嬉しいからまた次に繋がる
これ「人間らしさの明の一面」だと思う
「愚かなり」と思うことも^^これまた自由

ただ自分の喜びを否定して生きることは
なにを得んがために行っている行為か?私には理解できない

ただ≪恐れ無くして、喜びも無い≫と私は思っている

≪感謝の花≫も持たずに「ありがとう」の連発は
個人個人の自由だが^^私も苦手だ

≪森田健≫には≪花≫がある
枯れることのない≪花≫がある
悔しいほどに^^

      花蒔きじじい^^恋海月

[C2057] >「私」が閉じられているから、わざわざ言わないとイケナイのです

これはあくまで感ですが・・、開いている人は、直接でも間接でも、自然に自分と周りとの相互授受関係が成り立っているのではないでしょうか。あるいは、周りが自分そのものの表れなので、自分自身に感謝する必要がないのでないでしょうか。逆に閉じている人は、周りとの繋がりが無い、自分も周りにとっての環境になるけれど、周りから何も受け取ってない、また与えていない。あるいは、自分は全て自分の中にあり、周りは自分とは分離しているもの。だから、「貰う」とものすごく「貰った」感が強く感じられるのではないか、そのせいで、ありがとうの連発になってしまうのではないでしょうか・・。



閉じている人は「あげない・与えない」そして「貰えない」。いや、逆に「あげる・与える」「貰う」がハッキリした世界かもしれません。なぜなら、いつも自分の内側しか見ていないから。自分を積み上げる事しか考えていないから。そのために周りは利用するだけの存在で、全ては自分が成し遂げていくことだから。



開いている人は周りにこそ自分の問いの答えがあり、周りと自分が繋がっていて一体感があるから、「あげる」も「貰う」も無い、というか、お互い様の世界で、全てが互いに影響しあっているから、ありがとうは暗黙の大前提で改めて表出する世界ではない。(自然発生的に感謝の気持が湧き上がって、ありがとうが出る場合は除きます)。


>すでに「私」が開かれている人は、「ありがとう100回」言った途端に、閉じるような気がします
これは、自分の周りに対して「貰った・あるいはあげた」感が強くなると、自分が閉じているサインだ、ということじゃないでしょうか。

[C2056] >巌流島・・「感謝」

>ああいう人の「私」はどっちでしょうか?    私は小次郎的だと思います。  なぜなら、「私」が閉じられているから、わざわざ言わないとイケナイのです。 <そうかもしれないと思います。習慣で言う場合もあると思いますが、意識して言う場合にはそういう事があるかもと思います。
閉じられた関係同士では潤滑油になる事はあり、閉じられた関係がそれで開くという事はあるかもと思います。

[C2055] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2006/06/07-09:59:48
  • 投稿者 :
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://fushigikenkyujo.blog62.fc2.com/tb.php/63-a303e542
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

くろこ

プロフィール

森田健(もりけん)

Author:森田健(もりけん)
もりけんブログへようこそ。
楽しんでいって下さい。

■無料会報誌「不思議の友」について
森田健が実際に足で歩いて遭遇した出来事を皆さんに報告する場として「不思議の友」という無料会報誌を出版しています。
この本は、読んでいただけるだけで嬉しいです。
でも、何か意見を返してくれるともっと嬉しいです。
不思議なことに興味がある方、不思議なことを解明したい方、または新しい生き方を見つけたい方のためのものです。
最新号は常に無料でお送りしています。
新しくお申し込みの方はこちらからどうぞ


最新号「不思議の友15」が届いていない方。
以前不思議の友が何度かお手元に届いた方で、この号が届いてないという方
は、


●03-3378-9845
●平日10:00~12:00、13:00~18:00

にお電話下さい。
その際「ブログを見た」と言っていただけると嬉しいです。

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

たまちゃんカップ時計

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。