Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C2883] >だから「砂漠の人魚の像」を出したりしています(笑)

その瞬間の空気感や、風や、水の冷たさを感じました。

間・・って、虚かも。。
と私も思いました。


  • 2006/07/15-10:36:43
  • 投稿者 : あかり
  • URL
  • 編集

[C2849] ほっとします。

悪態をつかれていたころがあったというのは、ほっとします。

「間」が楽しいという言葉は、なぜか私まで楽しく思います。でも、伝えるのは難しいと思います。

写真で、「両替の自動販売機・・自動両替機」がありましたよね。コメントをしそこねたのですが、びっくりです。
どこの町だったか忘れましたが、通りにこういうのがあれば、旅行者にはとても便利です。

人魚や、砂漠の町などの写真のアップなどがそうだったのかぁ・・と。とてもうれしいです。

[C2829] >結果にこだわらなくなりました

「個」に対する捕らえ方に違いがあるのかと思いました。
何かのため(最終的には自分のため)を意識するか、「個」は流れるだけで、その意識がないかの違いなのかと思いました。
よい成果を得たいという願望は誰もが持っていることなのでしょうが、何かを望んで行動して出た結果という流れすべてが時空が生み出した結果であるのであれば、自分の尺度でこれは良かった悪かったを計る意味もなくなるということなのかと思いました。
それなら、達成することで快を得るのではなく、もりけんさんが書かれているように「間」で快を得ることが定められた運命の中で生きる楽しみ方なのかと思いました。

[C2809] >

 
私なんて心の中で悪態つくのはしょっちゅうですが、もりけんさんもそういう経験が
あったのか~と思ったら、身体の力みが少し抜けました。
 
こだわらなくなるというのは、とことんこだわってみなければ、そうはなれないかも
しれないと思いました。
 
とことんこだわって、どうにもならないと感じた途端に諦めの気持ちになって、期待
を捨ててしまった時にこだわらなくなるように思いました。
 
こだわりがなくなれば、見るもの触れるものがグンと増えそうな気がします。
 
「砂漠の人魚の像」の写真やお料理の写真などは大好きです。
さりげないエピソードもとても楽しいです。
  • 2006/07/10-10:31:23
  • 投稿者 : ぷく
  • URL
  • 編集

[C2794] 何かを成し遂げること

人生って何かを成し遂げることとずっと思っていたところがあります。
でも、何かを成し遂げるためなら成し遂げられない間はずっと人生が続かないといけないのにいつも途中下車のような感じを受けてしまいます。
そのことがいつもなぜ何だろうと思っていました。
完成させられない、結果をはっきり出せないでいることに憤りのようなものを感じていました。
一生は長くて短いです。
何かを成し遂げることに費やされることはもしかしたらとっても勿体無いことでもあるように思います。
  • 2006/07/09-19:20:27
  • 投稿者 : 小町
  • URL
  • 編集

[C2786] >結果にこだわらなくなりました。

せっかく時間とお金を使って中国まで来たのだから・・と思ってしまうと、結果を・・となってしまいそうです。
日常ではそういうことが多いです。
気合を入れたことほど期待してしまう・・。

もりけんさんは、これまでの旅でも、結果にこだわっていないようにかんじていました。
でも今回はさらにもっとそうなんだと思いました。

流れだけでなく結果も手放している旅・・
本当にすべてを手放したとき、能力者とあうときも、間も、どの瞬間もすべて対等になるのかも、と思いました。
だから、どの瞬間も肯定できて、楽しいのかと思いました。

間の報告、いつも楽しくて、拝見できてとてもうれしいです。

[C2785] という事は~~~。。

なんだか~~沖のなかにジャンプするようで~~。。無重力空間で泳いでるみたいな感じすっかねええ~~♪♪あとは泳ぎながら~~考えるみたいなああ~~え~~と~~え~~と~~♪♪~~。。
  • 2006/07/09-07:27:46
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C2784] 人は一生かけて何かを成し遂げなければならないのでしょうか?

んと。。そんなこともないと思いますがあ~~。。。最大枠にひろがったもりけんさんが、すぐにシフトにかからなかったのは。。すべての不思議を模索して。。また。。すべての枠内で。。エネルギー最大枠~~最小の抵抗値を。。模索して。。シフトに向かう瞬間をまってたようなきがしますううう。。もりけんさんの中の潜在意識がう~~ん。。瞬間をサーチして。。原因にも。。結果にもなりながら。。瞬間にシフトするのかもとも思いました。やはり~。。枠がないのに。。枠内にはいると。。もりけんさんのエネルギーが一時ダウンして。。また。。サーチしなおしたりするのかなあでっすうう。。そのままで最大枠なので。。。最初からどこにも収まりきれず単独でシフト可能だと思います。。問いの度に自分で沖しちゃったりするのかも~。。とも思いましたああ~♪♪ということは。。最大枠のもりけんさんはいつでもいけるてきですが。。男性性女性性に。。陰陽の接点や。。磁場てきなものなど。。複数が含まれてるようにも思えるので。。その場合沖しあって~~。。エネルギー最大値を模索してるようにも思えまっすうう~~♪♪。。私的にはいつも~。。最大側的感じがしてる感じでっすうう~~♪♪ははは~~。。汗汗。。
  • 2006/07/09-07:17:17
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C2783] >間

 間は物事の、息継ぎの部分だと思います。ここで吸ったり吐いたり、呼吸を整える、まさしく次の動作なり作業なりへの継続なり展開なりのノードになっているような気がしました。何もない部分で次への流れに身を任せていける楽しさがあるのかもしれないと思いました。
  • 2006/07/09-02:55:13
  • 投稿者 : yk
  • URL
  • 編集

[C2782] >結果にこだわらなくなりました

もりけんさん自身が、中国語のマスターを通して流れの中にいる場の中にいる、感覚がより鮮明になってきたような、感じを受けます。その感覚が起こりうる出来事そのものを好奇心でもって楽しんでいるような感じがします。
>人は一生かけて何かを成し遂げなければならないのでしょうか?
>そんなことはないはずです。
まさしく成し遂げる以前に、もりけんさんが、プロセスそのものを楽しんでるようで、結果そのものを手放しているのでしょう!
  • 2006/07/08-22:38:19
  • 投稿者 : じんのり
  • URL
  • 編集

[C2781] >結果にこだわらなくなりました

実は途中で出てくる料理や動物達との遭遇写真がとっても楽しいのです。
(あ゛~言っちゃった・汗)。
もりけんさんの運命をズバリと言い当てる人もスゴイですが、虎の魂が乗り移ったおじさ
んも同じくらい印象に残っています。
時空探査に「絶対これだ」は無いのであり、「間」も「結果」も等価であり、価値に差を持
っていたら、時空から見捨てられるのかもしれないと思いました。
  • 2006/07/08-22:20:48
  • 投稿者 : イーキン
  • URL
  • 編集

[C2780] 「間」

あぁ・・たしかに「間」を表現するのは難しそうだと思います。

「間」・・・それは「虚」です。

自分の考えとか仮説は「実」だと思います。
それは文章などで表現できます。

しかし、「間」というのは、いかにも表現が難しそうです。
「間」は何も主張してきません。
それは、「実」と「実」のあいだにポッカリ空いた空白のようです・・・


人生は「実」なのか・・
それとも「虚」なのか・・・

なにも成し遂げない人生は、「虚」な感じがします。

「間」を行く人生・・
神も「間」を行っているのかもしれません・・・


「間」も運命と同じで捉えどころがありません。
「間」を凝視しても、何も見えないでしょう・・。

普段、私たちの目には、物理現象なのどの「実」ばかりが飛び込んできます。

でも、一見なにもなさそうな「間」に、運命の秘密が潜んでいるのかもしれません・・。

[C2779] 結果にこだわらなくなりました

両替機とか、モニュメントとか、「間」の雰囲気が伝わります。

私も中国で両替機を使うのは勇気がいると思います。
クレームがつけられそうにないので、、、

あれはやっぱり、人魚ですか!月餅ではなく、間違いなく、貝殻ですね。

[C2777] >結果にこだわらなくなりました

今回の中国紀行がもりけんさんにとってこれまでと違うというのは、とても興味深いですが、説明しがたい心地よさというのは、なんだかいいなぁと思います。
言葉にしがたいほど、心と体が気持ちい~いと感じてらっしゃるのだと思います・・
DVD発売記念サイン会でいただいたCDのもりけんさんの声が、とっても優しくて、出だしにドキッとするのですが、以前のもりけんさんのCDの声よりうんとリラックスされているというレスもありました。
賭博師、前傾姿勢、瞬時の全方位的計画立案・・と、もりけんさんから“真剣”を教わると同時に、オールを手放してお任せ状態を楽しむ余裕についても気づかせられています。
もりけんさんは、ノイズや抵抗の発生を許す間もなく、メトロノームのように、極端な行動から行動へと即座に自然に対応できるのだと思います。
今回は、誰の紹介でどこへ出かけ、どんな人に会うのか全てがお任せ状態なので、巻き込む人もうんと増え、もりけんさんの手放し加減はこれまでの最大値なのだと思います。
ゆだねる相手が多人数となって大きいほど、こちらはちっぽけな存在となり、気分が軽やかになるのかも知れません。

何を成すでもない人生というのは、たかがセンサーと並んで、なんだか素敵な言葉です。
手放して流れるように生きるのが人生かもと思いました。

[C2776] 昔、中国紀行といえば、私自身結果にこだわっていました。

う~~ん。。。私的には。。ハンドルを手放せ~。。の3次元におりた神様的イメージの。。もりけんさんなので~~。。ぼちぼちの不思議探求で。。めちゃめちゃ~よかったでっすううう。。。|扉|*´・Д・`|┛<ヤッホ~♪♪
潜在意識の点では。。。もっと。。。微妙に。。。原因。。結果枠を。。つんつんしたほうが。。。汗汗汗。。。ははは~~♪♪
  • 2006/07/08-18:35:07
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C2775] もりけんさんは、今回の旅行は

とても眠いのではないかと思います。私は、少し言葉がわかる(?)英語圏(曝)の国に行ったりすると、数日間、現地の言葉に頭が切り替わるまで、とても眠く感じます。たぶん言葉が理解できない国にいったほうが、眠くならないと思います。
  • 2006/07/08-18:23:03
  • 投稿者 : ナイル
  • URL
  • 編集

[C2774] >間

今回の中国旅行はもりけんさんと中国がお互いに浸潤しあっているような感じがします。今回はもりけんさんが中国語を勉強してから訪中したためだと思いますが...。細胞レベルからマクロレベルまで、いろんなレベルで交流しているような気がします。

これまでの中国旅行では、もりけんさんは「何かの目的のために」中国へいく、ということだったのが、今回は、ただ中国の中に「存在している」という気がします。ただその中に存在しているだけでも、十分、情報量は多いのではないかと思いました。
  • 2006/07/08-18:15:34
  • 投稿者 : ナイル
  • URL
  • 編集

[C2773] 「砂漠の人魚の像」

な~るほど(笑)
何でしょう、それはそれでこっちも楽しいです。
一生かけて何かを成し遂げなければならない人生なんて、
真っ平御免です~。
  • 2006/07/08-17:48:31
  • 投稿者 : まる
  • URL
  • 編集

[C2770] >結果にこだわらなくなりました


以前は「中国諦め紀行」だったなと思いました。
それはレスする私たちに対して「期待するな」ということもあったかもしれませんが、もりけんさん自身がそういう名前をつけなければやってられないということもあったのかもしれないと思いました。
でも、今はそういう名前をつける必要のないくらい、結果にこだわらなくなったということなのだろうと思います。
 
「間」って大切な気がします。
鳥の声も「間」からやってくる気がするし・・
 
「間」を楽しむようになったもりけんさんの変化は、中国語の習得とも関係があるのではないかと思いました。

[C2769] >「こんな人、紹介するなよ」

などといちいち評価していたら秘境には行けないと思っていましたが、もりけんさんでも心のどこかによぎることがあったのですね。
そういえば釘や皿を食べた人や、机をみんなで回す人、偉そうに構えて当たらない人など色々ありましたね~~。
今でもはずれの場合もあるのではないかと思うけど、今回はそう感じないのだと理解しました。
何かを成し遂げなければならないとか、成長しなければならないと考えていると、期待や失望でかえって、可能性が少なくなるのだと思いました。
普段から成長を願うと思うようにかない場合自分を責め、苦しんだ挙句本来の自分からは遠くなると思います。
良心だけを認めると、誰でも持っている心の闇のような部分を排斥してしまい表面的な取り繕いで自分はもちろん他人をも容認できなくなるのかもしれないと思いました。
  • 2006/07/08-16:16:11
  • 投稿者 : 空タネ
  • URL
  • 編集

[C2768] >結果にこだわらなくなりました

>「こんな人、紹介するなよ」

ふと、逆毛が立つオババやベットの上で空中浮遊のパンツおじさんが浮かびました。(爆)

全てはデータだとしても、「私は原因」だと目的の達成度が出てきます。もりけんさんの「私は結果」が益々、深くなっているのでしょう。

>今回の中国紀行は、「間」がとても楽しいです。
紹介される能力者に会いに行く「間」、何かを成し遂げている訳ではありません。

「間」を楽しめるのは、何かを成し遂げるより、ずっと豊かな人生だと思います。

[C2767] 今回の中国紀行は、「間」がとても楽しいです。

んんん~~??また。。パワーアップしたんかなああ~。。。汗汗汗。。。めちゃ~~。。。イケイケの美人のマスターから。。。誘われてたりして~~汗汗汗。。。
師弟関係むすんで~~って。。。う~~んん。。。楽しくても~~。。。そろそろ帰ったほうがよろしゅうおすえええ~~♪♪。。。テレパシーだったりしてええ~~♪♪~。。。
  • 2006/07/08-15:38:39
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C2766] >結果にこだわらなくなりました

  
>「こんな人、紹介するなよ」
  
通常、人は行動する前には予測し、効果を期待します。
でも期待はしばしば落胆につながります。
  
これも根底のところでは、何かを成し遂げなければいけないとすり込まれているせいだと思います。
そうでないと気が済まないからだと思います。
  
でも所詮誰もが運命どおりにしか動けないのに、期待も落胆もあったもんじゃありません。
思い込みもいい加減にしてほしいです。
  
間を楽しめるというのはある意味境地であり、時空的生き方そのものだと思います。

[C2765] 結果にこだわらなくなりました

レスにも、結果を出そうとしているレスと、結果にこだわらないレスがあるのじゃないかと、思います。
でも「こだわらないレスのほうがいイイ!」などと言うツモリは、ないです。
ギリギリで本音を出していれば、どっちでもかまわないはず。しかし・・
本音というのが、そもそも、わかりません。。(汗)追いかければ、追いかけるほど、「これが本音です」などということは、言えなくなってきます。
「これが本音です」というのは「これが私の人生の目的です」と言っているのに近いと感じます。
本音などというのは、一秒ごとに変わっても仕方のないものだと思います。しかし、それでも、私は、「何か」を追いかけ続けています。
そうすると、レスは、だんだん漂ってしまいます。
結果として、結果にこだわらないレス、になります。しかし、それでも、私は「何か」を追いかけています。
「何か」というのは、「変わらないもの」のことかもしれません。
  
以上も、「どこがレスなんだ?」と言われたら、うまく説明できないのですが、レスだと思っています。
たぶん、変化・・ということについて、レスしているのだと思います。
  • 2006/07/08-14:58:14
  • 投稿者 : L.B.
  • URL
  • 編集

[C2764] 密も間もおんなじ結果。

>人は一生かけて何かを成し遂げなければならないのでしょうか?
>そんなことはないはずです。

何かを成し遂げないといけないとか、結果をださなければいけないという病気に
ぼくは、かかっているかも・・・と、思うことがあります。
会社にいても、友人や親族と一緒に居ても、そこは、当然というような当然の
了解のような場の中に、ずっといるような気がしています。

>今回の中国紀行は、「間」がとても楽しいです。
空など風景の写真、料理の写真は、そういう間にいると、もりけんさんは、外側を感じる
ことに、パーっと開いた状態になっているんだなと、思いました。
間があると、仕事をしたり、メールをしたり、ゲームをしたり、本を読んだりすることが多いです。
それも、外側を感じていることにはかわりないかもしれません。
けれど、「時間がもったいないな」と感じているかどうかが、もりけんさんとの大きな違いのように思います。
もったいない・・・とはいっても、どちらも、本当は「間」なのかもしれません。

>人は一生かけて何かを成し遂げなければならないのでしょうか?
>そんなことはないはずです。
こうだとすれば、です。

もったいないは、使命感から来ていると思います。
でも、あるひとつの使命感が原動力として、私一生続くことは、ないんじゃないかと、思いました。
使命感ですら、行動の原動力ではなく、むしろ、先に立つ行動に対する、言い訳的説明とか、つじつまあわせ
みたいなもんだと、思います。

[C2763] >結果にこだわらなくなりました


>今回の中国紀行は、「間」がとても楽しいです。<中国語で話す事が増えたことで、中国語でのやりとりを楽しんでいるのかなと思います。もりけんさんの行くとこ、どこでも楽しそうです.(笑)
>結果にこだわらなくなりました<今では結果がついてきてるからという事もあるからではないかと思いました。

[C2762]

> 今回の中国紀行は、「間」がとても楽しいです。
>しかしそれを報告するのは、大変です(笑)。
 
いつも写真や書き込みを楽しく拝見してます。飛行機の窓からとか今日のホテルとかご飯とか北京のそぞろ歩きとか裏道とか両替機壊したりとか…おぉ~とかへぇ~とか思いながら。よくはわかりませんが…もりけんさんは旅の只中(ただなか)で、真っ最中だって気がします。それにレスをかくのって…個人的には…微妙です(汗)でもいつも…見てます・読んでます♪パソ繋げてます♪って言いたくてカキコんでます。書くと文字に踊らされて余計なこと書いてしまうのですが(汗)
 
>結果にこだわらなくなりました
 
よくはわかりませんが…うらやましくもあり、嬉しくもありです。なんだか一人の人に戻って旅の空でのびの~びとしてはる気がします。天衣無縫って感じがします。今このときも楽しんではるといいなと思うし、たぶんそうなのだろうと思うと、なんだか繋がってる空を見上げたくなります。自分もそんな気持ちになりたいなと…思います。
あ、でもなんか想像を書きつらねた気がする(笑)…でも、そう思っていたのです。

[C2761] >結果にこだわらなくなりました

私は、フシケンのHPに書き込みをするようになってから
またブログに書き込みをするようになってから・・
たまに「なんでこんなことしてるのかな・・?」と思うときがあります。
フシケンのHPは「時空探求」のテーマがあります。だから・・
書き込みも、メインの「問い」に対する、私の「仮説・・(汗)(感想)」
です。
でも、そもそも書き込みをするようになったのはもりけんさんの本で
書かれていることに共感(?)し「おんなじものを見たい」そう思って
でも・・その前に、もりけんさんが「大好き」なんです(笑)
だからHP上で、何が起ころうと、前の意見と逆をいったとしても
何かでプンプン(誰かを斬る)していて、私が怒られたような気持ちに
なって(汗)勝手に悲しくなったとしても・・何でもいいんです。
ただ今日も「もりけんさんだ~!!」と嬉しくなっちゃうだけです。
笑顔がいっぱいあれば、私も笑っちゃうし、おせんべいを食べてたら
おせんべいが食べたくなったり・・。
でも、書き込みするヒトはみんな、こんな気持ちに近いような気がするん
です(ワカリマセンけど)
そうだ「手放しでスキ」なんです・・!
何してんの~(爆)と思うようなことも、ぶっちゃけちゃうもりけんさんが
可愛くって仕方ないのです(・・失礼かな?)
私と年齢だってすごい違うけれど、私はHPに書き込みしている時
少年だったり、女の子だったり、おばちゃんになったり、母親のような
気持ちになったり、色々なれて楽しいのです。
「こうじゃなくちゃイケない・・」だったら、たぶんついてゆけません。
でも一緒に「時空」の旅がしたいから、そして何だかわからないけれど
形はどうあれ、こうして出会っていることが、ただ嬉しくて・・先のこと
など考える余裕はないのかもしれません。
でも今回の「中国紀行」を拝見していて、私も飛行機ギライより
「旅にゆきたい」気持ちの方が強くなりました。報告を聞いているだけ
なのに・・「砂漠」もいいなあ、とか。ちょっと前だったら、そんなとこ
ムリだよ~・・と行きたいとも思っていなかった、と思います笑)
それから、砂漠の中の人魚の像を見て・・
「人魚姫(爆)」のお話って悲しいのですが、こうして砂漠にあると
乾いた土地を潤す、水の女神になっていて・・場所や時を変えると、すごく輝いた感じになるわけです(笑)人魚がニンゲンになりたい・・と足を
つける変わりに声を失っても、王子様は気づくこともなく振り向いても
くれなかったけれど・・
砂漠に行けば、モテモテだ(爆)
ほんとに「今」とか「今日」とかそれすら疑わしいくらいに
考えることはどんどん変わっていって・・目の前にこれから訪れようと
している「今」だって何が来るか予測つかないです。
でもできるだけ「今を伝えたい」そう思います。今感じていること
明日は違うかもしれないけれど、そんなに変わらなくって結局ずっと
おなじことを考えてそうな気がするけれど、それでもいいから伝えたい・・そう思っています(なんの話だったっけ・・)






[C2760]

>人は一生かけて何かを成し遂げなければならないのでしょうか?
 そんなことはないはずです

 なんだかホッとしました。こころのどこかで生れてきたからには何か意義があるのか。
しなくていけない何かをしらずにこのままでいいのかと葛藤することが多かったです。
 思考という人間に与えられたモノがある限り「生きる」ってむずかしく考えがちです。
 
>自分でもひとつの変化だと思っています。

 言葉を話せるようになったのでより中国のかたたちとの共振ができてるのでしょうか・・・・
 なんか、いっそうやわらかいイメージです。。。。

>今回の中国紀行は、「間」がとても楽しいです
 
楽しそうなのが伝わってきて読んでてたのしいです。♪



[C2759] >結果にこだわらなくなりました

何かを成し遂げようとするのは「策」にたよるイメージがします。
そして「策」には限界があると思います。

>今回の中国紀行は、「間」がとても楽しいです。
 しかしそれを報告するのは、大変です(笑)。

「間」は「無策」に通じると思いました。
「無策」は、どうにもこうにも報告しようのないことと思います(汗)。
「無策」は全方位視点が全開している中での「出たとこ勝負」なのだと思いました。

[C2758] >結果にこだわらなくなりました。

>人は一生かけて何かを成し遂げなければならないのでしょうか?
>そんなことはないはずです。

よくよく考えると世間で言われていることには強制力がありません。あるのは常識という場だと思います。
達成する人生を生きようとか成功がすばらしいとあります。それはそれで否定しません。
しかし、今は確かに達成しなくてもいいと思いますし、成功しなくてもいいと思います。

下位の問いに触れると何が達成で成功なのか分からなくなります。自分さえ何なのか探っている途中なのでより分からないと思います。

>今回の中国紀行は、「間」がとても楽しいです。
出発地という点と目的地という点を結ぶ「間」。
道教の車輪と軸の話を思い出しました。
車輪の真ん中に空洞がなければ軸を通せないし、車が動かない。

間というのはなんだか今この瞬間のささやかだけど、ありありとした「生」という感覚がします。

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://fushigikenkyujo.blog62.fc2.com/tb.php/83-a026ccd0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

結果にこだわらなくなりました

 昔、中国紀行と言えば、私自身が結果にこだわっていました。
 紹介者がたいした人を紹介しないと、心のどこかで
 
「こんな人、紹介するなよ」
 
 と思っていました(笑)。
 しかし今回は、まったくそれがありません。
 自分でもひとつの変化だと思っています。
 
 人は一生かけて何かを成し遂げなければならないのでしょうか?
 そんなことはないはずです。
 
 今回の中国紀行は、「間」がとても楽しいです。
 しかしそれを報告するのは、大変です(笑)。
 
 だから「砂漠の人魚の像」を出したりしています(笑)
スポンサーサイト

31件のコメント

[C2883] >だから「砂漠の人魚の像」を出したりしています(笑)

その瞬間の空気感や、風や、水の冷たさを感じました。

間・・って、虚かも。。
と私も思いました。


  • 2006/07/15-10:36:43
  • 投稿者 : あかり
  • URL
  • 編集

[C2849] ほっとします。

悪態をつかれていたころがあったというのは、ほっとします。

「間」が楽しいという言葉は、なぜか私まで楽しく思います。でも、伝えるのは難しいと思います。

写真で、「両替の自動販売機・・自動両替機」がありましたよね。コメントをしそこねたのですが、びっくりです。
どこの町だったか忘れましたが、通りにこういうのがあれば、旅行者にはとても便利です。

人魚や、砂漠の町などの写真のアップなどがそうだったのかぁ・・と。とてもうれしいです。

[C2829] >結果にこだわらなくなりました

「個」に対する捕らえ方に違いがあるのかと思いました。
何かのため(最終的には自分のため)を意識するか、「個」は流れるだけで、その意識がないかの違いなのかと思いました。
よい成果を得たいという願望は誰もが持っていることなのでしょうが、何かを望んで行動して出た結果という流れすべてが時空が生み出した結果であるのであれば、自分の尺度でこれは良かった悪かったを計る意味もなくなるということなのかと思いました。
それなら、達成することで快を得るのではなく、もりけんさんが書かれているように「間」で快を得ることが定められた運命の中で生きる楽しみ方なのかと思いました。

[C2809] >

 
私なんて心の中で悪態つくのはしょっちゅうですが、もりけんさんもそういう経験が
あったのか~と思ったら、身体の力みが少し抜けました。
 
こだわらなくなるというのは、とことんこだわってみなければ、そうはなれないかも
しれないと思いました。
 
とことんこだわって、どうにもならないと感じた途端に諦めの気持ちになって、期待
を捨ててしまった時にこだわらなくなるように思いました。
 
こだわりがなくなれば、見るもの触れるものがグンと増えそうな気がします。
 
「砂漠の人魚の像」の写真やお料理の写真などは大好きです。
さりげないエピソードもとても楽しいです。
  • 2006/07/10-10:31:23
  • 投稿者 : ぷく
  • URL
  • 編集

[C2794] 何かを成し遂げること

人生って何かを成し遂げることとずっと思っていたところがあります。
でも、何かを成し遂げるためなら成し遂げられない間はずっと人生が続かないといけないのにいつも途中下車のような感じを受けてしまいます。
そのことがいつもなぜ何だろうと思っていました。
完成させられない、結果をはっきり出せないでいることに憤りのようなものを感じていました。
一生は長くて短いです。
何かを成し遂げることに費やされることはもしかしたらとっても勿体無いことでもあるように思います。
  • 2006/07/09-19:20:27
  • 投稿者 : 小町
  • URL
  • 編集

[C2786] >結果にこだわらなくなりました。

せっかく時間とお金を使って中国まで来たのだから・・と思ってしまうと、結果を・・となってしまいそうです。
日常ではそういうことが多いです。
気合を入れたことほど期待してしまう・・。

もりけんさんは、これまでの旅でも、結果にこだわっていないようにかんじていました。
でも今回はさらにもっとそうなんだと思いました。

流れだけでなく結果も手放している旅・・
本当にすべてを手放したとき、能力者とあうときも、間も、どの瞬間もすべて対等になるのかも、と思いました。
だから、どの瞬間も肯定できて、楽しいのかと思いました。

間の報告、いつも楽しくて、拝見できてとてもうれしいです。

[C2785] という事は~~~。。

なんだか~~沖のなかにジャンプするようで~~。。無重力空間で泳いでるみたいな感じすっかねええ~~♪♪あとは泳ぎながら~~考えるみたいなああ~~え~~と~~え~~と~~♪♪~~。。
  • 2006/07/09-07:27:46
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C2784] 人は一生かけて何かを成し遂げなければならないのでしょうか?

んと。。そんなこともないと思いますがあ~~。。。最大枠にひろがったもりけんさんが、すぐにシフトにかからなかったのは。。すべての不思議を模索して。。また。。すべての枠内で。。エネルギー最大枠~~最小の抵抗値を。。模索して。。シフトに向かう瞬間をまってたようなきがしますううう。。もりけんさんの中の潜在意識がう~~ん。。瞬間をサーチして。。原因にも。。結果にもなりながら。。瞬間にシフトするのかもとも思いました。やはり~。。枠がないのに。。枠内にはいると。。もりけんさんのエネルギーが一時ダウンして。。また。。サーチしなおしたりするのかなあでっすうう。。そのままで最大枠なので。。。最初からどこにも収まりきれず単独でシフト可能だと思います。。問いの度に自分で沖しちゃったりするのかも~。。とも思いましたああ~♪♪ということは。。最大枠のもりけんさんはいつでもいけるてきですが。。男性性女性性に。。陰陽の接点や。。磁場てきなものなど。。複数が含まれてるようにも思えるので。。その場合沖しあって~~。。エネルギー最大値を模索してるようにも思えまっすうう~~♪♪。。私的にはいつも~。。最大側的感じがしてる感じでっすうう~~♪♪ははは~~。。汗汗。。
  • 2006/07/09-07:17:17
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C2783] >間

 間は物事の、息継ぎの部分だと思います。ここで吸ったり吐いたり、呼吸を整える、まさしく次の動作なり作業なりへの継続なり展開なりのノードになっているような気がしました。何もない部分で次への流れに身を任せていける楽しさがあるのかもしれないと思いました。
  • 2006/07/09-02:55:13
  • 投稿者 : yk
  • URL
  • 編集

[C2782] >結果にこだわらなくなりました

もりけんさん自身が、中国語のマスターを通して流れの中にいる場の中にいる、感覚がより鮮明になってきたような、感じを受けます。その感覚が起こりうる出来事そのものを好奇心でもって楽しんでいるような感じがします。
>人は一生かけて何かを成し遂げなければならないのでしょうか?
>そんなことはないはずです。
まさしく成し遂げる以前に、もりけんさんが、プロセスそのものを楽しんでるようで、結果そのものを手放しているのでしょう!
  • 2006/07/08-22:38:19
  • 投稿者 : じんのり
  • URL
  • 編集

[C2781] >結果にこだわらなくなりました

実は途中で出てくる料理や動物達との遭遇写真がとっても楽しいのです。
(あ゛~言っちゃった・汗)。
もりけんさんの運命をズバリと言い当てる人もスゴイですが、虎の魂が乗り移ったおじさ
んも同じくらい印象に残っています。
時空探査に「絶対これだ」は無いのであり、「間」も「結果」も等価であり、価値に差を持
っていたら、時空から見捨てられるのかもしれないと思いました。
  • 2006/07/08-22:20:48
  • 投稿者 : イーキン
  • URL
  • 編集

[C2780] 「間」

あぁ・・たしかに「間」を表現するのは難しそうだと思います。

「間」・・・それは「虚」です。

自分の考えとか仮説は「実」だと思います。
それは文章などで表現できます。

しかし、「間」というのは、いかにも表現が難しそうです。
「間」は何も主張してきません。
それは、「実」と「実」のあいだにポッカリ空いた空白のようです・・・


人生は「実」なのか・・
それとも「虚」なのか・・・

なにも成し遂げない人生は、「虚」な感じがします。

「間」を行く人生・・
神も「間」を行っているのかもしれません・・・


「間」も運命と同じで捉えどころがありません。
「間」を凝視しても、何も見えないでしょう・・。

普段、私たちの目には、物理現象なのどの「実」ばかりが飛び込んできます。

でも、一見なにもなさそうな「間」に、運命の秘密が潜んでいるのかもしれません・・。

[C2779] 結果にこだわらなくなりました

両替機とか、モニュメントとか、「間」の雰囲気が伝わります。

私も中国で両替機を使うのは勇気がいると思います。
クレームがつけられそうにないので、、、

あれはやっぱり、人魚ですか!月餅ではなく、間違いなく、貝殻ですね。

[C2777] >結果にこだわらなくなりました

今回の中国紀行がもりけんさんにとってこれまでと違うというのは、とても興味深いですが、説明しがたい心地よさというのは、なんだかいいなぁと思います。
言葉にしがたいほど、心と体が気持ちい~いと感じてらっしゃるのだと思います・・
DVD発売記念サイン会でいただいたCDのもりけんさんの声が、とっても優しくて、出だしにドキッとするのですが、以前のもりけんさんのCDの声よりうんとリラックスされているというレスもありました。
賭博師、前傾姿勢、瞬時の全方位的計画立案・・と、もりけんさんから“真剣”を教わると同時に、オールを手放してお任せ状態を楽しむ余裕についても気づかせられています。
もりけんさんは、ノイズや抵抗の発生を許す間もなく、メトロノームのように、極端な行動から行動へと即座に自然に対応できるのだと思います。
今回は、誰の紹介でどこへ出かけ、どんな人に会うのか全てがお任せ状態なので、巻き込む人もうんと増え、もりけんさんの手放し加減はこれまでの最大値なのだと思います。
ゆだねる相手が多人数となって大きいほど、こちらはちっぽけな存在となり、気分が軽やかになるのかも知れません。

何を成すでもない人生というのは、たかがセンサーと並んで、なんだか素敵な言葉です。
手放して流れるように生きるのが人生かもと思いました。

[C2776] 昔、中国紀行といえば、私自身結果にこだわっていました。

う~~ん。。。私的には。。ハンドルを手放せ~。。の3次元におりた神様的イメージの。。もりけんさんなので~~。。ぼちぼちの不思議探求で。。めちゃめちゃ~よかったでっすううう。。。|扉|*´・Д・`|┛<ヤッホ~♪♪
潜在意識の点では。。。もっと。。。微妙に。。。原因。。結果枠を。。つんつんしたほうが。。。汗汗汗。。。ははは~~♪♪
  • 2006/07/08-18:35:07
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C2775] もりけんさんは、今回の旅行は

とても眠いのではないかと思います。私は、少し言葉がわかる(?)英語圏(曝)の国に行ったりすると、数日間、現地の言葉に頭が切り替わるまで、とても眠く感じます。たぶん言葉が理解できない国にいったほうが、眠くならないと思います。
  • 2006/07/08-18:23:03
  • 投稿者 : ナイル
  • URL
  • 編集

[C2774] >間

今回の中国旅行はもりけんさんと中国がお互いに浸潤しあっているような感じがします。今回はもりけんさんが中国語を勉強してから訪中したためだと思いますが...。細胞レベルからマクロレベルまで、いろんなレベルで交流しているような気がします。

これまでの中国旅行では、もりけんさんは「何かの目的のために」中国へいく、ということだったのが、今回は、ただ中国の中に「存在している」という気がします。ただその中に存在しているだけでも、十分、情報量は多いのではないかと思いました。
  • 2006/07/08-18:15:34
  • 投稿者 : ナイル
  • URL
  • 編集

[C2773] 「砂漠の人魚の像」

な~るほど(笑)
何でしょう、それはそれでこっちも楽しいです。
一生かけて何かを成し遂げなければならない人生なんて、
真っ平御免です~。
  • 2006/07/08-17:48:31
  • 投稿者 : まる
  • URL
  • 編集

[C2770] >結果にこだわらなくなりました


以前は「中国諦め紀行」だったなと思いました。
それはレスする私たちに対して「期待するな」ということもあったかもしれませんが、もりけんさん自身がそういう名前をつけなければやってられないということもあったのかもしれないと思いました。
でも、今はそういう名前をつける必要のないくらい、結果にこだわらなくなったということなのだろうと思います。
 
「間」って大切な気がします。
鳥の声も「間」からやってくる気がするし・・
 
「間」を楽しむようになったもりけんさんの変化は、中国語の習得とも関係があるのではないかと思いました。

[C2769] >「こんな人、紹介するなよ」

などといちいち評価していたら秘境には行けないと思っていましたが、もりけんさんでも心のどこかによぎることがあったのですね。
そういえば釘や皿を食べた人や、机をみんなで回す人、偉そうに構えて当たらない人など色々ありましたね~~。
今でもはずれの場合もあるのではないかと思うけど、今回はそう感じないのだと理解しました。
何かを成し遂げなければならないとか、成長しなければならないと考えていると、期待や失望でかえって、可能性が少なくなるのだと思いました。
普段から成長を願うと思うようにかない場合自分を責め、苦しんだ挙句本来の自分からは遠くなると思います。
良心だけを認めると、誰でも持っている心の闇のような部分を排斥してしまい表面的な取り繕いで自分はもちろん他人をも容認できなくなるのかもしれないと思いました。
  • 2006/07/08-16:16:11
  • 投稿者 : 空タネ
  • URL
  • 編集

[C2768] >結果にこだわらなくなりました

>「こんな人、紹介するなよ」

ふと、逆毛が立つオババやベットの上で空中浮遊のパンツおじさんが浮かびました。(爆)

全てはデータだとしても、「私は原因」だと目的の達成度が出てきます。もりけんさんの「私は結果」が益々、深くなっているのでしょう。

>今回の中国紀行は、「間」がとても楽しいです。
紹介される能力者に会いに行く「間」、何かを成し遂げている訳ではありません。

「間」を楽しめるのは、何かを成し遂げるより、ずっと豊かな人生だと思います。

[C2767] 今回の中国紀行は、「間」がとても楽しいです。

んんん~~??また。。パワーアップしたんかなああ~。。。汗汗汗。。。めちゃ~~。。。イケイケの美人のマスターから。。。誘われてたりして~~汗汗汗。。。
師弟関係むすんで~~って。。。う~~んん。。。楽しくても~~。。。そろそろ帰ったほうがよろしゅうおすえええ~~♪♪。。。テレパシーだったりしてええ~~♪♪~。。。
  • 2006/07/08-15:38:39
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C2766] >結果にこだわらなくなりました

  
>「こんな人、紹介するなよ」
  
通常、人は行動する前には予測し、効果を期待します。
でも期待はしばしば落胆につながります。
  
これも根底のところでは、何かを成し遂げなければいけないとすり込まれているせいだと思います。
そうでないと気が済まないからだと思います。
  
でも所詮誰もが運命どおりにしか動けないのに、期待も落胆もあったもんじゃありません。
思い込みもいい加減にしてほしいです。
  
間を楽しめるというのはある意味境地であり、時空的生き方そのものだと思います。

[C2765] 結果にこだわらなくなりました

レスにも、結果を出そうとしているレスと、結果にこだわらないレスがあるのじゃないかと、思います。
でも「こだわらないレスのほうがいイイ!」などと言うツモリは、ないです。
ギリギリで本音を出していれば、どっちでもかまわないはず。しかし・・
本音というのが、そもそも、わかりません。。(汗)追いかければ、追いかけるほど、「これが本音です」などということは、言えなくなってきます。
「これが本音です」というのは「これが私の人生の目的です」と言っているのに近いと感じます。
本音などというのは、一秒ごとに変わっても仕方のないものだと思います。しかし、それでも、私は、「何か」を追いかけ続けています。
そうすると、レスは、だんだん漂ってしまいます。
結果として、結果にこだわらないレス、になります。しかし、それでも、私は「何か」を追いかけています。
「何か」というのは、「変わらないもの」のことかもしれません。
  
以上も、「どこがレスなんだ?」と言われたら、うまく説明できないのですが、レスだと思っています。
たぶん、変化・・ということについて、レスしているのだと思います。
  • 2006/07/08-14:58:14
  • 投稿者 : L.B.
  • URL
  • 編集

[C2764] 密も間もおんなじ結果。

>人は一生かけて何かを成し遂げなければならないのでしょうか?
>そんなことはないはずです。

何かを成し遂げないといけないとか、結果をださなければいけないという病気に
ぼくは、かかっているかも・・・と、思うことがあります。
会社にいても、友人や親族と一緒に居ても、そこは、当然というような当然の
了解のような場の中に、ずっといるような気がしています。

>今回の中国紀行は、「間」がとても楽しいです。
空など風景の写真、料理の写真は、そういう間にいると、もりけんさんは、外側を感じる
ことに、パーっと開いた状態になっているんだなと、思いました。
間があると、仕事をしたり、メールをしたり、ゲームをしたり、本を読んだりすることが多いです。
それも、外側を感じていることにはかわりないかもしれません。
けれど、「時間がもったいないな」と感じているかどうかが、もりけんさんとの大きな違いのように思います。
もったいない・・・とはいっても、どちらも、本当は「間」なのかもしれません。

>人は一生かけて何かを成し遂げなければならないのでしょうか?
>そんなことはないはずです。
こうだとすれば、です。

もったいないは、使命感から来ていると思います。
でも、あるひとつの使命感が原動力として、私一生続くことは、ないんじゃないかと、思いました。
使命感ですら、行動の原動力ではなく、むしろ、先に立つ行動に対する、言い訳的説明とか、つじつまあわせ
みたいなもんだと、思います。

[C2763] >結果にこだわらなくなりました


>今回の中国紀行は、「間」がとても楽しいです。<中国語で話す事が増えたことで、中国語でのやりとりを楽しんでいるのかなと思います。もりけんさんの行くとこ、どこでも楽しそうです.(笑)
>結果にこだわらなくなりました<今では結果がついてきてるからという事もあるからではないかと思いました。

[C2762]

> 今回の中国紀行は、「間」がとても楽しいです。
>しかしそれを報告するのは、大変です(笑)。
 
いつも写真や書き込みを楽しく拝見してます。飛行機の窓からとか今日のホテルとかご飯とか北京のそぞろ歩きとか裏道とか両替機壊したりとか…おぉ~とかへぇ~とか思いながら。よくはわかりませんが…もりけんさんは旅の只中(ただなか)で、真っ最中だって気がします。それにレスをかくのって…個人的には…微妙です(汗)でもいつも…見てます・読んでます♪パソ繋げてます♪って言いたくてカキコんでます。書くと文字に踊らされて余計なこと書いてしまうのですが(汗)
 
>結果にこだわらなくなりました
 
よくはわかりませんが…うらやましくもあり、嬉しくもありです。なんだか一人の人に戻って旅の空でのびの~びとしてはる気がします。天衣無縫って感じがします。今このときも楽しんではるといいなと思うし、たぶんそうなのだろうと思うと、なんだか繋がってる空を見上げたくなります。自分もそんな気持ちになりたいなと…思います。
あ、でもなんか想像を書きつらねた気がする(笑)…でも、そう思っていたのです。

[C2761] >結果にこだわらなくなりました

私は、フシケンのHPに書き込みをするようになってから
またブログに書き込みをするようになってから・・
たまに「なんでこんなことしてるのかな・・?」と思うときがあります。
フシケンのHPは「時空探求」のテーマがあります。だから・・
書き込みも、メインの「問い」に対する、私の「仮説・・(汗)(感想)」
です。
でも、そもそも書き込みをするようになったのはもりけんさんの本で
書かれていることに共感(?)し「おんなじものを見たい」そう思って
でも・・その前に、もりけんさんが「大好き」なんです(笑)
だからHP上で、何が起ころうと、前の意見と逆をいったとしても
何かでプンプン(誰かを斬る)していて、私が怒られたような気持ちに
なって(汗)勝手に悲しくなったとしても・・何でもいいんです。
ただ今日も「もりけんさんだ~!!」と嬉しくなっちゃうだけです。
笑顔がいっぱいあれば、私も笑っちゃうし、おせんべいを食べてたら
おせんべいが食べたくなったり・・。
でも、書き込みするヒトはみんな、こんな気持ちに近いような気がするん
です(ワカリマセンけど)
そうだ「手放しでスキ」なんです・・!
何してんの~(爆)と思うようなことも、ぶっちゃけちゃうもりけんさんが
可愛くって仕方ないのです(・・失礼かな?)
私と年齢だってすごい違うけれど、私はHPに書き込みしている時
少年だったり、女の子だったり、おばちゃんになったり、母親のような
気持ちになったり、色々なれて楽しいのです。
「こうじゃなくちゃイケない・・」だったら、たぶんついてゆけません。
でも一緒に「時空」の旅がしたいから、そして何だかわからないけれど
形はどうあれ、こうして出会っていることが、ただ嬉しくて・・先のこと
など考える余裕はないのかもしれません。
でも今回の「中国紀行」を拝見していて、私も飛行機ギライより
「旅にゆきたい」気持ちの方が強くなりました。報告を聞いているだけ
なのに・・「砂漠」もいいなあ、とか。ちょっと前だったら、そんなとこ
ムリだよ~・・と行きたいとも思っていなかった、と思います笑)
それから、砂漠の中の人魚の像を見て・・
「人魚姫(爆)」のお話って悲しいのですが、こうして砂漠にあると
乾いた土地を潤す、水の女神になっていて・・場所や時を変えると、すごく輝いた感じになるわけです(笑)人魚がニンゲンになりたい・・と足を
つける変わりに声を失っても、王子様は気づくこともなく振り向いても
くれなかったけれど・・
砂漠に行けば、モテモテだ(爆)
ほんとに「今」とか「今日」とかそれすら疑わしいくらいに
考えることはどんどん変わっていって・・目の前にこれから訪れようと
している「今」だって何が来るか予測つかないです。
でもできるだけ「今を伝えたい」そう思います。今感じていること
明日は違うかもしれないけれど、そんなに変わらなくって結局ずっと
おなじことを考えてそうな気がするけれど、それでもいいから伝えたい・・そう思っています(なんの話だったっけ・・)






[C2760]

>人は一生かけて何かを成し遂げなければならないのでしょうか?
 そんなことはないはずです

 なんだかホッとしました。こころのどこかで生れてきたからには何か意義があるのか。
しなくていけない何かをしらずにこのままでいいのかと葛藤することが多かったです。
 思考という人間に与えられたモノがある限り「生きる」ってむずかしく考えがちです。
 
>自分でもひとつの変化だと思っています。

 言葉を話せるようになったのでより中国のかたたちとの共振ができてるのでしょうか・・・・
 なんか、いっそうやわらかいイメージです。。。。

>今回の中国紀行は、「間」がとても楽しいです
 
楽しそうなのが伝わってきて読んでてたのしいです。♪



[C2759] >結果にこだわらなくなりました

何かを成し遂げようとするのは「策」にたよるイメージがします。
そして「策」には限界があると思います。

>今回の中国紀行は、「間」がとても楽しいです。
 しかしそれを報告するのは、大変です(笑)。

「間」は「無策」に通じると思いました。
「無策」は、どうにもこうにも報告しようのないことと思います(汗)。
「無策」は全方位視点が全開している中での「出たとこ勝負」なのだと思いました。

[C2758] >結果にこだわらなくなりました。

>人は一生かけて何かを成し遂げなければならないのでしょうか?
>そんなことはないはずです。

よくよく考えると世間で言われていることには強制力がありません。あるのは常識という場だと思います。
達成する人生を生きようとか成功がすばらしいとあります。それはそれで否定しません。
しかし、今は確かに達成しなくてもいいと思いますし、成功しなくてもいいと思います。

下位の問いに触れると何が達成で成功なのか分からなくなります。自分さえ何なのか探っている途中なのでより分からないと思います。

>今回の中国紀行は、「間」がとても楽しいです。
出発地という点と目的地という点を結ぶ「間」。
道教の車輪と軸の話を思い出しました。
車輪の真ん中に空洞がなければ軸を通せないし、車が動かない。

間というのはなんだか今この瞬間のささやかだけど、ありありとした「生」という感覚がします。

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://fushigikenkyujo.blog62.fc2.com/tb.php/83-a026ccd0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

くろこ

プロフィール

森田健(もりけん)

Author:森田健(もりけん)
もりけんブログへようこそ。
楽しんでいって下さい。

■無料会報誌「不思議の友」について
森田健が実際に足で歩いて遭遇した出来事を皆さんに報告する場として「不思議の友」という無料会報誌を出版しています。
この本は、読んでいただけるだけで嬉しいです。
でも、何か意見を返してくれるともっと嬉しいです。
不思議なことに興味がある方、不思議なことを解明したい方、または新しい生き方を見つけたい方のためのものです。
最新号は常に無料でお送りしています。
新しくお申し込みの方はこちらからどうぞ


最新号「不思議の友15」が届いていない方。
以前不思議の友が何度かお手元に届いた方で、この号が届いてないという方
は、


●03-3378-9845
●平日10:00~12:00、13:00~18:00

にお電話下さい。
その際「ブログを見た」と言っていただけると嬉しいです。

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

たまちゃんカップ時計

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。