Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C3196] 文字と生放送の違い・・

見られているという緊張感かなと思いました。
特に女装をしてなら、なおさらのような気がします。

  • 2006/08/01-17:56:25
  • 投稿者 : まる
  • URL
  • 編集

[C3160] 生放送

 生放送はまず、皆が同じ時間にパソコンの前にいて、同じ場を共有しています。さらに、パソコンなので、双方向に情報のやりとりが出来ます。
 
 遠くにいるはずなのに、テレビ的スターでもないのに、生の声、生の姿が見られるのは、やはり、すごい事なんだと思います。
 
 昔、テレビが始まったばかりの頃、活字の世界から映像の世界に飛び出したとき、目だけから入ってきた情報が目と耳と動画まで加わったのだから、すごい衝撃で、テレビに映った人に親近感を持ったと思います。
 
 生放送はそれに近いものがあるのではないかと思います。いつもなら、好きな時間に画面から読むという情報量ですが、目と耳と今回はテレビよりもすごい、双方向でやりとりまで出来るなら、親近感もさることながら、お互いがもつ気持ちまさしく「つながる」だと思いました。
 
 「つながる」感いつもより大きく感じるのが生放送と文字情報の違いなのではないかと思います。

[C3152] >生放送

ラジオだと相手の声と息遣いが伝わります。
テレビやブロードバンドの画像だと色や動きまでが伝わります。
眼の動き、体の姿勢、服装、周りの環境・・・

考えてみれば、生放送を見ている「私」に働きかける外側が様々な方面から迫ってきます。
わたしの外側にある場の感じ方が格段に変わるような気がしました。

そしてそれを感じて返す時、送信側のもりけんさんの場も変わるのだと思います。

攻められ方がより全方位的になるように思いました。

[C3128] >しかし私の口から直接喋るのは、別だと思います。

1990年、日本とは8時間の時差があるドイツで、東独政府が崩壊して東西ドイツが統一する瞬間が日本時間の午前8時にありました。その生中継をNHKのニュースでやっていたのですが、「もう今日、学校は遅刻しよう。」という判断をして8時半近くまでテレビを見ていました。その生中継を録画して学校に行っても別に構わないし、夜のニュースでもやるので遅刻しないよう学校に行っても良かったのですが、統一の瞬間ももりけんさん生放送のようにリアルタイムで見るのが良かったのだと思います。中国紀行を終えられたばかりのもりけんさんのチャイナ服姿をリアルタイムでパソコンの場面に写され、声が直接聞ける、それでもりけんさんと時間を共有している感覚を味わえてそれが良いのだと思いました。自分は生放送は見れませんでしたが、もし見ていれば再放送で見るのとは違った臨場感を味わえたと思います。
  • 2006/07/27-20:26:19
  • 投稿者 : おかだ
  • URL
  • 編集

[C3117] もりけんさんのしゃべってる姿が見える。

あたりまえですが、もりけんさんが見える、しゃべってるということがいいのだと思います。

楽しそうに笑顔で話してる姿だけで、見てるこっちもうれしくなるのです。

今回、生では二つとも見れなかったのですが再放送でも充分伝わります。なにが違うと問われても、これが、というふうには言えませんが、見て初めてわかることがあるからだと思います。
あのすごい急な階段を見て、ロボット歩きの謎がとけましたし。

[C3111] 中国から生放送~~。。。

シェーシェーヾ(@⌒▽⌒@)ノワーイ!
  • 2006/07/27-01:22:33
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C3110] なぜ。。生放送をするのか。。。

ごかいを。。とくためかとおもいましたああ。。。ごかいと。。ごかいがとけて。。。じゅっかいがああ。。。とけたああ~~♪♪。。なんちて。。飛んでった腰痛。。あっ。15万円はらったからかなああ~~♪♪
  • 2006/07/26-22:43:20
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C3108] >なぜ「生放送」をするのか?

私は、朝の「キャベツ食べてます」だけでも、ああ・・もりけんさんも今パソコン見てるんだ~そしてキャベツ食べてるんだ~と思うだけでも、なんだかうれしくて感動します。
独り言の時もそうです。
リアルタイムってやっぱりなにかそれだけで心にくるものがあります。
まして、生放送では、それにくわえ、映像が写ります。

場所は違うけど、同じ時間を共有している・・
そして、それがもりけんさんだけでなく、もりけんさんの生放送をみようとしているほかの方々とのつながりも感じます。
それだけでなんともいえない気持ちになります。

そしてさらに、もりけんさんは、自分でも「3次元ではほとんど怒らない」とおっしゃっていましたが、HPとはちょっと違う感じの、その3次元のもりけんさんにパソコンを通じてだけど逢えるわけです・・!!
こんな贅沢なことはありません・・。

そうして笑顔で話されるもりけんさんですが・・内容がこれまたすごい・・。
何度も見直さないと頭に入らないようなことも・・。
そのもりけんさんの情報を、言葉からだけでなく、しゃべり方、表情、しぐさ、言葉のニュアンス・・など、色々な角度から拝見できるのも、生放送ならでは・・だと思います。

そして特に今回は生放送初めての女装・・!
それも2回も着替えて!!
それだけで、ドキドキ感がアップします。
確か、つり橋の上では恋心が芽生えやすかったと思うんですが・・
このドキドキ感を持ったまま聞いた話は、ただ普通に聞くよりも、心に頭に入りそうな感じがします。
すごい演出だと思います。

20分とか、30分という、日常生活の中では、短いとされる時間なのに、なんて中身のつまった時間なんだろう・・と思いました。

毎日HPで報告やお写真を拝見していたけど、生放送で、ぐぐっともりけんさんや中国を近くに感じました。
・・と思ったら・・今回は、その日のうちに、「今飛行機です」の書き込みがなく、突然日本に帰ってこられたので、ほんとにびっくりして(いくときも突然でびっくりしたけど)、なんだか、もりけんさんがワープして突然日本に現れたような感じがしてしまいました。
自分はまだ生放送の余韻に浸っていたので、驚きはなおさらでした・・。
生放送はほんとに後を引きます・・


[C3107] それは、文字で書くのとはまったく違う世界だからだと思います。 。

制御。。合い。。どちらもシンクロしてきまっすううう。。。だんだん。。次元の壁がなくなってるきがしまっすううう。。。やはり。。日本では合い対体験でっすねえ~~♪♪。。。100パーセントは。。やはり。。シフトしてるときにかんじるのかなあでっすううう。。。♪♪
  • 2006/07/26-02:12:46
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C3106] >なぜ生放送をするのか?

目の前で動いている、もりけんさんを拝見するとドキドキします。レスするのも余計にドキドキするし、でもなんだかとても心地いいドキドキです。  
 
目の前で、講演をして頂いている感じですが、距離がとても近いです。 

その場を共有する為には、なんでもしたいと思います。最後にもりけんさんが手を振ってくださると、私も思わず手を振り返してしまいます。誰にもわからないのに(笑)
  • 2006/07/25-23:03:11
  • 投稿者 : アフロ
  • URL
  • 編集

[C3105] >なぜ生放送をするのか?

なぜ、生放送で聞くのと 文章で読むのと何が違うのか。
その違いを考えてみました。
HPでは、もりけんさんの文章は何度も読めるので…
一度で理解できなければ、また読めばいいわ
という気持でいますが、生放送となると意識がすごく集中します。
それと、レスを入れようとするとなおさら緊張感が
ともなって前のめりになります。

視覚的には、もりけんさんやりんごさんの衣装や動き 表情…そういった
ものが同時に言葉と一緒に入ってくるので
そういう意味ではやはり、場というものに惹きこまれて
しまって無意識にも入っていきやすいのかなと
思いました。ソフトとハードのお話も凄い話を聞かせてもらった
という感覚も強く残っています。もりけんさんがその思考に至るまでの
感情が言葉とともに、ストレートに伝わってくる気がして
そういう部分かなと思いました。

[C3104] 今回は初めて女装で生放送をやりました。 。

中国発生放送。。ぶっ飛びすぎて。。う~~ん。。これ以上~~。。ブルブル~~汗汗。。。霊的なものは。。こわいなあああ~~汗汗。。。あ。。じいちゃんとばあちゃんはこわくないけど~~♪♪。。。やっぱり。。6次元の図には、すべて含まれてるんじゃないかでっすううう。。汗汗。。東洋的原型が。。。もりけんさん経由で日本着。。この前テレビでピラミッドは。。クレオパトラが。。ギリシャの人とか。。スフィンクスが。。狛犬のルーツの可能性があるとか。。吉村先生がいってはったし。。彫刻の両性制が。。もりけんさんの時空にシンクロして。。狛犬。。神社繋がりで。。なんか。。。関係してほしい~~~♪♪。。あは。。あは。。ホラーーは。。マジ。。マジ。。こわいっすううう~~汗汗汗。。。
  • 2006/07/25-17:07:16
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C3103] しかし私の口から直接喋るのは、別だと思います。 。

う~~ん。。汗汗。。。体調的には。。いまいち。。。時空酔いかなああ~~(。-<>ー。) うっぷ。。汗汗。。
  • 2006/07/25-12:05:00
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C3101]

通信状態がわるいので、全部はみること聞くことが出来ませんでした。

動画がとまり、声だけがながれる、壊れた都市の中に残ったスクリーンにながれる映画のような・・・不思議な感覚でした。
 そして、見た目はかわいいメイド服のりんごさん・・・
 聞こえるのは、おとこのもりけんさんの声で・・・

わたしはなにを見てるんだろう。なにをきいてるんだろう。。。。。
 はなす内容もとぎれとぎれで・・・・ストレートに入ってこなくてもどかしい。。。。

 生放送は瞬間をきりとった・・・・
 部分のひとかけらに交差することができるか・・・・

 なんていうか・・・時間の流れというものがあるから存在するみたいな・・・・・・(意味不明)
  • 2006/07/25-09:14:44
  • 投稿者 : 935
  • URL
  • 編集

[C3100] 今回は初めて女装で生放送をやりました。 。

空洞で外側繋がり。。外側の伝達経路が。。光速。。デジタル放送などにより。。鮮明さを増せば。。内側はアマチュア機器でも。。今回の生放送で。。時間。。空間。。ほんでもって。。性差も超えることをもりけん生放送でもりけんさんが証明したことに。。なるとおもいますううう~~♪♪すごいにゃ~~^(=・ェ・=)^ニャン♪♪ デジタル放送。。。意味はようわからん。。。汗汗汗
  • 2006/07/25-08:13:13
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C3099] でも、なにかが違うのです。 。

ラッキーカラーが。。変わった。。♪♪
  • 2006/07/25-02:25:19
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C3098] なぜ

私は拝見していて、より臨場感があるように思います。 
 
本は自分のペースで読む事が出来ます。 
でも映像はもりけんさんの声や話すスピードや間の他に 
コスチュームや背景などいろいろと目に入って 
文章とは全く違う所がとてもわくわくします。 
もりけんさんの生放送を体験しているという感じです。 
(とはいえ、いつも生で参加できないのですが…)
 
文章で書いて伝えようとする事と 
喋る音声だけ、映像もつけて、更に生放送だと 
それぞれ一つずつ次元を足していっていくようだなあと想像しました。 
どれが一番良いとかでもなくて、どれもとても面白いです。 
生放送だと直しがきかないですが、見ている方も生の体験なのだとおもいました。 

[C3097] 生放送だと高揚感が持続する

からではないかと思いました。書いたものは、高揚感があるとしても、アップする瞬間が高揚感の大半を占めているような気がします。これに対して生放送だと高揚感が持続するということだと思います。よくわからないのですが、高揚感が一定分数以上持続すると一瞬だけ高揚感が得られる場合よりも、脳が「はまる」のではないかと思います。

それに考えてみれば、書いたものはどんなに鮮度の高いものであっても、事後なのだと思います。それに比べて生放送の場合は、事後ではなく、同時ということが、そして後から見直すことができるにせよ、瞬間で消えてしまうということが、これまた「はまる」要素なのかもしれません。書いたものは残り、あとから修正することも可能です。このことが快を少しそいでしまう原因になっているような気がします。

ライブ(生)というのは、音楽でも講演会でも演劇でも、何か非常に強い快感を呼び起こすと思います。これはおそらく不安に裏打ちされているから強い快感なのであり、「はまる」のだと思います。
  • 2006/07/24-23:39:59
  • 投稿者 : ナイル
  • URL
  • 編集

[C3096] 生放送

生放送を見るとき、こちら側は完全受身の状態で
待機しています。
そこに、もりけんさんが生の体験を生声でしゃぺるとき、何かを考えたりとかするスキがありません。
圧倒されて、無意識になって、のめりこみます。
自分が経験したわけではないのに、
経験したかのような、不思議な感覚が残ります。
生放送の間は、
中国紀行に参加してしまってるような。
リアルタイムでのレスとのやりとりもあり、
とても楽しい時間です♪
それは、場を共有しているという事なのかもしれません。
  • 2006/07/24-22:55:12
  • 投稿者 : よねこ
  • URL
  • 編集

[C3095] >[3094] は

「イーキンの女朋友」の投稿です(汗)
  • 2006/07/24-22:50:54
  • 投稿者 : イーキン
  • URL
  • 編集

[C3094] >なぜ「生放送」をするのか?

中国紀行中のもりけんさんは、あまり仮説をじっくり考えている時間が無いのではと思っていました。
夜遅く部屋に帰って寝る時以外は一人でいる時間があまり無いのではと思ったからです。
紀行中は、ただ向こう側からどんどんやってくるものをそのまま飲み込んでいると思います。
じっくりと吟味したり、それこそどっかり座って腕を組んで“評価”していることが無い
と思いました。
じっくり仮説を練ったり、回想したりすることは、東京に帰ってからいくらでもできると
思います。
改めて講演会で中国紀行の調査内容について話をする時も、ありのままなのですが、紀行
中の生放送は、まったく精査されていない状態の、とにかくもりけんさんの手の中に集ま
ったばかりのまさに手付かずの状態の情報に接していると思います。
大げさに言うと、マラソン大会で走っている最中の選手の隣で一緒に走りながらインタビ
ューをしているような状態に近くて、生放送中も「早くレスを入れないと次の話題へ行っ
てしまう~、早くしろよぉ~、早く何か書けよぉー」っと、ずっと自分に言い聞かせてい
ましたが一言二言入れるのがやっとでした。
  • 2006/07/24-22:47:29
  • 投稿者 :
  • URL
  • 編集

[C3093] 生

同じ時間に意識して乗り合わせてるってのが…生ならではだと思いました。同じ時簡に空間を越えて交差してるのがすごい鮮烈でした。

[C3092] もりけんさん、おかえりなさい^^

(↑亀ですが、嬉しかったので・・・。)
もりけんさんの中国紀行では、数々の写真がアップされて、
情報が山のようです。
生放送もそうです。
去年の冬の生放送で感じたのですが、(←止まってるのか!?いえ、そうではないですが、もう少しだけ掘り下げてみようと思いました)
生放送は、不思議です。もりけんさん独り占め状態(汗・嬉)に
なります。
それは、生放送のときだけに感じる気持ちです。
なぜなのか少し考えてみました。
情報は、問いをもったときに欲しいものだと思います。
三次元では、音、映像、感触、という事柄で問いの答えを感じていると思います。
問いをもったとき、渇いています。
問いの重要さ、というのをもりけんさんとご縁があってから
考えるようになりましたが、
渇いている状態のとき、「もっともっと欲しい」という状態に
なると思いました。
もりけんさん独り占め状態だと、「もっともっと欲しい」という
状態が快く満たされるのかもしれないと思いました。

生だから、場を共有しているのと、、音、映像、かなり満たされている状態になるから・・。
うーん・・・・・・・。。
意味不明になってしまいました・・・・。
考えます。。。
  • 2006/07/24-22:38:33
  • 投稿者 : マリ
  • URL
  • 編集

[C3091] >なぜ「生放送」をするのか?

巌流島の話もNHKと吉川栄治とはまた違ってました。
ひとつの出来事も、見ると聞くはすごい差があります。
百聞は一見にしかずと同じで生放送もHPの書き込みと違って時差もなく、もりけんさんの情報がもりけんさんの声や表情やジェスチャーで強弱がつけられて、それがすごいインパクトになります。りんごさんがチャイナから素早く着替えてメイドりんごさんでメイド化を喋るのは
場にさらに入っていけると思います。ドラマに流れる音楽と一緒だなって思いました。
文章という視覚だけと違い、言葉からの情報量って
すごくたくさんだなって思います。
生放送って場の中への入り込んでそこから思考が広がって、それが共有、つながるってことじゃないかって思います。(上手くいえませんが)




  • 2006/07/24-21:59:50
  • 投稿者 : Ciel
  • URL
  • 編集

[C3090]

私も初女装したら土方に蹴られ凹みました・・・
  • 2006/07/24-21:48:26
  • 投稿者 : 明男
  • URL
  • 編集

[C3087] >なぜ「生放送」をするのか?

情報量が、圧倒的に違うと思いました。

そこにいるのは、生身のもりけんさんで、生身のりんごさんです。。

時間も、リアルタイムです。

私は、生放送の間、もりけんさん&りんごさんにたいして、完全に受身状態になってしまいます。。

なんていうか、私は、身動きがとれなくなってしまいます。。

息がつけなくなってしまいます。


冷静さや客観性を喪失させてしまい、「場」に引き込む力が、生放送にはあると思いました。


  • 2006/07/24-20:31:26
  • 投稿者 : あかり
  • URL
  • 編集

[C3086] >私の口から直接喋るのは、別だと思います。

書き込みだと顔も見えないし、もりけんさんはもりけんさんなのだけど、ちょっと違うもりけんさんのように思えます。
書き込みのもりけんさんは、読む側の頭の中で再生されているような気がします。生放送でしゃべるもりけんさんは、こちらで再生する間もなく、飛び込んでくるもりけんさんで、書き込みならこちらの速度で読めるけど、しゃべるもりけんさんは、もりけんさんの速度でこちらに情報が入ってきます。
もりけんさんのスピードは速いので、こちらの耳に入ってくるのも速いし、もりけんさんらしい感じが書き込みのときよりたくさんあるのではと思います。ただ、こちらの速度はもりけんさんより遅いので、気がついたときには思考が何テンポも遅れているような気がします。
  • 2006/07/24-19:56:14
  • 投稿者 : リョウコ
  • URL
  • 編集

[C3085] >なぜ「生放送」をするのか?

圧倒的に敏感になると思います、感覚が
外国からしかも本場中国からマックスセレクトというか秘儀というか、占いと時空のリンクというか物理の世界と、名前とか生年月日とか顔とか、しかも書物にそれらと繋がるというかリンクする情報が(!)インデックスをひけば解るというのは、もうフラフラです
そして究極が、生メイドりんごさんの画像が~
これだけ非日常感多々の世界に、メイドりんごが語る映像はデジタルに感覚変わる感というか、メイドさんモードや私は結果が、思考を超えてイッタ感です

[C3084] 生放送では

まず、画像によって視線の主導権を奪われます。
そして、音声によって時間の主導権を奪われます。
私たちは、画像と音声のメイドにならなくてはなりません。
縛られば縛られるほど、刺激が強烈にかんじられる のだと思います。
  • 2006/07/24-19:44:49
  • 投稿者 : L.B.
  • URL
  • 編集

[C3083] >なぜ「生放送」をするのか?

書き込みが響いています。
生放送では、もりけんさんと、りんごさんの姿が迫ってきました。
例えば、手放すことについて、もりけんさんは沢山の分かりやすい事例から文字にされています。
このことを頭で覚えて唱えても、まったく意味がないと思います。

人がとうてい及ばない、ぼう大な量のお経を暗記して唱えているのと似たか寄ったかと思います。
「アッお坊さん申し訳ありません」(汗)。

それをくどくど唱えても、ただそれだけのことと思います。
自分の中に、ただそれだけの事って、とても多いと思いました。

[C3082] >なぜ「生放送」をするのか?

もしも生放送そのものの再現を考えたら、全く同じことを文字化することは難しいと思いました。

途中で映像に切り替える時のもりけんさんの表情、合間にテーブルの上に置いてある飲み物を飲む間などの再現が必要かは分かりませんが、そんなことも生放送を作る微妙なパーツのように思います。
その様子を見ていると、リアル性を感じます。時間の共有をしているんだなと思ってしまいます。

同じ内容をもりけんさんとりんごさんが喋ったとしても、身振り手振りの違いや話し方の違いが出て、それによって話が持つ雰囲気も変わると思いました。

ですので話す側も見ている側も、違う印象を持つような気がします。その雰囲気を文字で表現することも難しいと思いました。

生放送では話す内容についていくことが精一杯です。何しろ展開が速いので。
ですから難しいと感じたり分からないと思っても、それを考える間もないです。

文章化されていたら、自分のペースで読むことができます。考えたり、繰り返し読むことも可能です。

比べると、どちらも初めて聞いた内容でも受ける印象や衝撃が全然違うと思いました。

生放送は、文字から分かることよりも沢山の情報が内容と共にこちらに押し寄せてくる気がしました。こちらの処理能力が低くて、それにのまれてしまっていますが・・・

今回の生放送は、PCの調子が悪くて繋がったと思ったら突然切れて、立ち上げることの繰り返しをしていていました。ですから殆ど見ることができませんでした。
それでも、もりけんさんの動く姿、その姿から発する声を聞いたときなぜかとても感動しました。

放送時は、家族がざわついている環境と生放送の環境の2つが同時に存在していました。接続が悪くなることも重なって、その間を行ったり来たりしている自分が、不思議な状態にいると感じました。

[C3081] >なぜ「生放送」をするのか?

一回目を再放送でみました。リアルタイムに見れればよりその場の流れを感じることが出来たと想います。
>なぜ「生放送」をするのか?
つながることは、後でも先でもなく、今その瞬間だと想います。「生」の味を味わうことで、いろんな違いがわかる様な気もします。食べ物でも同じです。後から、味わうのもいいですが、また、加工されるのも良いですが、素。。そのまんま、、、はとても新鮮です。
  • 2006/07/24-17:58:50
  • 投稿者 : じんのり
  • URL
  • 編集

[C3080] >なぜ「生放送」をするのか?

リアルタイムで画面からもりけんさん(りんごさん)が私に向かって語ってくれていて私のレスが読まれたりするとつながっているんだととてもうれしくなります。
そしてもりけんさんが語ってくれる内容や映像はとても軽そうな感じなのにすごく心の中や頭に残って何だったんだろうと考えてしまいます。
パソコンを通じているのに間近にもりけんさんや「生放送」を見ている人たちと一緒にいるように感じます。
直接、語られることは文字だけでは伝わらない何かを伝えているように思います。
  • 2006/07/24-15:53:19
  • 投稿者 : 小町
  • URL
  • 編集

[C3079] なぜ「生放送」をするのか?

文字になったものを後でじっくり読むのもいいですが、生放送はここにいながらにして中国のもりけんさんと場の共有が出来るような気がしてとても嬉しいです。
笑顔のもりけんさんの映像が話をしている声が聞こえるというのは文字を読むこととは全く違います。
セミナーで直接お話を聞くことに匹敵すると思います。
生の情報を現場のもりけんさんから聞くことが出来るという点ではそれ以上だと思います。
  • 2006/07/24-15:29:01
  • 投稿者 : ゆきんこ
  • URL
  • 編集

[C3078] >なぜ「生放送」をするのか?

文字だけだと、自分の想像で補う部分が多いと思います。映像だと言おうとすることが情報が多い分、伝わりやすいだろうと思います。
どういうニュアンスで言ってるのかということが伝わりやすいだろうと思います。
また、生で双方向だったりするともっと伝わりやすいだろうと思います。

[C3077] >今回は初めて女装で生放送をやりました。

りんごさんの最初の出だしがとてもゆったりとした口調で、やっぱりりんごさんだとちょっと違うなぁと思いました。
メイドさんに着替えたときもすごく嬉しそうで、「(下着が見えると困るから)今回はこのポーズでやりまぁす☆」と言ったのも可愛らしかったです(笑)
 
中国だとりんごさんがちょっと開放的な感じに見えるのも、中国の「場」なのかなと思いました。

[C3076] >生放送

もりけんさんが生放送される理由のひとつには、視点移動があるかと思います・・
こちらも、サイトの文字を読むときは、好きなとこで区切ってヨイショヨイショと取り込んでいくのに対して(それでも浅いっ甘いからっ、バカみたいなんじゃなくてバカそのものなんですううっという声がどこかからしました・・・意味不明)、生放送を拝見しているときは、もりけんさんの語りに合わせてゆらゆらとそしゃくルートを旅している感じなのが心地よかったです。
ふむふむふうん・・と手放してただついていくと、ほお!という意外なゴールにたどり着け、軽い驚きに目覚める気分やらホッとするやらという感じです。
後半の、りんごさんだから2,3分遅れた、もりけんさんならそうはならないというのがおかしかったです。
確かに、スカートのすそはだけて取り乱してセーフとなるよりも、座り方までばっちりキメたりんごさんに会えた方が嬉しいかもしれません。
外側が大事!ですもん。
視覚聴覚ともに満たされつつ、同じ時間を共有している快感を初めて味わえて感激でした。
なので、再放送はもうしばらくしてから拝見します。

[C3075] >なぜ「生放送」をするのか?

中国からの第一回目の生放送で、トラさんが動いて喋っている姿を初めて見たとき、「トラさんってこんなに若いんだ・・」と思って感動して涙が出そうになったことを覚えています(笑)。
「こんなに若いのに、六爻占術を一人で発掘してここまで体系化してきたんだ」と思って・・。
 
写真にはすべての情報が入っているとよくいわれますが、それでも写真で見ると、もりけんさんがあまりにもネンチンなので、一回り近く下のトラさんやダンさんの若さがあまり伝わってこないのですが、動画で見るトラさんはすごく若くて、若いオーラというかエネルギーというかが画面からすごく伝わってきました。もちろん、トラさんは研究者タイプの人で決して活発な感じではないのですが、それでも、なんというか、若さというか初々しさというか、そういうものがすごく伝わってきたのです。「ああ・・あんなにすごいことをやってのけている人がこんなに若いんだ・・」と思ってとても感動しました。
 
写真からでは面相の判断ができないと面相師が言っていたそうですが、やはり実際に動いて喋っている姿からダイレクトに伝わってくるものというのがあるのだろうと思います。
 
文字には文字のよさがあり、文字の方が精確に伝えることができる部分もあるとは思いますが、でもやはり、文字よりも写真、写真よりも動画・・というように、次元が1つ増えると情報量も圧倒的に増えるのではないかと思います。
 
もりけんさんの緊張とか興奮とか驚きとか・・そういう言葉にするのが難しい部分、あと以前もりけんさんがブログにも書いていた旅行中の「間」なんかも、言葉にしちゃうと大したことないかもしれないですが、もりけんさんの口から直接語られることで、ああ・・そういう感じだったんだなぁと、そのときの「場」を共有することができるように思います。
 
あとやっぱりリアルタイムで生放送に参加すると、もりけんさんと繋がっているという感じがしてすごく嬉しいです。

[C3074] 生

あんまり自分でいられないって気がします。展開がはやくて。言葉は自分を通すしかないんですが…こもる暇がないです。

[C3073] 生

全然違うと思いました。なにも留め置くことはできず、話題も画像も流れる。その時しかない。考えることができないです。ただ入ってくる。ほんで思ったことをただレス。あほでも。なんというか…出してみるしかないし、出たとこでイッテみるしかないし。四の五の考え回さないってのは…新鮮な体験でした。ところで…「宮本武蔵」読んでるんですが…なんつかーヘボですんません。天地にあやまっときます。のるかそるかの瞬時に…自分て鈍だなと思います。もっと軽く鋭くなりたい。…と思わずにはいられない。(汗)
ハードとソフトの話は…分析不能のまま入っています。

[C3072] なぜ、生放送をするのでしょう?

文字との違い・・
本のもりけんさんは、穏やかで大きくて安心するものがあります。
HPのもりけんさんは面白くってエッチで、でも誰かを斬るときは
コワイです(爆)鋭いし、少年みたいな感じがします。
そして実物のもりけんさんは、笑顔で若くて声が素敵で早口で・・
引き込まれるような魅力です。
全部に共通しているのが、話してくれる内容は色々ありますが
見つめている先はブレるとゆうことがなく、どんな物事でも
色んな角度から捉えて・・ベースの問いへと結びつけていってる点
だと思います。
・・でも生放送は、限られた時間を切り取って、ものすごい出たとこ
勝負です。ハプニングがあります(笑)
講演会につながるような「問い」が前回の中国紀行の誰かの「問い」
にあり、答えに窮する場面があった・・とゆう書き込みが以前、あり
ました。
そうゆうこともあるのが、生放送なんだなと思います。
例えば、今回女装して生放送してくれました。
初めて女装を見る方は驚いたと思います。あまりに綺麗なので・・(笑)
違和感もないし(私は何回も写真で見たから?)それに、ただ趣味で
やっている人とは違う・・とゆうのに、何となくでも気づくのではない
かと思います(人によるかもしれませんが・・汗)
もりけんさんはHPで誰かを斬ったりする時、リアルな感情の動きのまま
表現しているのだと思いますが、その場で見ていなければ・・伝わっては
きません。
誰かが斬られている時、その場で画面を見ていると、背筋が凍ります(爆)
でも、もしこれが生だったら・・また違うと思います。
もしも笑顔で言ってたら感じ方が違います。もし今回の生放送のように
女装して怒ってたら、笑っちゃうかもしれないし・・(汗)
生放送では、他にもたくさんの・・あらゆる色んなことから情報を
受け取っています。
それはお互いにそうなのではないかと思います。
もりけんさんは、私たちの顔は見えませんが、その場のレスや「質問」で
つながります。
その場で出てきた「質問」に答えるとゆうのは、言葉を選ぶとゆう作業が
すこしぶっとぶと思います。あの早さで話すわけですから、どんどん
無意識的な語りになってゆくんだと思います。
思いがけないものがたくさん浮かんでくるのが生放送だと
思います。



[C3071] 生放送

生放送では迫力が違います。臨場感が違います。
それに一度しゃべったことを聞きなおしたくてもそれは出来ません。
だから必死で聞くと同時に、もりけんさんの一挙一動をじっと目を凝らしてみていなくてはいけません(スカートをめくったりするし・・(笑))
見逃してしまうと、次の展開が始まっても気になってしまいます。

文章で読むときと話を聞くときでは不思議と内容の強弱が違って聞こえます。
今回もそうですが、ちょっと考えたり、のりにのってしゃべったりすると、この考えはもりけんさんにとってもすごいことなんだなということがリアルに五感を使って飛び込んできます。

真夜中の独り言を見逃して翌日読むときも印象が違うのもそのせいだとおもいます。
ひとりごとは生放送のような感じがします。
でも翌朝見ると文章というかカキコになっています。
生放送は訂正が出来ないし、内容的には文章にした方がたくさんの情報が乗せられると思いますが生は生の迫力が文章とはまた違った形であると思います。
多分右脳で受け取るのかもしれません。
だからごちゃごちゃ考えずに瞬間的に手放して聞かないといけないような気がします。

二部の方は何分か遅れました。
それはりんごさんがおめかししてたからのようです(笑)
りんごさんになったことで占いの世界を受け入れることが出来たと聞いたことがありますが、りんごさんのほうが衝動的なのかもしれないと思います。

りんごさんがにこやかにチャイナ服やメイド姿で笑うと一部とは雰囲気がまたぐっと違ってしまいます。
それはまるで自由自在、風のように日本と中国を行き来しているもりけんさんのようでした。
  • 2006/07/24-12:25:35
  • 投稿者 : 空タネ
  • URL
  • 編集

[C3070]

まず、リアルタイムでもりけんさんの姿が出てきたときに、写真アップを見るよりさらに、何故だかホッとするような感じがあって、中国紀行の場がずっと近づく感覚になりました。
書き込みの中で、もりけんさんの運命が次々と展開されていくところの描写は、その文章の羅列と行数の多さから、圧倒されるような迫力を感じました。
そして、生放送でその時の気分はどうでしたかという質問に答えているところでは、その時の驚きがダイレクトに伝わってくるようでした。特に「一連の繋がりの中で今この瞬間私が存在する」という語りで、感じるものがありました。
メインの書き込みでは鋭い緊張感を覚えることが多いのですが、生放送で直接の声を聞くと、とても深いことを語っているところでも、軽やかで暖かい感じが言葉に乗せられているような気持ちになります。
ああ、もりけんさんが目の前にいる・・・と(物理的には遠い距離にいるのに)そういう気分になって観ていました。
第二部でチャイナ服で登場して、動画を挟んで次にメイド服に変わっていて「あっ」と思うのも、生放送ならではだと思いました。
  • 2006/07/24-12:22:16
  • 投稿者 : 未来
  • URL
  • 編集

[C3069] >しかし私の口から直接喋るのは、別だと思います。


もりけんさんの顔が見えるのと見えないのでは、何かが大きく違います。
瞬間の表情が見えるからかもしれません。
もりけんさんの声が聞こえるというのも同じです。
伝わってくるものの量がとても多いのだと思います。
 
もりけんさんが一瞬考え込んだり大笑いしながら喋っている姿を見る私
の反応も、文章でやり取りしている時よりストレートで激しいです(笑)
画面の前で大笑いしながらレスを書いたりしてます。
 
いつもはどうしても割り込んでくる冷静さは、生放送の勢いに負けて割
り込むことができないのだと思います。
  • 2006/07/24-12:12:45
  • 投稿者 : ぷく
  • URL
  • 編集

[C3068] それは何でしょう?(笑)

う~~ん。。個人的には。。。流血妄想充電吸血中>▼_▼<(爆)††
  • 2006/07/24-11:46:04
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C3067] 異なる視点、

もりけんさんの体験が、よりダイレクトに伝わってくるように思いました。
文字の数ビットの情報にくらべ、画像は情報量も多いですが、時間は20分だったので、中国紀行の自身の体験にたいして、もりけんさんの生放送上では、文字の場合よりもくくりが絞られていたと思います。でも情報は、多かったです。

また、もりけんさんの体験のうち、今どこがポイントだとおもっていたかが、文字よりも、絞られていたように思います。

りんごさんでの放送の場合は、もりけんさんでの放送の場合よりも、下位的な内容だったように思います。
きっと、もりけんさん自身も、りんごさんになることで、自分の体験を別の角度から眺めることになったのだと思います。その場合も、カラダという環境を変えることで、同じ人間にして、ここまで、違う視点になれるのだと、思いました。

あと、レスをするほうにしては、独り言のときよりも、こちらは、高速に対応しないとならないので、しかも、コメントと質問を同時に行う状態で、かなり、テンションがあがりました。
体裁を気にする余裕がありませんでした。
1秒未満の単位で、放送上の場が変わっていくからです。
今度機会があったら、書き込む画面と、映像の画面のサイズを小さくして、両方画面にたちあげて、画像チャットみたいにできるようにして、臨みたいと思いました。

[C3066] 見たいです

今回はじめて生放送を見ました。
第一部だけです。第二部はちょっと見逃してしまいました。
再放送をみたかったのですが、配信されていません。

第二部は女装されていた、ということで配慮されたんでしょうか。
実は私は女装には拒否反応があります。でも放送は見たいです。
どんな感じの「女装」なんだろう。
こわいもの見たさ(失礼しました)ということもあります。

もちろん女装された、もりけんさんを否定するつもりはありません。
女装はもりけんさんの人格の一部でしょうから。
そして、もりけんさんの活動とロッコウ占術に生きる力を戴いています。

すこし矛盾した心情ではありますが、見られないとなると、早く見たいです。
なんとか配信をお願いします。
  • 2006/07/24-11:00:38
  • 投稿者 : 十四郎
  • URL
  • 編集

[C3065] なぜ「生放送」をするのか?

 今迄に私はリアルで一回しか見ていません。今回も再放送で見ました。それでも「場」と「時間」を共有した錯覚に今回も陥りました。視覚的に生のもりけんさんが口を動かしてる画像と講演会のようなたたみかけるように語りかけてくる流れ、文字での表現の長く停滞して考える様なインプットではありません。「場」の流れをとても感じますし、PCの向こうのもりけんさんから中国紀行そのものの勢いを感じます。見た事をこれは直接的に生きの良いまま、届けてもらっているような感じがします。語り口調の強弱だけでも、ああこれにもしかしたらポイントがあるみたいな、本当に現場の感覚を届けてもらっているような気がしました。編集され文字にされる前の素材の凄さが一番伝わるのが生放送かなと思いました。
  • 2006/07/24-10:42:23
  • 投稿者 : yk
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://fushigikenkyujo.blog62.fc2.com/tb.php/91-0783344d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

なぜ「生放送」をするのか?

 
 今回の中国紀行でも、「もりけん生放送」をやりました。
 
 私はなぜ「生放送」をするのでしょうか?
 それは、文字で書くのとはまったく違う世界だからだと思います。
 
「生放送」でしゃべったことを文字で書いても、たいした迫力はないでしょう(笑)。
 ハードウエアとソフトウエアを文字で書いても、たいしたことはありません(笑)。
 しかし私の口から直接喋るのは、別だと思います。
 
 今回は初めて女装で生放送をやりました。
 別に同じ事を文字で書けば良いでしょう・・と言う人がいるかも知れません。
 
 でも、なにかが違うのです。
 
 それは何でしょう?(笑)
 
スポンサーサイト

48件のコメント

[C3196] 文字と生放送の違い・・

見られているという緊張感かなと思いました。
特に女装をしてなら、なおさらのような気がします。

  • 2006/08/01-17:56:25
  • 投稿者 : まる
  • URL
  • 編集

[C3160] 生放送

 生放送はまず、皆が同じ時間にパソコンの前にいて、同じ場を共有しています。さらに、パソコンなので、双方向に情報のやりとりが出来ます。
 
 遠くにいるはずなのに、テレビ的スターでもないのに、生の声、生の姿が見られるのは、やはり、すごい事なんだと思います。
 
 昔、テレビが始まったばかりの頃、活字の世界から映像の世界に飛び出したとき、目だけから入ってきた情報が目と耳と動画まで加わったのだから、すごい衝撃で、テレビに映った人に親近感を持ったと思います。
 
 生放送はそれに近いものがあるのではないかと思います。いつもなら、好きな時間に画面から読むという情報量ですが、目と耳と今回はテレビよりもすごい、双方向でやりとりまで出来るなら、親近感もさることながら、お互いがもつ気持ちまさしく「つながる」だと思いました。
 
 「つながる」感いつもより大きく感じるのが生放送と文字情報の違いなのではないかと思います。

[C3152] >生放送

ラジオだと相手の声と息遣いが伝わります。
テレビやブロードバンドの画像だと色や動きまでが伝わります。
眼の動き、体の姿勢、服装、周りの環境・・・

考えてみれば、生放送を見ている「私」に働きかける外側が様々な方面から迫ってきます。
わたしの外側にある場の感じ方が格段に変わるような気がしました。

そしてそれを感じて返す時、送信側のもりけんさんの場も変わるのだと思います。

攻められ方がより全方位的になるように思いました。

[C3128] >しかし私の口から直接喋るのは、別だと思います。

1990年、日本とは8時間の時差があるドイツで、東独政府が崩壊して東西ドイツが統一する瞬間が日本時間の午前8時にありました。その生中継をNHKのニュースでやっていたのですが、「もう今日、学校は遅刻しよう。」という判断をして8時半近くまでテレビを見ていました。その生中継を録画して学校に行っても別に構わないし、夜のニュースでもやるので遅刻しないよう学校に行っても良かったのですが、統一の瞬間ももりけんさん生放送のようにリアルタイムで見るのが良かったのだと思います。中国紀行を終えられたばかりのもりけんさんのチャイナ服姿をリアルタイムでパソコンの場面に写され、声が直接聞ける、それでもりけんさんと時間を共有している感覚を味わえてそれが良いのだと思いました。自分は生放送は見れませんでしたが、もし見ていれば再放送で見るのとは違った臨場感を味わえたと思います。
  • 2006/07/27-20:26:19
  • 投稿者 : おかだ
  • URL
  • 編集

[C3117] もりけんさんのしゃべってる姿が見える。

あたりまえですが、もりけんさんが見える、しゃべってるということがいいのだと思います。

楽しそうに笑顔で話してる姿だけで、見てるこっちもうれしくなるのです。

今回、生では二つとも見れなかったのですが再放送でも充分伝わります。なにが違うと問われても、これが、というふうには言えませんが、見て初めてわかることがあるからだと思います。
あのすごい急な階段を見て、ロボット歩きの謎がとけましたし。

[C3111] 中国から生放送~~。。。

シェーシェーヾ(@⌒▽⌒@)ノワーイ!
  • 2006/07/27-01:22:33
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C3110] なぜ。。生放送をするのか。。。

ごかいを。。とくためかとおもいましたああ。。。ごかいと。。ごかいがとけて。。。じゅっかいがああ。。。とけたああ~~♪♪。。なんちて。。飛んでった腰痛。。あっ。15万円はらったからかなああ~~♪♪
  • 2006/07/26-22:43:20
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C3108] >なぜ「生放送」をするのか?

私は、朝の「キャベツ食べてます」だけでも、ああ・・もりけんさんも今パソコン見てるんだ~そしてキャベツ食べてるんだ~と思うだけでも、なんだかうれしくて感動します。
独り言の時もそうです。
リアルタイムってやっぱりなにかそれだけで心にくるものがあります。
まして、生放送では、それにくわえ、映像が写ります。

場所は違うけど、同じ時間を共有している・・
そして、それがもりけんさんだけでなく、もりけんさんの生放送をみようとしているほかの方々とのつながりも感じます。
それだけでなんともいえない気持ちになります。

そしてさらに、もりけんさんは、自分でも「3次元ではほとんど怒らない」とおっしゃっていましたが、HPとはちょっと違う感じの、その3次元のもりけんさんにパソコンを通じてだけど逢えるわけです・・!!
こんな贅沢なことはありません・・。

そうして笑顔で話されるもりけんさんですが・・内容がこれまたすごい・・。
何度も見直さないと頭に入らないようなことも・・。
そのもりけんさんの情報を、言葉からだけでなく、しゃべり方、表情、しぐさ、言葉のニュアンス・・など、色々な角度から拝見できるのも、生放送ならでは・・だと思います。

そして特に今回は生放送初めての女装・・!
それも2回も着替えて!!
それだけで、ドキドキ感がアップします。
確か、つり橋の上では恋心が芽生えやすかったと思うんですが・・
このドキドキ感を持ったまま聞いた話は、ただ普通に聞くよりも、心に頭に入りそうな感じがします。
すごい演出だと思います。

20分とか、30分という、日常生活の中では、短いとされる時間なのに、なんて中身のつまった時間なんだろう・・と思いました。

毎日HPで報告やお写真を拝見していたけど、生放送で、ぐぐっともりけんさんや中国を近くに感じました。
・・と思ったら・・今回は、その日のうちに、「今飛行機です」の書き込みがなく、突然日本に帰ってこられたので、ほんとにびっくりして(いくときも突然でびっくりしたけど)、なんだか、もりけんさんがワープして突然日本に現れたような感じがしてしまいました。
自分はまだ生放送の余韻に浸っていたので、驚きはなおさらでした・・。
生放送はほんとに後を引きます・・


[C3107] それは、文字で書くのとはまったく違う世界だからだと思います。 。

制御。。合い。。どちらもシンクロしてきまっすううう。。。だんだん。。次元の壁がなくなってるきがしまっすううう。。。やはり。。日本では合い対体験でっすねえ~~♪♪。。。100パーセントは。。やはり。。シフトしてるときにかんじるのかなあでっすううう。。。♪♪
  • 2006/07/26-02:12:46
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C3106] >なぜ生放送をするのか?

目の前で動いている、もりけんさんを拝見するとドキドキします。レスするのも余計にドキドキするし、でもなんだかとても心地いいドキドキです。  
 
目の前で、講演をして頂いている感じですが、距離がとても近いです。 

その場を共有する為には、なんでもしたいと思います。最後にもりけんさんが手を振ってくださると、私も思わず手を振り返してしまいます。誰にもわからないのに(笑)
  • 2006/07/25-23:03:11
  • 投稿者 : アフロ
  • URL
  • 編集

[C3105] >なぜ生放送をするのか?

なぜ、生放送で聞くのと 文章で読むのと何が違うのか。
その違いを考えてみました。
HPでは、もりけんさんの文章は何度も読めるので…
一度で理解できなければ、また読めばいいわ
という気持でいますが、生放送となると意識がすごく集中します。
それと、レスを入れようとするとなおさら緊張感が
ともなって前のめりになります。

視覚的には、もりけんさんやりんごさんの衣装や動き 表情…そういった
ものが同時に言葉と一緒に入ってくるので
そういう意味ではやはり、場というものに惹きこまれて
しまって無意識にも入っていきやすいのかなと
思いました。ソフトとハードのお話も凄い話を聞かせてもらった
という感覚も強く残っています。もりけんさんがその思考に至るまでの
感情が言葉とともに、ストレートに伝わってくる気がして
そういう部分かなと思いました。

[C3104] 今回は初めて女装で生放送をやりました。 。

中国発生放送。。ぶっ飛びすぎて。。う~~ん。。これ以上~~。。ブルブル~~汗汗。。。霊的なものは。。こわいなあああ~~汗汗。。。あ。。じいちゃんとばあちゃんはこわくないけど~~♪♪。。。やっぱり。。6次元の図には、すべて含まれてるんじゃないかでっすううう。。汗汗。。東洋的原型が。。。もりけんさん経由で日本着。。この前テレビでピラミッドは。。クレオパトラが。。ギリシャの人とか。。スフィンクスが。。狛犬のルーツの可能性があるとか。。吉村先生がいってはったし。。彫刻の両性制が。。もりけんさんの時空にシンクロして。。狛犬。。神社繋がりで。。なんか。。。関係してほしい~~~♪♪。。あは。。あは。。ホラーーは。。マジ。。マジ。。こわいっすううう~~汗汗汗。。。
  • 2006/07/25-17:07:16
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C3103] しかし私の口から直接喋るのは、別だと思います。 。

う~~ん。。汗汗。。。体調的には。。いまいち。。。時空酔いかなああ~~(。-<>ー。) うっぷ。。汗汗。。
  • 2006/07/25-12:05:00
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C3101]

通信状態がわるいので、全部はみること聞くことが出来ませんでした。

動画がとまり、声だけがながれる、壊れた都市の中に残ったスクリーンにながれる映画のような・・・不思議な感覚でした。
 そして、見た目はかわいいメイド服のりんごさん・・・
 聞こえるのは、おとこのもりけんさんの声で・・・

わたしはなにを見てるんだろう。なにをきいてるんだろう。。。。。
 はなす内容もとぎれとぎれで・・・・ストレートに入ってこなくてもどかしい。。。。

 生放送は瞬間をきりとった・・・・
 部分のひとかけらに交差することができるか・・・・

 なんていうか・・・時間の流れというものがあるから存在するみたいな・・・・・・(意味不明)
  • 2006/07/25-09:14:44
  • 投稿者 : 935
  • URL
  • 編集

[C3100] 今回は初めて女装で生放送をやりました。 。

空洞で外側繋がり。。外側の伝達経路が。。光速。。デジタル放送などにより。。鮮明さを増せば。。内側はアマチュア機器でも。。今回の生放送で。。時間。。空間。。ほんでもって。。性差も超えることをもりけん生放送でもりけんさんが証明したことに。。なるとおもいますううう~~♪♪すごいにゃ~~^(=・ェ・=)^ニャン♪♪ デジタル放送。。。意味はようわからん。。。汗汗汗
  • 2006/07/25-08:13:13
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C3099] でも、なにかが違うのです。 。

ラッキーカラーが。。変わった。。♪♪
  • 2006/07/25-02:25:19
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C3098] なぜ

私は拝見していて、より臨場感があるように思います。 
 
本は自分のペースで読む事が出来ます。 
でも映像はもりけんさんの声や話すスピードや間の他に 
コスチュームや背景などいろいろと目に入って 
文章とは全く違う所がとてもわくわくします。 
もりけんさんの生放送を体験しているという感じです。 
(とはいえ、いつも生で参加できないのですが…)
 
文章で書いて伝えようとする事と 
喋る音声だけ、映像もつけて、更に生放送だと 
それぞれ一つずつ次元を足していっていくようだなあと想像しました。 
どれが一番良いとかでもなくて、どれもとても面白いです。 
生放送だと直しがきかないですが、見ている方も生の体験なのだとおもいました。 

[C3097] 生放送だと高揚感が持続する

からではないかと思いました。書いたものは、高揚感があるとしても、アップする瞬間が高揚感の大半を占めているような気がします。これに対して生放送だと高揚感が持続するということだと思います。よくわからないのですが、高揚感が一定分数以上持続すると一瞬だけ高揚感が得られる場合よりも、脳が「はまる」のではないかと思います。

それに考えてみれば、書いたものはどんなに鮮度の高いものであっても、事後なのだと思います。それに比べて生放送の場合は、事後ではなく、同時ということが、そして後から見直すことができるにせよ、瞬間で消えてしまうということが、これまた「はまる」要素なのかもしれません。書いたものは残り、あとから修正することも可能です。このことが快を少しそいでしまう原因になっているような気がします。

ライブ(生)というのは、音楽でも講演会でも演劇でも、何か非常に強い快感を呼び起こすと思います。これはおそらく不安に裏打ちされているから強い快感なのであり、「はまる」のだと思います。
  • 2006/07/24-23:39:59
  • 投稿者 : ナイル
  • URL
  • 編集

[C3096] 生放送

生放送を見るとき、こちら側は完全受身の状態で
待機しています。
そこに、もりけんさんが生の体験を生声でしゃぺるとき、何かを考えたりとかするスキがありません。
圧倒されて、無意識になって、のめりこみます。
自分が経験したわけではないのに、
経験したかのような、不思議な感覚が残ります。
生放送の間は、
中国紀行に参加してしまってるような。
リアルタイムでのレスとのやりとりもあり、
とても楽しい時間です♪
それは、場を共有しているという事なのかもしれません。
  • 2006/07/24-22:55:12
  • 投稿者 : よねこ
  • URL
  • 編集

[C3095] >[3094] は

「イーキンの女朋友」の投稿です(汗)
  • 2006/07/24-22:50:54
  • 投稿者 : イーキン
  • URL
  • 編集

[C3094] >なぜ「生放送」をするのか?

中国紀行中のもりけんさんは、あまり仮説をじっくり考えている時間が無いのではと思っていました。
夜遅く部屋に帰って寝る時以外は一人でいる時間があまり無いのではと思ったからです。
紀行中は、ただ向こう側からどんどんやってくるものをそのまま飲み込んでいると思います。
じっくりと吟味したり、それこそどっかり座って腕を組んで“評価”していることが無い
と思いました。
じっくり仮説を練ったり、回想したりすることは、東京に帰ってからいくらでもできると
思います。
改めて講演会で中国紀行の調査内容について話をする時も、ありのままなのですが、紀行
中の生放送は、まったく精査されていない状態の、とにかくもりけんさんの手の中に集ま
ったばかりのまさに手付かずの状態の情報に接していると思います。
大げさに言うと、マラソン大会で走っている最中の選手の隣で一緒に走りながらインタビ
ューをしているような状態に近くて、生放送中も「早くレスを入れないと次の話題へ行っ
てしまう~、早くしろよぉ~、早く何か書けよぉー」っと、ずっと自分に言い聞かせてい
ましたが一言二言入れるのがやっとでした。
  • 2006/07/24-22:47:29
  • 投稿者 :
  • URL
  • 編集

[C3093] 生

同じ時間に意識して乗り合わせてるってのが…生ならではだと思いました。同じ時簡に空間を越えて交差してるのがすごい鮮烈でした。

[C3092] もりけんさん、おかえりなさい^^

(↑亀ですが、嬉しかったので・・・。)
もりけんさんの中国紀行では、数々の写真がアップされて、
情報が山のようです。
生放送もそうです。
去年の冬の生放送で感じたのですが、(←止まってるのか!?いえ、そうではないですが、もう少しだけ掘り下げてみようと思いました)
生放送は、不思議です。もりけんさん独り占め状態(汗・嬉)に
なります。
それは、生放送のときだけに感じる気持ちです。
なぜなのか少し考えてみました。
情報は、問いをもったときに欲しいものだと思います。
三次元では、音、映像、感触、という事柄で問いの答えを感じていると思います。
問いをもったとき、渇いています。
問いの重要さ、というのをもりけんさんとご縁があってから
考えるようになりましたが、
渇いている状態のとき、「もっともっと欲しい」という状態に
なると思いました。
もりけんさん独り占め状態だと、「もっともっと欲しい」という
状態が快く満たされるのかもしれないと思いました。

生だから、場を共有しているのと、、音、映像、かなり満たされている状態になるから・・。
うーん・・・・・・・。。
意味不明になってしまいました・・・・。
考えます。。。
  • 2006/07/24-22:38:33
  • 投稿者 : マリ
  • URL
  • 編集

[C3091] >なぜ「生放送」をするのか?

巌流島の話もNHKと吉川栄治とはまた違ってました。
ひとつの出来事も、見ると聞くはすごい差があります。
百聞は一見にしかずと同じで生放送もHPの書き込みと違って時差もなく、もりけんさんの情報がもりけんさんの声や表情やジェスチャーで強弱がつけられて、それがすごいインパクトになります。りんごさんがチャイナから素早く着替えてメイドりんごさんでメイド化を喋るのは
場にさらに入っていけると思います。ドラマに流れる音楽と一緒だなって思いました。
文章という視覚だけと違い、言葉からの情報量って
すごくたくさんだなって思います。
生放送って場の中への入り込んでそこから思考が広がって、それが共有、つながるってことじゃないかって思います。(上手くいえませんが)




  • 2006/07/24-21:59:50
  • 投稿者 : Ciel
  • URL
  • 編集

[C3090]

私も初女装したら土方に蹴られ凹みました・・・
  • 2006/07/24-21:48:26
  • 投稿者 : 明男
  • URL
  • 編集

[C3087] >なぜ「生放送」をするのか?

情報量が、圧倒的に違うと思いました。

そこにいるのは、生身のもりけんさんで、生身のりんごさんです。。

時間も、リアルタイムです。

私は、生放送の間、もりけんさん&りんごさんにたいして、完全に受身状態になってしまいます。。

なんていうか、私は、身動きがとれなくなってしまいます。。

息がつけなくなってしまいます。


冷静さや客観性を喪失させてしまい、「場」に引き込む力が、生放送にはあると思いました。


  • 2006/07/24-20:31:26
  • 投稿者 : あかり
  • URL
  • 編集

[C3086] >私の口から直接喋るのは、別だと思います。

書き込みだと顔も見えないし、もりけんさんはもりけんさんなのだけど、ちょっと違うもりけんさんのように思えます。
書き込みのもりけんさんは、読む側の頭の中で再生されているような気がします。生放送でしゃべるもりけんさんは、こちらで再生する間もなく、飛び込んでくるもりけんさんで、書き込みならこちらの速度で読めるけど、しゃべるもりけんさんは、もりけんさんの速度でこちらに情報が入ってきます。
もりけんさんのスピードは速いので、こちらの耳に入ってくるのも速いし、もりけんさんらしい感じが書き込みのときよりたくさんあるのではと思います。ただ、こちらの速度はもりけんさんより遅いので、気がついたときには思考が何テンポも遅れているような気がします。
  • 2006/07/24-19:56:14
  • 投稿者 : リョウコ
  • URL
  • 編集

[C3085] >なぜ「生放送」をするのか?

圧倒的に敏感になると思います、感覚が
外国からしかも本場中国からマックスセレクトというか秘儀というか、占いと時空のリンクというか物理の世界と、名前とか生年月日とか顔とか、しかも書物にそれらと繋がるというかリンクする情報が(!)インデックスをひけば解るというのは、もうフラフラです
そして究極が、生メイドりんごさんの画像が~
これだけ非日常感多々の世界に、メイドりんごが語る映像はデジタルに感覚変わる感というか、メイドさんモードや私は結果が、思考を超えてイッタ感です

[C3084] 生放送では

まず、画像によって視線の主導権を奪われます。
そして、音声によって時間の主導権を奪われます。
私たちは、画像と音声のメイドにならなくてはなりません。
縛られば縛られるほど、刺激が強烈にかんじられる のだと思います。
  • 2006/07/24-19:44:49
  • 投稿者 : L.B.
  • URL
  • 編集

[C3083] >なぜ「生放送」をするのか?

書き込みが響いています。
生放送では、もりけんさんと、りんごさんの姿が迫ってきました。
例えば、手放すことについて、もりけんさんは沢山の分かりやすい事例から文字にされています。
このことを頭で覚えて唱えても、まったく意味がないと思います。

人がとうてい及ばない、ぼう大な量のお経を暗記して唱えているのと似たか寄ったかと思います。
「アッお坊さん申し訳ありません」(汗)。

それをくどくど唱えても、ただそれだけのことと思います。
自分の中に、ただそれだけの事って、とても多いと思いました。

[C3082] >なぜ「生放送」をするのか?

もしも生放送そのものの再現を考えたら、全く同じことを文字化することは難しいと思いました。

途中で映像に切り替える時のもりけんさんの表情、合間にテーブルの上に置いてある飲み物を飲む間などの再現が必要かは分かりませんが、そんなことも生放送を作る微妙なパーツのように思います。
その様子を見ていると、リアル性を感じます。時間の共有をしているんだなと思ってしまいます。

同じ内容をもりけんさんとりんごさんが喋ったとしても、身振り手振りの違いや話し方の違いが出て、それによって話が持つ雰囲気も変わると思いました。

ですので話す側も見ている側も、違う印象を持つような気がします。その雰囲気を文字で表現することも難しいと思いました。

生放送では話す内容についていくことが精一杯です。何しろ展開が速いので。
ですから難しいと感じたり分からないと思っても、それを考える間もないです。

文章化されていたら、自分のペースで読むことができます。考えたり、繰り返し読むことも可能です。

比べると、どちらも初めて聞いた内容でも受ける印象や衝撃が全然違うと思いました。

生放送は、文字から分かることよりも沢山の情報が内容と共にこちらに押し寄せてくる気がしました。こちらの処理能力が低くて、それにのまれてしまっていますが・・・

今回の生放送は、PCの調子が悪くて繋がったと思ったら突然切れて、立ち上げることの繰り返しをしていていました。ですから殆ど見ることができませんでした。
それでも、もりけんさんの動く姿、その姿から発する声を聞いたときなぜかとても感動しました。

放送時は、家族がざわついている環境と生放送の環境の2つが同時に存在していました。接続が悪くなることも重なって、その間を行ったり来たりしている自分が、不思議な状態にいると感じました。

[C3081] >なぜ「生放送」をするのか?

一回目を再放送でみました。リアルタイムに見れればよりその場の流れを感じることが出来たと想います。
>なぜ「生放送」をするのか?
つながることは、後でも先でもなく、今その瞬間だと想います。「生」の味を味わうことで、いろんな違いがわかる様な気もします。食べ物でも同じです。後から、味わうのもいいですが、また、加工されるのも良いですが、素。。そのまんま、、、はとても新鮮です。
  • 2006/07/24-17:58:50
  • 投稿者 : じんのり
  • URL
  • 編集

[C3080] >なぜ「生放送」をするのか?

リアルタイムで画面からもりけんさん(りんごさん)が私に向かって語ってくれていて私のレスが読まれたりするとつながっているんだととてもうれしくなります。
そしてもりけんさんが語ってくれる内容や映像はとても軽そうな感じなのにすごく心の中や頭に残って何だったんだろうと考えてしまいます。
パソコンを通じているのに間近にもりけんさんや「生放送」を見ている人たちと一緒にいるように感じます。
直接、語られることは文字だけでは伝わらない何かを伝えているように思います。
  • 2006/07/24-15:53:19
  • 投稿者 : 小町
  • URL
  • 編集

[C3079] なぜ「生放送」をするのか?

文字になったものを後でじっくり読むのもいいですが、生放送はここにいながらにして中国のもりけんさんと場の共有が出来るような気がしてとても嬉しいです。
笑顔のもりけんさんの映像が話をしている声が聞こえるというのは文字を読むこととは全く違います。
セミナーで直接お話を聞くことに匹敵すると思います。
生の情報を現場のもりけんさんから聞くことが出来るという点ではそれ以上だと思います。
  • 2006/07/24-15:29:01
  • 投稿者 : ゆきんこ
  • URL
  • 編集

[C3078] >なぜ「生放送」をするのか?

文字だけだと、自分の想像で補う部分が多いと思います。映像だと言おうとすることが情報が多い分、伝わりやすいだろうと思います。
どういうニュアンスで言ってるのかということが伝わりやすいだろうと思います。
また、生で双方向だったりするともっと伝わりやすいだろうと思います。

[C3077] >今回は初めて女装で生放送をやりました。

りんごさんの最初の出だしがとてもゆったりとした口調で、やっぱりりんごさんだとちょっと違うなぁと思いました。
メイドさんに着替えたときもすごく嬉しそうで、「(下着が見えると困るから)今回はこのポーズでやりまぁす☆」と言ったのも可愛らしかったです(笑)
 
中国だとりんごさんがちょっと開放的な感じに見えるのも、中国の「場」なのかなと思いました。

[C3076] >生放送

もりけんさんが生放送される理由のひとつには、視点移動があるかと思います・・
こちらも、サイトの文字を読むときは、好きなとこで区切ってヨイショヨイショと取り込んでいくのに対して(それでも浅いっ甘いからっ、バカみたいなんじゃなくてバカそのものなんですううっという声がどこかからしました・・・意味不明)、生放送を拝見しているときは、もりけんさんの語りに合わせてゆらゆらとそしゃくルートを旅している感じなのが心地よかったです。
ふむふむふうん・・と手放してただついていくと、ほお!という意外なゴールにたどり着け、軽い驚きに目覚める気分やらホッとするやらという感じです。
後半の、りんごさんだから2,3分遅れた、もりけんさんならそうはならないというのがおかしかったです。
確かに、スカートのすそはだけて取り乱してセーフとなるよりも、座り方までばっちりキメたりんごさんに会えた方が嬉しいかもしれません。
外側が大事!ですもん。
視覚聴覚ともに満たされつつ、同じ時間を共有している快感を初めて味わえて感激でした。
なので、再放送はもうしばらくしてから拝見します。

[C3075] >なぜ「生放送」をするのか?

中国からの第一回目の生放送で、トラさんが動いて喋っている姿を初めて見たとき、「トラさんってこんなに若いんだ・・」と思って感動して涙が出そうになったことを覚えています(笑)。
「こんなに若いのに、六爻占術を一人で発掘してここまで体系化してきたんだ」と思って・・。
 
写真にはすべての情報が入っているとよくいわれますが、それでも写真で見ると、もりけんさんがあまりにもネンチンなので、一回り近く下のトラさんやダンさんの若さがあまり伝わってこないのですが、動画で見るトラさんはすごく若くて、若いオーラというかエネルギーというかが画面からすごく伝わってきました。もちろん、トラさんは研究者タイプの人で決して活発な感じではないのですが、それでも、なんというか、若さというか初々しさというか、そういうものがすごく伝わってきたのです。「ああ・・あんなにすごいことをやってのけている人がこんなに若いんだ・・」と思ってとても感動しました。
 
写真からでは面相の判断ができないと面相師が言っていたそうですが、やはり実際に動いて喋っている姿からダイレクトに伝わってくるものというのがあるのだろうと思います。
 
文字には文字のよさがあり、文字の方が精確に伝えることができる部分もあるとは思いますが、でもやはり、文字よりも写真、写真よりも動画・・というように、次元が1つ増えると情報量も圧倒的に増えるのではないかと思います。
 
もりけんさんの緊張とか興奮とか驚きとか・・そういう言葉にするのが難しい部分、あと以前もりけんさんがブログにも書いていた旅行中の「間」なんかも、言葉にしちゃうと大したことないかもしれないですが、もりけんさんの口から直接語られることで、ああ・・そういう感じだったんだなぁと、そのときの「場」を共有することができるように思います。
 
あとやっぱりリアルタイムで生放送に参加すると、もりけんさんと繋がっているという感じがしてすごく嬉しいです。

[C3074] 生

あんまり自分でいられないって気がします。展開がはやくて。言葉は自分を通すしかないんですが…こもる暇がないです。

[C3073] 生

全然違うと思いました。なにも留め置くことはできず、話題も画像も流れる。その時しかない。考えることができないです。ただ入ってくる。ほんで思ったことをただレス。あほでも。なんというか…出してみるしかないし、出たとこでイッテみるしかないし。四の五の考え回さないってのは…新鮮な体験でした。ところで…「宮本武蔵」読んでるんですが…なんつかーヘボですんません。天地にあやまっときます。のるかそるかの瞬時に…自分て鈍だなと思います。もっと軽く鋭くなりたい。…と思わずにはいられない。(汗)
ハードとソフトの話は…分析不能のまま入っています。

[C3072] なぜ、生放送をするのでしょう?

文字との違い・・
本のもりけんさんは、穏やかで大きくて安心するものがあります。
HPのもりけんさんは面白くってエッチで、でも誰かを斬るときは
コワイです(爆)鋭いし、少年みたいな感じがします。
そして実物のもりけんさんは、笑顔で若くて声が素敵で早口で・・
引き込まれるような魅力です。
全部に共通しているのが、話してくれる内容は色々ありますが
見つめている先はブレるとゆうことがなく、どんな物事でも
色んな角度から捉えて・・ベースの問いへと結びつけていってる点
だと思います。
・・でも生放送は、限られた時間を切り取って、ものすごい出たとこ
勝負です。ハプニングがあります(笑)
講演会につながるような「問い」が前回の中国紀行の誰かの「問い」
にあり、答えに窮する場面があった・・とゆう書き込みが以前、あり
ました。
そうゆうこともあるのが、生放送なんだなと思います。
例えば、今回女装して生放送してくれました。
初めて女装を見る方は驚いたと思います。あまりに綺麗なので・・(笑)
違和感もないし(私は何回も写真で見たから?)それに、ただ趣味で
やっている人とは違う・・とゆうのに、何となくでも気づくのではない
かと思います(人によるかもしれませんが・・汗)
もりけんさんはHPで誰かを斬ったりする時、リアルな感情の動きのまま
表現しているのだと思いますが、その場で見ていなければ・・伝わっては
きません。
誰かが斬られている時、その場で画面を見ていると、背筋が凍ります(爆)
でも、もしこれが生だったら・・また違うと思います。
もしも笑顔で言ってたら感じ方が違います。もし今回の生放送のように
女装して怒ってたら、笑っちゃうかもしれないし・・(汗)
生放送では、他にもたくさんの・・あらゆる色んなことから情報を
受け取っています。
それはお互いにそうなのではないかと思います。
もりけんさんは、私たちの顔は見えませんが、その場のレスや「質問」で
つながります。
その場で出てきた「質問」に答えるとゆうのは、言葉を選ぶとゆう作業が
すこしぶっとぶと思います。あの早さで話すわけですから、どんどん
無意識的な語りになってゆくんだと思います。
思いがけないものがたくさん浮かんでくるのが生放送だと
思います。



[C3071] 生放送

生放送では迫力が違います。臨場感が違います。
それに一度しゃべったことを聞きなおしたくてもそれは出来ません。
だから必死で聞くと同時に、もりけんさんの一挙一動をじっと目を凝らしてみていなくてはいけません(スカートをめくったりするし・・(笑))
見逃してしまうと、次の展開が始まっても気になってしまいます。

文章で読むときと話を聞くときでは不思議と内容の強弱が違って聞こえます。
今回もそうですが、ちょっと考えたり、のりにのってしゃべったりすると、この考えはもりけんさんにとってもすごいことなんだなということがリアルに五感を使って飛び込んできます。

真夜中の独り言を見逃して翌日読むときも印象が違うのもそのせいだとおもいます。
ひとりごとは生放送のような感じがします。
でも翌朝見ると文章というかカキコになっています。
生放送は訂正が出来ないし、内容的には文章にした方がたくさんの情報が乗せられると思いますが生は生の迫力が文章とはまた違った形であると思います。
多分右脳で受け取るのかもしれません。
だからごちゃごちゃ考えずに瞬間的に手放して聞かないといけないような気がします。

二部の方は何分か遅れました。
それはりんごさんがおめかししてたからのようです(笑)
りんごさんになったことで占いの世界を受け入れることが出来たと聞いたことがありますが、りんごさんのほうが衝動的なのかもしれないと思います。

りんごさんがにこやかにチャイナ服やメイド姿で笑うと一部とは雰囲気がまたぐっと違ってしまいます。
それはまるで自由自在、風のように日本と中国を行き来しているもりけんさんのようでした。
  • 2006/07/24-12:25:35
  • 投稿者 : 空タネ
  • URL
  • 編集

[C3070]

まず、リアルタイムでもりけんさんの姿が出てきたときに、写真アップを見るよりさらに、何故だかホッとするような感じがあって、中国紀行の場がずっと近づく感覚になりました。
書き込みの中で、もりけんさんの運命が次々と展開されていくところの描写は、その文章の羅列と行数の多さから、圧倒されるような迫力を感じました。
そして、生放送でその時の気分はどうでしたかという質問に答えているところでは、その時の驚きがダイレクトに伝わってくるようでした。特に「一連の繋がりの中で今この瞬間私が存在する」という語りで、感じるものがありました。
メインの書き込みでは鋭い緊張感を覚えることが多いのですが、生放送で直接の声を聞くと、とても深いことを語っているところでも、軽やかで暖かい感じが言葉に乗せられているような気持ちになります。
ああ、もりけんさんが目の前にいる・・・と(物理的には遠い距離にいるのに)そういう気分になって観ていました。
第二部でチャイナ服で登場して、動画を挟んで次にメイド服に変わっていて「あっ」と思うのも、生放送ならではだと思いました。
  • 2006/07/24-12:22:16
  • 投稿者 : 未来
  • URL
  • 編集

[C3069] >しかし私の口から直接喋るのは、別だと思います。


もりけんさんの顔が見えるのと見えないのでは、何かが大きく違います。
瞬間の表情が見えるからかもしれません。
もりけんさんの声が聞こえるというのも同じです。
伝わってくるものの量がとても多いのだと思います。
 
もりけんさんが一瞬考え込んだり大笑いしながら喋っている姿を見る私
の反応も、文章でやり取りしている時よりストレートで激しいです(笑)
画面の前で大笑いしながらレスを書いたりしてます。
 
いつもはどうしても割り込んでくる冷静さは、生放送の勢いに負けて割
り込むことができないのだと思います。
  • 2006/07/24-12:12:45
  • 投稿者 : ぷく
  • URL
  • 編集

[C3068] それは何でしょう?(笑)

う~~ん。。個人的には。。。流血妄想充電吸血中>▼_▼<(爆)††
  • 2006/07/24-11:46:04
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C3067] 異なる視点、

もりけんさんの体験が、よりダイレクトに伝わってくるように思いました。
文字の数ビットの情報にくらべ、画像は情報量も多いですが、時間は20分だったので、中国紀行の自身の体験にたいして、もりけんさんの生放送上では、文字の場合よりもくくりが絞られていたと思います。でも情報は、多かったです。

また、もりけんさんの体験のうち、今どこがポイントだとおもっていたかが、文字よりも、絞られていたように思います。

りんごさんでの放送の場合は、もりけんさんでの放送の場合よりも、下位的な内容だったように思います。
きっと、もりけんさん自身も、りんごさんになることで、自分の体験を別の角度から眺めることになったのだと思います。その場合も、カラダという環境を変えることで、同じ人間にして、ここまで、違う視点になれるのだと、思いました。

あと、レスをするほうにしては、独り言のときよりも、こちらは、高速に対応しないとならないので、しかも、コメントと質問を同時に行う状態で、かなり、テンションがあがりました。
体裁を気にする余裕がありませんでした。
1秒未満の単位で、放送上の場が変わっていくからです。
今度機会があったら、書き込む画面と、映像の画面のサイズを小さくして、両方画面にたちあげて、画像チャットみたいにできるようにして、臨みたいと思いました。

[C3066] 見たいです

今回はじめて生放送を見ました。
第一部だけです。第二部はちょっと見逃してしまいました。
再放送をみたかったのですが、配信されていません。

第二部は女装されていた、ということで配慮されたんでしょうか。
実は私は女装には拒否反応があります。でも放送は見たいです。
どんな感じの「女装」なんだろう。
こわいもの見たさ(失礼しました)ということもあります。

もちろん女装された、もりけんさんを否定するつもりはありません。
女装はもりけんさんの人格の一部でしょうから。
そして、もりけんさんの活動とロッコウ占術に生きる力を戴いています。

すこし矛盾した心情ではありますが、見られないとなると、早く見たいです。
なんとか配信をお願いします。
  • 2006/07/24-11:00:38
  • 投稿者 : 十四郎
  • URL
  • 編集

[C3065] なぜ「生放送」をするのか?

 今迄に私はリアルで一回しか見ていません。今回も再放送で見ました。それでも「場」と「時間」を共有した錯覚に今回も陥りました。視覚的に生のもりけんさんが口を動かしてる画像と講演会のようなたたみかけるように語りかけてくる流れ、文字での表現の長く停滞して考える様なインプットではありません。「場」の流れをとても感じますし、PCの向こうのもりけんさんから中国紀行そのものの勢いを感じます。見た事をこれは直接的に生きの良いまま、届けてもらっているような感じがします。語り口調の強弱だけでも、ああこれにもしかしたらポイントがあるみたいな、本当に現場の感覚を届けてもらっているような気がしました。編集され文字にされる前の素材の凄さが一番伝わるのが生放送かなと思いました。
  • 2006/07/24-10:42:23
  • 投稿者 : yk
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://fushigikenkyujo.blog62.fc2.com/tb.php/91-0783344d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

くろこ

プロフィール

森田健(もりけん)

Author:森田健(もりけん)
もりけんブログへようこそ。
楽しんでいって下さい。

■無料会報誌「不思議の友」について
森田健が実際に足で歩いて遭遇した出来事を皆さんに報告する場として「不思議の友」という無料会報誌を出版しています。
この本は、読んでいただけるだけで嬉しいです。
でも、何か意見を返してくれるともっと嬉しいです。
不思議なことに興味がある方、不思議なことを解明したい方、または新しい生き方を見つけたい方のためのものです。
最新号は常に無料でお送りしています。
新しくお申し込みの方はこちらからどうぞ


最新号「不思議の友15」が届いていない方。
以前不思議の友が何度かお手元に届いた方で、この号が届いてないという方
は、


●03-3378-9845
●平日10:00~12:00、13:00~18:00

にお電話下さい。
その際「ブログを見た」と言っていただけると嬉しいです。

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

たまちゃんカップ時計

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。