Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C3465] 占いに出ない幸・不幸

もりけんさんの最期の描写は、
不幸というのとは、全く違うように思います。
幸・不幸とは、もしかしたら
他人と比べることで生まれてくる、他の感情が
深く関わっているものかも知れないと思いました。
  • 2006/08/23-21:01:59
  • 投稿者 : まる
  • URL
  • 編集

[C3346] 「幸せ」は、占いでは出ない

「不安」であるとか精神状態がわかったりするのに、幸せな状態が占いではわからないとは。。。
幸せが特別なのか、時空には幸せの概念が無かったのかな、とも思いました。
不幸と思っても視点を変えるだけで、不幸ではなくなることもあるので、幸せはどうとでも捉えられるから占いでは決められないのかもしれません。
  • 2006/08/15-16:17:18
  • 投稿者 : REI
  • URL
  • 編集

[C3327] 「幸せ」は、占いでは出ない

幸、不幸って尺度が違うと思うので占いではあらわされないのだと思います。占いって現実に起こる出来事のまま伝えられるのだと思います。
お金の損とか病気は一見不幸かもしれないけれど、結果それが転機になって幸となることもあると思います。
精度の高い占いでの死の表現は柔らかな心地の良い気持ちのよさを感じました。とても不幸なんて思えないです。そんな風に逝けたらとさえ思いました
言葉ひとつで幸にも不幸にも感じることって沢山あるって思いました。


  • 2006/08/13-03:29:02
  • 投稿者 : Ciel
  • URL
  • 編集

[C3266] >「幸せ」は、占いでは出ない

本当に「幸せ」ってなんなんだろうか?と思いました。私はいつも「幸せ」ではあるんですが。。。

確かに占いでは、その人の性格や個性、特徴が出るので、心の癖はなんとなく解かるかもしれませんが、「幸せ」かどうかなんて出てこない気がします。
でも、精度の高い占いは、財運とか恋愛運の吉凶とか、どんなことが起こるかがかなり詳しく出てくるので、それを知った本人は、それに期待したり、失望したりすることはあるかもしれません。
また、その本人の心の癖と、その本人に起こる現象を両方見ることで、「ズバリ!あなたは今、良い家庭を築けて幸せですね!」なんて勝手に推測して評価する占い師も日本にならいるかもしれないなー、と思いました。

でも、「幸せ」てそういう次元(?)じゃないような気もします。

果たして、社会から出てくる問題への対処が上手くなることが幸せなのか?ツキを上げたり、運を良くすることが幸せにつながるのか?瞑想をしたり、お経を唱えたりして、高い次元につながるの幸せなのか?自分が幸せだとして、幸せになりたいと言っている人がいて、その人を幸せにすることはできるのか・・・
などと「幸せ」というキーワードから色々考えている自分がいました。改めて「幸せ」ってなんだろう?ってテーマとして自分も持っていたんだいうことを思い出した気がします。

[C3265] >文章を読んでいるだけで

幸福感に包まれました(爆)、いえ、気持ちよくなりました。


なんらかの意図をもって、人を動かしたり制御したりしたいとき、
アメと鞭ではないですが、綺麗な言葉と、脅かす言葉が生まれてきたのかも・・・と思いました。

それらは、、たぶん、「騙されるもの」だと思いました。表面が綺麗なものに近寄りたくなったり、また怖い者に傅きたくなったり・・・
(ちょっとそれてきたかも)
幸せ・・・は、比べるという階層のなかでの、競争意識をあおるものが、綺麗な言葉で飾って出てきたように感じました。
(意味不明ですが・・・(汗))




  • 2006/08/07-17:34:15
  • 投稿者 : マリ
  • URL
  • 編集

[C3264] 「幸せ」は、占いでは出ない

運が良い・悪いは、自分の思い通りなるとか楽しい事が多い・思うようにいかない、苦しい事が多いと言う感じでしょう。
だから、運の良し悪しと幸・不幸は、普通は相似関係だと思います。

とはいうものの、幸・不幸は本人の感じ方にあるので一概には言えません。だから、外側から「幸せそうに見える」と言えても、占いで「幸せです」とは言えないのかもしれません。

もりけんさんは、「なる幸せ」→「ある幸せ」→「幸・不幸のない幸せ」を書かれているのかしらと思いました。

手放すと「なる幸せ」→「ある幸せ」にシフトする気がしますが、そこから「幸・不幸のない幸せ」を感じるには、もりけんさんの場合は下位の問いへ向う強い好奇心と視点移動があると思います。

私の過去に幸・不幸がなかったかと言えば、もちろんあります。(爆)
私の大きな視点移動は、結婚・子育て・交通事故・加齢、そして不思議研からもたらされました。

視点移動して見れば、過去に「不幸だ」と思った事も、例えばダメになった恋愛も、「やっぱり、ダメで良かったのね。」と思ったり(爆)、できた自分もできなかった自分も少しずつ肯定できる気がします。

でも、現在・未来に関わる事は、難しいです。土壷に嵌まった時に「そうきたか」と呟けばふっと視界が開けるかも知れません。(笑)

視点移動は、好奇心全開のワクワクもあるかも知れませんが、同時に怒って笑ったり・泣いて笑ったり、過去にも現在にも未来にも生きることもあるかも知れないと思いました。

「ないがまま」は分かりませんが、「幸・不幸のない幸せ」からチラッとかいま見た気がします。

[C3261] >「幸せ」は、占いでは出ない

占いの意味良く考えると分からなくて、辞書で調べました。「吉凶などをうらなうこと。運勢を占うこと。」とありました。

読んでも、占いの意味は分かりませんでした。

とりあえず占うことは吉凶を知ることだと理解しました。

吉が幸せであり凶が不幸といえるなら、占いで幸せは出ると思いました。
でも吉凶を決める基準があるようでないと思いました。

人生において何かコトが起こっても、人によって受け止め方は違うと思います。
事故にあうことは占いで言えば凶だと思います。
でも、事故にあって「しばらく入院して精神的にも養生できる」と思う人がいれば、その人にとっては吉の出来事になるかもしれません。

そう思うと、占いでこんなの出ました・・・と凶が出ても、それが当事者にとっての価値観によって変わるものだと思いました。
幸せ不幸というのは、それを思う当事者によって随分変わると思いました。

[C3260] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2006/08/07-12:10:00
  • 投稿者 :
  • 編集

[C3259] 不幸な出来事と幸福な出来事

死について思うのは、もりけんさんの死の描写は不幸そうではなく、お父さんに会いに行くもりけんさんは実際、その時、不幸ではないのかもしれません。
しかし、残された家族は不幸かもしれないと思いました。
また、結婚について、思い出せば、私は独身の時、不幸な結婚なら、結婚しない方がいいとも思っていました。
その根本には楽したいとか、つらい目に遭いたくないというかそういうことだったのかもしれません。それでも、縁があり、結婚というものに飛び込むことにはなりましたが。。
しかし、どういう出来事であれ、流れに乗っていれば、不幸な事はないのかもと思ったりしています。今は。。ですが、そう思ったりします。

[C3258] >「幸せ」は、占いでは出ない

なぜ幸せは占いで出ないのかということをずっと考えていましたが、よくわかりません。
人それぞれ感じ方が異なるからとか主観的なものだからという見解がありますが、それではあまり説明がつかない気がします。
どのように感じるかということも運命で決まっているのだとしたら、感情も決まっていることになり、人によって感じ方が異なるから・・とは言えないように思うからです。
確かに感情は占いでは読みにくいです。
でも、たとえば「一生涯、福があって楽しい人生でした」の「楽しい」というのも感情です。
また、「不安」とか「心配」などは空亡ととう蛇で読むことができますが、それらも感情だと思います。
感情は占いでは出ないわけではなく、抽象的なものなので、具体的な事象に比べて読みにくいというだけなのではないかと思いました。
具体的にお金の損があるとか怪我をするとかいうほうが読みやすく当たりやすいと思います。
だから、感情は占いでは出ないような気がしてしまうのではないでしょうか・・
また、幸・不幸は主観的だから・・という見解もありますが、六爻占術の卦のくくりはどちらかといえば主観的なもののような感じがします。
天気占いにしても、必ずしも客観的なくくりで卦が出ているとはいえなかったのではないでしょうか・・。
だとすれば、主観的だから・・とは言えないのではないかと思いました。
幸・不幸が占いに出ないというのは、人それぞれ感じ方が違うからとか主観的なものだからということとはまた別問題のような気がしています。
もりけんさんの亡くなるときの記述は不幸という感じはしません。
幸せな感じがします。
でも、それでも、第三者がその出来事を客観的に(簡潔に)伝えるとしたら、「森田さんの家にご不幸があって・・」という言い方をするのではないかと思います。
死=不幸という暗黙の了解があり、婉曲な表現という感じです。
そのように、幸・不幸というのはなにか暗黙の了解的な部分があって、主観と結びついていないのではないかとふと思いました。
女性であれば結婚して子供を持っていれば「幸せ」でそうでなければ「不幸」のように、実際には必ずしもそうとは限らないのに、そんな風に客観的な暗黙の了解のようなものが幸・不幸とされているから、どちらかといえば主観的な占いには出てこないのかもしれないとふと思いましたが、これもまだ思いつきの仮説でまだよくわかりません・・。

[C3257] しかしその占いに、書いていないことがありました。例えば・・・

続きますが。。この時点ですでに。。もりけんさんが。。原因側の暗黙の約束が成り立っています。。みずから体験してることでも当然だとおもいますが。。陰陽のご主人様とメイド側の主従関係がなりたっているのは。。シフト時に陰陽の主従関係に影響しているからだっとおもいまっすうう。
 。主従関係ができてないとシフトできないともいえるかもしれないとおもいまっすううう。。ただ。。もりけんさんが。。3次元の外側で問うときは。。無意識そうから。。シフトに続いた答が下りてくるとは一概には。。言えないとおもいまっすううう~。。3次元の意識層が与える影響が。。おおきすぎるからかなああ~~。。(ll δ。).。oアアアァァァ~~~~今日は。。朝から。。かたすぎる。。。。汗汗。。。

  • 2006/08/06-06:25:42
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C3256] 死というのは不幸なことだと言われています。

死を覚悟することで。。3次元とのつながりがきうすになり。。シフトしやすくなるのではとも思います。。また、陰陽が最後まで沖しているのは。。シフトしたわたしが。。あの世へいってしまわないためかなああ。。でっすううう。。。また浮遊を繰り返していると3次元のわたしの存在は。。パカパカ赤色点滅状態がつづいているということかなあでっすううう。。。陰陽が感知しないで。。一人で浮遊する状態のモンロー研究所では。。意識側をコントロールして。。3次元に戻れる状態を常に作って誘導してくれてるのかなあでっすううう。。。もりけんさんの問いが前提に合ってそれからすべてにシンクロしている可能性があるとおもいましたああ♪♪ほとんど。。とけたので。。浮遊しちゃいまっすううう~~♪♪謎があるほうがよいね~~♪♪
  • 2006/08/06-00:07:38
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C3254] >幸せ

不幸せは今ここではないどこかと今を比べている気がします。
自分の欲望の中にあるどこかいつかとか、過去のある時点などです。

今・ここという視点が抜け落ちていたり、また視点の向きが帰られない場合も不幸せに囚われる気がします。
 
もりけんさんが出会った精度の高い占いは、もりけんさん自身にしか対応できないものだと思います。他の誰々さんの人生と比べていません。

外側から見えるけれども、唯一無比という主観のような占いだからこそ、不幸せな感じがしないように思いました。

客観が入ると不幸せなのかもしれません。

[C3253] >「幸せ」は、占いでは出ない

幸せか、不幸せか・・って、これはある出来事を「評価」していることになるのではないか・・と思いました。
精度の高い占いは、そこに何の評価もせず、ただ「事実」だけを述べているように思います。

「評価」するにはどこかに基準がいります。
いったい、その基準はどこにあるのか・・

そういう自分も、何かにつけ、評価するような見方で、自分や人、出来事などもも、見ているような気がします・・
ただ事実だけをそのまま受け取り、事実だけを表出する・・
そのなかには、幸せか不幸せか・・というのはなくて・・
幸せが前提のような・・あたりまえのような・・そんな気がしました。

[C3252] あ。。

コウモリ女ちゃん、
ひさしぶり☆
  • 2006/08/05-09:42:02
  • 投稿者 : あかり
  • URL
  • 編集

[C3251] 今回の中国紀行でも、精度の高い占いに沢山出会いました。

う~~ん。。わたし的には。。もりけんさんは。。森田健。。もちろん、りんごさんもあるけど。。Ken,Moritaとかも。。使ったほうがいいんじゃないかでっすううう。。。(=・ω・=)にゃ~♥
  • 2006/08/05-09:27:04
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C3249] >夢のように一生を終わります

幸福や不幸は時と場合で人それぞれです。
だから厳密に言うと幸福も不幸も存在しないのかもしれないと思います。
しかしこの精度の高い占いはなんて素敵に人生を語るのかと思いました。
願わくば、夢のように一生を終えたいものだと思います・・。
ただし○月○日と期限を切られても心穏やかに残りの人生を終えるには私自身にはまだ諦めが足りないかもしれません・・・(汗)
  • 2006/08/04-23:15:24
  • 投稿者 : 空タネ
  • URL
  • 編集

[C3248] 不幸、幸福って、

抽象的で、占いの判断にそんなのが出てきたら、なんだか全然わかりません。具体的な出来事と、不幸、幸福は関係ないのだと思います。不幸や幸福は、人間の主観でしか存在しないものって気がします。
  • 2006/08/04-22:05:17
  • 投稿者 : リョウコ
  • URL
  • 編集

[C3247] 今回の中国紀行でも、精度の高い占いに沢山出会いました。。。

陰陽の相沖関係は。。。シンクロを増すためだとすると。。道教。。虹色。。太陽系の拡散~~。。というのも考えられるのかも~~。。とも思いましたああ~~。。陰陽が同レベルにならないと拡散は無理なのかも~~。。でっすううう~~♪♪

  • 2006/08/04-21:28:44
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C3246] >「幸せ」は、占いでは出ない

今まで占いは自分が幸福なのか不幸なのかを見ていると思っていました。極端に言えば吉か凶か。

おみくじを引くと凶はあるのか知りませんが、吉の度合いによってランク付けしてあります。大吉、小吉、末吉という具合に・・・

精度の高い占いは、人生にランクのようなメモリは付いていないです。その人の人生をありのままに表現しています。

人生を語るとき、運命は波の動きのようだと思います。波が揺れ動く様を吉凶で表すことは、波に種類付けをして分別するようなものだと思います。

運命の波は、流れでありだだの動きであると思います。そこに幸福不幸はなくて、ただ、自然の流れで大きい波や小さい波ががあるだけのような気がしました。

その波に、良い悪いはないと思いました。
そして幸不幸を表すものでもないのだと思いました。

[C3245] 今はとても運がよい時期だそうです。

Feドリンクが。。すぐ効いてきたああ~~♪♪
ヽ(= ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄=)ノ
  • 2006/08/04-16:38:58
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C3243] これって、ちっとも不幸ではないような気がします(笑)。

いいとこなのに。。。貧血でいまいちのれな~~いい~~汗汗。。。((((○。○))))・・・・・。
  • 2006/08/04-14:19:02
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C3240] 幸せは、主観

金運も、病気も、事故も、転職も、自分以外の視点からも、計れることだったら、情報として、上がってくるのかなと、思いました。

でも、幸せは、主観だと思います。サドもいればマゾもいます。

誰の目にも幸せそう・・・って、そんなのないのかな、

占いで出てくるデータや視点は、外からの視点なんだろうと、思いました。

>日暮れに鐘の音が聞こえて、
>夢のように一生を終わります。

すごい穏やかです。

[C3239] >「幸せ」は、占いでは出ない

いままでの占い(わたしの)考えだと、幸せをどうしたら掴めるか?そのために占う。。。という感覚でした。しかし、占いに「幸せ」は出てきません。起こる出来事未来の出来事を知るだけです。その出来事に良し悪しをつけるのは、人間です。しかし、時空は、良し悪しはまったく関係ないようなきがします。ただ、起こるだけ=それがあるがまま=幸せなのかもしれません。そんな感じをうけましたが。。。いまだ私は起こる=結果を受け入れられず、こだわる毎日です。
  • 2006/08/04-09:46:54
  • 投稿者 : じんのり
  • URL
  • 編集

[C3238] >「幸せ」は、占いにでない

 占いででるのは現象であって、「幸せ」はそれに対する個の反応の仕方かなと思いました。また損や病気によって不幸になるとは限らず、禍転じて福となるようなこともあるような場合もあるので幸不幸感は個別的な現象に対する個別的な反応かなと思いました。 
 それと損に関しても、量的な差によって気にならない人もあれば、気にする人もある、幸不幸は、個人の資質に負うところが大きいのかなと思います。 
 運、不運は現象的なことであるけれども、幸不幸は、精神という独立して個別の基点がない感情によるものだと思いました。
 
  • 2006/08/04-05:01:59
  • 投稿者 : yk
  • URL
  • 編集

[C3237] 幸不幸は・・

幸不幸は、主観的なものですもんね。
いくら「あんた、不幸なんだよっ、目を覚ましなよっ」
って言われても、幸福感に酔いしれてたら
大きなお世話です。
「そんなの幸せだよ、下には下がいるよ」
って言われても、不幸な星の下に生まれてきたとしか
思えないこともあります。
比べてどうとか、押し付けられるものでもないですし、
不幸を楽しむことも、幸福を嘆くこともできる訳です。
つまり、幸不幸こそ、「結果」ではなく、
自分勝手にハンドルを操縦することを許されて
いるのではないでしょうか?
・・・と、書いておきながら、
それすらどっちでもいいや、と思える自分を発見してます。
すべてが、どっちでも。

[C3236] ほのぼの。。。

今年は。。オタスケモードな1年かなあああ。。。汗汗。。今日もテイクテイク。。。あ。。でも。。生放送のあとは一段と都合よくなってきた様な気もしまっすううう。。マッサージ。。するのもされるのも好きでっすううう~~♪♪フエイスマッサージ上手にできましたああ~~♪♪ワンア~~ン(´⌒`。)
  • 2006/08/04-01:10:27
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C3235] >「幸せ」は、占いでは出ない

死をここまで美しく表現出来るものなのかと、衝撃でした。もりけんさんを知ってから自分の中の死生観がどんどん変わっていくのを感じます。
何が幸せで何が不幸なのかは分かりませんが、死ぬことさえ不幸ではないと思えてくると、何か全てが救われたような気がしてきます。何故かわけもなく嬉しいような気持ちが溢れてきます。
皆がこんな気持ちの中で生きていくようになるならば、人の死をむやみに悲しむこともなく、全てのことを明るく受け止められるようになるかも知れないです。
生滅の12状態の長生も死も絶も、ただその状態があるだけで、そこに価値の差はないのだろうと思いました。

[C3234] >「幸せ」は、占いでは出ない

「幸せ」の定義がイマ一つよくわかりませんが、良い事があっても、悪い事があっても、幸せと感じるか感じないかは、人それぞれなんだと思いました。 
 
本当に詩的な言葉だと思いました。死ぬのなんか全然怖く感じないです。
  • 2006/08/03-23:36:30
  • 投稿者 : アフロ
  • URL
  • 編集

[C3233] >「幸せ」は、占いでは出ない

>「幸せ」は、占いでは出ない
ということは、時空から言わせると幸せ不幸せは陰と陽ではないということなのだろうと思いました。
つまり、人間の内面磨く人がつけたものさしであるということになるのかと思いました。
運命は決まっていて、それを認識して、流れのままに生きることってのが幸せってことなのだろうと思いました。
昔長渕強が歌で「幸せはつかむものではない。感じるものだ!!」と歌っていたのを思い出しました・・・
ただ、普段不幸を感じる必要はないと思いました。
それってエゴだから・・・(エゴを持つなんて馬鹿らしいっす)

[C3231] >「幸せ」は、占いでは出ない

何が幸せか、何が不幸せなのかと考えると、さっぱりわからなく
なります。
悲しいことはあったけれど、そのとき、不幸と思ったことはないような
気がします。
他人からはかわいそうと見られていたとしても・・・
幸せの基準って、100人いれば、100の基準がありそうです(汗)
うん・・・?
もしかしたら、幸、不幸なんてなかったりして・・・
ないものは表しようがないことを、古代の占い師は気づいていたの
かもしれません。

[C3230] 不幸とは冗長である

不幸とは無駄が多いことだと思います。そうだとすると幸福とは無駄がないことということになるでしょう。無駄がないとは何かの原理か法則への当てはまり具合が高いということになるのかもしれません。とりあえず原理や法則は洗練の度合いは多少関係してくるかもしれませんが、ほとんどどんな原理でもいいのかもしれません...。

運命がほとんど決まっているのであれば、つまり外から与えられるのであれば、そして、幸福・不幸が占いでは占えないということであれば、幸福か不幸かぐらいは自分できめてもいいのかもしれません(最近、自分が幸福か不幸かなどはどうでもいいような気がしてきましたが。決めるのも面倒くさいというかんじです。)。

しかし一番面白いと思ったのは、幸福・不幸は外部世界とシンクロしていないから占うことができないということではないかという考えです。天体の動きと人間の運命は関係があるというのが星うらないです。コインの目と物事の間に関係性があるというのが、ろっこう占術だと思います。

人間の幸福・不幸とは、外部世界とは関係性がないか、あるいは関係性はあってもシンクロはしていない、あるいは関係性はある程度あって少しはシンクロしているように見える場合はあっても、そのあてはまり具合は著しく低いということなのかもしれません。

  • 2006/08/03-22:23:27
  • 投稿者 : ナイル
  • URL
  • 編集

[C3229] >「幸せ」は、占いでは出ない

私が生まれてから死ぬまでの人生の中でいろいろな出来事があって泣いたり笑ったりを繰り返すと思います。
幸せと感じるのも不幸と感じるのも自分の主観でしかないです。
何が幸せって決められないから占いでは出てこないのだと思いました。
 
>一生涯、福があって楽しい人生でした。
とても、ほっとする記述です。
私の泣いたり、笑ったりの出来事も楽しい人生なんだろうと思いました。
日常であまり悩まなくなったこの頃はとても幸せなんだろうと思います。
  • 2006/08/03-22:15:45
  • 投稿者 : 小町
  • URL
  • 編集

[C3228] >「幸せ」は、占いでは出ない

2年前にもりけんさんの書いた本によって、六爻占術に出会っていなかったら、HPのも
りけんさんの書き込みを読むことがなかったら、私は私自身をものすごく軽蔑し、侮蔑し
たと思います。
今でも当時の自分の身の上に起こった出来事は、あれは自分のせいじゃないということが
半信半疑なのです。
もし私が今お金持ちで、毎日遊びほうけているか、あるいは深夜遅くまで仕事に没頭して
いる生活をずっと続けていたとしたら、毎日不思議研HPに書き込みをして、通信問題を
やって、などということは絶対にしていません。
どちらが・幸せか、
いえ、これさえも決まっていたことなのだ、と考えていつもニヤニヤしています(笑)。
  • 2006/08/03-21:23:29
  • 投稿者 : イーキン
  • URL
  • 編集

[C3227] >「幸せ」は、占いでは出ない

動物は幸、不幸を考えないです。
我が家の犬が「俺は変な飼い主に飼われて不幸だ」と言ったのを聞いたことがありません(笑)。
幸福を掴まえに行ったり、不幸を回避しようとする努力は、何でも自分の思う通りにしようとすることに近いのかも知れません。

これが極大化し形を変えて出ているのが、ミサイルを迎撃ミサイルで撃ち落そうとする発想だと思います。
どこまで行っても切りがない「無理」しか出てきません。

[C3226] ほのぼの 。。

してます。。
  • 2006/08/03-19:00:25
  • 投稿者 : あかり
  • URL
  • 編集

[C3225] >「幸せ」は、占いでは出ない

占いにおいて出るのは吉凶です。

では、吉なら幸福で
凶なら不幸なのでしょうか・・

もりけんさんは、7億円事件のとき、
おそらく財運は凶だったはずです。

しかし、もりけんさんは、ずっと幸福です。

もりけんさんが、ぎっくり腰を起こしたとき・・

原神は空亡で不吉でした。。

でも・・
もりけんさんは、

「なんだかとても楽しかったです」

といっています。

もりけんさんが、指の怪我をしたときの指浴・・

なんて気持ち良さそうなんだろう。。

と思いました。

もりけんさんは、ずっと、幸福だったのだと思います。

そして、死ぬときも。。

鐘の音が聞えて、
風に吹かれながら、
幸福感に包まれながら亡くなってゆくのだと思いました。。

占いに幸福か不幸かは出ません。

でも・・

運命を受け入れれば・・

すべてを肯定することができれば、

人はきっと、幸福の最中(さなか)に、いつだっているのだと思いました。


  • 2006/08/03-18:59:23
  • 投稿者 : あかり
  • URL
  • 編集

[C3224]

しあわせって、感情に似てるからではないかとふと思いました。

[C3223] 人間の感情は、運命では決められていないのかもしれない。

>「幸せ」は、占いでは出ない

全くの虚から突かれました。

やはり、森田健さんは私と視点が根本的に違います。

だから、刺激が常にあります。
だから、やみつきになってしまいます。
「お前はもう、オレから離れられない・・・。」

今回の中国紀行でも、たくさんの占いの結果を報告してもらいました。
 
私は完全に見落としていました。

幸・不幸が占いでは言及されていないことを。
恥ずかしいです。

完全な盲点になっていました。
まだまだです。

もちろん、占いが全てではありません。

しかし、これだけ精度の高い占いでも人間の感情には言及していません。

ということは、人間の感情は運命で決まっていないのかもしれません。

あるいは、占いでは扱えないことなのかもしれません。
人間の感情には、全く別のアプローチ法があるのかもしれません。
いずれ見つかるかもしれません。

いや、ひょっとしたら永遠に見つからないかもしれません。

[C3222] これって、ちっとも不幸ではないような気がします(笑)。

はい。。陰陽はどんな無限大ひろがりになっても。。相沖関係が。。濃厚なので。。縦方向のつながりは変わらない様な気がしまっつすうう~~♪♪沖するか沖しないかは日々変化しそうでっすうう~~♪♪「この年に亡くなります。一生涯、福があって楽しい人生でした。日暮れに鐘の音が聞こえて、夢のように一生を終わります。風に吹かれ、菊の花が黄色くなった頃、つまり○月○日、お父さんに逢いに行きます」 ・・・う~~ん。。予定どうり・・・いっぱい~~いっぱい~~かなああ( ̄~; ̄) ムシャムシャ
  • 2006/08/03-17:55:24
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C3221] 幸せは占いには出ない

>「この年に亡くなります。一生涯、福があって楽しい人生でした。日暮れに鐘の音が聞こえて、夢のように一生を終わります。風に吹かれ、菊の花が黄色くなった頃、つまり○月○日、お父さんに逢いに行きます」
 
これを読むと、生きてることも死んでからのことも
絵巻を見ているみたいで・・幻想的で美しいなあと思いました。
人から見たら大変(笑)そうなことも、本人は普通だったりそれが
気持ちよかったりして、何がいいって決めらんないと思います。
色んなことがあるけれど、退屈なのが幸せだったり忙しいのが
幸せだったりと、色々です。性格(運命・・?)によって感じ方も
決まっているのかもしれないけれど、でも何か外からこんな風に
物語のようにして聞くと、嗚呼、なんかいいなあ~って思います。
自分で話す時も、淡々と話せば大したことないことだっていっぱい
あるけれど「わ~大変だ!!(爆)」となれば、大変なことです。
でも私はそれが幸せ。誰も生きてない自分をいまぐんぐんって筆で
なぞって(笑)書いてます。
出来れば「大変!はみ出ちゃったよ!!」とかなったら素敵だなあ
って思います(笑)
誰かの美しい絵巻物に、イタズラ描きしたりして・・(いい迷惑!☆)
最後はわ~って皆でくちゃくちゃに書き換えちゃったりして
(なんのこっちゃ・・汗)
以上です。





 

[C3220] >お金の損や病気は言われても、幸福とか不幸は言われません。


私の今までの人生を不幸と思ったことはないですが、もっと細かく考えたら、
その都度起こる出来事に幸せと不幸を感じていたと思います。
 
でも幸せ感も不幸感もコロコロ変わるし、変わるのは一瞬です。
いつものようにお腹が痛くなって「なんでこんなやっかいなものを持ってるん
だろう」と不幸感に襲われている最中に、何か嬉しい事が起こったら、お腹は
相変わらず痛いままなのに一瞬で幸せになったりします(笑)
だから幸も不幸も「これが幸せ」「これが不幸」と指さして示せるものではな
いのだと思います。
 
でもお金が入ってくるとか病気になるというのは具体的に起こることです。
だから占いで表せるのだと思います。
 
>「この年に亡くなります。一生涯、福があって楽しい人生でした。日暮れに
>鐘の音が聞こえて、夢のように一生を終わります。風に吹かれ、菊の花が黄
>色くなった頃、つまり○月○日、お父さんに逢いに行きます」
 
こんなふうに言われたら、死も穏やかな気持ちで考えることが出来そうです
( ̄ー ̄°)
 
今までずっと恐れてきた死が不幸から幸せに一瞬で変わります。
「自分の死」という全く同じ現象なのに。。。
  • 2006/08/03-12:22:57
  • 投稿者 : ぷく
  • URL
  • 編集

[C3219] ↓下の投稿

>運命というのは1人の為にあるのではないのではないか…と思いました。 
の下に 

「それは自分がお金を返すか、が相手にとって重要なように
自分の行動が他の誰かに対して影響をしているからです。」
をいれ、そのしたを
「でも、自分の運命を知りたいとおもうとき、それは自分のためです。」
に修正します。

[C3218] >「幸せ」は占いでは出ない

人生の意味を考えていておもうのは
人は人生に意味がないと思うと生きていくのが辛いから
意味を見いだしているのではないかということです。

幸せが占いに出ない事はとても不思議な事です。
不幸感から、将来はビッグになってあいつらをみかえしてやる!みたいな目標も生まれそうだし、
幸せを求めて目標を立てたりすることもあると思うからです。
そう考えると、運命が決まっているのに、幸せか不幸かが出ないのはある意味不思議な事だと思います。

運命というのは1人の為にあるのではないのではないか…と思いました。 
自分の運命を知りたいとおもうとき、それは自分のためです。
(家族の為に聞いておくとかはおいておきます)
でも、自分の運命は他人の運命の為に決まっているとも言えるなとも思いました。
行動と幸せ感を切り分けると(そんな事できるのか分りませんが)幸せか不幸かというのはきわめて個人的且つ曖昧な問題だとおもいます。
幸せ感を測る事が出来ないからです。
今が今生で一番幸せだという人がいて、私の幸せ感と比べる事は出来ません。
あなた90幸せ、私70幸せ、みたいに簡単に計測できないです。
だから運命が決まっていても一概に幸せか不幸かを記す事が出来ないのではないかと思いました。
それと、幸せか不幸か自体は聞いてみないと分らない事で
他の人にはその人がどう行動するかとかの方が分りやすいし重要です。
例えば、貸したお金を相手が返してくれるか、と考える時
相手がこのお金を返してくれる事で不幸かなんて事は考えないと思います。

占いは当たってこそ意味があるものです。
占いが発達する上で
曖昧でどう決めるか分らない幸せと不幸は
当たってるか当たってないか分らないだけに要素として組み込むことが出来なかったのかもしれないと思いました。 
それと、結婚は女の幸せとか(爆)
幸せの形が決まっていた場合には
結婚する事が重要で幸せは形についてくるから
幸せか不幸かということを占いで出そうとしなかったかもしれないと思いました。

…ここ迄書いて来て、ふと自分は
衣食住にこまることなく、仕事もあって
こうして自分の時間が持ててるなあああああと思いました。
(幸せかときかれれば答えにつまる所ですが)
占いが開発された時代は
おそらく、天気が悪ければ飢饉があったり
疫病がはやったり、戦争があったり
今普通に生活している私よりもずっとずっと
生きるだけ、生命をつなぐことが大変だったろうと思います。
今日はご飯が食べられるだけでも幸せである、
という生活をしていたら
ご飯が食べられるかをまず知りたいですし
幸せか…なんて考えないと思いました。
こうかんがえると、幸せについてこんなにも多くの人がかんがえるのは
生きる事がある程度保証されている現代だからかも知れないと思いました。 

あと、飢えている時はご飯を食べている時が幸せですが
ご飯を求めていない時に食べても幸せを感じません。
今欲しい何かをまず手に入れる事、
つまり、欲求を満たす事が幸せと感じるように
人間は出来ているのかもしれないと思いました。
だとしたら幸せとは充足感だなって思いました。 

まとまりませんが投稿します。

[C3217]

死に関する表現のところは…読んだ時にうらやましいとすら思いました。ねたましいほどです(…ははは)花の裂く頃、風に吹かれて人に会いにいくなんて…鐘の音が聞こえて夢のようだなんて…なんていいんだろうとおもって。
 
>お金の損や病気は言われても、幸福とか不幸は言われません。
 
そういや…そうです…。出来事と幸福(不幸)は別のもんなんだなと思いました。占術では吉凶がでるけど…幸せ不幸せじゃないです。 おぉー…「幸せ」ってなんなんだろう。言葉としてあるんだから、あるんだと思うんですが。あれ、なんでいろいろ分離して…なにが働いてそう思うんだろう。それはなにかに続いているのか…う~ん…。幸・不幸というのは行動の原動力(とくに不幸)=運命の原動力と思ってましたが、占術で出てこないってのは違うのかも。(疑)ハンドルを手放すのから遠いのかも。なんか後部座席から出来事に文句をいっているような…しかも幸福の瞬間は文句なしで…不幸に関してはいつまでも文句を…なんか幸せは裁かず、不幸は裁き続ける…(私)って気がします。な~んかよく分んないです。考えそう……

[C3216] >「幸せ」は、占いでは出ない

人間万事塞翁が馬が浮かんで調べてみました。
中国って本当に偉大です・・
急な入院を言い渡されて一瞬驚き困惑したとしても、ちょうど寝不足解消や読みたい本を手にするチャンスになるかも知れません。遠来の友の見舞いを得る喜びだってありそうです。
誰かが好きな人と結婚する幸せの影には、失恋して泣いてる人がいるかも知れません。
幸せ感は個人特有の、しかも瞬間のことかなと思います。
幸不幸はあざなう縄のごとく連結して一生を形成し、その後は生まれ変わってまた人生が始まるのだと思えます。
不幸感がよぎったとしても、じっと浸る必要はないし、何かで今日明日死ぬことがあっても、「次行こか、次!」と思いたいものですが・・
もりけんさんのこの占いの一節が、再びこの上なく美しく重量感を持って響き伝わってくることから、死を恐れる必要もなければ、無理に軽くとらえることもないのだと感じます。
人の一生は9000個から取り出した組み合わせで語り尽くせるのだと実感する占い師の人生観は・・・
生まれ変わることを確信したときでさえ、私自身、何かが大きく変わった気がするのですが・・
あらゆる人生というものをしっかり把握し理解する方は誰よりも、掌中の玉としてどの人の人生をも慈しめるのではと思います。
精度の高い占いを学び体得することは、時空と一体になることかも知れないと思いました。

[C3215] >「幸せ」は、占いでは出ない

死という不幸も、お父さんに会いに行きます。ということになると。。
別な形に変わるということだけのような気がします。
それは、大きな変化ですけれども。。。
  

不幸や幸せというのは主観以外の何者でもないのかもとも思います。
また、比較で生まれる物かもとも思います。時間での比較、他者との比較。。
 
2、3日ブログが更新されてませんでしたが、ブログが更新されていて幸せに感じます.(笑)ごちそうにありつけたような感じがします。(笑)

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://fushigikenkyujo.blog62.fc2.com/tb.php/94-b4913ba0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

「幸せ」は、占いでは出ない

 
 今回の中国紀行でも、精度の高い占いに沢山出会いました。
 
 しかしその占いに、書いていないことがありました。
 例えば
 
「あなたは27歳のときに不幸になります」
 
「あなたは56歳で幸福になります」
 
 という表現です。
 これらに遭遇したことがありません。
 お金の損や病気は言われても、幸福とか不幸は言われません。
 
 今はとても運がよい時期だそうです。
 でも幸福かと問われれば、昔からずっと幸福でした(笑)。
 
 死というのは不幸なことだと言われています。
 しかし精度の高い占いでは、次のように言われました。
 
「この年に亡くなります。一生涯、福があって楽しい人生でした。日暮れに鐘の音が聞こえて、夢のように一生を終わります。風に吹かれ、菊の花が黄色くなった頃、つまり○月○日、お父さんに逢いに行きます」
 
 これって、ちっとも不幸ではないような気がします(笑)。
スポンサーサイト

47件のコメント

[C3465] 占いに出ない幸・不幸

もりけんさんの最期の描写は、
不幸というのとは、全く違うように思います。
幸・不幸とは、もしかしたら
他人と比べることで生まれてくる、他の感情が
深く関わっているものかも知れないと思いました。
  • 2006/08/23-21:01:59
  • 投稿者 : まる
  • URL
  • 編集

[C3346] 「幸せ」は、占いでは出ない

「不安」であるとか精神状態がわかったりするのに、幸せな状態が占いではわからないとは。。。
幸せが特別なのか、時空には幸せの概念が無かったのかな、とも思いました。
不幸と思っても視点を変えるだけで、不幸ではなくなることもあるので、幸せはどうとでも捉えられるから占いでは決められないのかもしれません。
  • 2006/08/15-16:17:18
  • 投稿者 : REI
  • URL
  • 編集

[C3327] 「幸せ」は、占いでは出ない

幸、不幸って尺度が違うと思うので占いではあらわされないのだと思います。占いって現実に起こる出来事のまま伝えられるのだと思います。
お金の損とか病気は一見不幸かもしれないけれど、結果それが転機になって幸となることもあると思います。
精度の高い占いでの死の表現は柔らかな心地の良い気持ちのよさを感じました。とても不幸なんて思えないです。そんな風に逝けたらとさえ思いました
言葉ひとつで幸にも不幸にも感じることって沢山あるって思いました。


  • 2006/08/13-03:29:02
  • 投稿者 : Ciel
  • URL
  • 編集

[C3266] >「幸せ」は、占いでは出ない

本当に「幸せ」ってなんなんだろうか?と思いました。私はいつも「幸せ」ではあるんですが。。。

確かに占いでは、その人の性格や個性、特徴が出るので、心の癖はなんとなく解かるかもしれませんが、「幸せ」かどうかなんて出てこない気がします。
でも、精度の高い占いは、財運とか恋愛運の吉凶とか、どんなことが起こるかがかなり詳しく出てくるので、それを知った本人は、それに期待したり、失望したりすることはあるかもしれません。
また、その本人の心の癖と、その本人に起こる現象を両方見ることで、「ズバリ!あなたは今、良い家庭を築けて幸せですね!」なんて勝手に推測して評価する占い師も日本にならいるかもしれないなー、と思いました。

でも、「幸せ」てそういう次元(?)じゃないような気もします。

果たして、社会から出てくる問題への対処が上手くなることが幸せなのか?ツキを上げたり、運を良くすることが幸せにつながるのか?瞑想をしたり、お経を唱えたりして、高い次元につながるの幸せなのか?自分が幸せだとして、幸せになりたいと言っている人がいて、その人を幸せにすることはできるのか・・・
などと「幸せ」というキーワードから色々考えている自分がいました。改めて「幸せ」ってなんだろう?ってテーマとして自分も持っていたんだいうことを思い出した気がします。

[C3265] >文章を読んでいるだけで

幸福感に包まれました(爆)、いえ、気持ちよくなりました。


なんらかの意図をもって、人を動かしたり制御したりしたいとき、
アメと鞭ではないですが、綺麗な言葉と、脅かす言葉が生まれてきたのかも・・・と思いました。

それらは、、たぶん、「騙されるもの」だと思いました。表面が綺麗なものに近寄りたくなったり、また怖い者に傅きたくなったり・・・
(ちょっとそれてきたかも)
幸せ・・・は、比べるという階層のなかでの、競争意識をあおるものが、綺麗な言葉で飾って出てきたように感じました。
(意味不明ですが・・・(汗))




  • 2006/08/07-17:34:15
  • 投稿者 : マリ
  • URL
  • 編集

[C3264] 「幸せ」は、占いでは出ない

運が良い・悪いは、自分の思い通りなるとか楽しい事が多い・思うようにいかない、苦しい事が多いと言う感じでしょう。
だから、運の良し悪しと幸・不幸は、普通は相似関係だと思います。

とはいうものの、幸・不幸は本人の感じ方にあるので一概には言えません。だから、外側から「幸せそうに見える」と言えても、占いで「幸せです」とは言えないのかもしれません。

もりけんさんは、「なる幸せ」→「ある幸せ」→「幸・不幸のない幸せ」を書かれているのかしらと思いました。

手放すと「なる幸せ」→「ある幸せ」にシフトする気がしますが、そこから「幸・不幸のない幸せ」を感じるには、もりけんさんの場合は下位の問いへ向う強い好奇心と視点移動があると思います。

私の過去に幸・不幸がなかったかと言えば、もちろんあります。(爆)
私の大きな視点移動は、結婚・子育て・交通事故・加齢、そして不思議研からもたらされました。

視点移動して見れば、過去に「不幸だ」と思った事も、例えばダメになった恋愛も、「やっぱり、ダメで良かったのね。」と思ったり(爆)、できた自分もできなかった自分も少しずつ肯定できる気がします。

でも、現在・未来に関わる事は、難しいです。土壷に嵌まった時に「そうきたか」と呟けばふっと視界が開けるかも知れません。(笑)

視点移動は、好奇心全開のワクワクもあるかも知れませんが、同時に怒って笑ったり・泣いて笑ったり、過去にも現在にも未来にも生きることもあるかも知れないと思いました。

「ないがまま」は分かりませんが、「幸・不幸のない幸せ」からチラッとかいま見た気がします。

[C3261] >「幸せ」は、占いでは出ない

占いの意味良く考えると分からなくて、辞書で調べました。「吉凶などをうらなうこと。運勢を占うこと。」とありました。

読んでも、占いの意味は分かりませんでした。

とりあえず占うことは吉凶を知ることだと理解しました。

吉が幸せであり凶が不幸といえるなら、占いで幸せは出ると思いました。
でも吉凶を決める基準があるようでないと思いました。

人生において何かコトが起こっても、人によって受け止め方は違うと思います。
事故にあうことは占いで言えば凶だと思います。
でも、事故にあって「しばらく入院して精神的にも養生できる」と思う人がいれば、その人にとっては吉の出来事になるかもしれません。

そう思うと、占いでこんなの出ました・・・と凶が出ても、それが当事者にとっての価値観によって変わるものだと思いました。
幸せ不幸というのは、それを思う当事者によって随分変わると思いました。

[C3260] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2006/08/07-12:10:00
  • 投稿者 :
  • 編集

[C3259] 不幸な出来事と幸福な出来事

死について思うのは、もりけんさんの死の描写は不幸そうではなく、お父さんに会いに行くもりけんさんは実際、その時、不幸ではないのかもしれません。
しかし、残された家族は不幸かもしれないと思いました。
また、結婚について、思い出せば、私は独身の時、不幸な結婚なら、結婚しない方がいいとも思っていました。
その根本には楽したいとか、つらい目に遭いたくないというかそういうことだったのかもしれません。それでも、縁があり、結婚というものに飛び込むことにはなりましたが。。
しかし、どういう出来事であれ、流れに乗っていれば、不幸な事はないのかもと思ったりしています。今は。。ですが、そう思ったりします。

[C3258] >「幸せ」は、占いでは出ない

なぜ幸せは占いで出ないのかということをずっと考えていましたが、よくわかりません。
人それぞれ感じ方が異なるからとか主観的なものだからという見解がありますが、それではあまり説明がつかない気がします。
どのように感じるかということも運命で決まっているのだとしたら、感情も決まっていることになり、人によって感じ方が異なるから・・とは言えないように思うからです。
確かに感情は占いでは読みにくいです。
でも、たとえば「一生涯、福があって楽しい人生でした」の「楽しい」というのも感情です。
また、「不安」とか「心配」などは空亡ととう蛇で読むことができますが、それらも感情だと思います。
感情は占いでは出ないわけではなく、抽象的なものなので、具体的な事象に比べて読みにくいというだけなのではないかと思いました。
具体的にお金の損があるとか怪我をするとかいうほうが読みやすく当たりやすいと思います。
だから、感情は占いでは出ないような気がしてしまうのではないでしょうか・・
また、幸・不幸は主観的だから・・という見解もありますが、六爻占術の卦のくくりはどちらかといえば主観的なもののような感じがします。
天気占いにしても、必ずしも客観的なくくりで卦が出ているとはいえなかったのではないでしょうか・・。
だとすれば、主観的だから・・とは言えないのではないかと思いました。
幸・不幸が占いに出ないというのは、人それぞれ感じ方が違うからとか主観的なものだからということとはまた別問題のような気がしています。
もりけんさんの亡くなるときの記述は不幸という感じはしません。
幸せな感じがします。
でも、それでも、第三者がその出来事を客観的に(簡潔に)伝えるとしたら、「森田さんの家にご不幸があって・・」という言い方をするのではないかと思います。
死=不幸という暗黙の了解があり、婉曲な表現という感じです。
そのように、幸・不幸というのはなにか暗黙の了解的な部分があって、主観と結びついていないのではないかとふと思いました。
女性であれば結婚して子供を持っていれば「幸せ」でそうでなければ「不幸」のように、実際には必ずしもそうとは限らないのに、そんな風に客観的な暗黙の了解のようなものが幸・不幸とされているから、どちらかといえば主観的な占いには出てこないのかもしれないとふと思いましたが、これもまだ思いつきの仮説でまだよくわかりません・・。

[C3257] しかしその占いに、書いていないことがありました。例えば・・・

続きますが。。この時点ですでに。。もりけんさんが。。原因側の暗黙の約束が成り立っています。。みずから体験してることでも当然だとおもいますが。。陰陽のご主人様とメイド側の主従関係がなりたっているのは。。シフト時に陰陽の主従関係に影響しているからだっとおもいまっすうう。
 。主従関係ができてないとシフトできないともいえるかもしれないとおもいまっすううう。。ただ。。もりけんさんが。。3次元の外側で問うときは。。無意識そうから。。シフトに続いた答が下りてくるとは一概には。。言えないとおもいまっすううう~。。3次元の意識層が与える影響が。。おおきすぎるからかなああ~~。。(ll δ。).。oアアアァァァ~~~~今日は。。朝から。。かたすぎる。。。。汗汗。。。

  • 2006/08/06-06:25:42
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C3256] 死というのは不幸なことだと言われています。

死を覚悟することで。。3次元とのつながりがきうすになり。。シフトしやすくなるのではとも思います。。また、陰陽が最後まで沖しているのは。。シフトしたわたしが。。あの世へいってしまわないためかなああ。。でっすううう。。。また浮遊を繰り返していると3次元のわたしの存在は。。パカパカ赤色点滅状態がつづいているということかなあでっすううう。。。陰陽が感知しないで。。一人で浮遊する状態のモンロー研究所では。。意識側をコントロールして。。3次元に戻れる状態を常に作って誘導してくれてるのかなあでっすううう。。。もりけんさんの問いが前提に合ってそれからすべてにシンクロしている可能性があるとおもいましたああ♪♪ほとんど。。とけたので。。浮遊しちゃいまっすううう~~♪♪謎があるほうがよいね~~♪♪
  • 2006/08/06-00:07:38
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C3254] >幸せ

不幸せは今ここではないどこかと今を比べている気がします。
自分の欲望の中にあるどこかいつかとか、過去のある時点などです。

今・ここという視点が抜け落ちていたり、また視点の向きが帰られない場合も不幸せに囚われる気がします。
 
もりけんさんが出会った精度の高い占いは、もりけんさん自身にしか対応できないものだと思います。他の誰々さんの人生と比べていません。

外側から見えるけれども、唯一無比という主観のような占いだからこそ、不幸せな感じがしないように思いました。

客観が入ると不幸せなのかもしれません。

[C3253] >「幸せ」は、占いでは出ない

幸せか、不幸せか・・って、これはある出来事を「評価」していることになるのではないか・・と思いました。
精度の高い占いは、そこに何の評価もせず、ただ「事実」だけを述べているように思います。

「評価」するにはどこかに基準がいります。
いったい、その基準はどこにあるのか・・

そういう自分も、何かにつけ、評価するような見方で、自分や人、出来事などもも、見ているような気がします・・
ただ事実だけをそのまま受け取り、事実だけを表出する・・
そのなかには、幸せか不幸せか・・というのはなくて・・
幸せが前提のような・・あたりまえのような・・そんな気がしました。

[C3252] あ。。

コウモリ女ちゃん、
ひさしぶり☆
  • 2006/08/05-09:42:02
  • 投稿者 : あかり
  • URL
  • 編集

[C3251] 今回の中国紀行でも、精度の高い占いに沢山出会いました。

う~~ん。。わたし的には。。もりけんさんは。。森田健。。もちろん、りんごさんもあるけど。。Ken,Moritaとかも。。使ったほうがいいんじゃないかでっすううう。。。(=・ω・=)にゃ~♥
  • 2006/08/05-09:27:04
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C3249] >夢のように一生を終わります

幸福や不幸は時と場合で人それぞれです。
だから厳密に言うと幸福も不幸も存在しないのかもしれないと思います。
しかしこの精度の高い占いはなんて素敵に人生を語るのかと思いました。
願わくば、夢のように一生を終えたいものだと思います・・。
ただし○月○日と期限を切られても心穏やかに残りの人生を終えるには私自身にはまだ諦めが足りないかもしれません・・・(汗)
  • 2006/08/04-23:15:24
  • 投稿者 : 空タネ
  • URL
  • 編集

[C3248] 不幸、幸福って、

抽象的で、占いの判断にそんなのが出てきたら、なんだか全然わかりません。具体的な出来事と、不幸、幸福は関係ないのだと思います。不幸や幸福は、人間の主観でしか存在しないものって気がします。
  • 2006/08/04-22:05:17
  • 投稿者 : リョウコ
  • URL
  • 編集

[C3247] 今回の中国紀行でも、精度の高い占いに沢山出会いました。。。

陰陽の相沖関係は。。。シンクロを増すためだとすると。。道教。。虹色。。太陽系の拡散~~。。というのも考えられるのかも~~。。とも思いましたああ~~。。陰陽が同レベルにならないと拡散は無理なのかも~~。。でっすううう~~♪♪

  • 2006/08/04-21:28:44
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C3246] >「幸せ」は、占いでは出ない

今まで占いは自分が幸福なのか不幸なのかを見ていると思っていました。極端に言えば吉か凶か。

おみくじを引くと凶はあるのか知りませんが、吉の度合いによってランク付けしてあります。大吉、小吉、末吉という具合に・・・

精度の高い占いは、人生にランクのようなメモリは付いていないです。その人の人生をありのままに表現しています。

人生を語るとき、運命は波の動きのようだと思います。波が揺れ動く様を吉凶で表すことは、波に種類付けをして分別するようなものだと思います。

運命の波は、流れでありだだの動きであると思います。そこに幸福不幸はなくて、ただ、自然の流れで大きい波や小さい波ががあるだけのような気がしました。

その波に、良い悪いはないと思いました。
そして幸不幸を表すものでもないのだと思いました。

[C3245] 今はとても運がよい時期だそうです。

Feドリンクが。。すぐ効いてきたああ~~♪♪
ヽ(= ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄=)ノ
  • 2006/08/04-16:38:58
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C3243] これって、ちっとも不幸ではないような気がします(笑)。

いいとこなのに。。。貧血でいまいちのれな~~いい~~汗汗。。。((((○。○))))・・・・・。
  • 2006/08/04-14:19:02
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C3240] 幸せは、主観

金運も、病気も、事故も、転職も、自分以外の視点からも、計れることだったら、情報として、上がってくるのかなと、思いました。

でも、幸せは、主観だと思います。サドもいればマゾもいます。

誰の目にも幸せそう・・・って、そんなのないのかな、

占いで出てくるデータや視点は、外からの視点なんだろうと、思いました。

>日暮れに鐘の音が聞こえて、
>夢のように一生を終わります。

すごい穏やかです。

[C3239] >「幸せ」は、占いでは出ない

いままでの占い(わたしの)考えだと、幸せをどうしたら掴めるか?そのために占う。。。という感覚でした。しかし、占いに「幸せ」は出てきません。起こる出来事未来の出来事を知るだけです。その出来事に良し悪しをつけるのは、人間です。しかし、時空は、良し悪しはまったく関係ないようなきがします。ただ、起こるだけ=それがあるがまま=幸せなのかもしれません。そんな感じをうけましたが。。。いまだ私は起こる=結果を受け入れられず、こだわる毎日です。
  • 2006/08/04-09:46:54
  • 投稿者 : じんのり
  • URL
  • 編集

[C3238] >「幸せ」は、占いにでない

 占いででるのは現象であって、「幸せ」はそれに対する個の反応の仕方かなと思いました。また損や病気によって不幸になるとは限らず、禍転じて福となるようなこともあるような場合もあるので幸不幸感は個別的な現象に対する個別的な反応かなと思いました。 
 それと損に関しても、量的な差によって気にならない人もあれば、気にする人もある、幸不幸は、個人の資質に負うところが大きいのかなと思います。 
 運、不運は現象的なことであるけれども、幸不幸は、精神という独立して個別の基点がない感情によるものだと思いました。
 
  • 2006/08/04-05:01:59
  • 投稿者 : yk
  • URL
  • 編集

[C3237] 幸不幸は・・

幸不幸は、主観的なものですもんね。
いくら「あんた、不幸なんだよっ、目を覚ましなよっ」
って言われても、幸福感に酔いしれてたら
大きなお世話です。
「そんなの幸せだよ、下には下がいるよ」
って言われても、不幸な星の下に生まれてきたとしか
思えないこともあります。
比べてどうとか、押し付けられるものでもないですし、
不幸を楽しむことも、幸福を嘆くこともできる訳です。
つまり、幸不幸こそ、「結果」ではなく、
自分勝手にハンドルを操縦することを許されて
いるのではないでしょうか?
・・・と、書いておきながら、
それすらどっちでもいいや、と思える自分を発見してます。
すべてが、どっちでも。

[C3236] ほのぼの。。。

今年は。。オタスケモードな1年かなあああ。。。汗汗。。今日もテイクテイク。。。あ。。でも。。生放送のあとは一段と都合よくなってきた様な気もしまっすううう。。マッサージ。。するのもされるのも好きでっすううう~~♪♪フエイスマッサージ上手にできましたああ~~♪♪ワンア~~ン(´⌒`。)
  • 2006/08/04-01:10:27
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C3235] >「幸せ」は、占いでは出ない

死をここまで美しく表現出来るものなのかと、衝撃でした。もりけんさんを知ってから自分の中の死生観がどんどん変わっていくのを感じます。
何が幸せで何が不幸なのかは分かりませんが、死ぬことさえ不幸ではないと思えてくると、何か全てが救われたような気がしてきます。何故かわけもなく嬉しいような気持ちが溢れてきます。
皆がこんな気持ちの中で生きていくようになるならば、人の死をむやみに悲しむこともなく、全てのことを明るく受け止められるようになるかも知れないです。
生滅の12状態の長生も死も絶も、ただその状態があるだけで、そこに価値の差はないのだろうと思いました。

[C3234] >「幸せ」は、占いでは出ない

「幸せ」の定義がイマ一つよくわかりませんが、良い事があっても、悪い事があっても、幸せと感じるか感じないかは、人それぞれなんだと思いました。 
 
本当に詩的な言葉だと思いました。死ぬのなんか全然怖く感じないです。
  • 2006/08/03-23:36:30
  • 投稿者 : アフロ
  • URL
  • 編集

[C3233] >「幸せ」は、占いでは出ない

>「幸せ」は、占いでは出ない
ということは、時空から言わせると幸せ不幸せは陰と陽ではないということなのだろうと思いました。
つまり、人間の内面磨く人がつけたものさしであるということになるのかと思いました。
運命は決まっていて、それを認識して、流れのままに生きることってのが幸せってことなのだろうと思いました。
昔長渕強が歌で「幸せはつかむものではない。感じるものだ!!」と歌っていたのを思い出しました・・・
ただ、普段不幸を感じる必要はないと思いました。
それってエゴだから・・・(エゴを持つなんて馬鹿らしいっす)

[C3231] >「幸せ」は、占いでは出ない

何が幸せか、何が不幸せなのかと考えると、さっぱりわからなく
なります。
悲しいことはあったけれど、そのとき、不幸と思ったことはないような
気がします。
他人からはかわいそうと見られていたとしても・・・
幸せの基準って、100人いれば、100の基準がありそうです(汗)
うん・・・?
もしかしたら、幸、不幸なんてなかったりして・・・
ないものは表しようがないことを、古代の占い師は気づいていたの
かもしれません。

[C3230] 不幸とは冗長である

不幸とは無駄が多いことだと思います。そうだとすると幸福とは無駄がないことということになるでしょう。無駄がないとは何かの原理か法則への当てはまり具合が高いということになるのかもしれません。とりあえず原理や法則は洗練の度合いは多少関係してくるかもしれませんが、ほとんどどんな原理でもいいのかもしれません...。

運命がほとんど決まっているのであれば、つまり外から与えられるのであれば、そして、幸福・不幸が占いでは占えないということであれば、幸福か不幸かぐらいは自分できめてもいいのかもしれません(最近、自分が幸福か不幸かなどはどうでもいいような気がしてきましたが。決めるのも面倒くさいというかんじです。)。

しかし一番面白いと思ったのは、幸福・不幸は外部世界とシンクロしていないから占うことができないということではないかという考えです。天体の動きと人間の運命は関係があるというのが星うらないです。コインの目と物事の間に関係性があるというのが、ろっこう占術だと思います。

人間の幸福・不幸とは、外部世界とは関係性がないか、あるいは関係性はあってもシンクロはしていない、あるいは関係性はある程度あって少しはシンクロしているように見える場合はあっても、そのあてはまり具合は著しく低いということなのかもしれません。

  • 2006/08/03-22:23:27
  • 投稿者 : ナイル
  • URL
  • 編集

[C3229] >「幸せ」は、占いでは出ない

私が生まれてから死ぬまでの人生の中でいろいろな出来事があって泣いたり笑ったりを繰り返すと思います。
幸せと感じるのも不幸と感じるのも自分の主観でしかないです。
何が幸せって決められないから占いでは出てこないのだと思いました。
 
>一生涯、福があって楽しい人生でした。
とても、ほっとする記述です。
私の泣いたり、笑ったりの出来事も楽しい人生なんだろうと思いました。
日常であまり悩まなくなったこの頃はとても幸せなんだろうと思います。
  • 2006/08/03-22:15:45
  • 投稿者 : 小町
  • URL
  • 編集

[C3228] >「幸せ」は、占いでは出ない

2年前にもりけんさんの書いた本によって、六爻占術に出会っていなかったら、HPのも
りけんさんの書き込みを読むことがなかったら、私は私自身をものすごく軽蔑し、侮蔑し
たと思います。
今でも当時の自分の身の上に起こった出来事は、あれは自分のせいじゃないということが
半信半疑なのです。
もし私が今お金持ちで、毎日遊びほうけているか、あるいは深夜遅くまで仕事に没頭して
いる生活をずっと続けていたとしたら、毎日不思議研HPに書き込みをして、通信問題を
やって、などということは絶対にしていません。
どちらが・幸せか、
いえ、これさえも決まっていたことなのだ、と考えていつもニヤニヤしています(笑)。
  • 2006/08/03-21:23:29
  • 投稿者 : イーキン
  • URL
  • 編集

[C3227] >「幸せ」は、占いでは出ない

動物は幸、不幸を考えないです。
我が家の犬が「俺は変な飼い主に飼われて不幸だ」と言ったのを聞いたことがありません(笑)。
幸福を掴まえに行ったり、不幸を回避しようとする努力は、何でも自分の思う通りにしようとすることに近いのかも知れません。

これが極大化し形を変えて出ているのが、ミサイルを迎撃ミサイルで撃ち落そうとする発想だと思います。
どこまで行っても切りがない「無理」しか出てきません。

[C3226] ほのぼの 。。

してます。。
  • 2006/08/03-19:00:25
  • 投稿者 : あかり
  • URL
  • 編集

[C3225] >「幸せ」は、占いでは出ない

占いにおいて出るのは吉凶です。

では、吉なら幸福で
凶なら不幸なのでしょうか・・

もりけんさんは、7億円事件のとき、
おそらく財運は凶だったはずです。

しかし、もりけんさんは、ずっと幸福です。

もりけんさんが、ぎっくり腰を起こしたとき・・

原神は空亡で不吉でした。。

でも・・
もりけんさんは、

「なんだかとても楽しかったです」

といっています。

もりけんさんが、指の怪我をしたときの指浴・・

なんて気持ち良さそうなんだろう。。

と思いました。

もりけんさんは、ずっと、幸福だったのだと思います。

そして、死ぬときも。。

鐘の音が聞えて、
風に吹かれながら、
幸福感に包まれながら亡くなってゆくのだと思いました。。

占いに幸福か不幸かは出ません。

でも・・

運命を受け入れれば・・

すべてを肯定することができれば、

人はきっと、幸福の最中(さなか)に、いつだっているのだと思いました。


  • 2006/08/03-18:59:23
  • 投稿者 : あかり
  • URL
  • 編集

[C3224]

しあわせって、感情に似てるからではないかとふと思いました。

[C3223] 人間の感情は、運命では決められていないのかもしれない。

>「幸せ」は、占いでは出ない

全くの虚から突かれました。

やはり、森田健さんは私と視点が根本的に違います。

だから、刺激が常にあります。
だから、やみつきになってしまいます。
「お前はもう、オレから離れられない・・・。」

今回の中国紀行でも、たくさんの占いの結果を報告してもらいました。
 
私は完全に見落としていました。

幸・不幸が占いでは言及されていないことを。
恥ずかしいです。

完全な盲点になっていました。
まだまだです。

もちろん、占いが全てではありません。

しかし、これだけ精度の高い占いでも人間の感情には言及していません。

ということは、人間の感情は運命で決まっていないのかもしれません。

あるいは、占いでは扱えないことなのかもしれません。
人間の感情には、全く別のアプローチ法があるのかもしれません。
いずれ見つかるかもしれません。

いや、ひょっとしたら永遠に見つからないかもしれません。

[C3222] これって、ちっとも不幸ではないような気がします(笑)。

はい。。陰陽はどんな無限大ひろがりになっても。。相沖関係が。。濃厚なので。。縦方向のつながりは変わらない様な気がしまっつすうう~~♪♪沖するか沖しないかは日々変化しそうでっすうう~~♪♪「この年に亡くなります。一生涯、福があって楽しい人生でした。日暮れに鐘の音が聞こえて、夢のように一生を終わります。風に吹かれ、菊の花が黄色くなった頃、つまり○月○日、お父さんに逢いに行きます」 ・・・う~~ん。。予定どうり・・・いっぱい~~いっぱい~~かなああ( ̄~; ̄) ムシャムシャ
  • 2006/08/03-17:55:24
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C3221] 幸せは占いには出ない

>「この年に亡くなります。一生涯、福があって楽しい人生でした。日暮れに鐘の音が聞こえて、夢のように一生を終わります。風に吹かれ、菊の花が黄色くなった頃、つまり○月○日、お父さんに逢いに行きます」
 
これを読むと、生きてることも死んでからのことも
絵巻を見ているみたいで・・幻想的で美しいなあと思いました。
人から見たら大変(笑)そうなことも、本人は普通だったりそれが
気持ちよかったりして、何がいいって決めらんないと思います。
色んなことがあるけれど、退屈なのが幸せだったり忙しいのが
幸せだったりと、色々です。性格(運命・・?)によって感じ方も
決まっているのかもしれないけれど、でも何か外からこんな風に
物語のようにして聞くと、嗚呼、なんかいいなあ~って思います。
自分で話す時も、淡々と話せば大したことないことだっていっぱい
あるけれど「わ~大変だ!!(爆)」となれば、大変なことです。
でも私はそれが幸せ。誰も生きてない自分をいまぐんぐんって筆で
なぞって(笑)書いてます。
出来れば「大変!はみ出ちゃったよ!!」とかなったら素敵だなあ
って思います(笑)
誰かの美しい絵巻物に、イタズラ描きしたりして・・(いい迷惑!☆)
最後はわ~って皆でくちゃくちゃに書き換えちゃったりして
(なんのこっちゃ・・汗)
以上です。





 

[C3220] >お金の損や病気は言われても、幸福とか不幸は言われません。


私の今までの人生を不幸と思ったことはないですが、もっと細かく考えたら、
その都度起こる出来事に幸せと不幸を感じていたと思います。
 
でも幸せ感も不幸感もコロコロ変わるし、変わるのは一瞬です。
いつものようにお腹が痛くなって「なんでこんなやっかいなものを持ってるん
だろう」と不幸感に襲われている最中に、何か嬉しい事が起こったら、お腹は
相変わらず痛いままなのに一瞬で幸せになったりします(笑)
だから幸も不幸も「これが幸せ」「これが不幸」と指さして示せるものではな
いのだと思います。
 
でもお金が入ってくるとか病気になるというのは具体的に起こることです。
だから占いで表せるのだと思います。
 
>「この年に亡くなります。一生涯、福があって楽しい人生でした。日暮れに
>鐘の音が聞こえて、夢のように一生を終わります。風に吹かれ、菊の花が黄
>色くなった頃、つまり○月○日、お父さんに逢いに行きます」
 
こんなふうに言われたら、死も穏やかな気持ちで考えることが出来そうです
( ̄ー ̄°)
 
今までずっと恐れてきた死が不幸から幸せに一瞬で変わります。
「自分の死」という全く同じ現象なのに。。。
  • 2006/08/03-12:22:57
  • 投稿者 : ぷく
  • URL
  • 編集

[C3219] ↓下の投稿

>運命というのは1人の為にあるのではないのではないか…と思いました。 
の下に 

「それは自分がお金を返すか、が相手にとって重要なように
自分の行動が他の誰かに対して影響をしているからです。」
をいれ、そのしたを
「でも、自分の運命を知りたいとおもうとき、それは自分のためです。」
に修正します。

[C3218] >「幸せ」は占いでは出ない

人生の意味を考えていておもうのは
人は人生に意味がないと思うと生きていくのが辛いから
意味を見いだしているのではないかということです。

幸せが占いに出ない事はとても不思議な事です。
不幸感から、将来はビッグになってあいつらをみかえしてやる!みたいな目標も生まれそうだし、
幸せを求めて目標を立てたりすることもあると思うからです。
そう考えると、運命が決まっているのに、幸せか不幸かが出ないのはある意味不思議な事だと思います。

運命というのは1人の為にあるのではないのではないか…と思いました。 
自分の運命を知りたいとおもうとき、それは自分のためです。
(家族の為に聞いておくとかはおいておきます)
でも、自分の運命は他人の運命の為に決まっているとも言えるなとも思いました。
行動と幸せ感を切り分けると(そんな事できるのか分りませんが)幸せか不幸かというのはきわめて個人的且つ曖昧な問題だとおもいます。
幸せ感を測る事が出来ないからです。
今が今生で一番幸せだという人がいて、私の幸せ感と比べる事は出来ません。
あなた90幸せ、私70幸せ、みたいに簡単に計測できないです。
だから運命が決まっていても一概に幸せか不幸かを記す事が出来ないのではないかと思いました。
それと、幸せか不幸か自体は聞いてみないと分らない事で
他の人にはその人がどう行動するかとかの方が分りやすいし重要です。
例えば、貸したお金を相手が返してくれるか、と考える時
相手がこのお金を返してくれる事で不幸かなんて事は考えないと思います。

占いは当たってこそ意味があるものです。
占いが発達する上で
曖昧でどう決めるか分らない幸せと不幸は
当たってるか当たってないか分らないだけに要素として組み込むことが出来なかったのかもしれないと思いました。 
それと、結婚は女の幸せとか(爆)
幸せの形が決まっていた場合には
結婚する事が重要で幸せは形についてくるから
幸せか不幸かということを占いで出そうとしなかったかもしれないと思いました。

…ここ迄書いて来て、ふと自分は
衣食住にこまることなく、仕事もあって
こうして自分の時間が持ててるなあああああと思いました。
(幸せかときかれれば答えにつまる所ですが)
占いが開発された時代は
おそらく、天気が悪ければ飢饉があったり
疫病がはやったり、戦争があったり
今普通に生活している私よりもずっとずっと
生きるだけ、生命をつなぐことが大変だったろうと思います。
今日はご飯が食べられるだけでも幸せである、
という生活をしていたら
ご飯が食べられるかをまず知りたいですし
幸せか…なんて考えないと思いました。
こうかんがえると、幸せについてこんなにも多くの人がかんがえるのは
生きる事がある程度保証されている現代だからかも知れないと思いました。 

あと、飢えている時はご飯を食べている時が幸せですが
ご飯を求めていない時に食べても幸せを感じません。
今欲しい何かをまず手に入れる事、
つまり、欲求を満たす事が幸せと感じるように
人間は出来ているのかもしれないと思いました。
だとしたら幸せとは充足感だなって思いました。 

まとまりませんが投稿します。

[C3217]

死に関する表現のところは…読んだ時にうらやましいとすら思いました。ねたましいほどです(…ははは)花の裂く頃、風に吹かれて人に会いにいくなんて…鐘の音が聞こえて夢のようだなんて…なんていいんだろうとおもって。
 
>お金の損や病気は言われても、幸福とか不幸は言われません。
 
そういや…そうです…。出来事と幸福(不幸)は別のもんなんだなと思いました。占術では吉凶がでるけど…幸せ不幸せじゃないです。 おぉー…「幸せ」ってなんなんだろう。言葉としてあるんだから、あるんだと思うんですが。あれ、なんでいろいろ分離して…なにが働いてそう思うんだろう。それはなにかに続いているのか…う~ん…。幸・不幸というのは行動の原動力(とくに不幸)=運命の原動力と思ってましたが、占術で出てこないってのは違うのかも。(疑)ハンドルを手放すのから遠いのかも。なんか後部座席から出来事に文句をいっているような…しかも幸福の瞬間は文句なしで…不幸に関してはいつまでも文句を…なんか幸せは裁かず、不幸は裁き続ける…(私)って気がします。な~んかよく分んないです。考えそう……

[C3216] >「幸せ」は、占いでは出ない

人間万事塞翁が馬が浮かんで調べてみました。
中国って本当に偉大です・・
急な入院を言い渡されて一瞬驚き困惑したとしても、ちょうど寝不足解消や読みたい本を手にするチャンスになるかも知れません。遠来の友の見舞いを得る喜びだってありそうです。
誰かが好きな人と結婚する幸せの影には、失恋して泣いてる人がいるかも知れません。
幸せ感は個人特有の、しかも瞬間のことかなと思います。
幸不幸はあざなう縄のごとく連結して一生を形成し、その後は生まれ変わってまた人生が始まるのだと思えます。
不幸感がよぎったとしても、じっと浸る必要はないし、何かで今日明日死ぬことがあっても、「次行こか、次!」と思いたいものですが・・
もりけんさんのこの占いの一節が、再びこの上なく美しく重量感を持って響き伝わってくることから、死を恐れる必要もなければ、無理に軽くとらえることもないのだと感じます。
人の一生は9000個から取り出した組み合わせで語り尽くせるのだと実感する占い師の人生観は・・・
生まれ変わることを確信したときでさえ、私自身、何かが大きく変わった気がするのですが・・
あらゆる人生というものをしっかり把握し理解する方は誰よりも、掌中の玉としてどの人の人生をも慈しめるのではと思います。
精度の高い占いを学び体得することは、時空と一体になることかも知れないと思いました。

[C3215] >「幸せ」は、占いでは出ない

死という不幸も、お父さんに会いに行きます。ということになると。。
別な形に変わるということだけのような気がします。
それは、大きな変化ですけれども。。。
  

不幸や幸せというのは主観以外の何者でもないのかもとも思います。
また、比較で生まれる物かもとも思います。時間での比較、他者との比較。。
 
2、3日ブログが更新されてませんでしたが、ブログが更新されていて幸せに感じます.(笑)ごちそうにありつけたような感じがします。(笑)

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://fushigikenkyujo.blog62.fc2.com/tb.php/94-b4913ba0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

くろこ

プロフィール

森田健(もりけん)

Author:森田健(もりけん)
もりけんブログへようこそ。
楽しんでいって下さい。

■無料会報誌「不思議の友」について
森田健が実際に足で歩いて遭遇した出来事を皆さんに報告する場として「不思議の友」という無料会報誌を出版しています。
この本は、読んでいただけるだけで嬉しいです。
でも、何か意見を返してくれるともっと嬉しいです。
不思議なことに興味がある方、不思議なことを解明したい方、または新しい生き方を見つけたい方のためのものです。
最新号は常に無料でお送りしています。
新しくお申し込みの方はこちらからどうぞ


最新号「不思議の友15」が届いていない方。
以前不思議の友が何度かお手元に届いた方で、この号が届いてないという方
は、


●03-3378-9845
●平日10:00~12:00、13:00~18:00

にお電話下さい。
その際「ブログを見た」と言っていただけると嬉しいです。

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

たまちゃんカップ時計

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。