Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C4113] >セミの選択と幸せ

動物は、死なないために、カモフラージュしてみたり、何もいないところに生息したりして、一生懸命身を守っています。
動物の思想は(思想なんてないでしょうが)、生きていくためにどうするべきかということしかないような気がします。
もりけんさんにしがみついたセミは、一生懸命生きようとするセミともりけんさんとのネットワークではなかったかと思いました。
二人の思想が違うにしもて・・

[C3466] きっと・・

セミの選び取れる選択って、
ないのではないかと思います。
たまたま、もりけんさんの腕に落ちた・・。
振り落とされず、風にも飛ばされなかった・・。
でもただひとつ、何か安らぎのようなものを
もりけんさんの腕に感じたのかも知れないと思います。
セミの本能が、あそこに登れば危険なく飛び立てると
伝えたのかの知れません。
  • 2006/08/23-21:42:48
  • 投稿者 : まる
  • URL
  • 編集

[C3347] セミの選択と幸せ

セミは生まれて来れただけで幸せ、と思ったかなあ、と考えました。。。
蛹の殻から出てきて、木の枝にしがみつくつもりが、足が滑って、ああっ!
落ちたところが凄いスピードで走る動物の体。と、飛ばされるぅ・・・しっかりしがみついていなきゃあ・・・。
一週間の命の一晩を人間の側で過ごしてあくる朝、木を目指して飛んでいく。。。
セミは幸せなんか考えていなかったように思いました。
  • 2006/08/15-16:34:42
  • 投稿者 : REI
  • URL
  • 編集

[C3330] この行為こそ

私はこのような行為こそ

   
     ≪優しさ≫


と観じている

やっぱり≪森田健≫は^^素的だなぁ

[C3328] セミの選択と幸せ

もりけんさんのシャツに落ちた蝉はとても幸せだなって単純に思います。
>セミは頷いたようでした(笑)。
>でもその直前、もう一度私の腕に留まったのです。
なんだか蝉にも感情があるように思えます。
家の庭にはカマキリがいます。毎年3匹が生き残り、卵を産んで死んでいきます。数年前、卵を産み終えたカマキリが室外機の上にいました。私に向かってこの卵を頼みます。と言ったようでした(笑)(そういうジェスチャーをしたのです)見ると近くの木の枝に卵があります。わかったよ、安心してっていいました。
その後、その卵が付いている枝が風で落ちていました。安全な場所に移してあげました。 これを心配していたのだなって思いました。
こういうのはねずみとトカゲもありました。
もりけんさんにとまった蝉はもりけんさんのところに落ちる選択はしていないと思うのですが、でももう一度腕に留まって飛び立つなんてシャツに留まれば大丈夫って思えるのかなって思いました。それともシャツが心地良いのか。。もりけんさんに馴れたのか(笑)。精一杯生きている蝉に幸不幸感はないのかもしれないけれど、蝉の出来事はとても幸せな気持ちになりました。
  • 2006/08/13-04:09:36
  • 投稿者 : Ciel
  • URL
  • 編集

[C3319] セミ

セミが吹き飛ばされていればしかたないと想い、助かれば良かったと結果を判断してしまいます。セミが自分自身ならしがみつきます。死にたくないからです。しかし、セミはそんなこと考えてないような感じを受けます。その時その瞬間を生きている。そんな感じをうけます。セミは幸せであると感じてないように想います。セミを見て自分が勝手に判断してます。
  • 2006/08/12-13:08:10
  • 投稿者 : じんのり
  • URL
  • 編集

[C3311] タイムリーな話題

「蝉から見ると、人間ってどうなんだろ?」
とふと思った矢先、人間(もりけんさん)から
「蝉にも幸せはあるんでしょうか?」
なんてクエスチョン。
蛇の道は蛇、というように、蝉のことは蝉に聞かなきゃ~。
蝉なりの「(汗)」とか「(笑)」とかありそうだ!
と勝手に思ってはみるが・・
ダラダラと汗かいて、ダラダラと考える。
どうしたら幸せになれるのか?これは幸せなのか?何がどうなの?運命変更して何を何に変えるの?何のために?ダラダラするために?何をどうするの?その行為自体が暇つぶし?蝉さん蝉さん、教えてよ。そっちから見るとこっちはどうよ?幸せに見える?人間にも幸せはあるんでしょうか?と不思議がる?
なんて考えると、ちと楽し。
名も無き蝉さん、ありがとう。
名も無き私の慰みよ。

[C3304] >セミの選択と幸せ

本当に不思議なせみちゃんでした・・
生まれていきなり落っこちたことは傍目からみれば不幸だったかもしれないけど、落っこちたところがもりけんさんの腕だったのはとっても幸せだったと思えます。
選択の余地はなかったかもしれないけど、ただ、ひたすら、自分に与えられた環境で生きようとする力を感じました。

でも、次の日の話はもっと不思議です。もう一度腕に止まったというのが・・
これは選択したのでは!?と思ってしまいます。

孫さんがお豆ちゃんの魂とお話できるように、もりけんさんはせみちゃんの魂と交流できたのかも、と思ってしまいました。

***

人の人生も、全部決まっていて選択の余地など全くない・・とすれば、幸、不幸は、傍目からみて、勝手に決めているだけのように思えました。
自分自身の人生も、自分が勝手に幸福だ、不幸だと決めているだけなのかもしれない・・。
そう考えたら、せみちゃんと一緒かも・・と思いました。

[C3297] >セミの選択と幸せ

セミは人間と違って、羽化しても世話をしてくれたり教えてくれる存在は周りにいないはず。動物や昆虫は本能で生きているというけれど、セミが木から落ちてきて、丁度落ちた先がもりけんさんの袖で、それにしがみ付いたのが生存本能だとしても、落ちることを含めて全てが初体験で、「落ちた」という概念さえもないのでは?と考えると、分けが分からないままセミに備わった本能でしがみ付いたのでは?と思いました。たぶん快、不快の感情は本能というか無意識で備わっていると思うので、選択があるように見えたとしても、無意識の部類ではないでしょうか。飛び立つ前にもりけんさんの腕に止まったのはそこがセミにとって快だったからかもしれません。この快は、感覚的なもので場の雰囲気が心地よい、安心、というような感じです。動物や昆虫はそういう感覚的なものが鋭そう。生存競争が厳しいからか、天敵がいるからなのか、わかりませんが。
  • 2006/08/10-23:18:00
  • 投稿者 : けせらん
  • URL
  • 編集

[C3296] >セミの選択と幸せ

蝉は羽化してもまだ飛べず木にしがみ付いていました。でも、落ちて、今度はもりけんさんのシャツにしがみ付きました。外側で何が起ろうと、しがみ付くしかできないからです。蝉に選択の余地はありません。まして、他の蝉のことなど分かりません。
こういう状況で、幸・不幸を感じることも考えることもないでしょう。あるとしたら、苦楽です。
人間は選択の余地があると思っています。そして、他者が見えます。そして比較するところから、幸・不幸を感じるのだと思います。
ところで、この蝉はもりけんさんのシャツに落ちて運がいいです。(笑)
だから、占いで出るのは、運の良し悪しと苦楽なのでしょう。

[C3295]

セミのとって何が幸せかの基準は無いように思いました。
その場、その場で精一杯のことをしているだけです。
何かがあるともりけんさんの袖にしがみついたとも思えません。
でも、もりけんさんが傍を通って幸運だなと思いました。
幸せの基準を考えてもわからなくなります。
セミは精一杯、生きていると思うからいつでも幸せのように思います。
  • 2006/08/10-20:33:34
  • 投稿者 : 小町
  • URL
  • 編集

[C3294] せみは幸せ?

庭の木に蝉が大量にしがみついています。
そばのポストに行くと一斉に飛び立つのでおしっこをかけられないようにそうそうに郵便物を取り出して逃げ帰ります。(笑)
時には何を間違えたのか夜中でも鳴く時があります。
こんな蝉たちにも幸せや不幸はあるのでしょうか・・。
木の汁を吸い、無事に交尾し卵を仕込んでたった一週間で死んでいく時、ああ俺の一生は幸せだったな~~とか付き合う相手が少なかったよ~不幸だ~と思うのでしょうか・・・(汗)
もりけんさんにしがみついた蝉は確率からいってもラッキーだったと思います。
お礼を言うようにもう一度腕に止まってさよならして・・・まるで鶴の恩返しのようです~!
蝉に意図はないと思います。
あるがまま必死に生存本能で行動していると思います。
しかし時には面白いことが起きるものだと思います。

・・・さっきこの夜中に蟻にかまれました。
蝉と違ってすぐさま殺されました・・(汗)
蟻は不幸せだと思うまもなく死にました。
昆虫は無意識で生きているのかもしれないけれど、その昆虫が遭遇する偶然が人間相手だった場合、その人間の運命によって昆虫の運命も変わるのかもしれません。
  • 2006/08/10-02:25:52
  • 投稿者 : 空タネ
  • URL
  • 編集

[C3293] パフォーマンス講演会の衣装は

袖が鳥の羽かクラゲのように見えます。これには時代を超越するというメッセージがこめられているように感じられました。

メッセージとは意味の領域だと思います。もりけんさんは「意味」を捨ててはいないのだと思いました。

一方セミが飛んできただけでは単なる現象にすぎず、意味とは無縁です。

現象を扱う物理は、ある現象についての個人的な意味を記述しません。しかし、五行によって記述されるろっこう占術の結果は、物理のように、意味を全く記述しない、というわけではなさそうです。

セミの現象が、科学の言語ではなく、五行によって記述されるとき、それは「意味」を記述している、とは言えないでしょうか?

とすれば、今回はセミでしたが、セミのかわりに、オヤジや悪魔がふってくる可能性も、可能性としてはあるのではないかと思います。

もりけんさんはセミがふってきたことを「何かへんだ」と感じたのでブログに書いたのだと思います。

「何かへんだ」とは「悪魔は細部に宿る」という有名な言葉が表現しようとしていることと、同じことなのではないかと思いました。

セミとは「細部」です。
  • 2006/08/09-18:55:19
  • 投稿者 : ナイル
  • URL
  • 編集

[C3292] >セミの選択と幸せ

セミ自身は、幸せも不幸も思っていないだろうと思いました。落ちたら、偶然つかまるモノがあって、それがたまたまもりけんさんのシャツだった。
だだ、それだけのことだろうと思います。

私はセミにはなれないので「ここで落ちたら死んじゃうから、がんばってつかまろう」とか「おおこんなところにつかまるところがあった。ラッキー」と思ったかどうか分かりません。

でもセミではない私はこのエピソードを読んで勝手に、幸せなセミだ・・・と思ってしまいます。

セミの幸不幸を選択したのは私です。
同じように私は自分自身に起こった事に対して、幸か不幸かをあらゆるところで選択してまいます。

選択をしないだろうセミは、やっぱり幸せだと思いました。

[C3291] >セミの選択と幸せ

ほとんどのセミは、眠っていた地中から顔を出し、そこに立つ一本の木にはい登り、カラを脱いだら更に登ってひたすらジージーと鳴き、7日間の生命を終えるのかも知れません。
外敵の襲撃から逃れる移動の他に、もっとあっちへ行ってみようかなとブ~ンと飛ぶこともあるのでしょうか・・?
飛んだからには、どこに止まろうかくらい、いくらちっちゃな頭でも、決めるんじゃないかと思います。
そしてもりけんさんのシャツにダイビング!

蚊やハエに寄ってこられるのはイヤなものですが、チョウチョだと嬉しいですね。戯れて遊びたいくらい。
でも、セミにしがみつかれるのは、そうないことだと思います。
犬や猫の1年は、人の何倍だとか言いますが、セミの7日間を人の70年と比較すると、もりけんさんちで過ごしたセミくんの一日は、何と!10年分に当たりそうです・・
セミくんは、運命の1/7をともに過ごしたもりけんさんのことを決して忘れないでしょう・・

そのセミくんは、好奇心旺盛な冒険家だったのか、まじめワンパターンを嫌ったプチ非行くんか、単に着地下手だったのか、さてさていったいどうなんでしょうねぇ・・

[C3290] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2006/08/09-16:51:35
  • 投稿者 :
  • 編集

[C3289] >セミの選択と幸せ

 セミは、力いっぱいしがみつくという選択をした瞬間に別の世界へと移動することができたのではないかと思いました。落ちて飛び去ることをせず必死でしがみつくことによって一晩もりけんさんの家で過ごし、他のセミとは違うトコロまで行けたと思いました。力一杯しがみつくという選択で別の世界へと移動できた気がしました。 
 他のセミより幸せだったかは、セミに聞かないと私にはわかりません。
  • 2006/08/09-08:57:30
  • 投稿者 : yk
  • URL
  • 編集

[C3288] セミ

セミにも幸せはあるのか‥
なんかなさそうです。

「幸せ」というとき少しの重みを感じます。
それは背景に不幸を感じる(ある)というのも
1つとしてあるからじゃないかなと思います。

ちなみに
わたしは子供のころセミを
ティッシュペーパーで作ったふとんに
寝かせたことがありました(笑)
セミは動いていなかった。

昆虫さんが幸せだとは感じそうにないです。
幸せだと感じるにはなにか「知性」のようなもの
がないと感じそうにないかもと思いました。

「幸せ・不幸せ」はなにかと比較したときに現れてくる
ものなのかもしれないと思いました。

「それに比べてわたしは・・・・」のような・・。


>セミも、何らかの選択をして生きているのでしょうか・・

たぶん状況に反応している
という方が近い感じがします。

  • 2006/08/09-03:16:24
  • 投稿者 : ノリー
  • URL
  • 編集

[C3287] セミの運命

セミの運命も決まっていたとしたら、もりけんさんの信号待ちに合わせて落っこちることも生まれるはるか前から決まっていたわけで、なんだかちょっと感動的です。
今このセミはもしかしたら日本一有名なセミになったかも知れないし、移動した先で素敵な伴侶と出会うかもしれないし(笑)、すごく良い運の命式を持って生まれてきたセミなのかもと思います。
たぶん生まれた時間と顔が良かったのだろう・・

[C3286] セミ

せみに幸せとか不幸とかってない気がします。 
ときどき、人間にも幸せや不幸せってないんじゃないか…と思ったりします。 
なくたっていいじゃない、と思います。 
なければ生きる事のみに没頭できるからです。
なぜそこに広がりを持たせてしまったのだろうとふと思いました。 

[C3285] >セミの選択と幸せ

セミの行動範囲というのがどれほどのものなのか知らないのですが、バイクに乗って運ばれたセミは、もしかしたら通常のセミでは考えられないほどの距離を移動したのかもしれません。
そして、翌朝も、もりけんさんの腕に留まり、ベランダまで連れて行ってもらい、そこから林に向かって飛び立ちました。
もしセミが計算してやっていたのだとしたら、ものすごく賢いです。
でも、風圧に耐えながらもりけんさんの腕にしがみつづけるのはかなりの賭けだと思います。
なにがセミをそこまで駆り立てたのか・・(汗)
というか、おそらくセミは瞬間を生きているだけだろうと思いますが・・
でも、もしかしたら、計算バリバリだったのかもしれません・・
違う世界を見てみたいと・・
あるいは、仙人や菩薩がセミに化けたのかとも(結構マジで)思いました(汗)

[C3284]

蝉の死骸を見るたびに、蝉の幸せとか、生きる意味を考えてしまいます。七年間土の中にいて、一週間の命というライフサイクルはとても不思議です。土の中の七年と地上の一週間、どちらが幸せかと考えてしまいます。それとも<する>ことが決まっているので、それに向かっているだけで、幸せも何もないかもしれません。
  • 2006/08/08-23:00:05
  • 投稿者 : 猫九
  • URL
  • 編集

[C3283] セミも何らかの選択をして生きているのでしょうか

セミは自分のやることをただやり続けているように思います。
これだけやったからといって褒められることもなく
努力することもなく自分のすることをやり続けているように思います。
  • 2006/08/08-22:46:40
  • 投稿者 : mitu
  • URL
  • 編集

[C3282] >セミの選択と幸せ

セミ君が木から落ちる時、それはセミ君に選ぶ余地はあったでしょうか、落ちた先にいた
人間を選ぶ余地はあったでしょうか、どちらも否です。
脱いだシャツの上にちょこんと乗っていたセミ君は嬉しそうでした。
セミ君は判断と言うものを一切していません。
木から落ちる時、落ちた先のもりけんさんの腕につかまる時、いつ落ちるか、誰のところ
に落ちるか、考えている時間はゼロです。
人間が何かを思いついてやる時、すぐその場でできる時と、日にちを変えて別の日に実行
したりすることもあります。
しかし人間は考える時間というものを本当に持っているのでしょうか。
あることを考えたり思いついたりするのは一体いつ・どこからやって来ているのでしょう
か。
セミの一生は人間の一生よりずっと短いです。
ひょっとしてセミ君はセミにとっての長い時間でいつ木から落ちるか、木の下を誰が通っ
た時に落ちていくか考えていた可能性についても考えたりしました。
  • 2006/08/08-22:01:25
  • 投稿者 : イーキン
  • URL
  • 編集

[C3281] >セミの選択と幸せ

もりけんさんの胸に落ち、必死につかまっていたセミの子供は、
本当に必死だったのだと思いました。

もりけんさんのお部屋で一晩過ごし、
そして、翌日、もう一度、もりけんさんの胸に止まりました。

きっと、もりけんさんの胸が、気持ちよかったのだと思います。。

それでも、セミは、元気に飛び立っていきました。。

私は、
ああ。。ずっともりけんさんのお部屋にいてもいいのになぁ。。と思いました。

きっと、ずっと、気持ちよく、幸せでいられると思うからです。

それでも、セミは、元気に飛び立っていきました。

セミには、セミの世界の幸せがあるのだと思いました。


>セミも、何らかの選択をして生きているのでしょうか・・ 
 

ああ、どうなのでしょうか・・
セミの運命も、決まっているのでしょうか・・
もし、そうであるならば、選択の余地などなく、
運命のままなのでしょう。
でも、セミは、選択したと思っているのかもしれませんが。。


>セミにも、幸せは、あるのでしょうか・・

ほんの一晩であっても、
もりけんさんと縁のあったセミは、

きっと、とても幸せだったと思います。

もりけんさんの胸にとまったとき、
きっと、あたたかい、魂の交流ができたのだと思います。。



  • 2006/08/08-21:12:06
  • 投稿者 : あかり
  • URL
  • 編集

[C3280]

偶然に落ちたところがもりけんさんのところで良かったです。
セミにも魂はあると思います。きっと飛び立つ前にありがとうを言いたかったのかも.....

携帯からお話バージョンをいれたのだけど消えました。なんで.....これも消えるのかしら

[C3279] >セミも、何らかの選択をして生きているのでしょうか・・ 

 
子供の頃にアスファルトの道路の上でセミの幼虫を見つけたことがあります。
このままだったら人に踏み潰されてしまうと思って、閉じた傘の中に入れて
家に連れて帰り、庭の木に掴まらせてあげました。
翌日幼虫を見たら、背中がパックリ割れて中が空っぽになってました。
ビックリしたけど無事に飛んでいったのが嬉しかったです。
そして「セミも空を飛べて嬉しいだろうな~」と思いました。
 
動物や虫が子育ての時にせっせとエサを運んだり外敵から子供を守ったりす
るのは習性だから…という話しを聞いたことがあります。
 
確かにいつまで経っても羽化しない卵を巣の外に捨ててしまう母鳥の行動は
習性という感じがします。悩んだ末に…というより機械的に捨てているよう
に見えます。
 
でも母親にじゃれつき兄弟同士でじゃれついている小熊を見ると、喜怒哀楽
があるようにしか思えません。
猫なんて自分の捕まえたスズメをわざわざ人間に見せに来るし、逃がしたら
怒るし。。。(汗)
 
動物や虫も、何らかの選択をしているんじゃないかと思います。そして人間
ほど複雑じゃないけれど、感情があるように思います。
 
人間は感情をいつまでも引きずり積み重ねていくけど、動物や虫の感情は、
人間に比べたら一瞬のものなのかもしれないと思いました。
 
飛び立つ前にもう一度もりけんさんの腕に留まったセミは、そこが気持ちの
いい所だと感じていたかもしれません。
 
あぁ気持ちいい。。。。。そして次の瞬間には飛び立つという選択を本能で
したんじゃないかと思いました。
  • 2006/08/08-18:30:04
  • 投稿者 : ぷく
  • URL
  • 編集

[C3278] セミにも、幸せは、あるのでしょうか・・

う~~ん。。過去側の影響を受けないセミのほうが。。多次元の快を。。知ってたりするかも。。♪♪。。わたしも。。もりけんさんの本で幸せの定義が..どひゃ~~んと。。かわりました♪♪
  • 2006/08/08-17:39:24
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C3277]

ようやく狭い殻の中からでたとおもったら飛べなくて落ちました。
セミはつかまったものが何かわかりません。
しかし居心地がよいです。感覚的に良さそうだと判断しました。途中なにやら風が強く感じましたが一生懸命つかまりました。
動きが止まったと思ったら風もないが静かです。
すこしのあいだ眠ろう。。。。
明るい光で目が覚めました。
すると昨日のやさしげな大きなモノがやってきました。肩に乗ると爽やかな風があたります。
懐かしいような自然の匂いがします。
わたしは誰
ここはどこ
行かなきゃ.....どこに.....
生えたばかりの羽が今は軽くはばたきます。

思い切り羽ばたいてとびました。なんてきもちいいのだろう。

セミにも魂があると思います。
きっと、宇宙のような人のところに落ちて幸せ味わったかもしれないな.....
  • 2006/08/08-17:22:03
  • 投稿者 : 935
  • URL
  • 編集

[C3276] >セミの選択と幸せ

もりけんさんのような人にところにセミは落ちて幸せだと思います。気にかけてもらって。。一晩とめてもらったお礼を言いに、飛び立つ直前またとまったのではないかとも思えます。
もりけんさんのもとに落ちてきたのは、ほんの偶然かもしれませんが、飛び立つ前にとまったのは、セミが選択したのではないかと思えます。

[C3275] あじわうということ

幸せってそれを味わうという表現があります。
不幸もそうだと思います。

味わうと言うとき、なんだか余裕を感じます。
どういう味の幸福なのか、どういう味の不幸なのか・・・と味わい吟味しているようです。

セミは味わう暇など無いような気がします。
たとえ生体的な反応や本能で生きているとしても、いつでも生の真っ只中にいる気がします。

ただそれが逆に選択の余地のなさを感じさせます。

生きることと幸せの間の距離感が今はよく分かりません。

[C3274] セミも、精一杯生きている。

> セミも、何らかの選択をして生きているのでしょうか・・ 
>セミにも、幸せは、あるのでしょうか・・

この森田健さんと縁のあったセミからは、一生懸命さを感じました。
必死になって森田健さんにしがみついたセミは、本能でわかっていたのかもしれません。
落ちたら死ぬ・・・、と。

このセミは精一杯生きています。
命を燃やし尽くそうとしています。
だから、かわいさを感じます。

もし、このセミが「どうせ1週間したら死ぬんだし」と冷めていたら、森田健さんに振り払われていたかもしれません。

私は、セミの幸せは一生懸命生きることだと思います。
セミは、常に生き延びるための選択をしつつ、今を全力で生きていると思います。

[C3273] 屋久島に行ってきました。

海ガメのこどもが、海に向かっていく様子を見ました。

それは、想像以上に、メカっぽかったです。

山のほうを向けても、くるっと一回転して、海に向かっていきます。

砂に大きな穴があって、そこにハマッても、ひたすら手のひれを動かして前に進もうとします。

迂回するとかいう工夫も何もあったもんじゃありません。

幸せですか、って、インタビューしてみればよかったですが、きっと「ただ海に行きたいんだ、いま、忙しいんだよ」と、取りいってくれないかもしれません。


不幸って何?って感覚は、亀にはあると、思います。
幸福って何? 食えるの?・・・なんて。

不幸を知らず、幸福知らない亀は、案外幸福かもしれません。

[C3272] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2006/08/08-14:18:29
  • 投稿者 :
  • 編集

[C3271] 昨日

セミの写真を見た時、すごい可愛い・・と思いました。
ボトって生まれ堕ちて・・それがもりけんさんの腕で
どんなにコワくって、でもどんなに見えない安心に包まれたか
(セミの本心があったらわかりません)
いや・・でもそれは大人な私から見た視点だな・・(汗)
セミはわけわからず、ボトって落ちて、落ちたのがたまたまもりけんさんの
腕で・・ものすごい風圧にただ耐えるために(爆)必死にしがみついていた
のだと思います。
私は昨日あの写真みた時、もりけんさんのシャツごとぎゅーーーって
したい衝動にかられました(汗)
なんかあたしだったら、シャツから外すから絶対。
しがみついた場所にそのまま(たまたまなのかもしれないけれど)
にしてあげているのに・・胸がギューーーーーっとしたのです。
セミもほんとに子どもだった。目がキラキラしていたし、羽も体も
まだ柔らかそうだったから。
そして今日、何でさいごにピってくっついたんだろう・・。
あたしは「すき・・・・・」って伝えたかったんだと思う。
ありがとうじゃなくて。
セミがホントに一週間の命ならば、最大の思い出ですね。
だってバイクに2人乗りして
「落ちるなよ」なんて・・ひょえーーーーです(爆)
だけど、オスのセミかもしれないからなあ・・(爆)
「どうも・・」って感じだったのかもしれませんね(笑)



[C3270]

セミがどう思うのかまったくわかりません。セミの幸せ…。だけどセミは口がきけても「不幸せだ、だってさぁ…」とか長々と文句はいわない気がしました。でも私がセミになったら…言うと思いました。人間みたいに不満が多い方が…珍しいのだろうかと思います。向こうから見たら、へんなイキモノなんだろうなと思います。

[C3269]

飛び立ちましたか。
よかった。
セミには知性がないでしょうから幸せを意識しないでしょうが、
これから一週間鳴きながら子孫を残し、死ぬんですね。

  • 2006/08/08-12:54:44
  • 投稿者 : 十四郎
  • URL
  • 編集

[C3268] セミにも、幸せは、あるのでしょうか・・

1週間しか生きれないのに。。1日もりけんさんと過ごせたセミ。。。きっと。。長生きするとおもいます♪♪よく。。学校帰りに、帽子でとろうとして。。オシッコかけられました~~汗汗。。。学校帰りに。。コブラにも遭遇したことがありまっすうう~~♪♪。。べそかきながらおばあちゃんを連れてみにきたら。。もういませんでしたああ。。汗汗。。動物園のオリから。。逃げ出したんかなあ。。汗汗。。あ。。セミは幸せだったとおもいます♪♪もりけんさんは。。見てるだけでも気持ちいいけど。。抱っこされたり。。オンブされたりしたので~~^^
  • 2006/08/08-12:49:34
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C3267] >一番前の手を、前方に出している

ふんばってる様子がかわいいです(笑)セミには笑い事じゃないけど。一晩泊めてあげたというのがやさしいです。自分だったら、すぐ外に出してしまいます。腕に留まろうとしたら、きっと逃げ回ります(汗)もりけんさんの寛大な腕が気に入ったのかもです。セミにも居心地がいい、わるい、というのは、なんとなくあるんじゃないでしょうか。そこに「幸せ」とは名づけないと思いますが‥
  • 2006/08/08-11:51:49
  • 投稿者 : リョウコ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://fushigikenkyujo.blog62.fc2.com/tb.php/95-7ca91ced
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

セミの選択と幸せ

  
 昨日、バイクに乗って帰る途中、信号待ちが木の下になりました。
 すると突然「ボタッ」とセミが降ってきました(笑)。
 腕に留まっています。
 日焼け防止のため、バイクの時は長袖を羽織るので、それに留まっています。
 見れば、まだ子供のセミです。
 
 信号が青に変わりました。
 私はバイクを発進しました。
 
 スピードが上がり、セミに風圧がかかります(笑)。
 セミは吹き飛ばされるかと思えば、ありったけの力を振り絞って私にしがみついているのです(笑)。
 一番前の手を、前方に出しているのを見ても、それは分かります。
 
 道は二車線です。
 もしもセミが落ちれば、たぶん車に轢かれると思います。
 それが分かっているかのように、私にしがみついています。
 
「もうすぐ家だよ、落ちるなよ・・」
 
 セミは頷いたようでした(笑)。
 
 私の部屋で一晩休み、朝、林に向かって飛び立ちました。
 でもその直前、もう一度私の腕に留まったのです。
 
 セミも、何らかの選択をして生きているのでしょうか・・ 
 
 セミにも、幸せは、あるのでしょうか・・
スポンサーサイト

39件のコメント

[C4113] >セミの選択と幸せ

動物は、死なないために、カモフラージュしてみたり、何もいないところに生息したりして、一生懸命身を守っています。
動物の思想は(思想なんてないでしょうが)、生きていくためにどうするべきかということしかないような気がします。
もりけんさんにしがみついたセミは、一生懸命生きようとするセミともりけんさんとのネットワークではなかったかと思いました。
二人の思想が違うにしもて・・

[C3466] きっと・・

セミの選び取れる選択って、
ないのではないかと思います。
たまたま、もりけんさんの腕に落ちた・・。
振り落とされず、風にも飛ばされなかった・・。
でもただひとつ、何か安らぎのようなものを
もりけんさんの腕に感じたのかも知れないと思います。
セミの本能が、あそこに登れば危険なく飛び立てると
伝えたのかの知れません。
  • 2006/08/23-21:42:48
  • 投稿者 : まる
  • URL
  • 編集

[C3347] セミの選択と幸せ

セミは生まれて来れただけで幸せ、と思ったかなあ、と考えました。。。
蛹の殻から出てきて、木の枝にしがみつくつもりが、足が滑って、ああっ!
落ちたところが凄いスピードで走る動物の体。と、飛ばされるぅ・・・しっかりしがみついていなきゃあ・・・。
一週間の命の一晩を人間の側で過ごしてあくる朝、木を目指して飛んでいく。。。
セミは幸せなんか考えていなかったように思いました。
  • 2006/08/15-16:34:42
  • 投稿者 : REI
  • URL
  • 編集

[C3330] この行為こそ

私はこのような行為こそ

   
     ≪優しさ≫


と観じている

やっぱり≪森田健≫は^^素的だなぁ

[C3328] セミの選択と幸せ

もりけんさんのシャツに落ちた蝉はとても幸せだなって単純に思います。
>セミは頷いたようでした(笑)。
>でもその直前、もう一度私の腕に留まったのです。
なんだか蝉にも感情があるように思えます。
家の庭にはカマキリがいます。毎年3匹が生き残り、卵を産んで死んでいきます。数年前、卵を産み終えたカマキリが室外機の上にいました。私に向かってこの卵を頼みます。と言ったようでした(笑)(そういうジェスチャーをしたのです)見ると近くの木の枝に卵があります。わかったよ、安心してっていいました。
その後、その卵が付いている枝が風で落ちていました。安全な場所に移してあげました。 これを心配していたのだなって思いました。
こういうのはねずみとトカゲもありました。
もりけんさんにとまった蝉はもりけんさんのところに落ちる選択はしていないと思うのですが、でももう一度腕に留まって飛び立つなんてシャツに留まれば大丈夫って思えるのかなって思いました。それともシャツが心地良いのか。。もりけんさんに馴れたのか(笑)。精一杯生きている蝉に幸不幸感はないのかもしれないけれど、蝉の出来事はとても幸せな気持ちになりました。
  • 2006/08/13-04:09:36
  • 投稿者 : Ciel
  • URL
  • 編集

[C3319] セミ

セミが吹き飛ばされていればしかたないと想い、助かれば良かったと結果を判断してしまいます。セミが自分自身ならしがみつきます。死にたくないからです。しかし、セミはそんなこと考えてないような感じを受けます。その時その瞬間を生きている。そんな感じをうけます。セミは幸せであると感じてないように想います。セミを見て自分が勝手に判断してます。
  • 2006/08/12-13:08:10
  • 投稿者 : じんのり
  • URL
  • 編集

[C3311] タイムリーな話題

「蝉から見ると、人間ってどうなんだろ?」
とふと思った矢先、人間(もりけんさん)から
「蝉にも幸せはあるんでしょうか?」
なんてクエスチョン。
蛇の道は蛇、というように、蝉のことは蝉に聞かなきゃ~。
蝉なりの「(汗)」とか「(笑)」とかありそうだ!
と勝手に思ってはみるが・・
ダラダラと汗かいて、ダラダラと考える。
どうしたら幸せになれるのか?これは幸せなのか?何がどうなの?運命変更して何を何に変えるの?何のために?ダラダラするために?何をどうするの?その行為自体が暇つぶし?蝉さん蝉さん、教えてよ。そっちから見るとこっちはどうよ?幸せに見える?人間にも幸せはあるんでしょうか?と不思議がる?
なんて考えると、ちと楽し。
名も無き蝉さん、ありがとう。
名も無き私の慰みよ。

[C3304] >セミの選択と幸せ

本当に不思議なせみちゃんでした・・
生まれていきなり落っこちたことは傍目からみれば不幸だったかもしれないけど、落っこちたところがもりけんさんの腕だったのはとっても幸せだったと思えます。
選択の余地はなかったかもしれないけど、ただ、ひたすら、自分に与えられた環境で生きようとする力を感じました。

でも、次の日の話はもっと不思議です。もう一度腕に止まったというのが・・
これは選択したのでは!?と思ってしまいます。

孫さんがお豆ちゃんの魂とお話できるように、もりけんさんはせみちゃんの魂と交流できたのかも、と思ってしまいました。

***

人の人生も、全部決まっていて選択の余地など全くない・・とすれば、幸、不幸は、傍目からみて、勝手に決めているだけのように思えました。
自分自身の人生も、自分が勝手に幸福だ、不幸だと決めているだけなのかもしれない・・。
そう考えたら、せみちゃんと一緒かも・・と思いました。

[C3297] >セミの選択と幸せ

セミは人間と違って、羽化しても世話をしてくれたり教えてくれる存在は周りにいないはず。動物や昆虫は本能で生きているというけれど、セミが木から落ちてきて、丁度落ちた先がもりけんさんの袖で、それにしがみ付いたのが生存本能だとしても、落ちることを含めて全てが初体験で、「落ちた」という概念さえもないのでは?と考えると、分けが分からないままセミに備わった本能でしがみ付いたのでは?と思いました。たぶん快、不快の感情は本能というか無意識で備わっていると思うので、選択があるように見えたとしても、無意識の部類ではないでしょうか。飛び立つ前にもりけんさんの腕に止まったのはそこがセミにとって快だったからかもしれません。この快は、感覚的なもので場の雰囲気が心地よい、安心、というような感じです。動物や昆虫はそういう感覚的なものが鋭そう。生存競争が厳しいからか、天敵がいるからなのか、わかりませんが。
  • 2006/08/10-23:18:00
  • 投稿者 : けせらん
  • URL
  • 編集

[C3296] >セミの選択と幸せ

蝉は羽化してもまだ飛べず木にしがみ付いていました。でも、落ちて、今度はもりけんさんのシャツにしがみ付きました。外側で何が起ろうと、しがみ付くしかできないからです。蝉に選択の余地はありません。まして、他の蝉のことなど分かりません。
こういう状況で、幸・不幸を感じることも考えることもないでしょう。あるとしたら、苦楽です。
人間は選択の余地があると思っています。そして、他者が見えます。そして比較するところから、幸・不幸を感じるのだと思います。
ところで、この蝉はもりけんさんのシャツに落ちて運がいいです。(笑)
だから、占いで出るのは、運の良し悪しと苦楽なのでしょう。

[C3295]

セミのとって何が幸せかの基準は無いように思いました。
その場、その場で精一杯のことをしているだけです。
何かがあるともりけんさんの袖にしがみついたとも思えません。
でも、もりけんさんが傍を通って幸運だなと思いました。
幸せの基準を考えてもわからなくなります。
セミは精一杯、生きていると思うからいつでも幸せのように思います。
  • 2006/08/10-20:33:34
  • 投稿者 : 小町
  • URL
  • 編集

[C3294] せみは幸せ?

庭の木に蝉が大量にしがみついています。
そばのポストに行くと一斉に飛び立つのでおしっこをかけられないようにそうそうに郵便物を取り出して逃げ帰ります。(笑)
時には何を間違えたのか夜中でも鳴く時があります。
こんな蝉たちにも幸せや不幸はあるのでしょうか・・。
木の汁を吸い、無事に交尾し卵を仕込んでたった一週間で死んでいく時、ああ俺の一生は幸せだったな~~とか付き合う相手が少なかったよ~不幸だ~と思うのでしょうか・・・(汗)
もりけんさんにしがみついた蝉は確率からいってもラッキーだったと思います。
お礼を言うようにもう一度腕に止まってさよならして・・・まるで鶴の恩返しのようです~!
蝉に意図はないと思います。
あるがまま必死に生存本能で行動していると思います。
しかし時には面白いことが起きるものだと思います。

・・・さっきこの夜中に蟻にかまれました。
蝉と違ってすぐさま殺されました・・(汗)
蟻は不幸せだと思うまもなく死にました。
昆虫は無意識で生きているのかもしれないけれど、その昆虫が遭遇する偶然が人間相手だった場合、その人間の運命によって昆虫の運命も変わるのかもしれません。
  • 2006/08/10-02:25:52
  • 投稿者 : 空タネ
  • URL
  • 編集

[C3293] パフォーマンス講演会の衣装は

袖が鳥の羽かクラゲのように見えます。これには時代を超越するというメッセージがこめられているように感じられました。

メッセージとは意味の領域だと思います。もりけんさんは「意味」を捨ててはいないのだと思いました。

一方セミが飛んできただけでは単なる現象にすぎず、意味とは無縁です。

現象を扱う物理は、ある現象についての個人的な意味を記述しません。しかし、五行によって記述されるろっこう占術の結果は、物理のように、意味を全く記述しない、というわけではなさそうです。

セミの現象が、科学の言語ではなく、五行によって記述されるとき、それは「意味」を記述している、とは言えないでしょうか?

とすれば、今回はセミでしたが、セミのかわりに、オヤジや悪魔がふってくる可能性も、可能性としてはあるのではないかと思います。

もりけんさんはセミがふってきたことを「何かへんだ」と感じたのでブログに書いたのだと思います。

「何かへんだ」とは「悪魔は細部に宿る」という有名な言葉が表現しようとしていることと、同じことなのではないかと思いました。

セミとは「細部」です。
  • 2006/08/09-18:55:19
  • 投稿者 : ナイル
  • URL
  • 編集

[C3292] >セミの選択と幸せ

セミ自身は、幸せも不幸も思っていないだろうと思いました。落ちたら、偶然つかまるモノがあって、それがたまたまもりけんさんのシャツだった。
だだ、それだけのことだろうと思います。

私はセミにはなれないので「ここで落ちたら死んじゃうから、がんばってつかまろう」とか「おおこんなところにつかまるところがあった。ラッキー」と思ったかどうか分かりません。

でもセミではない私はこのエピソードを読んで勝手に、幸せなセミだ・・・と思ってしまいます。

セミの幸不幸を選択したのは私です。
同じように私は自分自身に起こった事に対して、幸か不幸かをあらゆるところで選択してまいます。

選択をしないだろうセミは、やっぱり幸せだと思いました。

[C3291] >セミの選択と幸せ

ほとんどのセミは、眠っていた地中から顔を出し、そこに立つ一本の木にはい登り、カラを脱いだら更に登ってひたすらジージーと鳴き、7日間の生命を終えるのかも知れません。
外敵の襲撃から逃れる移動の他に、もっとあっちへ行ってみようかなとブ~ンと飛ぶこともあるのでしょうか・・?
飛んだからには、どこに止まろうかくらい、いくらちっちゃな頭でも、決めるんじゃないかと思います。
そしてもりけんさんのシャツにダイビング!

蚊やハエに寄ってこられるのはイヤなものですが、チョウチョだと嬉しいですね。戯れて遊びたいくらい。
でも、セミにしがみつかれるのは、そうないことだと思います。
犬や猫の1年は、人の何倍だとか言いますが、セミの7日間を人の70年と比較すると、もりけんさんちで過ごしたセミくんの一日は、何と!10年分に当たりそうです・・
セミくんは、運命の1/7をともに過ごしたもりけんさんのことを決して忘れないでしょう・・

そのセミくんは、好奇心旺盛な冒険家だったのか、まじめワンパターンを嫌ったプチ非行くんか、単に着地下手だったのか、さてさていったいどうなんでしょうねぇ・・

[C3290] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2006/08/09-16:51:35
  • 投稿者 :
  • 編集

[C3289] >セミの選択と幸せ

 セミは、力いっぱいしがみつくという選択をした瞬間に別の世界へと移動することができたのではないかと思いました。落ちて飛び去ることをせず必死でしがみつくことによって一晩もりけんさんの家で過ごし、他のセミとは違うトコロまで行けたと思いました。力一杯しがみつくという選択で別の世界へと移動できた気がしました。 
 他のセミより幸せだったかは、セミに聞かないと私にはわかりません。
  • 2006/08/09-08:57:30
  • 投稿者 : yk
  • URL
  • 編集

[C3288] セミ

セミにも幸せはあるのか‥
なんかなさそうです。

「幸せ」というとき少しの重みを感じます。
それは背景に不幸を感じる(ある)というのも
1つとしてあるからじゃないかなと思います。

ちなみに
わたしは子供のころセミを
ティッシュペーパーで作ったふとんに
寝かせたことがありました(笑)
セミは動いていなかった。

昆虫さんが幸せだとは感じそうにないです。
幸せだと感じるにはなにか「知性」のようなもの
がないと感じそうにないかもと思いました。

「幸せ・不幸せ」はなにかと比較したときに現れてくる
ものなのかもしれないと思いました。

「それに比べてわたしは・・・・」のような・・。


>セミも、何らかの選択をして生きているのでしょうか・・

たぶん状況に反応している
という方が近い感じがします。

  • 2006/08/09-03:16:24
  • 投稿者 : ノリー
  • URL
  • 編集

[C3287] セミの運命

セミの運命も決まっていたとしたら、もりけんさんの信号待ちに合わせて落っこちることも生まれるはるか前から決まっていたわけで、なんだかちょっと感動的です。
今このセミはもしかしたら日本一有名なセミになったかも知れないし、移動した先で素敵な伴侶と出会うかもしれないし(笑)、すごく良い運の命式を持って生まれてきたセミなのかもと思います。
たぶん生まれた時間と顔が良かったのだろう・・

[C3286] セミ

せみに幸せとか不幸とかってない気がします。 
ときどき、人間にも幸せや不幸せってないんじゃないか…と思ったりします。 
なくたっていいじゃない、と思います。 
なければ生きる事のみに没頭できるからです。
なぜそこに広がりを持たせてしまったのだろうとふと思いました。 

[C3285] >セミの選択と幸せ

セミの行動範囲というのがどれほどのものなのか知らないのですが、バイクに乗って運ばれたセミは、もしかしたら通常のセミでは考えられないほどの距離を移動したのかもしれません。
そして、翌朝も、もりけんさんの腕に留まり、ベランダまで連れて行ってもらい、そこから林に向かって飛び立ちました。
もしセミが計算してやっていたのだとしたら、ものすごく賢いです。
でも、風圧に耐えながらもりけんさんの腕にしがみつづけるのはかなりの賭けだと思います。
なにがセミをそこまで駆り立てたのか・・(汗)
というか、おそらくセミは瞬間を生きているだけだろうと思いますが・・
でも、もしかしたら、計算バリバリだったのかもしれません・・
違う世界を見てみたいと・・
あるいは、仙人や菩薩がセミに化けたのかとも(結構マジで)思いました(汗)

[C3284]

蝉の死骸を見るたびに、蝉の幸せとか、生きる意味を考えてしまいます。七年間土の中にいて、一週間の命というライフサイクルはとても不思議です。土の中の七年と地上の一週間、どちらが幸せかと考えてしまいます。それとも<する>ことが決まっているので、それに向かっているだけで、幸せも何もないかもしれません。
  • 2006/08/08-23:00:05
  • 投稿者 : 猫九
  • URL
  • 編集

[C3283] セミも何らかの選択をして生きているのでしょうか

セミは自分のやることをただやり続けているように思います。
これだけやったからといって褒められることもなく
努力することもなく自分のすることをやり続けているように思います。
  • 2006/08/08-22:46:40
  • 投稿者 : mitu
  • URL
  • 編集

[C3282] >セミの選択と幸せ

セミ君が木から落ちる時、それはセミ君に選ぶ余地はあったでしょうか、落ちた先にいた
人間を選ぶ余地はあったでしょうか、どちらも否です。
脱いだシャツの上にちょこんと乗っていたセミ君は嬉しそうでした。
セミ君は判断と言うものを一切していません。
木から落ちる時、落ちた先のもりけんさんの腕につかまる時、いつ落ちるか、誰のところ
に落ちるか、考えている時間はゼロです。
人間が何かを思いついてやる時、すぐその場でできる時と、日にちを変えて別の日に実行
したりすることもあります。
しかし人間は考える時間というものを本当に持っているのでしょうか。
あることを考えたり思いついたりするのは一体いつ・どこからやって来ているのでしょう
か。
セミの一生は人間の一生よりずっと短いです。
ひょっとしてセミ君はセミにとっての長い時間でいつ木から落ちるか、木の下を誰が通っ
た時に落ちていくか考えていた可能性についても考えたりしました。
  • 2006/08/08-22:01:25
  • 投稿者 : イーキン
  • URL
  • 編集

[C3281] >セミの選択と幸せ

もりけんさんの胸に落ち、必死につかまっていたセミの子供は、
本当に必死だったのだと思いました。

もりけんさんのお部屋で一晩過ごし、
そして、翌日、もう一度、もりけんさんの胸に止まりました。

きっと、もりけんさんの胸が、気持ちよかったのだと思います。。

それでも、セミは、元気に飛び立っていきました。。

私は、
ああ。。ずっともりけんさんのお部屋にいてもいいのになぁ。。と思いました。

きっと、ずっと、気持ちよく、幸せでいられると思うからです。

それでも、セミは、元気に飛び立っていきました。

セミには、セミの世界の幸せがあるのだと思いました。


>セミも、何らかの選択をして生きているのでしょうか・・ 
 

ああ、どうなのでしょうか・・
セミの運命も、決まっているのでしょうか・・
もし、そうであるならば、選択の余地などなく、
運命のままなのでしょう。
でも、セミは、選択したと思っているのかもしれませんが。。


>セミにも、幸せは、あるのでしょうか・・

ほんの一晩であっても、
もりけんさんと縁のあったセミは、

きっと、とても幸せだったと思います。

もりけんさんの胸にとまったとき、
きっと、あたたかい、魂の交流ができたのだと思います。。



  • 2006/08/08-21:12:06
  • 投稿者 : あかり
  • URL
  • 編集

[C3280]

偶然に落ちたところがもりけんさんのところで良かったです。
セミにも魂はあると思います。きっと飛び立つ前にありがとうを言いたかったのかも.....

携帯からお話バージョンをいれたのだけど消えました。なんで.....これも消えるのかしら

[C3279] >セミも、何らかの選択をして生きているのでしょうか・・ 

 
子供の頃にアスファルトの道路の上でセミの幼虫を見つけたことがあります。
このままだったら人に踏み潰されてしまうと思って、閉じた傘の中に入れて
家に連れて帰り、庭の木に掴まらせてあげました。
翌日幼虫を見たら、背中がパックリ割れて中が空っぽになってました。
ビックリしたけど無事に飛んでいったのが嬉しかったです。
そして「セミも空を飛べて嬉しいだろうな~」と思いました。
 
動物や虫が子育ての時にせっせとエサを運んだり外敵から子供を守ったりす
るのは習性だから…という話しを聞いたことがあります。
 
確かにいつまで経っても羽化しない卵を巣の外に捨ててしまう母鳥の行動は
習性という感じがします。悩んだ末に…というより機械的に捨てているよう
に見えます。
 
でも母親にじゃれつき兄弟同士でじゃれついている小熊を見ると、喜怒哀楽
があるようにしか思えません。
猫なんて自分の捕まえたスズメをわざわざ人間に見せに来るし、逃がしたら
怒るし。。。(汗)
 
動物や虫も、何らかの選択をしているんじゃないかと思います。そして人間
ほど複雑じゃないけれど、感情があるように思います。
 
人間は感情をいつまでも引きずり積み重ねていくけど、動物や虫の感情は、
人間に比べたら一瞬のものなのかもしれないと思いました。
 
飛び立つ前にもう一度もりけんさんの腕に留まったセミは、そこが気持ちの
いい所だと感じていたかもしれません。
 
あぁ気持ちいい。。。。。そして次の瞬間には飛び立つという選択を本能で
したんじゃないかと思いました。
  • 2006/08/08-18:30:04
  • 投稿者 : ぷく
  • URL
  • 編集

[C3278] セミにも、幸せは、あるのでしょうか・・

う~~ん。。過去側の影響を受けないセミのほうが。。多次元の快を。。知ってたりするかも。。♪♪。。わたしも。。もりけんさんの本で幸せの定義が..どひゃ~~んと。。かわりました♪♪
  • 2006/08/08-17:39:24
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C3277]

ようやく狭い殻の中からでたとおもったら飛べなくて落ちました。
セミはつかまったものが何かわかりません。
しかし居心地がよいです。感覚的に良さそうだと判断しました。途中なにやら風が強く感じましたが一生懸命つかまりました。
動きが止まったと思ったら風もないが静かです。
すこしのあいだ眠ろう。。。。
明るい光で目が覚めました。
すると昨日のやさしげな大きなモノがやってきました。肩に乗ると爽やかな風があたります。
懐かしいような自然の匂いがします。
わたしは誰
ここはどこ
行かなきゃ.....どこに.....
生えたばかりの羽が今は軽くはばたきます。

思い切り羽ばたいてとびました。なんてきもちいいのだろう。

セミにも魂があると思います。
きっと、宇宙のような人のところに落ちて幸せ味わったかもしれないな.....
  • 2006/08/08-17:22:03
  • 投稿者 : 935
  • URL
  • 編集

[C3276] >セミの選択と幸せ

もりけんさんのような人にところにセミは落ちて幸せだと思います。気にかけてもらって。。一晩とめてもらったお礼を言いに、飛び立つ直前またとまったのではないかとも思えます。
もりけんさんのもとに落ちてきたのは、ほんの偶然かもしれませんが、飛び立つ前にとまったのは、セミが選択したのではないかと思えます。

[C3275] あじわうということ

幸せってそれを味わうという表現があります。
不幸もそうだと思います。

味わうと言うとき、なんだか余裕を感じます。
どういう味の幸福なのか、どういう味の不幸なのか・・・と味わい吟味しているようです。

セミは味わう暇など無いような気がします。
たとえ生体的な反応や本能で生きているとしても、いつでも生の真っ只中にいる気がします。

ただそれが逆に選択の余地のなさを感じさせます。

生きることと幸せの間の距離感が今はよく分かりません。

[C3274] セミも、精一杯生きている。

> セミも、何らかの選択をして生きているのでしょうか・・ 
>セミにも、幸せは、あるのでしょうか・・

この森田健さんと縁のあったセミからは、一生懸命さを感じました。
必死になって森田健さんにしがみついたセミは、本能でわかっていたのかもしれません。
落ちたら死ぬ・・・、と。

このセミは精一杯生きています。
命を燃やし尽くそうとしています。
だから、かわいさを感じます。

もし、このセミが「どうせ1週間したら死ぬんだし」と冷めていたら、森田健さんに振り払われていたかもしれません。

私は、セミの幸せは一生懸命生きることだと思います。
セミは、常に生き延びるための選択をしつつ、今を全力で生きていると思います。

[C3273] 屋久島に行ってきました。

海ガメのこどもが、海に向かっていく様子を見ました。

それは、想像以上に、メカっぽかったです。

山のほうを向けても、くるっと一回転して、海に向かっていきます。

砂に大きな穴があって、そこにハマッても、ひたすら手のひれを動かして前に進もうとします。

迂回するとかいう工夫も何もあったもんじゃありません。

幸せですか、って、インタビューしてみればよかったですが、きっと「ただ海に行きたいんだ、いま、忙しいんだよ」と、取りいってくれないかもしれません。


不幸って何?って感覚は、亀にはあると、思います。
幸福って何? 食えるの?・・・なんて。

不幸を知らず、幸福知らない亀は、案外幸福かもしれません。

[C3272] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2006/08/08-14:18:29
  • 投稿者 :
  • 編集

[C3271] 昨日

セミの写真を見た時、すごい可愛い・・と思いました。
ボトって生まれ堕ちて・・それがもりけんさんの腕で
どんなにコワくって、でもどんなに見えない安心に包まれたか
(セミの本心があったらわかりません)
いや・・でもそれは大人な私から見た視点だな・・(汗)
セミはわけわからず、ボトって落ちて、落ちたのがたまたまもりけんさんの
腕で・・ものすごい風圧にただ耐えるために(爆)必死にしがみついていた
のだと思います。
私は昨日あの写真みた時、もりけんさんのシャツごとぎゅーーーって
したい衝動にかられました(汗)
なんかあたしだったら、シャツから外すから絶対。
しがみついた場所にそのまま(たまたまなのかもしれないけれど)
にしてあげているのに・・胸がギューーーーーっとしたのです。
セミもほんとに子どもだった。目がキラキラしていたし、羽も体も
まだ柔らかそうだったから。
そして今日、何でさいごにピってくっついたんだろう・・。
あたしは「すき・・・・・」って伝えたかったんだと思う。
ありがとうじゃなくて。
セミがホントに一週間の命ならば、最大の思い出ですね。
だってバイクに2人乗りして
「落ちるなよ」なんて・・ひょえーーーーです(爆)
だけど、オスのセミかもしれないからなあ・・(爆)
「どうも・・」って感じだったのかもしれませんね(笑)



[C3270]

セミがどう思うのかまったくわかりません。セミの幸せ…。だけどセミは口がきけても「不幸せだ、だってさぁ…」とか長々と文句はいわない気がしました。でも私がセミになったら…言うと思いました。人間みたいに不満が多い方が…珍しいのだろうかと思います。向こうから見たら、へんなイキモノなんだろうなと思います。

[C3269]

飛び立ちましたか。
よかった。
セミには知性がないでしょうから幸せを意識しないでしょうが、
これから一週間鳴きながら子孫を残し、死ぬんですね。

  • 2006/08/08-12:54:44
  • 投稿者 : 十四郎
  • URL
  • 編集

[C3268] セミにも、幸せは、あるのでしょうか・・

1週間しか生きれないのに。。1日もりけんさんと過ごせたセミ。。。きっと。。長生きするとおもいます♪♪よく。。学校帰りに、帽子でとろうとして。。オシッコかけられました~~汗汗。。。学校帰りに。。コブラにも遭遇したことがありまっすうう~~♪♪。。べそかきながらおばあちゃんを連れてみにきたら。。もういませんでしたああ。。汗汗。。動物園のオリから。。逃げ出したんかなあ。。汗汗。。あ。。セミは幸せだったとおもいます♪♪もりけんさんは。。見てるだけでも気持ちいいけど。。抱っこされたり。。オンブされたりしたので~~^^
  • 2006/08/08-12:49:34
  • 投稿者 : バニー
  • URL
  • 編集

[C3267] >一番前の手を、前方に出している

ふんばってる様子がかわいいです(笑)セミには笑い事じゃないけど。一晩泊めてあげたというのがやさしいです。自分だったら、すぐ外に出してしまいます。腕に留まろうとしたら、きっと逃げ回ります(汗)もりけんさんの寛大な腕が気に入ったのかもです。セミにも居心地がいい、わるい、というのは、なんとなくあるんじゃないでしょうか。そこに「幸せ」とは名づけないと思いますが‥
  • 2006/08/08-11:51:49
  • 投稿者 : リョウコ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://fushigikenkyujo.blog62.fc2.com/tb.php/95-7ca91ced
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

くろこ

プロフィール

森田健(もりけん)

Author:森田健(もりけん)
もりけんブログへようこそ。
楽しんでいって下さい。

■無料会報誌「不思議の友」について
森田健が実際に足で歩いて遭遇した出来事を皆さんに報告する場として「不思議の友」という無料会報誌を出版しています。
この本は、読んでいただけるだけで嬉しいです。
でも、何か意見を返してくれるともっと嬉しいです。
不思議なことに興味がある方、不思議なことを解明したい方、または新しい生き方を見つけたい方のためのものです。
最新号は常に無料でお送りしています。
新しくお申し込みの方はこちらからどうぞ


最新号「不思議の友15」が届いていない方。
以前不思議の友が何度かお手元に届いた方で、この号が届いてないという方
は、


●03-3378-9845
●平日10:00~12:00、13:00~18:00

にお電話下さい。
その際「ブログを見た」と言っていただけると嬉しいです。

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

たまちゃんカップ時計

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。